« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月20日 (月)

ブログちょっとお休みします~

9月に韓国語能力試験を受けようと、
申込みをしたにも関わらず、
夏休みで子どもたちのペースに振り回されて、
あまり勉強してません。

それでも少しは勉強せねば!と思って、
「しっかり身につく中級韓国語トレーニングブック」を始めたのですが、
(以前、最初の2章くらいやって中断していた)
なんか微妙にわからない…。
たしかに「中級」と銘打っているように、
単純に決まった文型を使った文章を勉強というより、
同じような文型、意味、ニュアンスを区別することが主眼となっています。

私がうまく消化できなかったのは、第3課の「고と어서」です。
この二つの使い分けがわからん~~!! TT
どうしたらいいですか?(苦笑)

はあ~、こんなんで4級合格とかありえますか?(爆)

…しかも、21日から10日間ほど、家族旅行です。
がっつり英語圏のニューヨークに行ってきま~す。
私の頭の中の狭い韓国語の引き出しに、
英語がわりこんでこようものなら、どうなってしまうのか。私。
しっかりアメリカナイズ(>しご?)されて帰ってきますよ。

というわけで、ブログはしばらくお休みです~。
帰国後、「英語勉強ブログ」に模様替えしてるかもしれませんから!(笑)

| | コメント (5)

2007年8月16日 (木)

FACE in JAPAN プレミアムイベント

…実は、行かなかったんですが。(爆)

11日にあるサイトで、このイベントのご招待チケットの募集があったので、
一応、応募してみたんですね。(>イベントの3日前ですが?)
行けるかどうかわからなかったのですが、
当たったら友だちを誘ってみようかな…くらいの気持ちで。
12日が当選発表(メールで)だったんですが、
14,15日、両日の当選メールが来ました!(>え?両日とも?)

でも、13日に家族でプール&花火大会に行ったために、
暑さで14日はもうグッタリしてて、イベントのことすら忘れてました。;;
15日も、なんかダルいし、暑いしで、
イベントに行くことは断念したんですが(子どもが熱を出したし…)、
15日の16:00に、
「14日に行かれた方、今夜のイベントにもご招待します」という内容の、
驚きのメールが来ました~!!(>え?今夜ですよね?)

これって、何?(笑)
あまりにも人が少ないから、
とにかく「人を集めなければ!」ってことで来たメールなのでしょうか?
でも、イベント当日の16:00にメールをもらって、
「じゃあ行こう!」という奇特な人っているのでしょうか?

イベント関連の記事では、
14日は2万5000人が来場とか見たので、
それほど少なかったわけではないと思いますけど、
ちょっとやりすぎでは?と思いました。(笑)


| | コメント (2)

2007年8月15日 (水)

『大人のための韓国現代童話集1』⑥

壊れたけど、めげずに読んでいます… ^^;;

今回は、「아버지의 선물(父のプレゼント)」という題名で、
父親の愛について書かれたものです。
貧しい家庭の父親が、「自分に万一のことがあったら…」といって、
きょうだいに渡す封筒の中身は、
無料写真撮影券と遊園地の割引券、そして国家功労者証書でした。
(この父親はベトナム戦争に行っていた。)

장만하다 準備する
고단하다 疲れている
그래봐야 それでも
두루마리 휴지 トイレットペーパー > 두루마리 巻き物
끄떡없이 びくともせず
두려움에 떨다 怖さに震える
여러 날 数日
앉히다 座らせる > 앉다 座る 
쥐어주다 握らせる > 쥐다 握る
알량하다 取るに足りない

文脈の中で、おおよその意味はわかりますが、
それだけ取り出したら、わからない単語というのが多くありました。
わからないと読めないのですが、
あまり細かい部分は気にせず、やっていってます。
(>身になってないかも?)

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

宮~ラブ・イン・パレス#10

シン君が無事にお勤めを果たし、帰ってきました。
会えない間に積もったシン君とチェギョンの思いが開放されて、
ほっと一息(?)な回でした。
コン内官とシン君との間の関係もよくなってきたようで、
チェギョンとの関わりを通して、
他の人間との付き合い方も変わって来た感じですね。

それにしても宮廷の景色が美しい~!ですね。
こんなところで暮らせば、文学的な素養も身につきそう。

そういえば、私はこのドラマをLalaTVで見ているのですが、
21日~30日まで旅行(家族でニューヨークに行ってきます~ ^^)なので、
途中の12回が見られないことに気がつきました。
かなりショックです TT

