« 解散説が出ましたが…。 | トップページ | 軽~くカルチャーショック!? »

2008年3月 5日 (水)

「魔王(마왕)」第12回

*「魔王(마왕)」第12回のあらすじ&感想など…(ネタバレあります)。

 交通事故で亡くなった本物のオ・スンハ少年は、孤児であり、盲目で病気の姉しかいませんでした。しかも家出少年だったために、死亡したときも身元を証明できる人はいなかったことから、復讐を企むテフンの弟・テソンはスンハに成りすますことを決意したのです。(>それにしても、この成りすましは、ヒジョ~に無理がありますけどね…^^;;)

 そして、この事実を知ったソン・ジュンピョ記者は、オ・スンハ弁護士(チュ・ジフン)を訪ね、自分と取引をしようと持ちかけ、成りすましの事実を証明する老人の声を録音したUSBチップを渡します。そのとき、オ弁護士にタロットカードを送った人物が、このソン記者だということがわかります。ソン記者はオ弁護士を真似して送ったと言うのですが、「カードの選択を間違えたようですね」と返されます。

 家に戻ったオ弁護士は老人の声を聞き、次の行動に出ます。黄色の封筒2通を前にして、その中から1通を選び(>この選択に、何か意味があるんでしょうか?)、これを持って警察を訪れるオ弁護士。その中にはナ秘書と一緒に怪しげな人物(カン議員が雇ったキョン社長)が映っていました。(>わざわざ自分で持参することに意味があったんでしょうか? これまでは宅配便で送っていたのに?)

 ところで、オ弁護士の回想シーンで、子どもの頃のソ・ヘイン(シン・ミナ)とオ弁護士が偶然雨の日に会い、傘を持っていなかったヘインに貸すシーンがありました。このときヘインが「ありがとう」と言うと、オ弁護士も「僕も、ありがとう」と返し、ヘインが不思議そうな顔をします。この「ありがとう」は、兄のテフンの事件を解決してくれたことに対する感謝ですよね。ということは、オ弁護士はヘインの能力を知っていたことになり、やはりヘインの能力を利用してタロットカードを使い、事件を牽引していたということになります。

 ソン記者は相変わらずいろいろと嗅ぎまわっている間に、キョン社長に尾行されていることに気がつきます。でもこのとき、別の人間(サンカルという名のチンピラ)もソン記者を尾行していました。カン議員が出版社へも圧力をかけてソン記者の記事をつぶそうとしていることを知り、ついに諦めて、カン議員と取引きすることにします。それでカン議員は、ナ秘書に現金を用意させ、キョン社長と一緒にソン記者のところに届けさせようとします。自分が指定した場所に向かう途中、ソン記者はサンカルたちに追いかけられ、車道に飛び出し、トラックに引かれてしまいます。そして息も絶え絶えの中、オ弁護士の成りすましをあばくペン型の録音機を通行人に渡し、警察に届けてほしいと頼みます。でも、その通行人はオ弁護士だったのです;; ソン記者と会う約束をしていたカン刑事(オム・テウン)がその場を通りかかりますが、時、すでに遅し…。現場を立ち去るオ弁護士の後姿を追いかけるカン刑事の背後で、なぜかヨンチョルが電話ボックスに隠れていました…。

*サンカルは誰の差し金でしょうか? オ弁護士はこの間、誰かと携帯で話をしているので、オ弁護士の差し金かとも思ったのですが、ソン記者がカン議員の圧力に屈した後、誰かと携帯で話していたオ弁護士が諦めたように笑うシーンがあります。たぶんこれはソン記者の行動を知ってのことだと思うのですが、そうすると、オ弁護士が話していたのはソン記者の行動を知っているキョン社長ということになりますよね?? しかも、なぜここにヨンチョルまでいるんでしょうか?? この12回で、私の頭の中はグルングルン@@になっていました(苦笑);;

*気になった表現~♪

・사무장님께 긴히 드릴 말씀이 있습니다. (事務長に折り入って話があります)
「긴히」は「긴히다」(きわめて重要だ、不可欠だ)からきた副詞で、「折り入って」の意。

・눈치가 빠른 놈입니다. (勘の鋭い奴だ)
「눈치가 빠르다」で「勘が鋭い、機転がきく」の意。「눈치」が含まれる語彙や慣用句はたくさんあります。
눈치가 다르다 (様子が普段とは違っておかしい)
눈치가 있다 (気がきく)
눈치살피다 (他人の様子をうかがう)
눈치보다 (人の顔色、機嫌をうかがう)
눈치채다 (気づく、感づく)

・생각보다 통이 크구만. (思ったより腹がすわっているな)
「통」は「腰回り、度量」で、「통이 크다」は「度量が大きい」意。


|

« 解散説が出ましたが…。 | トップページ | 軽~くカルチャーショック!? »

コメント

nikkaさんの解説を読んで、もう1度ドラマで確認しなきゃ!と思いました。
それで2回目を見始めたのですが、すると・・・おぉーあの子がここで出ていたのか・・・この台詞はヒントだったんだ・・・というような発見がいっぱい。2度目の楽しみ方もあるドラマです

この12話の辺りから、オ弁護士が事件を収束の方向に向け始めているのがうかがえます。ヨンチョルがどんな役割を担っているのか気になりますよね

投稿: テラ | 2008年3月 5日 (水) 12時41分

>テラさん。

何度か見ていると、いろんな伏線が見えてきて、
それがまたおもしろいんですよね
それにしても、タロットカードに意図的に
相手に見せたいものを刷り込むなんてこと、できるんでしょうか?
どうやってやっていたのか、それが知りたい。

投稿: nikka | 2008年3月 5日 (水) 22時32分

nikka씨, 안녕하세요〜.
今日、録画しておいた「魔王」22回、23回を続けてみたところです。ますます緊迫したドラマになって来ました。ちょっとでも目が離せない筋書きです。
23回では、オ弁護士とヘインとの悲しい場面も...。う〜、涙が...。
テラさんのお言葉通り、もう一度見返すと、一段と理解もでき面白くなりそうなドラマ。
最終回はどうなるのでしょう?

投稿: ハーちゃん | 2008年3月 6日 (木) 17時29分

>ハーちゃんさん。

ハーちゃんさんがご覧の番組では、全何回になってるんですか?
私が見ているのでは、全20回なんですけど。
話が複雑すぎて、途中から見るのは無理だし、
1回飛ばすと意味不明になってしまいますよね~。
(視聴率が最悪だったというのも、わかりますよね^^;;)
友だちから「復活」を借りたので
(同じ脚本家、監督です)、これも楽しみです~

投稿: nikka | 2008年3月 6日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 解散説が出ましたが…。 | トップページ | 軽~くカルチャーショック!? »