« 삼무도 | トップページ | 宮~ラブ・イン・パレス#2 »

2007年6月19日 (火)

『大人のための韓国現代童話集1』④

4作品めは「나의 아름다운 사람(私の美しい人)」。
これまでの3作品と比較すると、すごく難しいです。;;
これまでより長いうえに、
わからない単語が山ほどあって、辞書引きまくりでした。

お話は、次のようです。
作家である主人公が「私の美しい人」というタイトルの原稿を依頼され、
自分の妻の話を書こうと決めます。
作家を支える内助の功(내조의 공)に徹した、良妻賢母(현모 양처)である妻。
この妻こそ、作家にとっての「美しい人」であるといった内容です。

나는 팔불출이 되리라 다짐했스니다.(私は身内びいきになろうと誓いました。)
「-리라」…①推量 ~だろう
        ②意志 ~してやろう、~するつもりだ

행복을 선사하고픈 마음이었던 것 같습니다.(幸せを贈りたい気持ちだったのでしょう。)
 「-고픈」…「-고 싶은」の縮約形、~したい

쓰디쓴 눈물을 삼키고 또 삼겼을 아름다운 아내.(非常に苦い涙をひたすらのみ続けていたであろう美しい妻。)
 *「디」は語彙を強めるために語幹を重ねて用いるときの接続語尾。
 例)크디크다 非常に大きい
차디차다 非常に冷たい

夫から一度でいいから「美しい妻」と言われてみたい。(爆)

|

« 삼무도 | トップページ | 宮~ラブ・イン・パレス#2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 삼무도 | トップページ | 宮~ラブ・イン・パレス#2 »