« フリーペーパーでお勉強② | トップページ | 環境問題にも関心がある方は… »

2007年4月29日 (日)

『大人のための韓国現代童話集1』①

ようやく『大人のための韓国現代童話集1』をまじめに読み始めました。(>遅っ!)
読解じゃなくて、声に出して読むことに主眼をおくようにしています。

まずは、「세상에서 가장 아름다운 다리(世界で一番美しい足)」からです。

以下、文中に出てくる文法表現です。
どれも一度は勉強したことがあるものばかりでした。

선생님 말씀이 떨어지기가 무섭게(~するやいなや)
 先生の言葉が終わるやいなや

그 설움이 얼마나 컸을지 너무나 잘 알기에(~なので)
 その悲しみがどれほど大きかったか、あまりにもよくわかるので

내가 반칙을 했음에도 불구하고(~にもかかわらず)
 僕が反則をしたのにもかかわらず
*「했음」は「했다」の語幹に「~(으)ㅁ」が付いて名詞化した形
例)雨天にも関わらず 우천임에도 불구하고

내 등에 업힌 채(~したまま)
 僕の背中におんぶされたまま

足の悪い母親とその息子の愛情物語ですね。
こんな息子がいたら、オンマはどんなに心強いか…と思います。^^

*気になった日本語 ^^;;
「입히다」は「おんぶする」「おんぶされる」で、他動詞、自動詞両方とも同じ形。
日本語で「おんぶする」「おんぶされる」ことを別の言い方で何と言いますか?
上の訳をするとき、本には「おぶわれたまま」という訳が載っていたのですが、
「おぶわれる」…? もともと「おぶる」だから、
その受身だと「おぶられる」じゃないの?と思った私。
でも、「おぶる」という言葉は辞書にはなく、「おぶう」とありました。(あら?)
たぶん「おぶふ」(旧仮名遣い)→「おぶう」だから、その受身は「おぶはれる」(おぶわれる)が正しいんでしょうね。
そっか~。「おぶる」じゃなくて、「おぶう」なんだ。
そういえば「おぶう」も言うな~なんて、イマサラな私でした。^^;;

|

« フリーペーパーでお勉強② | トップページ | 環境問題にも関心がある方は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フリーペーパーでお勉強② | トップページ | 環境問題にも関心がある方は… »