« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

宮~ラブ・イン・パレス#3

今回はついに結婚式を迎えました。
チェギョンのお妃教育の中で、また宮中用語に悪戦苦闘するシーンがありました。
宮中用語は韓国語で「궁중어(宮中語)」「궁중말(宮中言葉)」と言い、
宮中で特別に使われていた言葉です。

辞書にいくつか載っていました。
밥→수라(水刺) *王の食事
깍두기→송송이 *大根キムチ
이불→기수 *ふとん
민가→밧집 *宮廷の外にある民家

ドラマの中では、
소세【梳洗】(髪をとかし、顔を洗うこと)や
미령(目上の方の病気)などが出てきていました。
(もっと出てきていたけど、わからなかった。^^;;)
字幕で、「“食事する”は“おなか”」とか
「“病気”は“おもうき”」などと出てきていたのですが、
「おなか」と「おもうき」の意味がわからず、
これを調べてみたら、「おなか(御中)」は、
女房詞で「食事(とくに飯)」を意味する古語だとわかりました。
でも、もう一つの「おもうき」はわかりませんでした(ご存知の方は教えてください~!)。

八田靖史さんの「韓国語食の大辞典(宮廷料理)」のページには、
宮廷料理に関する韓国語が100以上出ていました。(>スゴイ!)
http://www.koparis.com/~hatta/jiten/jiten-kyuutei.htm
~以下、八田さんの文章です。
宮中には宮中でだけ使われる特別な言葉があり、料理についても例外ではない。カルビは宮中ではカリ(가리)と呼ばれ、カルビクイ(갈비구이、カルビ焼き)はカリグイ(가리구이)となる。ミヨックク(미역국、ワカメスープ)はクァクタン(곽탕)と呼ばれ、カクトゥギ(깍두기、大根を角切りにして漬けたキムチ)はソンソンイ(송송이)となる。同じ料理でも宮中ではだいぶ呼び名が違うことがわかる。

…「テヂャングム」などでも出てきてたんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

「韓国語通信」vol.2

2

「韓国語通信」vol.2が発売になりました!

今回の目玉は、カン・ドンウォンとイ・ナヨン主演の
「私たちの幸せな時間」に関する記事です。
原作者のコン・ジヨンさん、映画監督のソン・ヘソン監督のインタビューを掲載
(監督のインタビューはCDにも収録)、
「韓国の文学」では原作を取り上げ、
「映画で学ぶ韓国語」では映画のシーン紹介があります。

その他、9月に行われる「韓国語能力試験」特集では、
試験について分析、巻末には試験の予想問題も載せていますので、
受験を予定されている方は、是非チャレンジしていただきたいです。
(私も受験予定ですが…。^^;;)

また、夏休みに向けて「プチ留学」を考えている方もいらっしゃると思うのですが、
留学先を決めるのに参考になる記事も用意しました。
私も一度はやってみたい留学。
まあ、この年ですし(^^;;)、家族もいるので、正規留学はまず無理ですが、
1週間程度なら、なんとか家族を説き伏せて、行ってみたいですね~!

個人的にオススメなのが、韓国語初心者の方向けに用意した、
「映画のセリフを聞き取りたい!」です。
「私の頭の中の消しゴム」と「青春漫画~僕らの恋愛シナリオ~」から、
映画でよく耳にするセリフをピックアップ。

思い起こせば、私が初めて韓国語で見たドラマは、
「冬ソナ」なんですが(^^;;)、ドラマの中で聞き取れたセリフは、
「네.」だけだったんですよね。(爆)
字幕で楽しむのももちろんいいんですが、
せっかくなので、韓国語で聞き取れたら、
きっと楽しみが倍増すると思います!

ということで。
是非、書店で手にとってみてください!!

| | コメント (13) | トラックバック (4)

2007年6月25日 (月)

「使役」は難しい…

中級の壁を突破するには、避けて通れない「使役」形。
これまで見て見ぬふりしてきたんですが(>え?)、
『間違いやすい韓国語表現100』をやっていたら、やっぱり出てきました。

いろんな形があるうえに、
接尾辞がつく形でも、どの用言に、どのように付くのか規則がないっていうので、
暗記が苦手な私はお手上げ状態です。
使い慣れるしかないんでしょうね。

