« 第17代大統領に李明博氏就任 | トップページ | 「魔王(마왕)」第10回 »

2008年2月26日 (火)

フリーペーパーでお勉強⑨

 「한국,2026년엔 초고령사회 될 것(韓国、2026年には超高齢社会になること)」という記事が目についたので、読んでみました。

우리나라의 고령화 속도가 빠르게 진전되고 있지만 고령친화산업의 기반은 매우 취약해 정부 차원의 육성이 시급하다는 지적이 제기됐다.
わが国の高齢化の速度は速く進展しているが、高齢親和産業の基盤はかなり脆弱なので政府次元の育成が差し迫っているという指摘が提起された。

 「高齢親和産業」というのは何でしょうか? 初めて耳にしました。
ちょっと調べてみたら、「高齢者の生物学的老化及び社会経済的能力低下で発生した需要を満たすための産業」とあって、「高齢親和産業は、老人が便利ならばすべての人も便利だという主旨の下に、老人の嗜好(便利性や安全性)を優先的に考慮、次世代成長動力産業として収益性とともに政府が積極的に市場活性化を考えている」ものらしいです。日本語でいうと「シルバー産業」みたいなことでしょうか。

 韓国も、少し前の日本と同じ状況になっているようですね。日本ではたとえば10年ほど前に介護保険法ができ、もちろんそれ以前から老人福祉に関わる産業はありましたが、今ほど盛んになったのはこの10年くらいの間ではないでしょうか?

고령친화산업별 현황을 보면 의료 관련 서비스업은 중풍 등 중증질환 노인을 수용하는 유료노인전문요양시설 및 전문병원 수가 153개로 전년 대비 두배 이상 급증하는 등 2003년 이후 높은 신장세를 보이고 있다.
高齢親和産業別現況を見れば、医療関連サービス業は中風など重症疾患の老人を収容する有料老人専門療養施設及び専門病院数が153個で、前年対比2倍以上急増するなど、2003年以降高い伸張傾向を見せている。

 聞いたところによると、日本ではすでに昨年「超高齢社会」に突入したらしいです。この記事によると、その国の総人口中65歳以上人口比重が7%を超えると「高齢化社会」、14%超で「高齢社会」、20%超で「超高齢社会」と分類されるらしく、韓国でも2026年にはこの「超高齢社会」に突入する目算だということです。

|

« 第17代大統領に李明博氏就任 | トップページ | 「魔王(마왕)」第10回 »

コメント

고령친화산업!こういうの試験に出そうですね。
前回、読解かどこかで머피의 법칙に関する設問が出ました。たまたま知っていたからできたけど、ハングルは読めても意味を知らないと答えようがない問題ってありますよね。
接続詞でかなり点数が取れると思いますので、しっかり覚えてくださいsign03

投稿: | 2008年2月28日 (木) 12時09分

お名前がなかったので、
どなたのコメントがわからないのですが、
アドバイス、ありがとうございます!^^
接続詞ですか~…。
私にはあまりにも多くの課題があるので、
接続詞まで手が届くかどうか…^^;;
でもやってみます!!

投稿: nikka | 2008年2月29日 (金) 01時10分

↑글쓴이 テラcoldsweats01

投稿: テラ | 2008年2月29日 (金) 11時00分

>テラさん。

고맙습니다~!^^

投稿: nikka | 2008年3月 1日 (土) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第17代大統領に李明博氏就任 | トップページ | 「魔王(마왕)」第10回 »