« チョナン・カン2~ハン・チェヨンさん登場 | トップページ | 第17代大統領に李明博氏就任 »

2008年2月24日 (日)

「魔王(마왕)」第9回

*「魔王(마왕)」第9回のあらすじ&感想など…(ネタバレあります)。

 クァンドゥ事務長が容疑者の1人である死んだテフンの弟について調べたところ、弟もまた死亡していたことがわかります。(>え? じゃあ犯人はヨンチョルで決まりってこと?) テフンの母親が死んだのはカン刑事(オム・テウン)の宣告公判の日であり、それから2か月後くらいに交通事故で弟が亡くなったというのです。

 重要人物になってきたヨンチョルの回想シーンで、カン・オスを殺したいほど憎んでいた彼はある日、ナイフを手にしてオスたちをのぞき見ていました。それをなんとかなだめてナイフを取り上げたのがテフンです。その後、そのナイフによって死ぬことになったテフンを思い出し、「すまない」と泣くヨンチョルは、「네가 갚아 줄 거야.(俺が仕返ししてやるぞ)」と口にします。

 そして、次の宅配便がイ・スンギのもとに届きます。中にはナ・ソクジン秘書とカン・ヒス社長の妻であるチェ・ナヒの不倫写真が入っていました。焦るソクジンは、その写真を破ってトイレに流してしまいます。もちろんカン刑事に見せられるわけありませんよね。お兄さんの妻との不倫写真ですから…。でもこのことで、ソクジンはスンギに疑いの目を向け始め、逆にスンギはソクジンに不信感を持ち始めます。(…やばい、やばいです^^;; 二人の間で雲行きが怪しくなってきました)

 一方、オスの身の回りで起こった事件を知った父親カン・ドンヒョン議員は、昔、一度だけテフンの弟が訪ねてきたときのことを思い出します。そのときテフンの弟は「今よりももっと幸せに生きてください。いつでもどこでもあなたたちを見ています」と言い残して消えます。その時の弟の様子を思い出し、その弟が死んだということに疑念を持つカン議員。

 容疑者として絞り込まれたヨンチョルがソラに人形を与えたのでは?という疑念から、ソラに確認させてみることになります。でも、喫茶店の窓越しにヨンチョルを見たソラは、「違う」と答えます。(>え? ヨンチョルじゃないの? じゃあまだ誰が他に犯人がいるの? オ弁護士があげたはずないし…。ここで私はかなり混乱しました^^;;) でも、でも!…実はヨンチョルだったんですよね~。ヨンチョルに固く口止めされ約束していたソラは、その約束を守ったというわけです。建物の陰に隠れて見ているヨンチョルに、後ろ手に小指を立てるソラ…。この場面では、「うわ~!ちょっと勘弁してよ~!」って、ちょっとソラが憎く感じました^^;; その後、カン刑事は、チョ・ドンソプの元に長い期間送られてきていた手紙は国内から送られていて、その間、ヨンチョルはオーストラリアに行っていたことから、やはりもう1人犯人がいるという結論に達します。

 そして、また宅配便が届きます。それはソン・ジュンピョ記者のもとにです。月のカードとソン記者が昔書いたカン刑事が起こした事件に関する学校擁護の記事と共に…。

 その頃、オ弁護士(チュ・ジフン)はある病院を訪ねます。そこには一人の女性が入院していて、その女性のことを「お姉さん」と呼ぶオ弁護士。(>え? オ弁護士ってテフンの弟じゃないの? テフンの弟が偽名を使ってるんだと思ってたけど、姉はいなかったはず…。あ、でもテフンの弟は死んでたんだっけ?? >ここで、また私はかなり混乱させられました;;)

*今回はカン刑事とオ弁護士、ソ・ヘイン(シン・ミナ)の恋愛の三角関係がちょっと臭ってきましたね^^ ソラの口からオ弁護士がヘインのことを好きだということが伝えられ、ヘインを巡ってカン刑事とオ弁護士が対立する場面も出てきました。さて、ヘインはどちらに傾いていくのでしょうか?^^

*気になった表現~♪

・오변호사님하곤 통할 거라고 생각했는데.(オ弁護士は話がわかる方だと思ってたのに)
*直訳だと「オ弁護士とは通じるものだと思ってたんですが」ですね。

・말장남은 그만 두세요.(言葉遊びはやめましょう)
*「장남」は「悪ふざけ、いたずら、遊び、冗談」などの意ですが、セリフに結構出てきますね。

・타고난 형사체질이라구.(生まれながらの刑事体質っていうか)
*「타고난」は「生まれつきの、生まれながらの」の意。

|

« チョナン・カン2~ハン・チェヨンさん登場 | トップページ | 第17代大統領に李明博氏就任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョナン・カン2~ハン・チェヨンさん登場 | トップページ | 第17代大統領に李明博氏就任 »