*接尾辞がつく形の例

좁다(狭い) 좁히다(狭める)
묵다(泊まる) 묵히다(泊める)
신다(履く) 신기다(履かせる)
벗다(脱ぐ) 벗기다(脱がせる)
읽다(読む) 읽히다(読ませる)
녹다(溶ける) 녹이다(溶かす)

『間違いやすい韓国語表現100』ですが、
1週間に1回しかやっていないので、全然進みません。(爆)
やっていくうちに、「基本作文」が段々難しくなってきて、
全体の半分くらい進んだ今では、
ほとんど「?」状態で、情けない限りです。
これで「中級」なんですよね!?
…悲しい気分になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

韓流ロマンティックフェスティバル2007

行ってきました~!
ラッキーなことに、ネットで招待券が当たったという
友だちの友だちからチケットを譲ってもらいました。
席は3塁側の8列目。
すごくいい席でした。(正規の値段は1万円!!)

結構有名な俳優・歌手がたくさん出ていました。
John-Hoon、チ・ジニ、チャン・ヒョク、
コン・ユ、シン・ヘソン、SS501、チャ・テヒョン、
ユン・ゲサン、チョンジン、プンギョン、チョ・インソン、イ・ミヌ…
私が知ってるのはこれらの方々です。^^

一番よかったのは…トップバッターのJohn-Hoon!
カッコよかったんですよね~!>うっとり。
ドラマとか写真で見るより、ずっと精悍な感じで、
歌もうまくて、ちょっとファンになりそうでした。^^;;

会場で人気だったのは(拍手が多かったのは)、
シナメンバーの3人と、SS501、チョ・インソンでしたね。
チョ・インソンもこれまでドラマなどから受けていた印象とは
また違った印象を受けました。(いい印象です。)
私の席の後ろに陣取っていたアジュンマたちが、
ず~っと「カワイイ~!!」って、うるさかったです。

出演者が多かったので、
各自、歌は1~2曲だけだったし、
トークも短かったんですが、
次々にイケメンが出てくるので、満腹になりました。(爆)

それにしても、女性たちの熱気はすごかったです。
なんかこれを利用できないか?とマジで思うくらいでした。
エコウィルみたいなシステムがあって、
ドーム全体の熱気をエネルギーに代えたいって思いました。
少子化で労働力不足が今後懸念されてますが、
安部安倍(^^;;)さん、是非、この女性のパワーを有効活用できる方法を考えてください。
絶対、労働力不足は解消されますよ!(笑)

楽しい1日でした!^^

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年6月20日 (水)

宮~ラブ・イン・パレス#2

危なかった~。=3
何がって?
「宮~ラブ・イン・パレス」の2回目を見逃すところでした。(笑)

2回目にしてすでにこの体たらく(?)。
各回5度も放送してくれているというのに…。
先が思いやられます。(我ながら)

今日面白かったのは、
チェギョンが宮中の言葉(「古語」と訳されたました)をうまく使えなかった場面です。
「普通の言葉で話してよい」と許されたので、
フツーに話したら、全く話が通じなかった…というオチです。

それにしても、ユル君って、
タッキーにも似てるし~、リュ・シウォンにも似てませんか?(>私だけ?^^;;)
チェギョンは長澤まさみに見える~!
ちーたろうさんのブログ「たるまっちょ」のネタにどうでしょうか?(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

『大人のための韓国現代童話集1』④

4作品めは「나의 아름다운 사람(私の美しい人)」。
これまでの3作品と比較すると、すごく難しいです。;;
これまでより長いうえに、
わからない単語が山ほどあって、辞書引きまくりでした。

お話は、次のようです。
作家である主人公が「私の美しい人」というタイトルの原稿を依頼され、
自分の妻の話を書こうと決めます。
作家を支える内助の功(내조의 공)に徹した、良妻賢母(현모 양처)である妻。
この妻こそ、作家にとっての「美しい人」であるといった内容です。

나는 팔불출이 되리라 다짐했스니다.(私は身内びいきになろうと誓いました。)
「-리라」…①推量 ~だろう
        ②意志 ~してやろう、~するつもりだ

행복을 선사하고픈 마음이었던 것 같습니다.(幸せを贈りたい気持ちだったのでしょう。)
 「-고픈」…「-고 싶은」の縮約形、~したい

쓰디쓴 눈물을 삼키고 또 삼겼을 아름다운 아내.(非常に苦い涙をひたすらのみ続けていたであろう美しい妻。)
 *「디」は語彙を強めるために語幹を重ねて用いるときの接続語尾。
 例)크디크다 非常に大きい
차디차다 非常に冷たい

夫から一度でいいから「美しい妻」と言われてみたい。(爆)

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

삼무도

突然ですが、「삼무도(三無島)」という言葉を聞いたことがありますか?
「제주도(済州島)」を指して、このように言うことがあるんですよね。

実は、今日読み始めた「韓国現代史」(文京洙著/岩波新書)の
제주도に関する文章の中に出てきた言葉なのですが、
以前、授業で使っていた教科書(梨花女子大出版部)に出てきたことがあるんです。

それを思い出して、久しぶりにその教科書を開いてみました。
「아름다운 제주도」という読解用の短いエッセイがあり、
제주도は暖かくて美しい景色の島で、新婚旅行で行く人も多く、
돌하루방(島の守り神存在)がいたるところにあるというような内容です。

そこで「삼무도」が登場し、
「제주도에는 도둑이 없고 거지가 없고 집에 대문이 없다고
(済州島では泥棒がいなくて、物乞いもいなくて、家に門もない)」
ことから「삼무도(三無島)」と言うと書かれていました。
私はこの授業を受けたとき、「南国の楽園」みたく제주도をイメージしたのを覚えています。
気候が温暖で、生活が豊かで、人々が信頼し合っているからこそ、泥棒もいない、物乞いもいない、家には門もなく、他人が出入りしても何の問題がない…そんなイメージでした。

それが今日「韓国現代史」を読んで、すっかり覆されてしまいました。
そこには、제주도の歴史について、
朝鮮王朝の仁祖代のとき島民は「出陸禁止令」が出て
―つまり島から出ることを禁じられ、제주도は「絶海の孤島」となり、
火山のために痩せた土地で過酷な労働を強いられたとありました。
そしていつの頃からか「삼무도」と呼ばれるようになり、それは「勤勉で睦まじい済州島社会の共同性を示すとともに、奪いとる余剰さえないような、貧しく厳しい生活の有様をも物語っている」とまとめられていました。

教科書には、まるで観光案内パンフレットのように、
明るく제주도が紹介されていたのですが、
歴史をひもとけば暗く辛い時代もあったんですよね。

ちょっとショックなできごとでした。

| | コメント (2)

2007年6月13日 (水)

宮~ラブ・イン・パレス#1

スカパーのLala TVで始まった「宮~ラブ・イン・パレス」の1回目を見ました。

高校生が主人公で、自分とあまりにかけ離れた世界(^^;;)なので、
「どうかな~?」と思いつつ見ましたが、
なかなか面白そうなドラマでした。
漫画が原作なので、それを活かしたつくりになっていて、
見ていて飽きなかったです。

それほどはまる…という感じではないのですが、
(やはり年齢のせい?)
とりあえず今後も見てみようと思います。

同じ放送が5回くらいあるのが、
非常にありがたいですね。^^

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

6.10民主抗争記念日

昨日、6月10日は「6.10民主抗争記念日」(←正式名称は?)でした。
今年から正式な記念日になったそうですね。
20年前(1987年)の6月、当時の軍部政権(全斗煥大統領)に対して市民たちが民主化抗争を行い、10日は全斗煥大統領の後継として盧泰愚氏が指名された日とのこと。
韓国語を勉強しながら、ほとんど韓国の歴史について知らないので、
今後少しずつ勉強したいと思います。(ずっと以前からそう思っているのですが…。)
どなたか、勉強するのにオススメの書籍があったら、是非教えてください。
とりあえず、
『韓国現代史』
Gendaishi

あたりから読んでみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

一度目につくと…

引き続き『大人のための~』に出てきた単語です。

너나없이 誰彼なしに、誰もが

「-없이」という形をチェックしていたんですが、
チラッと読んだ4作品目に「온데간데없이 跡形もなく」が出てきました。
さらに、授業の予習をしていたら、「빈틈없이 すき間なく、ちゃっかり」が出てきました。

一度目について、気になっている表現があると、
結構短い間隔で、「ココにもあった! あ、またあった!」
って感じで見つかるのが不思議です。^^

ほかにどんなものがあるかな?と思って調べたら、

끊임없이 絶え間なく
겁없이 恐れず、向こう見ずに
염치없이 ずうずうしい、あつかましい
 *염치【廉恥】 正直で恥を知る
밤낮없이 夜昼なく
까닭없이 わけもなく
 *까닭 わけ、理由、原因
두말없이 とやかく言わないで、文句をつけないで;
 *두말 小言、文句

なども出てきました。
最初の名詞の意味がわかれば、覚えやすいですね。

| | コメント (2)

2007年6月 8日 (金)

『大人のための韓国現代童話集1』③

やっと三作品めになりました。
二作品めを読んだのは、ちょうどひと月前…。
あまりに進み具合が遅いですね。反省。

今日は「우리들의 연극(私たちの劇)」という童話です。
クラスのいじめられっ子(왕따)が書いた劇によって、
子どもたちがいじめていた子どもの気持ちがわかり、
いじめが解決するというような内容です。

ここで出てきた単語で気になったのは「-거리다」。
これは、擬態語・擬音語について、
「同じ動作を繰り返すことを表す」接尾語です。

술렁거리다 ざわめく ← 술렁술렁(ざわざわ、そわそわ)
쑥덕거리다 ひそひそと話す ← 쑥덕쑥덕(こそこそ、ひそひそ)

辞書を見たら、ほかに

반짝거리다 きらきらする ← 반짝반짝(きらきら、ちらちら、ぴかぴか)
소곤거리다 ささやく ← 소곤소곤(ひそひそ、こそこそ、ぼそぼそ)
흔들거리다 ゆらゆらする ← 흔들흔들(ぐらぐら、ゆらゆら)
두근거리다 ドキドキする ← 두근두근(どきどき、わくわく)

が載っていました。

それにしても、擬態語・擬音語は難しいですよね。
日本語の方が多いみたいですが、韓国語もそれなりに多いし、
しかも日本語とは違うので、なかなか覚えられません。;;
童話にはたくさん出てくるので、少しずつ覚えたいと思います。^^

| | コメント (2)

2007年6月 5日 (火)

名詞について人を表す接尾語

韓国語教室のテキストがカナダの高級(上級)になりました。
先週は仕事の都合で休んだので、
その部分をやってみようと思い立ち、テキストを見ると、
以前チラッと勉強した「-쟁이」「-꾸러기」と同様の使い方をする単語が
ずら~りと並んでいました(60個程度)。
さすが高級ですな(?)

その中で、ちょっと気になった単語をひっぱっておきます。

1.애처

2.말썽꾸러기

3.구경

4.거짓말대장

5.지각대장

6.귀염둥이

7.만물 박사

8.공붓벌레

9.게으름뱅이

10.털

11.수다쟁이

12.욕쟁이

13.기분

1.愛妻家 「妻」の漢字語→「처」、「恐妻家」=「공처가」
2.厄介者、困り者 「말썽」=揉め事、トラブル
3.見物人、やじうま 「구경」=見物すること
4.大嘘つき 「대장」は「大将」
5.遅刻魔 「遅刻大将」ですね ^^;;
6.かわいい子 「귀염」=可愛がること
7.ものしり 「만물 박사」=万物博士…スゴク知ってそう^^ 
8.勉強の虫 「공붓」と「ㅅ」になるんですね
9.なまけ者 「게으르다」の名詞化+뱅이
10.毛深い人 「털」=毛
11.おしゃべり 「수다」=口数
12.よく悪口を言う人 「욕」は「辱」の漢字語
13.気分屋、お天気屋

韓国語でもやはりたくさんあるんですね~。^^


| | コメント (6)

2007年6月 2日 (土)

チョン・ドヨンが最優秀女優賞受賞

チョン・ドヨンが第60回カンヌ国際映画祭で
最優秀女優賞に選ばれたそうですね!
主演した映画は「シークレット・サンシャイン」(イ・チャンドン監督)で、
ソン・ガンホと共演しています。

チョン・ドヨンといえば、
私は「너는 내 운명(ユア・マイ・サンシャイン)」が頭に浮かびます。
この映画を見た感想は、以前記事にも書きましたが、
そのときはファン・ジョンミンの方に目がいっていたので…。

チョン・ドヨンを初めてスクリーンで見たとき、
若い頃の原田美枝子に見えて仕方がなかったんですが。
顔が似ているというより、
その雰囲気、存在感が似てるというか、輝いていますね。^^

今回の「シークレット・サンシャイン」、
是非映画館で見てみたいです!^^


| | コメント (3)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »