« 映画『高麗葬』を見てきました | トップページ | リベンジ~!^^ »

2007年10月31日 (水)

朝日新聞一面広告!

今日、なにげに新聞を広げてたら、
突然、ハングルが目に飛び込んできました。
「참 좋은 계절이네요.」というタイトルがあって、
秋に関する短い韓国語の文章が一面広告(13面です)に…。
なんの広告かと思ったら、
日本精工株式会社という会社の広告でした。

…意味不明^^;;
NSKという会社名のロゴの横には
「지구와 함께 회전중」というキャッチフレーズも。
インパクトのみを狙ったのか、
会社がなにか韓国とかかわりがあるのかわかりませんが。
ま、面白かったですけど。

新聞広告で一面だと、300万円くらいすると思うんですよね。
それだけの意味がある広告だったのかな?(↑の広告^^;;)

広告料でいうと、朝日新聞1面下の小さな枠の広告(いわゆるサンヤツ)を出すのに、100~130万円くらいかかるんですよね。
以前勤めていた出版社でもそこに広告出していたんですが、
そこに広告を出せるだけの力がある会社ってことで、
ある意味、会社のステータスをあらわしてると言われてました。
でも、現実的に考えれば、
1冊の本の広告をそこに出したとして、
何冊売れたらその広告料が回収できるのか…?
ま、それを考えてたら広告なんか打てないから、
やっぱり会社の体面のためですね、きっと…^^;;

【三八つ(さんやつ)】 新聞広告面の大きさの一。
紙面の下三段を横に八等分したもので、
多く書籍の刊行広告などが載る。(大辞林より)

|

« 映画『高麗葬』を見てきました | トップページ | リベンジ~!^^ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『高麗葬』を見てきました | トップページ | リベンジ~!^^ »