2019年2月15日 (金)

「無駄のない学習」について②〜どの教材を使うか

 こんな私が、例えば1日1時間勉強するとなったとき、できれば「やっても身にならないような勉強法」はやりたくないと考えるのは当然ですよね(もちろん「一見無駄と思われる勉強法」だけど、やれば着実に実力がつく方法というのはありますよ)。とりあえずTOEIC受験をしているので、その勉強ができるネット教材を使い、関連書籍で勉強をはじめることにしました。

 …で、唖然としたのですcoldsweats02 そのあまりにも多い教材の数に。もちろん英語教材の多さは知っていたつもりです。でもねえ、びっくりしたのですよ、自分が韓国語を勉強していた頃の関連書籍の数とは、もう天と地ほどの差があったので。

 韓国語を勉強していた当時、私は「韓国語能力試験(TOPIC)に合格するための勉強」、つまりは今と同じように「受験勉強」をしていました。その頃、日韓ワールドカップやヨン様ブームの後で韓国語学習熱はかなり熱い時期でしたが、TOPICに関する過去問題集も参考書もほとんどありませんでした。なので、仕方なく韓国で出版されている問題集を現地購入したり、ネットで高額な書籍を買ったりしました。そしてよくわからない解説(韓国語)shockを読みながら学習していたのです。こういう経験しかなかったので、英語学習教材の豊富さ、充実度にびっくりしたというわけです(>いまさらsign03)。

 でも豊富すぎるのも困りものですね。どれが本当にいいのか迷いまくりますよね。で、「無駄のない学習」を第一に考えると、結果的には評価サイトで高い評価を得ている本を手にするのが手っ取り早いわけです。それだけ高い評価を受けている本は、「8割方間違いない」はずだし、「買って損した!」とはならないはずだから。

 でも実際購入した本の中で、TOEIC受験者の8割は購入している本でも私には使い勝手が悪い本がありました(本の7割程度はやってみての感想です)。やっぱり高評価だったとしても、いくら他の人が「試験対策には無駄がない本だよ」と言っていても、自分に合う、合わないがあるってことですね。

 本来、いわゆる「勉強法」は、自分で試行錯誤して得ていくものなのでしょうが、英語学習に関してはあまりにも「オススメ勉強法」に関する情報が多すぎて下手に迷ってしまう、そんな感じがします。

| | コメント (0)

2019年2月 7日 (木)

「無駄のない学習」について①〜時間の確保

 英語を学び始めて、時々ふいに気になることがあります。それは、「私は無駄のない学習をしているのだろうか」ということです。

 仕事をしながら、また家庭を持ちながら(子育てをしながら)、毎日の勉強時間を確保することは、実際なかなか大変な問題です。かつて韓国語を勉強していた10年ほど前は子どもが小さかったせいもあり、一日の中で自分の時間を持つこと、そしてそれを韓国語学習に当てることはかなり難しかったです。

 仕事に疲れ、子どもの世話に追われて、やっと迎えた夜中に勉強をするということがとてもつらい時期がありました(もちろん私と同じ境遇でも、しっかりと目標を持ち、それに向かって脇目もふらず頑張ることができる方もいらっしゃるでしょうが)。3度目の高級受験の前には、夜中に文字通り泣きながら勉強していた時期もありました(勉強しながら、前触れもなく涙がツーっと伝って落ちてきたとき、「これ、マズイんじゃないの? 私weep」と心配になりました。)

 今は、子どもたちは大きくなり(下の子が大学受験生のため、精神的にストレスは感じる毎日ではありますがdespair)、夕飯まで済ませればあとは私の自由時間を確保できるようになりました。ただしsign01 私は今、52歳なんです。だからそれほど時間があるわけではないのです。単純に生涯学習として、趣味として、学習を続けているのであれば、全く問題はないのですが、できれば韓国語のように、学んでそれを使って仕事がしたい、プロボノとして参加しているNPOの仕事に役立てたい、そんな無謀な夢shineを持っているので、悠長に構えていられないのです。自分の年齢が本当に恨めしいのですが、とにかく脳の働きがこれ以上落ちないうちに英語を身につけたい→だから「無駄のない学習をしたい」という切実な思いがあるわけです。

 今、1日に1〜2時間、勉強しています。2回目のTOEIC受験までは、「とにかく1日30分でも(継続に意味がある)」という目標でやっていたのですが、その程度の目標だと、自分で甘えて「1日10分でもOK」みたいになってしまうことがわかりましたdown やはりこれでは英語習得にはほど遠いな、と思ったので、「とにかく1日1時間」を最低ラインとしてなんとか続けています。

「無駄のない学習」について②〜どの教材を使うか につづく

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

ハングルを読んでみたい方へ♪

新刊『あっという間に読めちゃうハングル』が出ましたshineshine

今回は「ハングルを読んでみたい!」という興味をお持ちの方に、とっておきの方法でストレスなくハングルが読めるようになる本をめざしました。

私は初めてハングルを目にしたとき全く文字に見えず、なにか記号の羅列のように感じた覚えがありますが、実際学んでみると非常に覚えやすい文字でした。

また、初めて韓国旅行に行って、街中にあふれるハングルが読めたときすごく嬉しかったので、同じような感激を味わってもらえたらと思いますconfident

語学(文字)学習の要は「慣れ」です。たくさんのハングルの写真を載せているので、本を読み進めながらハングルに慣れていくうちに、気がつくと「読めちゃってる」と思います。

ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいupupup

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

TOEIC結果

 前回初めて受けた試験の結果も書いていませんでしたので、書きます!happy01
L…リスニング、R…リーディング、T…トータル得点

1回目:2018年6月24日受験 L 265、R 145、T 410
2回目:2018年12月9日受験 L 260、R 245、T 505

 半年の勉強(140時間程度)でRが100点アップという結果に。でも塗り絵が30%あったので、もしかしたらその塗り絵が驚異的な正答率だったのかもsign03(笑)。

 2回目の受験をしてから後、勉強方法を変えました(前回の記事)。具体的には公式問題集を徹底的にやり直すというものなんですが。

 最近、これをやっていてわかったのが、やはり1問あたりの解答時間がかかりすぎるという問題です。全体の時間と問題数から換算しての1問あたりの時間配分があるのですが、PART6(読解問題)の大問1問につき2分30秒程度で解くところ(解かないと全部解けない)、私は2倍〜3倍の時間がかかっているんですshock

 これは致命的ですね。これじゃあ塗り絵が30%も出てしまうことは明らかです。今のところ、この塗り絵の割合を少なくするのは無理難題に思えているのですが、さて、どうなるでしょうか…。

 とりあえず実験的な感じで勉強をしているので、次の受験結果を楽しみにしたいと思いますpunch
 次回は5〜6月受験予定です。

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

祝! 初「はとバス」乗車(笑)

 最近は、たまのお休みも義父の介護やTOEICの勉強などで時間を取られていて、まったく遊んでいなかったことに気がつきまして。
 先週、なんか急に「遊びたい!!」と思い、はとバスツアーに参加してみました(>急にsmile

 以前から、ルーフなしの2階建てバスに乗ってみたいなあと思っていたので、都内を1時間程度で巡るツアーに参加してきました! 1人で。笑。note

【2階建てオープンバス】TOKYOパノラマドライブ(レインボーブリッジ&銀座)


Img_3876 Img_3877

 参加者はたったの5人!で、本当は後ろの方の席に座りたかったのに、前の方に集められてしまったのが残念でした。
 当日は、気温は低かったのですが、晴天で日差しも暖かく、コートの下にダウンを着込んでいたので、寒さは感じませんでした。

Img_3878 Img_3880 Img_3885

 東京の名所を巡るツアーで(降車はナシです)、どこも行ったことがある場所でしたが、高い車窓から眺めているととても気分がよく、気持ちがす〜っとしましたよ! ガイドさんの案内もとてもお上手で、楽しかったですupup

 降車後の待合室で、美術館巡りのパンフを見たら、近所に三菱一号館美術館があって、巨匠の絵がコレクションされたフィリップス・コレクション展をやっていることを知り、ここも立ち寄ってみました。

Img_3901

 この一帯、なんだかお洒落な建物やレストランがたくさんあるんですね。全然知りませんでした。美術館自体は狭かったのですが、建物も素敵で、絵を鑑賞するのも久しぶりだったので、十二分にリフレッシュできました。shine

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

TOEIC参戦記(2度目!)

 12月9日(日)、TOEICを受験してきました(第236回)。6月に初めて受験して、今回が2度目です。

 受験後、あまりの出来なさに「ほぼ毎日30分〜1時間程度は勉強してきたけど、その意味があったのだろうか…down」と、かなり落ち込みました。
 ある方は「前回より「出来なかった」と思っても、それは前回より曲がりなりにも「勉強」をしたことで、「わかること」と「わからないこと」がはっきり認識できるようになったということだ」とおっしゃっていましたが、真偽のほどは不明です。(爆)

 普段はいろいろと時間の制約があるので、これまで受験勉強の方法論とか英語学習の効果とかについて全く気にしていなかった(それを気にする時間があったら勉強する時間に当てたほうがなんぼか有益だろうと思っていた)のですが、ちょっと考えてみようかなと思いました。
 具体的な反省点は、「リスニングで女性ナレーターのセリフが聞き取れなかった」ということと、「リーディングで塗り絵の分量が多すぎる(今回も、100問中30問近く塗り絵…)」ということ、この2点に絞られます。(っていうか挙げていったらキリがないcrying

 それでこの半年の勉強で「自分に足りなかった勉強方法のベスト1」は何なのか考えた(>これも挙げたらキリがないから)のですが、結論は「シャドーイング」だろうなということに。
 私がやってるスタディサプリの関先生も強く推奨されている「シャドーイング」なんですけど、実際やろうとすると非常に難しい、うまくできない。
 だから、もしちゃんとやろうとすると、膨大な時間がかかるんです。
 それでなくても少ない勉強時間をそれに当てることは、ある意味自殺行為じゃないかと思って、ネットで検索してみたんです(関先生を信じていないわけじゃあありませんよ!!先生!!)が、結論から言うと、やはりシャドーイングは効果が高いトレーニング方法だという意見が大半でした。
 でも、テキストを見ないで発話するシャドーイングは、今の私の実力ではほぼ無理。だからやるとしても「テキスト見ながら」になります。
 なので、「音読」の中でも、まず「リピーティング」をやって、その次に「オーバーラッピング」をやって、それができるようになってきたら「シャドーイング」(テキスト見ながら→テキストなしで)と段階を踏んでやっていこう!という、自分なりの方法論に落ち着きました。

 実際、あまりの出来なさにかなり落ち込んだので、もう明確な目的もないTOEICの勉強はやめてしまおうかなとも思ったのですが…。(先週ある人に会ったとき「今週末TOEICなんですよ〜。気が重いです…」と言ったら、「仕事で必要とかじゃないんだから、試験とかやめちゃえばいいじゃないですか!!」ってマジで呆れられたんですよね。ほんと、そのとおりだなあと。弱気になってしまった私bearing)。

 でも、やっていなかった勉強をあと半年やって、それでも何の結果が出なかったらやめることも考えようと思います(少なくとも自分で少しは実力が上がってきたという実感がほしいshine)。ああ、不得意なことをやるっていうのって、ほんとしんどいです。>爆

| | コメント (0)

2018年8月11日 (土)

Castle s01 e02 「Nanny McDead」

ドラマ「Castle」を見ていますup
とにかくセリフが早くて、全く耳に留まってくれません。
いつかこれが言葉のやり取りに聞こえる日がくるのかなあ…weep

ドラマ自体は面白いから見るのは楽しいです。
キャッスルとベケットのコンビがやっぱり面白い!!note

気になった表現など*****

voicemail / 留守電

CSU / 鑑識
Crime Scene Unit=犯罪現場捜査課のこと。

the Son of Sam / サムの息子
1970年代後半、アメリカで猟奇殺人事件を起こして逮捕された犯人が使っていた名前。ある出版社がその犯行経緯を書いた本の出版を加害者に持ちかけ、その対価として多額の報酬を提示したことで問題となった。その後、犯罪加害者が自身の犯罪に関する本を出版するなどして利益を得ることを禁じる法律(通称「サムの息子法」)が出来た。日本でもいわゆる神戸連続児童殺傷事件の加害者が書いた手記が出版されたことで注目を浴びた法律。

Let me guess / 当ててみようか
話の途中で、「ちょっと待って。その先の話を私が当ててみようか?」というようなときに使う。

It’s a school night. / 明日は学校がある日だから。
school nightは「学校がある日の前の晩」という意味。「明日は学校だから(だめなの)」など、断るときなどに使う。

Be careful, flatfoot. / 気をつけて、刑事さん。
flatfootは扁平足のこと。パトロールをする警官を指す俗語。

about a month ago / アバウタ モンタゴ と聞こえる。

ex-girlfriend / 元カノ
exは「前の、前付き合っていて、昔の」という意味。否定的なニュアンスを含むことが多い。ex-husbande 元夫。

Yes, ma'am. / はい。
女性に対して敬意を表す肯定的な返答。男性に対してはYes, sir.と使う。

"one and done" type
one and doneは大学を1年だけで切り上げてNBA入りを目指すこと。アメリカならではのシステム。

Duh.(ダー) / 何言ってるの? 当たり前じゃない?

strip poker / (日本で言う)野球拳
負けたら脱ぐ罰ゲームがあるポーカー。

cheating husband / 浮気夫
cheatは「騙す」という意味。

divorce papers / 離婚届

Hope to die. / 死んでも(守る)。
約束を守るときなどに使う。Cross My Heart and Hope to Die 神に誓うよ。ウソだったら死んでもいい。

Good night, pumpkin. / おやすみ。
pumpkinは子どもなど、可愛らしい女の子、愛しい相手に使う。

No sweat. / 心配ない。お安い御用。

| | コメント (0)

2018年7月16日 (月)

Castle s01 e01 「Flowers for Your Grave」

ドラマ「Castle」でリスニングの勉強をすることにしました。どのドラマがいいのか悩みましたが、青春もの、学園ものよりミステリーが好きなので、難しいのを覚悟で「Castle」にトライすることに。気になった表現や発音など、ピックアップしてみます。

主な登場人物
リチャード・キャッスル…人気ミステリー作家。チャラ男happy02
ケイト・ベケット…NY市警の女性刑事。クールビューティー。

ストーリー
この二人がコンビを組んで難事件に立ち向かう。(>ざっくり過ぎ)

※発音について『ネコろんで学べる英語発音の本』(実務教育出版)を最近読んだので、そこに出ていた事例に合った発音があればピックアップしてみます。

********
He knew her.
「イーニューアー」と聞こえる。途中の「h」は脱落する、冒頭の「h」は脱落しない、と本(※p.160)に書いてあったが、冒頭の「h」も聞こえず。

I'm just saying. / 独り言よ。

Just give me a "Jack shot Jill over Bill," / 単純な事件だと思うよ。
"Jack shot Jill over Bill,"をネット検索したところ、「ジャックはビルじゃなくてジルを撃った。これは嫉妬が原因。ジルはジャックとビルと付き合っていた。ジャックはビルを撃つのではなく、元凶のジルを撃った」とあり。言葉遊びみたいなもので、複雑な裏がある事件ではなく、シンプルな事件という意味らしい。

Hey, kiddo.
義理の母親がキャッスルに呼びかける場面。kiddoは、年下の人への親しい呼びかけ。君、お前、やあ。

at the time
「アタタン」と聞こえる。本(※p.160)に、子音が連続するときは繰り返さない、thは前にnがくるとnに吸収される、前にtがくるとtに吸収される、とあり。よって、at theは「アットザ」ではなく「アッタ」となる。

So that makes you one of two things in my world, either the guy who makes my life easier or the guy who makes my life harder. / 私の分類では2種類のどちらかよ。役に立つ男か面倒をかける男か。
ベケットのセリフ。カッコイイheart01

She’s not in my little black book. / 彼女とデートしたことはないよ。
「little black book」は、俗語で「誰とでも寝る女性だけを書いた男性のポケットアドレス帳」punch

groupies / ファン、追っかけ
グルーピーってあんまり聞かないけど、なんとなく売れないバンドの追っかけで、バンドメンバーと性的な関係を持つようなファンという意味があるようだ。

Aren't you curious? / 気にならない?

Shoot. / どうぞ。
「質問してもいい?」というセリフに対する返事。

Well, you're not bridge-and-tunnel. No trace of the boroughs when you talk. So that means Manhattan. / 君のアクセントから考えてマンハッタン育ちだ。
「bridge-and-tunnel」は、マンハッタンに通勤に来るときに橋やトンネルを使ってくる人々、ブルックリンやクイーンズなど郊外に住む人々を指す。B&T。「trace」は「跡」。「borough」はニューヨークの行政区で、ブロンクス、ブルックリン、マンハッタン、クイーンズ、スタテンアイランドの5つの区を指す。So that meansは「つまりそれは~を意味する」の意。

speed dial / 短縮番号

Scout's honor. / 誓うよ。
直訳だと「スカウトの名誉にかけて」。「そこにじっとしてて」というベケットに、キャッスルが言ったセリフ。ボーイスカウトが浸透してるようだ。

I was never a Scout. / 誓いは破るものさ。
ベケットの言いつけを守らなかったキャッスルの返答。訳がナイスup ※アマゾンのレビューに字幕が良くないってあるけど、そんなでもないと思うんですが…。英語がわからないからですかね??

You're bluffing. / ハッタリだな。

That's terrible. / ひどいな。

He's expecting you. / (彼は)お待ちしていました。

He's dying. / 彼は長くない。
英語の表現、すごいeye

Apples! Apples! Apples! / 降参だ!
「apples」は俗語で「うまくいって、大丈夫で」の意。「all right」や「okay」とイコールらしい。余計なことを言ったキャッスルが、ベケットに耳を引っ張られながらこのセリフを言う。ここでは「わかった!」ということ。

he was ready with an alibi. / 彼はアリバイを準備していた。
「アリバイ」は英語でも「アリバイ」。ただし「ア」にアクセント。

search warrant / 捜査令状

Joke's over! / 冗談はよせ。

fire escape / 非常階段

cuffs / 手錠

★感想
いい加減なチャラ男のキャッスルとクールビューティーのベケットの凸凹コンビがすごく面白いnote ドラマの冒頭が、私が好きな「コールドケース」に似てるな、と(これまであまり英語圏のドラマは見てませんでしたが、「コールドケース」だけはGyaoで見てました)。英語を知っている人には当然な表現でも、私は全くの素人(?)なので、イチイチ面白い! これから楽しみです。
そういえば、韓国語を勉強していたとき、「宮」とか「魔王」とか、ドラマを見て楽しんでいた時期があったな〜と思い出しました。

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

TOEIC(2018.06.24)初参戦記 ③

試験の時、緊張することってありますよね? TOPIKを受けていた頃、試験で結構緊張した覚えたがあります。でも、それってやっぱり「いい点数を取りたい!」「絶対合格したい!」っていう気持ちが強すぎるときですよね。で、今回、試験で全く緊張しませんでした。現実を知っていたからだと思いますweep

試験を受けてみて、困ったことがいくつかありました。

一つは、時間中に絶対にトイレに行けないこと。
この試験は2時間しかないのでTOPIK II(3時間)に比べると楽勝なのですが、教室に入ってから(〜12時30分)試験が終わるまで外に出られない(トイレに行けない)んですよね。約3時間。でも、急にお腹が…ってこともあるし、「行けない」となると逆に行きたくなるっていうのが人情ってもので。心理的に拷問を受けてる気までしてきましたtyphoon

もう一つは、メモを取れないこと。
解答用紙はともかく、問題用紙(回収)にも何も書き込みできない、メモを取れない、設問番号にチェックもできないんですよね。これって、キツいです!!annoy リスニングなんて、1問の発話時間が長いし、途中で話題が変わることも多いので、最初に言ったことなんて忘れてしまいますdown リーディングも、節ごとにスラッシュ入れたりしたいじゃないですか? もしかしたら、チラッとチェック入れたりメモしたりして後で消してる人はいるのかもしれませんが、とりあえず記入禁止!です。記入していたら注意されるらしく。

それに腕が疲れる!(苦笑) シャーペンがどこにも触れないようにしていたら、腕がめっちゃ疲れました。なにせ解答時間が短いので、該当の問題のところに筆を置いて置かないと、番号を探す時間ももったいないくらいです。それで今回、初めてマークシート用のシャーペンを購入しました。バカみたいに思われるかもしれませんが、マークシートの●を塗りつぶす時間も短縮したくなるくらい解答時間が短いんですcrying とにかくドンドン問題が進んでいきます。迷っていると次の音声が聞き取れません。このシャーペンを使ってみた感想は、塗りつぶすにはいい!ですが、付属の消しゴムは綺麗に消えませんpunch(なんでだろう。汚くなっちゃうんです)

あとは…リスニングの音声がちょっと聞き取りづらかったかな。

今回の会場は高校でしたが、大学の階段教室みたいな広い場所で、前方の舞台上から音が流れるんですけど、音がちょっとボワン!って感じになるんです。TOEICのリスニングって、設問によっては「冒頭の1語」がキーになるパートがあって、そこが聞き取れないと、もうお終いshock 実際、音声確認の時に申告して席を代わった方(音声の目の前に)もいました。普通の教室ならもうちょっと音がストレートに聞こえたのかな?

初参戦で、結局出来はどうだったのかと言うと…「ひと月勉強した分は役に立った」とは言えるかな〜。ひと月の勉強で、200問あるうちの20問くらいははっきり「正解している」と感じました。(>少なすぎやろsign03sign03

今の状態では足りないものが多すぎるので、またどこから手をつけていけばいいかを考えて、次回(秋頃かな〜)少しでも点数アップできるようにしたいと思いますup(TOEICって、ほぼ毎月試験が実施されているんですが、毎回受ける気力はありません)

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

TOEIC(2018.06.24)初参戦記 ②

4月が過ぎ、5月に入ってから、「やっぱり語学勉強の継続は、モチベーションが大事だよね〜」と思い、モチベーションを保つのに何を利用しようかと考えました。

でもね…
・いまさら留学とかするわけじゃない(時間がない、お金もない)
・いまさら仕事で英語を使うというわけじゃない(仕事はすでにある)
ということで、2大モチベーション維持装置(?)は使えません。

韓国語の勉強を始めたときも同じ状況だったので(でも、韓国語はのちに仕事に使えました。今も韓国語の本、作ってます〜happy02)、やっぱり「試験を受ける」しかないのかな、と思い当たりました。試験を受ければ、当然「前回より良い点数を取りたい」「できれば上の級に合格したい」という欲が出てくるので、それを利用しようと思い、「TOEIC受けるぞ〜!」となったわけです。ちょうど6月試験の申し込みに間に合いそうだったので、何も考えず、申し込みしてしまいました。(これが大変無謀なことだということは、後ほどわかることになる…typhoon

で、何で勉強すればいいのか。韓国語の試験問題集を作り続けていて思うのは、「私が試験を受けてたときに、この本があれば良かったのに〜!!」ってこと。今は、本当にいい教材がたくさんありますよね。試験対策といえば、韓国で出版された不親切な誤字の多いテキストを取り寄せて勉強していた私からすると、今の人(>って…笑)は本当に羨ましい限りです。なので、ここはやっぱりTOEIC試験に準拠するようなものを使って勉強するのが、最も効率がいいという結論に達しました。

それで申し込んだのが「スタディサプリENGLISH」のTOEIC対策講座です。今の生活に英語の勉強時間を割り込ませるわけなので、そんなに時間もありません。隙間時間を使うのに便利なスマホを使っての学習ができるし、動画もあって、ただひたすら文字とにらめっこよりは頭に入ってきやすいのでは?と思って。近所の英語教室のTOEIC対策講座も調べてみたのですが、やっぱりコストがかかりすぎます。スタディサプリならひと月3000円弱の出費なので、もうこれしかないnoteと思い、申し込みました。それ以降、約1ヶ月。試験まで毎日ちまちまと勉強をすることになりました。

スタディサプリのいいところは、講座がすごく細分化されていて、そのうちの一つをやるのには5分程度しかかからないというところ。だから、とにかく1日5分でもいい、毎日やると決めました。が、正直、勉強時間の確保がやっぱりキツい。結局、お昼ご飯食べながら15分やったり、寝る前に15分やったり、がせいぜい。それでも、全くやらないよりは身になっていると信じて頑張ることにしました。

それから2週間くらいして、試験を受けるのには、やっぱりどんな試験なのかわかってないと困るので、公式問題集というのを買って、やってみることに。

…で、ビックリしたのですが。
リスニング、何を言っているか、全くわからずdown
リーディング、単語の意味が全くわからずdown
いや、もうホントにビックリwobblyです。苦笑

2回分の模擬テストがついていたのですが、2回とも、スコアでだいたい250点〜350点くらいしかとれません。しかも、この中には、当てずっぽうの解答も含まれるので(っていうか、ほぼ当てずっぽうと言っても過言ではありません状態punch)、多分200点くらいなんじゃないですかね。下手すると、150点くらいかも。ちゃんとわかって答えて、合ってるものって。泣

確かに語彙力がないのはわかっていました。TOEIC受験生の間では有名らしい「金フレ」。これを本屋でパラパラと見たのですが、ページに一つもわかる単語がなくて、「買っても意味がない(←別の意味でcrying)」と判断して買いませんでした。しかし、こうやって語彙力がない現実を突きつけられると、本当に落ち込みますね。そのせいもあって、リーディングは制限時間内に半分もできないというね。

そんなこんなで、ほぼ絶望shockしかない状態で、試験当日はやってきました。

| | コメント (2)

«TOEIC(2018.06.24)初参戦記 ①