« 2007南北首脳宣言 | トップページ | ハングル書道 »

2007年10月 7日 (日)

宮~ラブ・イン・パレス #19 #20

チェギョンが夜中にユル君と会っていたことが、
またまたスキャンダルネタに…。
ここまでスキャンダルが続くと、
「もういいかげん学習しようね!」と言いたくなりますね^^;;

ユル君の寂しさを「家族だから」という理由で
無視できないというチェギョンと、
それが気に入らないシン君と。
二人の溝はますます深まるばかり…。

チェギョン曰く
「가족은 싸우고 미워도 결국은 이해해 주고 지켜 가지는 거야.」
(家族はケンカして憎み合っても、結局理解し合うものなの。)

でも、シン君はこれまで家族と面と向かって対峙したことがないから、
たぶんこの言葉も理解しがたいのかもしれないですね。
いつも自分の気持ちを隠して、押し殺して生きていたんだから。

皇帝と恵政宮の昔の因縁を知ってしまったシン君には、
さらに理解しがたいことになってしまったのかも。

|

« 2007南北首脳宣言 | トップページ | ハングル書道 »

コメント

ツッコミどころはいっぱいあるんだけど、それがなくなったらドラマにならないんですよねf(-_-);;;
我慢してスルーしています(笑)
あと残り4話ですね!

投稿: ちーたろう | 2007年10月11日 (木) 08時49分

>ちーたろうさん。

そうね。私たちは大人だから、
我慢してスルーするしかないかしらん?
でも、ツッコミながら見るのも、
楽しいんだけどね。(笑)

投稿: nikka | 2007年10月13日 (土) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007南北首脳宣言 | トップページ | ハングル書道 »