« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

욕심쟁이 欲張り

韓国語ジャーナルに載っていたもう1つの童話

「흥부와 놀부」を読みました。

中に「욕심쟁이(欲張り)」という単語が出てきました。

「-쟁이」って、「겁쟁이(臆病者)」とかいうふうに、

人を形容する言葉だったよな~っと思い出し、

ほかに似たような言葉がないか、辞書を引いてみました。

*「-쟁이」…人を表す接尾語で、人の性質などを表す語について、

その人を少し軽蔑して言う言葉

「거짓말쟁이」(嘘つき)とか、「고집쟁이」(意地っ張り)とか、「멋쟁이」(おしゃれな人)など。

↑おしゃれな人って軽蔑が入ってるのかな??

「-쟁이」以外にも、人を表す接尾辞ってたっくさんあるんですね~。

同じ童話に出てきた「심술꾸러기(意地悪な人)」の

「-꾸러기」もそんな言葉で、

「잠꾸러기(寝坊すけ)」とか「장난꾸러기(いたずら小僧)」とかもありました。

みなさん、辞書を引いてみてください~。(←責任放棄 ^^;;)

| | コメント (2)

2006年10月28日 (土)

略語

日本でもいろんな略語がありますけど、韓国にもいろいろありますよね。

以下、少々古いネタもありますが…。

노사모(ノサモ)

무현을 랑하는 사람들의 임」(ノ・ムヒョンを愛する人たちの集まり)の略。

ノ・ムヒョン大統領の支持団体とのことらしいです。

「모임」がらみでは、「임」(正式な集まり)を略した

정모」っていうのがあって、これは「インターネットのコミュのオフ会」を指すそうです。

미사폐인(ミサ廃人)

“廃人”っていうのがスゴイですが、2004年に放送された

ソ・ジソプ主演の「안하다 랑한다」というドラマの

熱狂的ファンを指していう言葉です。

우행시

これは、カン・ドンウォン主演の「리들의 복한 간」(僕たちの幸せな時間)

という映画タイトルの略。(日本で言うと、ドラマ「僕生き」みたいな感じですかね。)

カン・ドンウォンは顔が好きなので、見たい映画です。^^

この間見た、ドンウォン主演の「刑事 Duelisut 형사」は…。コメントなしです。;;

남이사(ナミサ)

관하지 마.」(他人のことに干渉しないで。)の略らしいです。

パッチムは無視されるんですね? この場合。

「私の名前はキムサンスン」でも出てきたらしいです。

(↓以下のサイトで見つけました。)

■韓国語1年生

http://www5d.biglobe.ne.jp/~ragna/gottani/

略語は音だけ聞いても「?」ですよね。

辞書でいくら引いてもなかったりもするし。

造語で、流行り言葉的なものが多いので、

急に出てくるとお手上げですね。^^;;

おもしろい略語があったら教えてください~!

| | コメント (3)

2006年10月25日 (水)

映画「여자,정혜(女、チョンヘ)」

渋谷へ行く用事があったので、見てきました。

「여자,정혜(女、チョンヘ)」(邦題:チャーミング・ガール)。

私は好きだな~。こういう展開らしい展開が皆無なストーリー。^^;;

郵便局勤務の独り暮らしの女性・チョンヘの日常を

ただ、たんたんと追っていくだけの映画です。

「あるきっかけから愛を受け入れられなくなった一人の女性が、

もう一度人を愛す勇気を取り戻していく姿を描いた作品」という前宣伝でしたが、

「人を愛す勇気を取り戻す」っていうところまでは、私は感じられなかったけどね。;;

ただ、静かに流れていく時間の中で、

チョンヘが必死に忌まわしい過去を受け入れようとしていく姿には、

素直に共感できました。

語学勉強という視点から見ると、非常にありがたい素材でした。

登場人物の誰も激昂しないし(笑)、台詞もゆっくりなので、

(私のレベルでも)字幕ナシでもある程度、聞取り可能でした。

あ!もしご覧になった方がいらっしゃったら、

ラストシーンについてご意見を伺いたいので、

コメントお願いします。^^

■シアター・イメージ・フォーラム(東京都渋谷区)にて、

11月10日(金)まで上映中です。

http://www.imageforum.co.jp/theatre/index.html

| | コメント (2)

2006年10月21日 (土)

日韓の親子関係の違い

今日のラジオ講座は、父と息子の会話でしたね。

放送の中で、韓国では子どもが親(とくに父親)には

必ず敬語を使うっていう話が出てきましたが、

これはよく聞く話ですよね。

先日、交換レッスンで話していたとき、

相手の方(留学生)が「日本では20歳を過ぎると、

親元を離れて自分で生活をしなきゃ!みたいな感じだけど、

自分は親にお金を出してもらって日本に来てることを

悪い思ったことはない」みたいなことを言ったんですね。

これを聞いて、ちょっとカルチャーショックを受けました。;;

(もちろん彼の家が、子どもを留学させるだけの余裕がある家だからこそ、

それを別にフツーのことと感じてるんでしょうけどね。)

で、これには続きがあって、

「日本人は親の考えと違う自分の考えを押し通したりするけど、

自分はやっぱり親の考えを無視するようなことはできない」とも言ったんです。

韓国ドラマとかでも親の反対にあって結婚をあきらめる…とかあって、

それを見てあんまり理解できなかったんだけど、

交換レッスン相手の話を聞いて、

親子関係の捉え方がずい分違うんだな~と納得する部分もありました。

| | コメント (0)

2006年10月20日 (金)

しょうが焼き定食から…嫁いびりまで

本日のお昼ごはん、しょうが焼き定食でした。

「しょうが焼き」って、韓国語でなんて言うのかな?

「焼く」って? 「굽다」だよね。

あ、でも玉ねぎと一緒に「炒める」んだから

「볶다」かな。

食事しながら電子辞書を引いてみる。(行儀悪し。)

ふむ…「볶은밥」(チャーハン)は知ってる。

なぬ!? 「며느리를 볶다」(=嫁をいびる) 嫁は炒められちゃうわけね。^^;;

まあ~、どこの国でも嫁はいじめられるんですかね?

なんとなく「며느리」を引いてみる。

ありますな~! 嫁がいじめられる例文が!;;

「며느리가 미우면 손자까지 밉다 」(=嫁が憎いと孫まで憎い)

…「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ですね。

「며느리가 미우면 발뒤축이 달걀 같다고 나무란다 」

(=嫁が憎いとかかとが卵のようだと責める)…??

…憎い人たちに対しては何でもかんでもケチをつける、意らしいです。

っていうか、なんで出だしが両方とも「嫁が憎いと」なんですかね。(笑)

嫁の皆さん、ともに頑張りましょう!!

(>って、私は別に姑にはいじめられてないけどさ。)

| | コメント (0)

2006年10月19日 (木)

数詞に弱い。

数詞にやたら弱い私。

もともと数字に超弱いので(;;)、しょうがないんですけど。(>開き直り)

11月、12月とか、23歳、34歳とか…とくに弱いです。

いわゆる固有数詞ですな。1と2、3と4が紛らわしい。

自分でもすんなり言えないし、聞取りも1回じゃ無理。

あ~、「週に2~3回」とか「月に4~5回」とか、どういうんだっけ?? ^^;;

1~2    한두

2~3    두세

3~4    서너 , 서넛

4~5    너댓 , 네댓 , 네다섯 (←いろんな形、ありすぎでしょ!!)

5~6    대여섯

あと、ときどき「세→석」「네→넉」になるときもありますよね。

どんなときだっけ?? ^^;;

석/넉 달(月)

석/넉 대(本)…タバコとか数えるとき

석/넉 주일(週間)

석/넉 장(枚)

석/넉 잔(杯)

まだ、いろいろな形がありますが…、

とりあえずこれだけ覚えようっと!

| | コメント (2)

2006年10月14日 (土)

가위-바위-보

毎朝、子どもを保育園に送りにいくとき、グリコやってます。^^

グリコっていうのは、じゃんけんして、

グーだとグリコ、チョキだとチョコレート、パーだとパイナップルと、歩数を進めるゲームですよね。

(地方によって、内容が違うみたいだけど。昔、パーは「パラシュート」だった気が…。)

韓国語で、じゃんけんは「가위-바위-보」(はさみ-岩・石-紙・ふろしき)ですよね。

韓国流だと、チョキは人差し指と親指で作るらしいです。

そこで、바위が使われる慣用句を二つ、ご紹介。

*바위를 차면 제 발부리만 아프다.(岩を蹴れば自分のつま先だけ痛い。)

→「短気は損気」という意味。

*바위에 달걀 부딪치기(岩に卵をぶつけるようだ)

→はじめから勝算のないことをする

韓国語にも慣用句・ことわざがいろいろとあって、おもしろいですよね。

| | コメント (3)

2006年10月12日 (木)

交換レッスン2回目

交換レッスンしてる方って多いんでしょうか?

