« ニュースの単語:政治(国際)① | トップページ | 『王の男』 »

2006年11月15日 (水)

KNTV、加入しちゃいました。

思い起こせば2年前のハングル検定受験の時。

わが家で、「今度試験に受かったら、スカパー入ってもいい」

ってことになっていたのに、入ってませんでした。^^;;

だいたいテレビを見る時間もないし、以前、地元のケーブルテレビに入ったとき、

全然見なくて、「お金がもったいない」ってことでやめた経験があったんで、

「入ろう」と思いつつ、早2年の月日が経ってしまったわけです。

でも。

なんとなく韓国語の勉強に飽きてきてるので、

(この間の試験で希望級に合格できなかったことが

微妙に影響してるんじゃないかな。>自己分析)

ちょっと目先の変わった勉強法っていうのもいいかな~と思ったんですよね。

昼間つけてもらって、さっきニュースを見てたんですが、

すぐに眠くなりました。(>爆)

あ、でも日本の津波の話が出たり、

昨日書いた国際問題の話があったり、

それなりに有意義(?)ではあったんですが。

でも、映画やドラマのときもそうなんですが、

字幕があると、どうしても字幕が目に入ってしまって、

結局字幕を目で追って、それで内容を理解してしまうんですよね。

こんなとき、耳は生きてるんでしょうか??>つまりリスニングの練習になってるのかってこと。

たしかに時々、知ってる単語、フレーズが出てきて、

そのときは韓国語も聞こえるんですが、そのほかのときは、

ほとんど聞いているようで耳に入っていないような気が…。

字幕を見ているときの、耳(というか「脳」ですね)の働きについて、

くわしくご存知の方がいらしたら、このあたり、教えていただければうれしいです。

|

« ニュースの単語:政治(国際)① | トップページ | 『王の男』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュースの単語:政治(国際)① | トップページ | 『王の男』 »