« 「미녀는 괴로워」 | トップページ | 「호로비츠를 위하여」 »

2007年8月10日 (金)

宮~ラブ・イン・パレス#9

チェギョンとシン君が、それぞれに悩んでいます。
ヒョリンも、シン君の理想の女を演じることをやめ、
仮面を脱いだ本当の自分をシン君に見せます。
今回は、ユル君も含め、4人が同じラインに立った感じです。

ところで、「완소(ワンソ)」という言葉があって、
これは、このドラマが流行ったことと関係があるそうですね。

「완소」は、「완전 (完全)」+「소중 (貴重)하다」が組み合わさった言葉で、
頭の文字をくっつけた造語。(短くしてくっつけるの、好きですね~^^)
意味は「本当に大切」とか「とっても貴重 」ということで、
「완소 ○○」(○○に人の名前を入れる)形で、
その人を褒めたり、あがめたりするような場合に使われます。

このドラマ 「宮 」のファンが、
ユン・ウネのことを 「완소 으네(ワンソ ウネ)」と言ったり、
チュ・ジフンを「완소 지훈(ワンソ ジフン)」と言ったりして、流行ったらしいです。

前回の韓国語の授業のとき、先生が
「완소남」(「남」は「남자」のこと)を教えてくれていたので、
主に若い人の間ではフツーに使う流行語なんだな~と思いました。


|

« 「미녀는 괴로워」 | トップページ | 「호로비츠를 위하여」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「미녀는 괴로워」 | トップページ | 「호로비츠를 위하여」 »