« 試験対策講座1 | トップページ | 遠い… »

2007年9月10日 (月)

ニューヨークの旅 4

8月23日(木) アメリカ自然史博物館へ

 見学予定の中で、子どもたちが楽しみにしていたアメリカ自然史博物館。映画「ナイトミュージアム」の舞台となった博物館です。
 まず入館するとチケット売り場のフロアに、ものすごく大きな恐竜の化石があり来館者を迎えてくれて、期待感が最高潮に達します。まずは2階のアフリカエイクリー・哺乳動物館に入りました。吹き抜けフロアの真ん中に8頭のアフリカゾウのでっかい剥製があり、ここでも度肝を抜かれました。
 次に4階へ。ここは恐竜の化石がこれでもか!というくらい並んでいるフロアで、600点以上の大小の恐竜の化石がおしげもなく(?)展示されています。ここを見るだけで結構お腹一杯な感じ^^;;

●自然史博物館がある地下鉄の駅
31


●恐竜の化石がいっぱい
32
 それから、3階のローズ宇宙センターでプラネタリウムに入りました。NASAの最新技術を駆使したというだけあって、迫力は十分で、ナレーションはロバート・レッドフォード。1階には全長27.4メートルもあるシロナガスクジラの模型が天井にぶら下がっていて、これもまた迫力満点。どの階に行っても、子どもたちの興味を引くような展示がされていて感心しました。年間の来館者数が300万人(!)というのもうなずけました。

 ちなみに、滞在中の移動はほとんど地下鉄&バスでした。7日間フリー(地下鉄もバスも乗り放題)のメトロカードを24ドルで購入(普通に乗る場合、1回2ドルです)。地下鉄もバスも一律料金なので、入るときにゲートで一度機械に通せば、降りるときは何もする必要がないので、ラクでした。
●メトロカード
Metrocard

|

« 試験対策講座1 | トップページ | 遠い… »

コメント

おおっやはりナイトミュージアムの!!!
子ども達、こういう博物館、大好きですよね。
北九州にも同じような博物館があるんですよ。
翼竜展があっていたので夏休みの最後に行って来ました。
でもやはりアメリカは規模が違いますね。
大きさもだけど、ナレーションがR・レッドフォードか~すごい!

投稿: ちーたろう | 2007年9月11日 (火) 08時41分

>ちーたろうさん。

R・レッドフォードの前は、トム・ハンクスだったんだって~。
ほんと規模が違うって感じ。
何もかもがどデカイっていうイメージです。

福岡の博物館ってどうなんだろう。
北九州のも行ったことないんだけど。
うちは帰省したらいつも海ノ中道のマリンワールドに行きます^^
この水族館は子どもたちのお気に入りです。

投稿: nikka | 2007年9月11日 (火) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試験対策講座1 | トップページ | 遠い… »