*シン君(チュ・ジフン)のオフィシャルサイトができたそうです~。

Ju Jihun Official Fan Site → http://www.ju-jihun.com/

20日以降に本格的に始まるみたいです。

| | コメント (4)

2007年8月11日 (土)

「호로비츠를 위하여」

「호로비츠를 위하여(ホロヴィッツのために)」を試写会で見てきました。(邦題は「私の小さなピアニスト」)

Horowitz

率直に言って、感動しました^^
ストーリーは平凡と言えば平凡だし、登場人物はステレオタイプでした。
でも、なんというか、一つ一つのエピソードが
説明的ではないけれど、丁寧に描かれていて、
破綻がなく、すうっと心に入ってきます。


映画中に流れるクラシックのピアノ曲がとても美しく、
(↑ある意味ずるい?んだけど…^^;;)
感情に寄り沿ってくるように感じました。

オム・ジョンファのピアノの腕前にも驚きました。
場面に出てくる部分だけを、集中的に練習したと聞きましたが、
それでもあれだけの腕前なんて、びっくり@@

さらに、パク・ヨンウのコミカルな演技が、
会場をわかせてました。
パク・ヨンウ演じるピザ屋のクァンホは、
非常にいい感じで二人(主人公ジスと少年)の間にはさまっていて、
あまりにも平凡な人間として、平凡ゆえにそっと温かく、彼らを見守っていました。

もともと奇をてらったようなストーリーは嫌いで、
ただ市井の人の日常を淡々と綴るような映画が好きなので、
このような真っ直ぐな映画はもともと好みで、
私的に、この映画はオススメです^^

★8月25日~ シネカノン有楽町ほか、全国順次ロードショー

**************

監督:クォン・ヒョンジン
出演:オム・ジョンファ、シン・イジェ、パク・ヨンウほか

【あらすじ】
ピアニストのホロヴィッツに憧れるジスは、大学時代の同窓生の出世を横目に、生活のため子供相手のピアノ教室を開く。偶然に出会ったキョンミンに優れた音楽的才能があることに気づき、キョンミンを育て上げ、彼の先生として名声を得ようと考えるジス。あるコンクールでの優勝を目指して、ジスとキョンミンとの二人三脚のピアノレッスンが始まる。

| | コメント (2)

2007年8月10日 (金)

宮~ラブ・イン・パレス#9

チェギョンとシン君が、それぞれに悩んでいます。
ヒョリンも、シン君の理想の女を演じることをやめ、
仮面を脱いだ本当の自分をシン君に見せます。
今回は、ユル君も含め、4人が同じラインに立った感じです。

ところで、「완소(ワンソ)」という言葉があって、
これは、このドラマが流行ったことと関係があるそうですね。

「완소」は、「완전 (完全)」+「소중 (貴重)하다」が組み合わさった言葉で、
頭の文字をくっつけた造語。(短くしてくっつけるの、好きですね~^^)
意味は「本当に大切」とか「とっても貴重 」ということで、
「완소 ○○」(○○に人の名前を入れる)形で、
その人を褒めたり、あがめたりするような場合に使われます。

このドラマ 「宮 」のファンが、
ユン・ウネのことを 「완소 으네(ワンソ ウネ)」と言ったり、
チュ・ジフンを「완소 지훈(ワンソ ジフン)」と言ったりして、流行ったらしいです。

前回の韓国語の授業のとき、先生が
「완소남」(「남」は「남자」のこと)を教えてくれていたので、
主に若い人の間ではフツーに使う流行語なんだな~と思いました。


| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

「미녀는 괴로워」

Img_1334713_34964764_0

ある人気歌手のゴーストシンガーをやっていた
かなり体格のいいハンナ(キム・アジュン)が、
プロデューサーであるサンジュン(チュ・ジンモ)に恋をします。
ハンナは自分の体型を変えたくて、
全身整形手術を受けて美しく生まれ変わりますが、
その彼女はどうなったのか…。

この映画は、「白鳥麗子でございます」で有名な、
鈴木由美子のコミック「カンナさん大成功です!」が原作なんですって。

ちなみに、今回は、知人に借りて見たのですが、字幕がなかったので、
細かいところまではわかってないと思います。(>爆)

邦題は「美女はつらいよ」となっていたのですが(そう訳しているサイトが多かった)、
映画を見終わったあとに、「どうしてこの題名?」…と、違和感がありました。
原題が「미녀는 괴로워」なので、まあそのまま訳した感はありますが、
おそらく「男はつらいよ」にひっかけて付けた(題名として落ち着きがいい?)んじゃないか?と思います。
でも、もちろん寅さん的な女性が出てくるわけでもないですし、
美女であることで辛い目に遭うってわけでもなくて、
題名(原題も)については「?」な感じでした。

ストーリーは展開が完全に読めるものだったので、
この点ではつまらなかったんですが、
テンポよく構成されているし、
キム・アジュンの演技が、以前見たドラマ(名前忘れた…)より上手くて、
すごく自然にハンナを演じていたように感じました。
全身整形を決心させた純愛も、
恋愛のドロドロはまったくなく、サラッと流されていて、
どちらかというとラブコメ&ヒューマンドラマ的なものになっていました。
全体的には好感が持てる作品でした ^^

*DVDのジャケ写にある「어이상실」って何?
→어이 없다(あきれる、開いた口がふさがらない)という意味で、中高生たちが使う新造語。
あきれるくらいバカバカしいことを表現するときに使う。상실は喪失のこと。
例:어이상실 댄스 동영상(バカバカしいダンス動画)
(↑アルクのHPより)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

宮~ラブ・イン・パレス#8

シン君とチェギョン、だんだんフツーの
かみ合った会話ができるようになってきましたね。
シン君は、皇太子として厳しい教育を受け、
母親に甘えた記憶もなく、
ある意味寂しい人生を生きていたみたいで、
そんな彼がチェギョンの奔放さにひかれるのは、
当然といえば当然ですよね。
シン君の子ども時代としてでてきた男の子、
すっごくかわいかった~。^^

ふと思ったんですが、
このドラマが始まって、2~3回目くらいまでは、
ドラマの作り方にも凝ってて、
漫画っぽい作りが残ってた気がするんですが、
最近ほとんどそういう細工がなくなってる気が…。
なぜ?


| | コメント (4)

2007年8月 3日 (金)

フリーペーパーでお勉強⑤

「새우깡」「빼빼로」「초코송이」などの韓国のお菓子が、
日本のお菓子「かっぱえびせん」「ポッキー」「きのこの山」を
パクッてるんじゃないか?という話題が、
日本のテレビ番組(フジテレビ「プレミアA」)で取り上げられ、
論議を呼んでいるという記事。001110226363559415
*参考写真は「朝鮮日報」05年2月記事より

…でも、なんで今さら?
過去にもこういう話題ってよく取り上げられてたし、
実際、韓国に行ったことがある人なら、誰しも知ってるコトだし…。
わざわざ新聞記事にするまでもないというか。
一応、単語を拾ってみました。

“베끼기” “パクリ”(コピー)>베끼다 写す
의혹 疑惑 
표절 盗作
거센 논란이 일고 있다 激しい論議が起こっている
심지어 광고 문구까지 さらには広告の文句まで
엉터리 いんちき、でたらめ

よくニュース記事に「논란(論難)」という単語が出てきますね。
辞書には「論難、誤りや不正を取り上げ論じて非難すること」とありますが、
日本語としては「論議、議論」くらいが合うのではないか?と思います。
「論難」って日本語、普通に使いますか?
あんまり聞かないと思うのですが。

방송에 대해 논란이 일고 있다
放送に対して論議が起きている

논란의 여지가 있던~
議論の余地があった~

무수한 논란이 이어져 왔다
無数の議論が続いてきた

それぞれのお菓子の販売年からすると、
紛れもなくパクリだと思いますが、真偽のほどは…?

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

韓服の色

最近、夏休みに入って子どものこととか、
仕事とかいろいろあって、ブログ更新がままならない状態です。
でも、今日はがんばって韓国語の授業には出ました。

教科書に出てきた結婚の話から、
先生が教えてくださったオモシロイ話。

韓国では結婚式のとき、新郎の母は青系の韓服を着て、
新婦の母はピンク系の韓服を着るのが慣わしになっているが、
なぜそれぞれがそういう色の服を着るのか?についての俗話(?)を
教えてくださいました。

新郎の母が着る韓服の「하늘색(空色)」は、
新郎の母が天から見下ろすような様子を表して、
一方の新婦の母が着る韓服の「분홍색(桃色)」は、
新婦の母が娘を嫁に出して「분하다(悔しい)」気持ちとかけている
という話でした。^^;;

オモシロイけど、ちょっと怖い?(笑)

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »