« 門前の小僧 | トップページ | 間違いやすい発音~中級編④ »

2007年3月 8日 (木)

名前の付け方

5日の韓国の新聞で、韓国人の「名づけ」に関して、
「ハングルと漢字を混ぜて名前をつけないように」
「名前は5字を超過できない」というように
戸籍法施行規則が改正されたという記事がありました。

…ハングルと漢字を混ぜて?? 
「変わってる」ってことで付けようとする人がいるんでしょうね。^^;;

この記事の中に、韓国でも人名用漢字があって、
「悪」や「死」のような社会通念上、「人名として使うのに
不適切な漢字も使えない」と書いてありました。
そこに、日本で、名前を「悪魔」と記載した出生申告書が受け取られたことがある
という内容があったのを見て、ちょっと懐かしくなった私。

というのは、この「悪魔ちゃん」問題、平成5年に起こったことなんですが、
当時、私は赤ちゃんの「名づけ」の本を編集していたので、
すごく印象に残っていたんですね。(>もう13年も前の話なの!?)
結局、この「悪魔」と名づけられそうになった子は、
「亜駆(あく)」という名前になったらしいのですが…。
この問題の経過については、ココにあります。

でも、名前を付けるのって、ほんと難しいですよね。
迷わずにすんなり付けられればいいんですが、
一度迷い始めると、なかなか一つに決められなくて…。

|

« 門前の小僧 | トップページ | 間違いやすい発音~中級編④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 門前の小僧 | トップページ | 間違いやすい発音~中級編④ »