ちょっとやりはじめても、スケジュールが合わなかったり、

性格(相性)が合わなかったりして、続かないケースも多いみたいですが。

今回、交換レッスンを始めた相手の方は、24歳。

実は、私、明日(あ、正確には今日だわ。)が誕生日で、

なんと40歳になります。(自分で「なんと!」っていう感じです。>爆)

で、今日、私から年の話をして、相手の方の어머님のお年を聞いたら、

49歳!なんですって。…撃沈。ですよ。マジで。

어머님との方が年が近いんですよ~! しかも、かなり…。

ま、いいけどさ。(と、無理矢理立ち直ろうとする私。^^;;)

で、この交換レッスンの相手の方は、

韓国語の時間(1回2時間で、1時間を韓国語で、もう1時間を日本語でやってます)には、

ほとんど自分からは口を開かないんですよね。

それは、こちらが年上ってことで気を遣っていることもあるのか、

若くて、話をもっていく方法を知らないのか、わからないんですが。

以前のレッスン相手の方(今回の方を紹介してくれた方です)は、ほぼ同年齢(子どももいる)だったし、

社会経験があるので、やはり話のもっていき方が上手で、

こちらがたどたどしい韓国語で話すと、「~っていうことですよね? それは…」っていう感じで、

どんどん話をふくらましてくれていたので、ちょっとラクだったんですよ。

でも、今回の方は、じ~っと私のたどたどしい韓国語を聞いていて、

たまに明らかに間違ったり、私がつっかえたりしてる部分をつないでくれたりするという感じです。

なので、1時間がヒジョ~に長い!(笑)です。

とにかく自分で話題をみつけ、韓国語で話さなきゃいけないからね。

でも、これはこれで会話の勉強にはなるだろな…と思いつつ、

今日もなんとかしのいできました。^^;;

| | コメント (12)

2006年10月10日 (火)

『リスニングマスター』제11과

この課はちょっと難しいです。聞き取るのが。

口論している場面なので、スピードも速いし、

パンマルだったり、直訳では理解が難しいもののオンパレード…。

でも、よく口論する場面で耳にしたことがある台詞がいくつかありました。

*정말 미치겠네.(ほんとうにおかしくなりそう。)

 …미치다 狂う、夢中になる

*가만있어 봐.(ちょっと待って。)

 …가만있다  黙っている

 ちなみに、「가만있자」で、「え~っと…」という感嘆詞的に使われるそうです。

*내가 원, 참 기가 막혜서! (本当にもう、あきれた!)

…기가 막히다  開いた口が塞がらない

余談ですが、私が大好きな롤러코스터(ローラーコースター)の曲に、

「가만히 두세요」という曲があるんですが、「そっとしておいて」っていう意味ですよね。(たぶん…。)

「가만」が「가만히」の縮約形で、「가만 두다」で「そっとしておく」「放っておく」となります。

いつか韓国人と口論してみたい…と密かに思っている私です。^^;;

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

文化の違い

ラジオのハングル講座、第3回目を予習してみました。

‘三年峠’っていうお話です。

中に、「하라버지는 땅을 치며 울었습니다.」という場面が出てくるんですが、

これって韓国人らしいな~と思いました。

「地面を叩きながら泣く」っていう表現が。

日本人から見ると、韓国人(や北朝鮮の人)って、泣く表現がオーバーだな~と思うことありますよね?

ドラマや映画を見ていても、やたらに男の人が涙を流す場面があって、

最初は、ちょっと違和感を感じました。(今は慣れたけど?)

日本人って「男のくせに泣くな!」って言って、

男の人が人前で泣くのは恥だ、みたいな文化がありますよね。

また、テキストに「韓国なんでも文化学」っていうコーナーがあって、そこに、

「第一に、韓国人は一般的に「笑い」というコミュニケーション方法の意味を、

重くとらえる傾向があるということが指摘できる」とあり、

つまりは日本人のように不用意に(?)他人にニコニコしないということが書かれてありました。

やたらに他人に愛想を振りまく人間は、信用できない人間だということらしいです。

まあ確かに日本人って、愛想がよすぎて、外国人から見ると不気味

っていうか、「なんでそんなにヘラヘラするんだ?」と思われたり、

「なんでそんなに簡単に謝るの?」と思われることがあるらしいですよね。

日本人と韓国人ってそれほど違わないように思っていましたが、

結構違う点ってあるな~っと思います。

| | コメント (0)

2006年10月 8日 (日)

ラジオ講座 応用編第2回

ようやくラジオ講座、聴きました~。

しかし、1つ関門が…。

「NHK第2放送って、周波数いくつ? ^^;;」

だってこれまで聴いたことなかったし~。

テキスト見ても「第2放送」としか書いてないし。

(あとで見たら、うしろの方に載ってましたケド…。)

ネットで探したら、うちの方は693(東京)って書いてあったんですが、

実際にちゃんと聴けたのは710くらい?なんですよ。なぜ??

ま、聴けたからいいけどさ。

今日の第2回は文型など知らないこともあったけど、とりあえず理解できました。

聞き逃した第1回の中に1つ、わからない文型がありました。

어머니께서는 둘째 딸이 하다 빨래를 하기 시작하셨습니다.

(お母さんは次女がでやめた洗濯をしはじめました。)

これは「하다가 말다」(~しかけてやめる)の構文ですね。

가が省略されて、말다を過去形にすると、「ㄹ脱落」+「ㄴ」で、「만」となるんですね~。

やっと理解できました。^^;;

| | コメント (2)

2006年10月 6日 (金)

凹み…。

なにがって?

だってさ~、今日からラジオのハングル講座を聞こうと思ってたのに、

ちょうどその時間にわけのわからん間違い電話がかかってきたり、

運動会を明日に控えて興奮したのか

「眠れないよ~」という下の子を寝かしつけたりしてるうちに、

講座の時間が終わってました…。

…激凹みです。(爆)

気分を入れ替えて…! 先日の交換レッスンのとき、

うまく使えなかった言葉…「借りる」と「貸す」を調べてみました。

*借りる

①빌리다…책을 빌리다(本を借りる)

②꾸다…돈을 꾸다(金を借りる)

③받다…도음을 받다(助けを借りる)=힘을 빌리다

*貸す

①빌려 주다…책을 빌려 주다(本を貸す)

②뀌어 주다…돈을 뀌어 주다(金を借りる)

③조력하다(助力하다)

④도와주다

「やりもらい」と同じく、なんだか紛らわしくないですか?

…ここで疑問。「借りてあげる」ってなんていうんでしょうか?

例えば、「君のために○○くんからノートを借りてあげるよ」とか。

交換レッスンパートナーに今度聞いてみようかな。

| | コメント (4)

2006年10月 5日 (木)

「ため」という言葉

「韓国語ジャーナル18号」の「基礎筋力増強ドリル」っていうのをやってみました。

その中に「~のために」=「-(動詞の語幹) 기 위해서」が出てきたところで、

「ため」っていろいろ使うな~と思い、調べてみました。

*「(名詞)~のための~」=「-을/를 위한-」

  例)初心者のための本 = 초보자를 위한 책

*「~ためになる~」=「-에게 유익한-」(~に有益になる~)

  例)君のためになること = 그대에게 유익한 일

*「ためになる」=「유리하다」(有利だ)

  例)学校に行くほうがためになります = 학교에 가는 것이 유리합니다.

あと、ドリルに出てきたことわざを一つ。

눈은 입만큼 말을 한다. (目は口ほどにものを言う。)

| | コメント (0)

2006年10月 4日 (水)

ファン・ジョンミン씨

昨日、交換レッスンの相手の方が、好きな映画として挙げたのが

「너는 내 운면(あなたは私の運命)」(ユア・マイ・サンシャイン)という映画で、

出演している「ファン・ジョンミンが最高!!」って話になりました。

私はその映画も見ていないし、ファン・ジョンミンも知らなかったんだけど、

実は数日前に見た「甘い人生」にも出てたんですね~。(今、知った。^^;;)

しかも、今月見に行こうかな~と思っていた「チャーミングガール」にも

出ているという…。偶然だけど。(っていうか、それだけ有名な俳優なんでしょうね。)

それにしても映画の英題とか邦題って、イマイチピンとこないのが多くないですか?

最近の「グエムル」とか、ひどいですよね。(>意味不明だし。)

「チャーミングガール」も原題は「여자,정혜(女、チョンヘ)」なんですけど、

題名から受ける印象が全然違いますよね。

もちろん英題および邦題の方がピッタリ!っていう映画もあるのかもしれないけど。

そんな映画知ってる方いらっしゃったら、教えてください。^^

*カンケーないけど、「ジョンミン」って名前は女性に多いらしいですね。

偶然にも、最近まで私が韓国語を教えていただいていた先生も「ジョンミン」です。

| | コメント (3)

2006年10月 3日 (火)

交換レッスン

今日から新しいパートナーと交換レッスン(韓国語と日本語)を始めました。

まずは無難に好きな映画などの話をし、

日本人と韓国人の違いなどについて話しました。

これまで交換レッスンのときに出た単語やフレーズを

家に帰ってから復習することもなかったんですが、(だから全然覚えてなかった…爆)

せっかくなので、一つ、二つ、記憶にとどめておきたいな~と思いまして…。

*相手のために一生懸命やってあげたのに、

相手がそれを別になんとも思ってなかったりしたときの一言。

괜히 해줬다~!(直訳だと、「空しくしてあげちゃった」?)

…「よけいなことしなきゃよかった」とか、「骨折り損だったな~」とか

そんな感じでしょうか?

*今までハングルでしかしらなかった俳優の名前について、

「漢字で書くと、こんな字だったんだ~!」と発見したときの一言。

이런 한자 였었구나!

韓国人の名前ってどうしてこうも覚えづらいんでしょうか?

似てるし、男なのか女なのかもよくわからないし。

まあ、日本人の名前も読めなかったりするけどね~。

| | コメント (0)

롤러코스터를 아세요?

私が韓国語の勉強をはじめたのは、

仕事で必要になったためなんですが…。

今まで続けて来ることができた理由の一つに、

「ローラーコースター」を好きになったっていうのがあるんですよね~。

ご存知でない方も多いと思うんですが、3人組のバンドです。

ところが、メンバーの1人が留学のため、

この夏から活動停止となってしまいました。(泣)

それでも日々、聴いているのはローラーの曲ばかり。

飽きないんですよね~。全然。^^;;

友だちがやってるローラーファンサイトが復活したので、

興味がある方は是非のぞいて見て下さいね!

http://rollick.oops.jp/index.html

| | コメント (4)

2006年10月 2日 (月)

『リスニングマスター』제10과

リスニング練習のための本ですが、

せっかくなので、CDにあわせて読む練習をちょっと。

文型だけを覚えようとしても覚えられないので、

でてきたフレーズごと覚えるようにしたいと思い、

頭で考えなくても、口をついて出るようになるまで、

繰り返し声に出して読む練習をしました。

何度読んでも同じところでつまづくので、

まだまだ練習あるのみ…ですね。

| | コメント (0)

2006年10月 1日 (日)

童話「호랑이와 곰(トラと熊)」

 今日も車中(電車の中で)勉強しました。

 『韓国語ジャーナル 18』の中に「韓国の童話」が紹介されています。

今日は「호랑이와 (トラと熊)」という童話を読みました。人間になりたがっているトラと熊がいたんですが、人間にしてやるという神様の言いつけを守ったのは熊だけで、その熊が女性に変身します。さらに子どもを産んで、それがタングンという朝鮮民族の祖となった…という童話です。(トラはどうなったのか…謎です。^^;;)

・気になった表現

-옵소서

…「~なさいませ」 神様にお願いするときなどに使う言葉

例) 인긴이 되게  주시~ 人間にしてくださいませ

-거라

…「~なさい」 命令形の「(/)」と同じ使い方

봐서는 안된다

…「見てはいけない」 辞書には、-(/)+(補助詞)あるいは-고서の形で、「言葉の意味を明確にする」と書いてありました

 童話って意外と難しいんですよね~。擬態語とか擬声語も多いし、童話独特の言い回しもありますからね。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »