« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

NHKラジオハングル講座

4月から始まった、イ・ユニ先生が講師を務める
ハングル講座入門編が終わりました。
7月からのチャン・ウニョン先生の応用編も終わりました。
入門編は、さすがにそれほど難しくはありませんでしたが、
内容がきちんと構成されていて、復習として十分に満足できました。
応用編もよかったのですが、もう少し丁寧に読み込みたかったです。
(>あ、でも講座の主眼は読解ではなかったので…^^;;)

「字幕なしの世界…」のぱっきーさんがやってくださっていた
10時20分からのラジオ講座を聴きながらのチャットも今日でおしまいでした。
これは、超寂し~!です。
これまでラジオ講座を聴き続けたことがなかった私ですが、
(たいてい4月、5月でフェイドアウト?してました)
去年12月頃から、チャットに参加するようになり、
おかげで10時20分になったらラジオのスイッチを入れる習慣ができました。
感謝です!!

来月からは一人で聴かないといけないので、
それが続くかどうかちょっと不安なんですが…。
がんばってみます。

| | コメント (6)

2007年9月28日 (金)

ニューヨークの旅 8

8月25日(土) 国会議事堂(連邦議会議事堂)へ

 今日の観光のメインは国会議事堂(連邦議会議事堂)です。朝からツアー見学の整理券をもらう(先着順でツアーの時間が割り振られます)ために、まず現地へ行きました。整理券に表示されているツアー時間まで、時間をつぶすことになり、ツアーモービルでワシントン塔、ホワイトハウス、スミソニアン城を回りました(ホワイトハウスは現在中には入れません。団体さんで国会議員の推薦状を持っていればOKとか?>そんな人、普通いませんよね)。

 ツアー時間になるので再び国会議事堂へ。そういえば、ニューヨークでもワシントンでも、どこへ行ってもセキュリティーチェックがあって、正直、面倒でした。ここではミネラルウォーターのペットボトルが持ち込み禁止で、入り口で捨てさせられました^^;; 議事堂は一応、建物の中には入れたんですが、実際の会議場には入れませんでした。ちょっと残念…。この国会議事堂見学で、ワシントン観光は終了です。再びニューヨークに戻ります。

 ニューヨークへはバスで移動しました(格安バスです)。チャイナタウンの一画から出発する長距離バスですが、なにげない小さなお店風な場所が集合場所になっていて、知らない人は絶対ココが長距離バスの始発点とは気がつかないでしょう。
 乗り込んだバスは、はっきり言って超汚い…。車体や窓もそうですが、座席も全然掃除してません。1年以上掃除してないような感じで、いろんなゴミが脇に落ちています;; あまりに汚いので、見ないようにしてました(爆)。こういうの、気にならないんですかね? たしかに日本に住んでいれば、世界中どこに行っても公共の場所の汚さが目に付いてしまうものですが。民族性の違いなのか何なのかよくわかりませんが。一刻でも早くニューヨークに着いてほしい!と願いながら乗っていました。5時間くらい乗って、やっと夜9時頃にニューヨークに到着しました。

*日本に帰って調べてみたら、このバスは、アメリカの各地にあるチャイナタウン同士を結んで運行する長距離バスで、いわゆる華僑の人たちが経営する「チャイナバス」と呼ばれるバスだったようです(今回の旅行は、夫がすべて手配しているので私は何も知らず…)。チケットが格安なのでバックパッカーの人たちには人気とのこと。ちょっとうなずけました^^;;

●記念塔(登れるらしいのですが、見ただけ~)
5


●国会議事堂(白亜の殿堂風)
54

| | コメント (2)

2007年9月27日 (木)

ニューヨークの旅 7

8月24日(金) アーリントン墓地→国立航空宇宙博物館へ

 ワシントン1泊旅行のメイン(>子供向けとして)は、次に行った国立航空宇宙博物館です。この博物館は、いわゆるスミソニアン博物館群(18もの博物館・美術館・動物園の総称)の中の一つです。これら全部がスミソニアン協会という団体に属していて、ここに展示されているのは、協会が所蔵する品の2%にすぎないんですって! どれだけ大きくてものすごい財力のある協会なんだ!ってことですね。ここには年間1000万人の観光客が訪れるらしいのですが、入館料が無料! もし10ドルの入館料を取っていれば…とか、いらぬことを考えてしまう私でした^^;;

 この一つの博物館だけでもものすごく広いので、見たいものを絞って見た方がいいとガイドブックに載っていました。まずは入り口にある「月の石」です。アポロ17号が持ち帰ったという月の石で、実際に月の石に触れられるのは、世界でココだけだそうです。でも、想像していた石とは全然違ってビックリしました。私が想像していたのは、月のクレーターから採取したような感じの小さな凸凹の岩だったんですが、実際には小さな二等辺三角形の薄い1枚の石(玄武石)だったんです! なんかイメージ違う~! ま、いいけど。

 それから1969年に人類初の月面着陸に成功したというアポロ11号のコマンド・モジュール“コロンビア”の実物もあり、あまりに小さくて、これもビックリ。いろいろな飛行機や探査機、宇宙船など、もうありとあらゆるものがズラ~っと並んでいて、子どもでなくてもちょっと興奮しちゃいますね。やっぱり本物の迫力は違います! ニューヨークの自然史博物館にしても、あとで行ったメトロポリタン美術館にしても、ココにしても、規模がデカイ! デカすぎる! アメリカのデカさを肌で感じました。中で3D映画が上映されているIMAX(有料)もよくできていて、子どもたちが大喜びでした。

●月の石(反射でボケボケですが…)
4


●国立航空宇宙博物館の館内
41


4_2

| | コメント (0)

2007年9月25日 (火)

名節に一番ムカつく親戚は…?

韓国の新聞記事で、
ちょっと笑える記事を見つけました。
추석ですからね、それがらみの記事です。

야후! 미디어와 KBS 해피FM이 ‘명절에 가장 짜증나는 친척’이란 주제로 설문조사한 결과, 총 3466명(남자: 1,975명, 여자: 1,491명) 참여자 가운데, 남자는 ‘입만 열면 돈 자랑, 자식 자랑하는 친척’(66%: 1,309명)을 여자는 ‘음식 다 해놓으면 그제서야 내려오는 동서 또는 며느리’(51%: 764명)를 각각 꼴불견 일 순위로 꼽았다.

남성 네티즌은 ‘입만 열면 돈 자랑, 자식 자랑하는 친척’(66%: 1,309명)에 이어 ‘음식 다 해놓으면 그제서야 내려오는 동서 또는 며느리’(27%: 540명), ‘매번 내 차에 합석해서 고향 내려가는 친척’(4%: 71명), ‘싫다는데 억지로 고스톱 치게 한 후 돈 싹쓸이하는 친척’(3%: 55명) 순으로 응답했다.

반면, 여성 네티즌은 ‘음식 다 해놓으면 그제서야 내려오는 동서 또는 며느리’(51%: 764명)를 최고로 선정 한데 이어 ‘입만 열면 돈 자랑, 자식 자랑하는 친척’(43%: 639명), ‘매번 내 차에 합석해서 고향 내려가는 친척’(5%: 70명), ‘싫다는데 억지로 고스톱 치게 한 후 돈 싹쓸이하는 친척’(1%: 18명) 순으로 응답해 남녀 차이가 드러났다. 이는 가장으로서 가족 앞에서 남에게 기죽기 싫어하는 남성의 ‘과시욕’ 과 여성들의 ‘명절 가사 스트레스’가 반영되었기 때문으로 보인다.
(세계일보 인터넷뉴스팀)

親戚一同が揃ったときの食事の準備は、本当に大変でしょうね。
いや~想像しただけで疲れるんですけど^^;;
「準備がようやく終わった~!」って言うときに、
のこのこと現れる兄嫁とかに対しては、
ほんとうにムカつくでしょうね(笑)
みなさん、お疲れ様でした!?

| | コメント (0)

2007年9月24日 (月)

韓国フード占い

ローラーファン仲間のサトコさんのところで、
韓国フード占い」っていうのを見たので早速やってみました。
干支と生まれ月、血液型によって12の秘訣というのに分類して、
それを韓国の食べ物にあてはめるというもの。

私は…「チャプチェ」でした。
でもなんか全然違うんですよね~^^;;
(>「違うなら紹介すな!」って突っ込まれそうだけど。)
まず「ものごとにあいまい」なタイプってあるけど、
私はハッキリ「白黒つけたがる」タイプだし~。
なかでちょっと気になったのが「幸運の秘訣数」で、
「1、83、710、5434」ってあったんですが、
「1」はわかるけど、ほかの数字ってどうすればいいんですか?
「83」は背番号? 「710」は受験番号? 「5434」は暗証番号?
「1」以外、ほとんど自分で選択する機会ってないと思うんですよね。
たまたまあたった数字がこの4つの数字ならいいことがあるっていうことですかね?
ふだん占いとか見ないせいか、ちょっと意味がわからないです^^;;

| | コメント (3)

2007年9月23日 (日)

宮~ラブ・イン・パレス #13~#16

ビデオで録画していたものをまとめて見ました^^
だんだん話が佳境に入ってきました。
やっぱり1週間に1回見るより、
続きが気になるうちに次々に見られる方が断然イイ!ですね^^;;
気になった表現を二つ。

シン君が眠れず数を数えている場面。
日本では一般的に「羊が一匹…」ですが、
シン君は「무궁화 꽃이 피었습니다.(ムグンファの花が咲きました)」でしたね。
これって韓国では一般的なんでしょうか?

あと、太皇太后様のセリフに
「떡 본 김에 제사 지낸다」(「餅を見たついでに祭祀を営む」意)が出てきました。
これは、「やろうと思っていたことを偶然の好機に乗じてする意」です。
字幕では「ものはついで」と訳されてました。
太皇太后様もなかなか冗談上手です。

すっごく自然な仲睦まじいシン君とチェギョンを見て
ホッとしたにも関わらず、また危機ですね^^;;
ところで、ヒョリンが隠れていたホテルって護衛がついてましたけど、
誰の指示でそこにいたんでしょうか?
シン君がそこに直行していたので、
なぜそこがわかったのか不思議だったし、
ファヨンが連絡が取れなくなったとか言ってたので…??
今後の展開に関わってくるのかな?この謎は。

| | コメント (2)

2007年9月22日 (土)

ニューヨークの旅 6

8月24日(金) ワシントンDCへ

 その日、朝早く起きてホテルをチェックアウト。これからワシントンへ向かうために、5時頃のアムトラック(長距離鉄道)に乗りました。ワシントンまでは4時間くらいかかったかな。車内の冷房がききすぎて、まるで冷凍庫にでも入っているよう…。列車の旅を楽しもうと思ってたんですが、子どもたちは爆睡…ちょっともったいなかったです。でも、途中、都会でもなく観光地でもない普通のアメリカの街並みが見えて、気分はちょっと「世界の車窓から」でした^^

 ワシントンDCはご存知の通り、アメリカ合衆国の首都機能を集めた特別区です。まず驚いたのはアムトラックの終着駅、ユニオン駅の広さ&美しさです。きれいで広々とした駅構内で、ちょっと屋根を見上げると立派な彫刻がずら~っと並んでたり、レストラン・ショップも結構たくさんあったりします。ニューヨークの地下鉄に慣れてきていた身としては、ものすごく豪華で美しい駅に見えました。

 ワシントン市内観光のために、「ツアーモービル」の2日間乗り放題券を購入。ワシントンを訪れる人たちが必ずといっていいほど見に行く場所に寄ってくれる周遊バスみたいなものです。車内には、運転手と別に、観光案内をしてくれる車掌さんが乗ってます。車掌さんは、若いお兄さんもいれば、年配のご婦人もいます。みなさん饒舌! 乗っている間中しゃべり続けます。英語がわかればこれほどありがたいものはないんですが、私にはわからない言葉をずっと聞かされてちょっと苦痛でした(爆)。

 とりあえず、先にホテルに行き、チェックインしてから早速おでかけ。まずは、アーリントン墓地に行き、第35代大統領ジョン・F・ケネディのお墓に参りました。未亡人のジャクリーンさんによって灯された永遠の炎が燃えています。この日、ワシントンは猛暑で(この間、ずっとニューヨークは涼しく、ワシントンは猛暑だったようです)、ものすごく疲れました。水も売ってないし、ケネディのお墓だけ見て、早々に退散しました。


●長距離列車・アムトラック
4


●ツアーモービル
4_2


●ジョン・F・ケネディの墓で燃え続ける炎
4_3


| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

ニューヨークの旅 5

8月23日(木) アメリカ自然史博物館→国連本部へ

 自然史博物館からバスで国連本部まで移動しました。世界中で起こるさまざまな問題を各国・地域の代表者が集まって議論する場所だというので、ちょっと興奮(?)
 内部を巡るツアーがあるんですが、表示を見たら、日本語ツアーがない…。せっかく来たのに、中をちゃんと見ないと意味がない…、と思っていたら、1時間後くらいなら日本語ツアーをやってくれるという話に。待っている間、子どもたちは時差ボケが続きソファーに沈没。私も疲れて舟をこぎまくって待ちました。
 4~5組みの日本人家族が集ってやっとツアーの時間となり、スラッとした英語なまりの日本語(^^)を話すきれいなお姉さんがガイドをしてくれました。
 あ、はじめて知ったんですが、安全保障理事会や経済社会理事会が開催される会議場って、いろいろな国から寄贈されたものなんですってね(安保理がノルウェー、経社理がスウェーデンからの寄贈)。なので、それぞれ壁画や絵画などが違っていておもしろかったです。でも、なんか「国連」という組織と「ある特定の国から寄贈」された会議場というのがそぐわない感じがするな~? …と思っていたら、総会の会議場はどこからも寄贈されたものはないとのことでした(>公平性を保つ意味合いでだと思います)。それにしても、各会議場のイスやそれに付いている翻訳機などが古くて、プレス席みたいなイスの翻訳機は壊れているものも結構ありました^^;;

●国連本部
31_2


●安全保障理事会の会議場
32_2

★おまけ;国連本部前に聳え立つマンション。ヤンキースの松井選手も住んでるとか…
33_2


*写真の日付が合っていないのは、
ニューヨークについてから時間を合わせなかったからです…;;

| | コメント (0)

2007年9月19日 (水)

びっくり@@

さっき記事を掲載したばかりなんですが、
びっくらこいたことがあったので、また記事を書きます。
日曜日に受けた第12回韓国語能力試験の問題が、
「かじりたてのハングル」さん(?)に掲載されてました!!@@
これなら、別に試験問題を持ちかえれなくても、
気になるところを確認することできるな~と思って。
すごいです。すばらしいです!!(>興奮)

●かじりたてのハングル(過去問に飛びます)
http://kajiritate-no-hangul.com/KENTEI/TOPIK_data.html

もちろん解答はまだですが。

気になったこと(できなかったところ)を明日、
授業で聞きたい!と思ったんですが、
明日は休みだったことに気づき(先生、帰国中…)、
がっくりな私です(爆)。

ps.試験が土曜日実施国(米州・欧州・豪州)のA型と、
日曜日実施国(アジア・旧ソ連)のB型に分かれています。
なんかインフルエンザみたいですが…^^;;

| | コメント (2)

宮~ラブ・イン・パレス#11 #12

昨日は、試験も終わったことだし…というので、
ニューヨークに行っている間見ることができなかった
11回目と12回目をKorean Timeで見ました。

●Korean Timeで配信中!(有料です)
http://www.showtime.jp/isp/biglobe/korea/

上手くいきそうでいかないチェギョンとシン君。
なかなか気をもませますな~^^;;

気になった表現を二つ。

●전화위복(転禍為福)
四字熟語ですね。漢字がわかれば意味はすぐわかると思うんですが。
「禍い転じて福となす」ですね。

●맙소사
電子辞書には載ってませんでしたが、
「なんてこった!」「まさか!」というような、
驚きや失敗を後悔するようなときに使う言葉のようです。
(紙の辞書には載ってました。)
字幕では「やってくれたわね」みたいな言葉で訳されてました。
ユル君の態度にお母様が言った言葉ですね。
言い捨てられたくない言葉かも…。

*今回帰国したヘミョン姫が、
どうしても早見優に見えてしまう私でした^^;;

| | コメント (0)

2007年9月16日 (日)

終了~!!

第12回韓国語能力試験、終了しました!
いやはや疲れました。
相当集中して脳みそを使ったようで、
終わったあと頭痛がしました。

ざっと振り返ってみます。

・語彙・文法
…試験勉強したのがあんまり出てなかったですTT
ま、そこそこ…という感じでした。

・書き取り
…作文は、去年よりずっとたくさん書けました!^^
私なりの作戦で、まず30分で語彙・文法を終わらせる
→先に作文を30分で書く→残りの時間で書き取り問題をやる
という方法を取りました。
書き取りの、一部分に合うように文を入れて書くというのが、
とても苦手なので、それを最後に回すという作戦です。
(ちょっと消極的な作戦ですが…^^;;)
おかげでちゃんと500字程度は書けました。
(>文字数はクリアしたということだけです。)

・聞き取り
…最初、ものすごくスピードがゆっくりだったので、安心してたら、
どんどん早くなって、進むにしたがって聞き取れない部分が多くなりました。
聞き取りでの作戦は、とにかく「次の問題の選択肢を読んでおく」作戦です。
ちょっと解答に不安があっても、振り切って次の選択肢を読む時間に当てました。
これが吉と出るか、凶と出るか、わかりませんが。
気のせいか、今回の聞き取りの問題は、
会話の途中では答えが出るものが少なく、
最後までちゃんと聞くとわかる…という問題が多かったように思います。

・読解
…最初はちゃんと全部問題文を読んで答えました。
残り10分になって、10問くらい残っていたので、
文の最初と最後&選択肢だけで解く方法に切り替えました。
残り2分で、最後の5問くらいの解答欄を間違えたことに気がつき、
大慌てしましたが、なんとか試験官に修正液で消してもらい、
ギリギリで書き直せました。

以上です。
やはり書き取りが一番心配ですね。
もうちょっと日頃から書く練習をしないといけません。

受験された皆さん、お疲れ様でした!!

*教えてください。
①修正液は自分で持参して、自分で消してもよかったのでしょうか?
(みんな手をあげて、試験官に消してもらっていたので、私もそうしました。)
②書き取りの問題(作文以外)を鉛筆で書いてもよかったのでしょうか?
(私はペンで書いたのですが鉛筆の人もいたようなので…)

 

| | コメント (16)

がんばりましょう!

今日、韓国語能力試験を受ける皆さま。
最後まで焦らず、落ち着いて。
とにもかくにも、がんばりましょう!!

| | コメント (2)

2007年9月14日 (金)

試験勉強

今週、試験勉強らしい勉強(?)をして思ったんですが、
試験前に過去問とかやると、必ず自分の弱点が目につきますよね。
リスニングが弱いとか、語彙が少ないとか、
まあそういった大きすぎる弱点もありますけど^^;;
私の場合、副詞とか多義語とか、弱いんですよね。
でも、そういえば、去年試験を受けたときにも、
同じ感想を持ったな~なんて、間抜けなことに気がついたりして。
結局、その気がついた弱点を克服するような勉強をしないと、
ただ漫然と勉強していたのでは、
試験でさらに上の級を目指すっていうのは無理なんだな~と、
つくづく思った次第です。(試験前々日に思うことじゃないけど…^^;;)

ま、それでも何もやらないより、
単語の一つでも覚えられればいいというつもりで、
今日は一日勉強してました。
試験前の妙な緊張感はすごく嫌なんですが、
勉強って楽しいですね~。(>また、イキナリな感想…^^;;)
主婦としてでもない、母親としてでもない、
仕事人としてでもない…そんな立場に身をおくっていうのが楽しいっていうか。
普段ほとんど対「人」っていうところでいろいろ気を使って消耗してますが、
そんなのと無関係でいられる時間が確保できるし。
もちろん、勉強じゃなくて、趣味なんかでもいいんですけどね。
趣味らしい趣味がないもので…。
今のこの年齢での勉強って、自分の中に入っていけるような感じがするのが好きです。
(でも、早く試験は終わってほしいわ…笑)

| | コメント (5)

2007年9月13日 (木)

遠い…

遅ればせながら、今回の試験会場を確認しました^^;;
うちは埼玉県なんですが、埼玉は地図でいうと、左右に長いので、
左端に住んでいる私が、右端にある会場になった場合、
非常に遠いうえに、行きづらいので、試験は東京で受けるようにしています。
過去、ハン検2回、能力検定1回、東京で受けました。

で、今回も東京会場にしたんですが、
東京外国語大学ってことで、
ちょっと憧れの大学で受験できるんだ~なんて、
のん気に思っていたら、なんだか非常に辺鄙な(>失礼!)ところにあるんですね。ガクッ。
(↑よくありますよね、大学とかで。
都心の大学に入学できたと思っていたら、
実際に通う校舎はものすごく遠くにあったりして…^^;;)
遠いし、行きづらい…。
こんな場所にあったのか、外語大って。
試験が午後なのが不幸中の幸いですが。

もちろん、地方で受ける方は、
私なんかよりもっと
自宅から遠くて不便な場所で受験するって方も多いと思います。
だからわがままは言えないんだけど…。

ま、早めに出てのんびり行きたいと思います。

*韓国教育財団さま
受験会場の最寄り駅が間違ってますよ!(苦笑)
漢字が違ってます。

| | コメント (8)

2007年9月10日 (月)

ニューヨークの旅 4

8月23日(木) アメリカ自然史博物館へ

 見学予定の中で、子どもたちが楽しみにしていたアメリカ自然史博物館。映画「ナイトミュージアム」の舞台となった博物館です。
 まず入館するとチケット売り場のフロアに、ものすごく大きな恐竜の化石があり来館者を迎えてくれて、期待感が最高潮に達します。まずは2階のアフリカエイクリー・哺乳動物館に入りました。吹き抜けフロアの真ん中に8頭のアフリカゾウのでっかい剥製があり、ここでも度肝を抜かれました。
 次に4階へ。ここは恐竜の化石がこれでもか!というくらい並んでいるフロアで、600点以上の大小の恐竜の化石がおしげもなく(?)展示されています。ここを見るだけで結構お腹一杯な感じ^^;;

●自然史博物館がある地下鉄の駅
31


●恐竜の化石がいっぱい
32
 それから、3階のローズ宇宙センターでプラネタリウムに入りました。NASAの最新技術を駆使したというだけあって、迫力は十分で、ナレーションはロバート・レッドフォード。1階には全長27.4メートルもあるシロナガスクジラの模型が天井にぶら下がっていて、これもまた迫力満点。どの階に行っても、子どもたちの興味を引くような展示がされていて感心しました。年間の来館者数が300万人(!)というのもうなずけました。

 ちなみに、滞在中の移動はほとんど地下鉄&バスでした。7日間フリー(地下鉄もバスも乗り放題)のメトロカードを24ドルで購入(普通に乗る場合、1回2ドルです)。地下鉄もバスも一律料金なので、入るときにゲートで一度機械に通せば、降りるときは何もする必要がないので、ラクでした。
●メトロカード
Metrocard

| | コメント (2)

2007年9月 9日 (日)

試験対策講座1

土曜日は、通っている語学学校の
韓国語能力試験対策講座の1回目でした。
7~8月には全8回のきちんとした対策講座があったんですが、
いろいろ予定があって出られませんでした。
今回は、受講生は無料の全2回なので、ありがたいです^^

5分くらい遅れていったら、すでにリスニングのテスト中。あわわ。
今年の春に行われた11回試験のリスニングテストをやりました。
(韓国では年2回、試験があるんですよね。)
試験前にやっておきたいな~と思っていたので、ちょうどよかったです。

遅れていったせいもあって、最初、ちょっと集中できなかったんですが、
会話のスピードとしては、それほど速くは感じませんでした。
(といっても、全部聞き取れるわけじゃないんですけどね。)
普段リスニングの練習は、ほとんどやってないので、
どれくらいできるか心配だったんですが、
結局とれたのはギリギリ7割くらいでした。

ちなみに、私が目指しているのは、中級の4級です。
4科目の平均が70点とれれば合計280点で、
281点が4級の合格(最低)点になります。

去年試験を受けたとき、読解の解答時間が全然足りなくて、
最後の10問くらい、ぜんぶ③にした私…^^;;
(で、全然当たってなかったんだけど…。>爆)
今年は少なくとも残り5問くらいまではちゃんと解きたい!と思ってます。
本当は、試験対策として自分で問題を早く解く練習とかしたかったんだけど。
ちょっとできそうにないな…。

| | コメント (6)

2007年9月 6日 (木)

ニューヨークの旅 3

前回のつづき…自由の女神へ

 アメリカといえばやっぱり「自由の女神」ですよね。…実は、恥ずかしながら、自由の女神が島(リバティ島)に建ってるって知りませんでした!!(爆)どこかの岬の突端に、灯台のように建ってると思ってました。しかも、この像はフランスがアメリカ独立100年を祝って贈ったものってことも知りませんでした。アメリカ人が自分たちで建てたものだと思ってた。…ああ、なんて無知な私。

 さて突然ですが、ここで【問題】です。(答えは最後に)…皆さん、ご存知でしたか?
問1.自由の女神の王冠にある7つの角は何を意味するのでしょう。
問2.自由の女神が左手に持っている本のようなものは何でしょう。

●自由の女神(正面)
21_2

●女神の後姿
2


*足がこんなふうになってるのも初めて知りました^^;;

 リバティ島に渡る船(リバティ・フェリー)は、ガイドブックによると、混んでいるときは4時間待ちもありうる…って書いてましたが、私たちはほとんど待たずに乗れました。ただ、女神の台座にあるという展望台は、この季節はインターネットで予約しておかないと入れないということで、登れませんでした。
 フェリーは移民博物館があるエリス島に寄って元の場所に戻るんですが、子どもたちが時差のために睡魔におそわれ、「早くホテルに帰って寝たい!」(←おいおい^^;;)とうるさいので、寄らずに帰りました。結局、この日の観光はこれでおしまいでした。子連れだとなかなか思うようには動けませんね;;

【答えです~】
答1. 7つの大陸と7つの海
答2. 1776年7月4日の日付が入った独立宣言書

| | コメント (0)

2007年9月 4日 (火)

ニューヨークの旅 2

8月22日(水) エンパイア・ステート・ビルへ

 時差とホテル近くの大通りの工事の騒音のせい(泣)で、何度も目が覚めて、目覚めは最悪…。とはいえ、まずは近所のカフェで朝食をとりました。ニューヨーカーは、朝、歩きながら何かを食べている人が多いですね。パンやマフィンとコーヒーカップを持って歩いている人がすごく多いです。このカフェでもお店で食事をしているのは私たち家族だけ。皆さん、いろいろと買い込んで足早に会社への道を急ぎます。

 まずは昨日、上に登れなかったエンパイア・ステート・ビルへ。上に登るためのエレベーターに乗る前に、勝手に写真を撮られます。日本でもよくありますが、遊園地のアトラクションで勝手に写真を撮られて、あとで買いたい人が買うっていうシステムです。
 エレベーターで86階の展望台へ。実はもっと上の階(102階)の展望台もあるんですが、私が極度の高所恐怖症だし、86階で十分です^^;; 眼下に広がるマンハッタンはビルばっかりです。セントラルパークの緑以外は、ビル、ビル、ビル…。しかも、細長~くて年季の入ったビルが多いです。

●エンパイア・ステート・ビルからの眺め
2

22

 展望台でしばらく景色を楽しんだり、お土産を買ったりして過ごし、帰りには、さっき撮られた写真を買いました。合成写真になっていて、夕日に映えるエンパイア・ステート・ビルが背景になっていました^^

●観光に便利なシティ・パス(大人$65)
Photo


*ニューヨークの主な観光名所(以下のところ)に入場できるパス。全部巡ると、金額的に半額程度で回ることができる計算になります。

1.メトロポリタン美術館(入館料)
2.アメリカ自然史博物館(入館料)
3.グッゲンハイム美術館(入館料)
4.MOMA(入館料)
5.サークルライン(2時間クルーズか75分リバティクルーズいずれかの乗船料)
6.エンパイア・ステート・ビル(展望台入館料)
(うちはMOMA以外で使用しました^^)

| | コメント (3)

2007年9月 2日 (日)

ニューヨークの旅 1

 8月21日~30日の日程で、ニューヨークへ家族旅行をしてきました。初めてのアメリカ、初めての子連れ海外旅行でどうなることやら…と思いましたが、天候にも恵まれ、楽しい旅ができました。ちょっとずつレポートをアップしたいと思います^^

2007年8月21日(火) ニューヨークへ!

1_8
 成田を11:00に出発、約12時間のフライトで、現地時間同日21日10:45にニューヨークJFK空港に到着しました。長い飛行時間で、子ども(上が10歳、下が7歳)がグズグズ言うのではないかと心配していましたが、ビデオなど見ているうちに意外に快適に過ごせました。エコノミーだったので、寝るにはあんまり快適とは言えない環境でしたけど…^^;;

●機内で見た映画
*アンフェア the movie…見たかった映画。テレビドラマほどはおもしろくなかった。
*憑神(つきがみ)…おもしろそうだったけど…期待はずれだった。

1_9
●機内食
*昼食…かにの炊き込みご飯をチョイス。おいしかった。
*朝食…普通かな。


 ニューヨークに到着後、まずはエア・トレイン&地下鉄でホテル(ミッドタウンのペン・ステーション駅真上のホテルペンシルバニア)にチェックイン(ここで3泊します)。近くのエンパイヤステートビルへ。でも、あいにくの曇天で景観が悪いという理由で、上に登れませんでした。
 一度ホテルに戻って別のところに出直すことにしたのですが、やはり長旅で疲れていたのと、時差のために爆睡…。結局この日はどこにもでかけず仕舞いでした。
 心配していた時差ですが、私(と夫)はふだんから仕事が忙しければ徹夜したりする生活をしているので、それほどつらくなく、2日もすれば平気になりました。でも、子どもたちは4日目くらいまで、昼の2時頃(日本では夜中)になると眠くて仕方がなかったようです。出先からホテルに帰りたがり、しかも昼寝をしたがるので、4日目までは午前中に1箇所程度しか遊びにいけず、ちょっともったいなかったかな~という感じです。まあ、子連れ旅行なので、そのあたり最初から覚悟はしていたのですが。
 今回の旅は、航空券の手配から何からすべて夫が計画してくれました。夫は、去年一度ニューヨークに一人旅していたので、ある程度土地勘があったということもありますが、地下鉄も一度も乗り間違えず案内してくれて、助かりました^^ パック旅行とは違って、一つ一つ計画したり手配したり面倒だった大変だったりしたと思うんですが、自分たちの興味や子どもの体調によってもスケジュールを変更できたので、本当によかったです。

●ホテル周辺
1_10

●GAPの広告
1_11
*渡辺謙がいた^^

●床屋さん
1_12
*クルクル回るのが星条旗になってる^^

| | コメント (8)

2007年9月 1日 (土)

帰ってきました~

ただいま~。
21日~30日までのニューヨーク旅行から帰ってきました。
ちょっと疲れは残ってますが、
家族全員、旅先でも体調を崩すことなく、十二分に楽しんできました~^^
少しずつその模様をアップしていきたいと思います。
お楽しみに^^

| | コメント (4)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »