« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

「맥콜」初体験!

Mccol_2

 「オイシイ!」「大好き~!」という評判を聞いたことがナイ(笑)噂の「맥콜」をお土産でもらったので、家族で試飲してみました。一応、「麦茶とコーラを足したみたいな感じらしいよ」と教えてから、トップルを開け、臭いをかがせた瞬間、娘(上の子)は「おぇ~!! 何?この臭い?」でした…^^;; コップに入れると、想像以上の泡にビックリ@@ 友だちが「ビールっぽい」って言ってたのもうなずけます。
 で、問題の味は…? 夫と私は「たしかに麦茶にコーラを入れたみたいな味。でもそれほどマズイって味じゃない」ってことで一致。下の子は「コーラだ!おいしい!」、上の子は「うん、まあコーラだけど、この臭いだけはダメだ…」とのこと。まあ、まずくはないけど、これをゴクゴク一気飲みはできないな^^;;(あ、でもキンキンに冷やしたらイケる…かも?)
 日本でも「メッコール」って名前で発売されてて、知ってる人も結構いるらしいんですけど、うちの家族は全員初体験~でした^^

| | コメント (6)

2008年5月27日 (火)

『韓国は一個の哲学である』

 近頃、ちょっと韓国「語」の勉強から離れて、『東アジア史の中の日本と朝鮮』(明石書店)を読んでいます。もともと歴史(の授業)が好きではなかったし、勉強したのはかれこれ○十年前になりますから(>爆)、すっかり忘れてる&全く知らなかったことだらけで、読むのに非常に時間がかかっております。が、いつか読み終わると思います^^;;
 で、その間、もうちょっとラクに読めるものを…と思って選んだのが、『韓国は一個の哲学である』(講談社現代新書)です。

Ogura


講談社サイト:
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1494309

 「キゾー式」の韓国語講座で有名な小倉紀蔵先生の本。副題に「<理>と<気>の社会システム」とあるように、「理―気」というキーワードを軸に韓国社会を解析した本です。朱子学を根底にして、「理」=道徳・理屈の世界と「気」=情の世界から成り立っているのが韓国社会だということです。
 これまで私が韓国に、あるいは韓国人に対して、「?」とか、「??」とか、「!?」とか(笑)、さまざま感じてきたことどもを、先生のおっしゃる「理」「気」という場での韓国(人)の行動としてみると、非常にわかりやすいんですよね。「ケンチャナヨ~」な人たちが、一方で年齢差(それが1歳でも)によって言葉も態度も変えるような人たちだったりすることが、今まで二枚岩的に感じられていたのが、一枚岩として見えるようになった感じ…です。いくつかの韓国「語」の概念について書かれてあったりもして、とても興味深く読みました^^
 この本は1998年刊行ですが、2005年刊行の『歴史認識を乗り越える』も読んでみたいと思います。

| | コメント (4)

2008年5月25日 (日)

フリーペーパーいろいろ

 ハーちゃんさんに教えてもらった「月刊留学生」。先週、韓国語教室の帰り、GETしました^^

Yugakusei

日韓対訳なので、たしかに勉強になりますね^^

 ほかにこれと一緒に並んでいたフリーペーパーです↓

Shinaburo

Kurutogi


 基本的に情報誌だし、ところどころ入っている日本語訳も翻訳機にかけただけ(?)って感じのときもあるので、勉強にはならないかも…しれませんが、無料だし、おもしろい記事もあるみたいです。

新大久保に行かれたときには是非、手にとってみてはいかがですか?^^

| | コメント (4)

2008年5月22日 (木)

遅ればせながら「스승의 날(先生の日)」

 「스승의 날(先生の日)」…本当は15日(木)だったのですが、先週授業が14日(水)だったので、遅ればせながら昨日、ウリ先生にカーネーションを贈りました^^

 花束にしたかったのですが、教室が遠いので、鉢植えにしたところ、花屋さんに「母の日の残りだから、タダでもいいくらいなんだよね~(@@)」とか言われて…^^;; うれしいような気もしたんですが、先生に差し上げるのにタダっていうのも何だかな~?という気持ちもあり、ちゃんとお金は払いました(格安でしたが…;;)。

 ウリ先生は私より年下の先生で、とっても感激して「泣きそうです…」とか言ってくださいました。ほんの気持ちなのでそれほど感激してもらっても、かえって申し訳ない気持ちがしたのですが(>格安だったしね…^^;;)、いつも一生懸命授業をしてくださる先生に少しは感謝の気持ちを伝えられたので、よかったかな^^

| | コメント (2)

2008年5月21日 (水)

「外科医ポン ダルヒ(외과의사 봉달희)」

 「外科医ポン ダルヒ(외과의사 봉달희)」がアジアドラマチックTV★So-netで始まりましたね。

So-netサイト:http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/kd_SO0000000368.html

SBSドラマサイト:http://tv.sbs.co.kr/doctorbong/index.html

●So-netサイトでの内容紹介
研修医1年生のポン・ダルヒと周りを囲む外科医や仲間達が医療現場を通して成長していく大作。地方医大出身の外科医研修1年生のポン・ダルヒ(イ・ヨウォン)は、研修生の中では年上で心臓病歴があるなどハンディを抱えている。心臓病に苦しむ故郷の子供達を救うために胸部外科を学ぶために国立病院の研修医となる。新米医師として経験する様々な事件と患者、生と死、やりがいと挫折、葛藤と克服を通じて医師として成長していく。病院を舞台にポン・ダルヒと天才外科医のアン・ジュングン(イ・ボムス)、外科専門医のイ・ゴヌク(キム・ミンジュン)が医療現場で、患者との心の交流通じ医者としても成長していく感動のストーリーを繰り広げる。

 噂ではおもしろいって聞いたんですが、3話まで見たところ、おもしろそう!でした^^ 日本の「救命病棟24時」っぽい感じですね(←これもおもしろかったし!) 天才外科医と言われるアン先生が、すっごく嫌な感じですが、言うだけの腕や実行力を持っている人物なので許す!(笑)

 週2回の放送なので、たぶん途中見忘れると思いますが(爆)、「続きを見たい!」と思えるドラマで、先が楽しみです~。

| | コメント (2)

2008年5月17日 (土)

「魔王(마왕)」第20回

*「魔王(마왕)」第20回 [最終回] のあらすじ&感想など…(ネタバレあります)。

 階段から落ちたヨンチョルは、肘にひびが入った程度のケガで済みました。病院で気がついたヨンチョルはカン・オス刑事(オム・テウン)に向かって、悪びれるふうもなく薄笑いを浮かべながら「スンギが死んだんだって?」「誰がスンギを殺したんだ?」と言い放ちます。

 カン・ドンヒョン議員から電話で呼び出されたオ・スンハ弁護士(チュ・ジフン)。カン議員はオ弁護士の正体をキョン社長から聞かされて呼び出したのです。そして12年前のことは、親として最善を尽くしただけで、間違っていなかったと話し始めます。しかし、オ弁護士は「それが許せなかった」と言います。カン議員は息子のために…と言うが、同じように大切な息子を奪われた母親がいたことを徹底的に無視し、踏みにじった。それが一番大きな罪だ、と。

 兄のカン社長がやはり怪しいと思ったカン刑事は、兄のもとに行きます。当然、カン社長は自分の仕業だとは認めませんが、弟が自分を疑い、その疑いが確信になっていることを悟り、「もし自分が犯人だとしたら、お前はどうするんだ?」「俺たちは兄弟だろ」と弟に訴えかけます。カン刑事は「兄さんが遠くに逃げてくれたらいいと思う」と言いながら、次の言葉を残し、立ち去ります。

하지만 난 누구보다 잘 알아. 사람은 과거를 잊어도 과거는 사람을 절대 잊지 않는다는 걸.
(でも、俺は誰よりもよく知っている。人は過去を忘れても、過去は人を絶対に忘れないということを)

 ヨンチョルの怪我を知ったオ弁護士は、ヨンチョルを説得して海外に逃がそうとします。でも、もうヨンチョルは耳を貸しません。最初は、オ弁護士の方が「兄へのすまなさを必ず返すと言ったよな? いいチャンスをやる」と、ヨンチョルを計画に引っ張り込み操ってきたけれど、ヨンチョルは徐々にすべてが自分の思い通りに事が運ぶとことに陶酔して、もうオ弁護士の操り人形ではなくなっていたのです。そしてオ弁護士の心配をよそに、自ら警察に出頭するというさらに挑発的な態度に出ます。まさかファン・デピルが警察に加担するような態度に出ているとは知らずに…。しかし、カン刑事に送られてきた写真に写った傷とヨンチョルが持っていたカメラの傷が一致するとは明確には鑑定されず、結局、ヨンチョルを逮捕する決定的な証拠は見つからずじまいになってしまいます。

 ついにカン・ヒス社長の命令を受けて動いていた人物が拘束され、カン社長に依頼されたことだと白状します。カン社長は逮捕され、警察に連行された兄を見たカン刑事は泣き崩れます。家に帰ると、父親のカン議員が居間でただ一人、座っていました。

난 이 세상에 모든 사림이 행복해 질 수 있는 일은 없다고 생각했어. 누군가의 행복 뒤에는 반드시 누군가의 불행이 있기 마련이지. 그건 어쩔 수 없는 세상이치라고, 그래서 강한 자가 살아남는 거라고 강한자만이 행복해 질 수 있다고 생각했었다. 그게 내 아들들의 행복을 지켜줄 수 있는 길이라고 믿고 있었다.
(私は世間のすべての人間が幸せになれることはないと思っていた。誰かの幸せの裏には必ず誰かの不幸があるものだと。それはどうしようもないことで、だから強い者が生き残るものだと、強い者だけが幸せになれると考えていた。それが息子たちの幸せを守れる道だと信じていた)

 これが父親の最後の言葉となってしまいました。カン議員は心臓発作で世を去ります。そして、すべてを失くしたカン刑事からの電話を受けたオ弁護士。向かう先にはカン刑事がいます。ところが…車に乗り込もうとしたとき、オ弁護士は何者かによって刺されてしまいます…。(犯人は、ソラオンマの裁判のとき傍聴席にいた若者です。おそらく、殺されたテシクの弟ではないでしょうか? 12年前の自分と同じ状況に立たされた少年に奇しくも刺されてしまったわけです。)

 そして二人は12年前の因縁の場所へ…。すでにわき腹を刺されて瀕死の状態にあるテソンと、精神的にボロボロになってしまったカン・オス。テソンの筋書き通り、望むとおりにこの一連の復讐劇を終わらせるには、カン・オスが復讐心によってテソンを撃ち殺すしかなかったわけですが、カン・オスはそうしません。でも、結局揉み合いになった末に、テソンはカン・オスを銃で撃ってしまいます。

살아줘…. 있는 힘껏 최선을 다해…. 살아,태성아.
(生きてくれ、力の限り最善と尽くして)
용서해라 나도 너도….
(許してくれ、俺も、お前も)

これがカン・オスの最後の言葉です。そして、二人を見つけるヘイン。あまりにもむごい場面です。彼女はこの現実を抱えて生きていかなければならないのです。

<終わり>

*実際に、自分が殺人事件の被害者家族になったとき、あまりの辛さに、犯人に対して復讐したいと一度は頭に浮かぶかもしれません。しかも法律で裁けないとなったとき、その犯人を許せるという人は少ないでしょう。でも、このテソンのように自らの手で復讐したとしても、それで犯人から与えられた苦痛は本当に消え去るのでしょうか? このドラマでは、答えはNOです。却ってテソンの苦悩は深まり、何の解決にもならなかったばかりか、さらに悲劇を広げただけでしたから。…非常に重いドラマでした。このドラマがもちろんフィクションだとしても、非常に感情を揺すぶられたし、いろいろと考えさせられるドラマだったことは間違いありません^^

 あ、この「魔王」が日本でリメイクされるそうですね!(以下、ネット記事より引用)

人気グループ、嵐のリーダー、大野智(27)が7月スタートのTBS系「魔王」(金曜後10・0)で連続ドラマ初出演&初主演することが8日、分かった。ジャニーズJr.の生田斗真(23)とW主演。作品は昨年、韓国で放送された人気サスペンスドラマをリメーク。大野は肉親を殺され、復讐(ふくしゅう)を企てる弁護士役に挑み、新境地を見せる。

 キャストについて、友だちの間で話題になってるんですけど、オ弁護士役の大野君は大変ですね…^^;; 見た感じがほんわか、温かい人なので、あの冷徹なオ弁護士の感じをどう出していけるのか…未知数ですね。若干ストーリーは変わるんでしょうが、あれだけ綿密なストーリーをどう脚色するのか、それも気になるところではあります。

| | コメント (4)

2008年5月14日 (水)

フリーペーパーでお勉強 11

 いつも韓国語教室の帰り道で、韓国のフリーペーパーを手に入れるんですが、いつも読んでいるフリーペーパーに、今回は記事が一つも載っていませんでした;; すべて広告のみ! どうしたんでしょうか? 基本的に広告メインのフリーペーパーだから、記事より広告優先ってことで、広告が多いときは記事はなくなってしまうのかな~??

 しかたなく電車の中で、いろいろな広告を見ていたのですが…。よく見かける「초고속 인터넷」という類の広告の中で、おもしろいものを見つけました。

초고속 인터넷
(超高速インターネット)
인터넷전화기+라면1박스+자전거1대
(インターネット電話機+ラーメン1箱+自転車1台)

…インターネットとラーメン、自転車の組み合わせって…??

どうも留学生をターゲットとしたものらしく、生活必需品パック(?)みたいなものなんでしょうか。
実際、留学生にとっては魅力的なサービスなんですかね?^^;;

| | コメント (8)

2008年5月12日 (月)

じゃがいものジョン…作りました

 先週、じゃがいもをたくさん買ってたので、何かに使いたいな~と思い、「じゃがいものジョン(감자전)」にしました。(>娘は「ジョン? 誰?」だって…^^;;)

 材料は、じゃがいも 中4個(2~3人分)、たまねぎみじん切り 少々、塩 少々、小麦粉 少々です(>アバウトですみません;;)

 作り方は、じゃがいもを下ろし器ですって、それに残りの材料を全部まぜて、ホットプレートで焼くだけです(薄く焼いた方がおいしいですね)。香りがいいので、ごま油をまわしかけて、カリカリになるまで焼きました。

 子どもたちがチーズ大好きなので、軽く焼いたジョンにとろけるチーズを載せ、裏返して、チーズが焦げるまで焼いたら、すっごく美味しかったです~!(両面チーズ^^)。


| | コメント (4)

2008年5月11日 (日)

한국어 메모 5

 昼間、何気にテレビをつけたら、チマチョゴリを着た女性が「남대문이 열렸어요」って言う場面に出くわしました。
 一瞬、「なに??」って思ったんですが、これは「ドニーチョ!クイズ!知らネット・アース」という番組で、世界各国の言葉を並べて、それがどういう日本語に相当するのか…という問題を出しているところでした。

→これは日本語で「社会の窓が開いていますよ」ですよね^^;;

では、他の国でなんと言うのか…?
スペイン:「小鳥が逃げていくよ」
イギリス:「1ペニーが落ちてるよ」
ドイツ:「馬が逃げているよ」
イタリア:「お店が開いているよ」
アメリカ:「車がガレージにおさまっていませんよ」…などなど。
似ているようですが、微妙に表現が違うのが面白いですね^^

*では、問題です!(>番組中に紹介されてた問題です)
次の各国の言葉は日本語で何を指すでしょうか?

ロシア:「犬」
ギリシャ:「アヒル」
ドイツ:「サルのしっぽ」
デンマーク:「ぞうの鼻」
イタリア:「かたつむり」
韓国:「サザエ」

…韓国の「サザエ(골뱅이)」でわかったでしょうか?
答えは「@(アットマーク)」でした^^

他の問題も、子どもたちと一緒に楽しく解けました^^

| | コメント (4)

2008年5月 9日 (金)

한국어 메모 4

 韓国語教室のフリートークでゴールデンウィークの話をしていたのですが、この間、中国人のお金持ちが日本に来て、あっちこっち見学して、買い物をしまくっていたというニュースを見たという話題が出て、そのときに先生に教えていただいた単語です。

도깨비 관광
*あえて訳そうとすると難しいのですが、あちこちに飛び回り、ありとあらゆるものをバンバン買いまくるような観光を指す言葉とのこと。一箇所に留まってゆっくりその場所を味わうような観光とは正反対の様子です。先生は「弾丸のようにシュッシュッと飛び回る様子が도깨비(鬼、妖怪)の移動するさまに似ているから」とおっしゃってました。

 ネットで検索してみたら、「도깨비 여행」という言葉が多くひっかかりました。「韓国から日本に도깨비 여행した」みたいな感じで使われるようです。

*学校帰りの下の娘(小2)との会話(>突然ですが…^^;;)
娘:「あのね、Kちゃんから誘われたんだけど…。誰にも言わないでね! うち(私)たちCDデビューすることにしたんだ!!」
私:「…え? マジで?」(爆笑)
娘:「タイトルは決まってるの。『夏になると』だよ!!」
私:「いいね~! なんか期待感があって盛り上がりそう!」
娘:「でね、『羞恥心』が流行ってるじゃん。だから、『羞恥心』みたいな曲にするの!」
私:「じゃあ、『羞恥心! 羞恥心!』って、手をぐるぐる回すんだ?」
娘:「そう!そう!!」
…笑いをこらえ切れませんでした。家に帰ると、作詞にいそしむ娘…(爆)
*このブログには語学に関することしか書いていないのですが、あまりに笑えたので…^^;;

| | コメント (4)

2008年5月 8日 (木)

第13回韓国語能力試験問題&正答

かじりたてのハングルさんで問題&正答のPDFファイルが公開されています。

もちろん本家のTOPIKサイトの자료실でも公開されています。

さて、答え合わせしようかな~と思ったんですが、あまりにも時間に追われて解いているので、全分野、後半部分、何を選んだか覚えてない…というのが多くて、全部は無理そうです^^;;
しかも、試験直前に覚えた文法とか、もう忘れちゃってるものもありました…(泣)

試験問題用紙、持って帰ってもいいと思うんですが…。
こうやってネットですぐに公開するんですからね~。

| | コメント (0)

2008年5月 7日 (水)

한국어 메모 3

知っている人は知っている、知らない人は知らない(←当然だろ!>爆)。

問題:「2MB」って、どういう意味でしょ~か?

*ヒント:韓国で使われている新語・造語。「超」有名人です^^;;

解答:コチラで確認してください^^

…それにしても、こんな言葉、誰が考えるんでしょうか?

| | コメント (6)

2008年5月 6日 (火)

「魔王(마왕)」第19回

*「魔王(마왕)」第19回のあらすじ&感想など…(ネタバレあります)。

 カン・オス刑事(オム・テウン)が、自分とナヒ(カン・ヒス社長の妻)との不倫関係に気づいたと思ったナ秘書は、自分がスンギを殺したと、狂ったように主張します。カン刑事は兄が信頼していたナ秘書と兄嫁の不倫という事実に憤慨しますが、無実のナ秘書が殺人者になるのを放っておけず、苦渋の決断をし、ナヒにナ秘書のアリバイを証明してくれるように頼みにいきます。

 この19話で、ついに黒幕二人のオ・スンハ弁護士(チュ・ジフン)とヨンチョルが会う場面が出てきます。オ弁護士はヨンチョルを「형(兄さん)」、ヨンチョルはオ弁護士を「テソン」と呼び、二人の関係が深いことがわかります。これまですべてうまくいっていると歓喜の表情のヨンチョルと、諦めたような涙をためたような表情でヨンチョルにもう役目は終わったから海外に逃げるようにと告げるオ弁護士。きっと以前は二人は同じような情熱で復讐を誓い合っていたのでしょうが、今、このときには気が狂ったように復讐ゲームに酔いしれるヨンチョルと、ヘインの必死の説得に心が揺れているオ弁護士の間には、明らかな温度差が生じています。ヨンチョルはオ弁護士の説得を聞き入れず、最後までやり遂げると言い放ちます。

 結局、ナヒはナ秘書を助けたい一心で警察に行き、真実を話します。それでもナ秘書はその事実を否定して、ナヒを守ろうとします。一方、このことを知って焦るカン・ヒス社長。なぜ自分に一言の相談もなしにナヒに証言させたのかと、カン刑事に八つ当たりしますが、このときのカン社長の様子とヘインの透視から、カン刑事はスンギ殺しの真犯人が兄のカン社長ではないかと思い当たり、ヘインに写真を見せて確認したところ、カン刑事の勘は当たってしまいます。

 捜査が進み、公衆電話からヨンチョルの指紋を採取したことで、警察はヨンチョルの自宅を家宅捜索します。その最中にヨンチョルが帰宅。逃げる途中で、ヨンチョルは階段から落ちてしまいます。

 いよいよ次回は最終回です!


*気になった表現~♪

・지금 경찰에서 당신을 찾느라 혈안이 돼 있습니다. (今、警察で、あなたを探すのに血眼になっています)
*「혈안」は漢字語で[血眼]。日本語と同じですね。

・벌써 잠수 탄 거 같애.
*「잠수 타다」は、ネイバーの流行語・新造語によると、「자취를 감추다」(雲隠れする、行方をくらます)の意。

・지금 강선배 마음이 어디 마음이겠어요? (今、カン先輩は複雑な気持ちでしょうね)
*以前、記事に書いた「어디」の使い方でしょうか。カン先輩の気持ちが正常でない状態だという意味でしょうね。

| | コメント (0)

2008年5月 5日 (月)

「魔王(마왕)」第18回

*「魔王(마왕)」第18回のあらすじ&感想など…(ネタバレあります)。

 オ・スンハ弁護士(チュ・ジフン)が実の兄のように慕うスゴンの元を訪れたソ・ヘイン(シン・ミナ)が見たのは、スゴンと並んで写っているオ弁護士の少年の頃の写真でした。そこには紛れもなく、自分が昔会った少年であり、死んだテフンの弟・テソンが写っていました。オ弁護士に心が傾きかけていたヘインにとっては、衝撃的で信じられないことでした。

 一方、スンギを殺した容疑をかけられ拘束されているナ秘書は、自分のアリバイを証明してくれるナヒ(カン・ヒス社長の妻)の名前だけは表に出さずに頑なに固持しつづけます(ナ秘書の弁護士として登場するのは、またまたオ弁護士です;;) スンギを殺し、その罪をナ秘書にかぶせようとしているカン社長のもとには、宅配便が送られてきます。中には、飛行機のチケットと隠れるように飛行機に乗り込むカン社長の写真が…;; しかし、カン社長はナ秘書の私物の中にスンギ殺害で用いた薬物を隠し、それが発見されてしまいます。

 そして、オ弁護士の正体がわかったヘインは、やはりなんとしても彼を止めなければならないと、「自分が一緒にいるからどうかもう止めて」と祈るような気持ちで頼みますが、オ弁護士はそれを拒否します。

해인 ; 자신을 버려서는 안 돼요. 회망을 버리지 말아요.
(自分を捨ててはダメですよ。希望を捨てないでください。)
승하 ; 난 희망 같은 건 믿지 않습니다. 그리고 이미 걸어온 길은 돌아보지 않습니다.
(私は希望なんて信じていません。そしてもはや歩いて来た道は引き返せません。)

 ヘインから止めるように懇願され、大きく心が揺れるオ弁護士…。「どこまで行けば満足なのか…」と自問する場面も見られますが、やはり復讐を続ける気持ちの方が勝つのでしょうか?

 また、ソン・ジュンピョ記者を車で轢いた犯人であるファン・デピルは、カン・オス刑事(オム・テウン)の説得により、自ら警察に赴いて事件について話をします。その中で唯一わかったことは、公衆電話からソン記者の位置を逐一報告してきた人物はどもった口調だったということです(公衆電話からかけてきていたのはやはりヨンチョルだったんですね;;)。

 さて、いよいよ一連の事件の核心に迫ってきて、犯人がオ弁護士(テソン)とヨンチョルの二人だということはわかってきましたが、この二人のつながりはまだ明確にはわかりません。残るは、あと2話! まだ謎が残ってるし、この流れからいくとラストがどうなるのか、非常に気になりますね!

*気になった表現~♪

・해인씨 귀신이네.(ヘインさんは超能力でもあるんじゃない)
*この字幕は、前後の文脈からの意訳でしょうが、「귀신(鬼神)」に「特別な才能のある人(をたとえて言う)」の意味もあるので、こう表現しているのでしょう。
그녀는 연극에는 귀신이다. (彼女は演劇の神様だ)
저 형사는 수사에는 귀신이다. (あの刑事は捜査の鬼だ)

・이래도 계속 잡아뗄 겁니까?(これでもまだしらを切るつもりですか?)
*「잡아떼다」は「しらを切る」意。

・보란 듯이 현장에 손수건을 남겼을 리도 없구요.(これ見よがしに現場にハンカチを残すはずもないでしょう)
*「보란 듯이」は「誇らしげに」の意。字幕では「これ見よがしに」と訳されてましたが、「これ見よがしに」は「여봐란 듯이」という言葉があるようです。

・도련님
*ナヒがカン刑事に対して使った呼び名。「夫の未婚の弟」を指します。

| | コメント (0)

2008年5月 4日 (日)

「頑張れ!グムスン」見ました

ゴールデンウィークですが、とくに予定のないわが家。
ペ・ドゥナ主演の映画「頑張れ!グムスン(굳세어라 금순아)」をDVDで見ました。
見終わった感想は…一言、「疲れた!」(苦笑) *以下、ネタバレあります。

4_55653
ストーリー:元バレーボール選手だったグムスンは、引退後、生まれて間もない赤ちゃんの育児に疲れきっています。夫の初出勤の日、ワイシャツにアイロンがけを忘れてたりして、朝からかなりブルー入っている、そんなとき、夫の両親が突然、翌日の朝5時に家に来ることになります。散らかり放題の家を片付け、義父母に気に入られようと、食事の準備に取り掛かっていると、一本の電話が…。なんと歓迎会帰りの夫がいかがわしいバーに連れて行かれて、酔いつぶれてしまい、そのバーから170万ウォンもの飲み代を持って来るように!という電話でした。仕方なく、赤ん坊を背負い歓楽街に向かうグムスン…。ぼったくりバーから夫を無事救出し、義父母が到着する朝5時までに家に戻れるのでしょうか…!?


 初めて足を踏み入れた歓楽街で、バーの場所がわからず右往左往するグムスン。なぜかやくざに追い回されることになってしまいます。やくざから逃げ、夫のもとに辿り着こうとする、その涙ぐましい努力(?)はわかるんですが、赤ちゃんを背負ったまま全力疾走し、途中、高いビルから落ちたり(赤ちゃんともどもケガはしなかったけど)、赤ちゃんをどこかで落として探し回ったり…なんか、やりすぎでしょ!(怒) 赤ちゃんを背負ったオンマがやくざに追い掛け回されるっていうのはおもしろいかもしれないけど、母親の立場からすると「ありえない!虐待だよ!」って思わずマジで思っちゃうシーンのオンパレードで、見ていて苦痛でした。

 見も知らないいろいろな人たちの温かい応援と、持ち前のアタック力で危機を乗り切り家に辿り着くことができ、必死に事をやりとげたグムスンは思わず泣き出してしまい、その様子を見た義父母はグムスンをやさしく受け止めてくれ、ハッピーエンド^^ 最後は、グムスンがバレーボール選手に復帰して、映画は終わります。

 まあ、最後はハッピーエンドだったし、グムスンの必死さと能天気な夫(キム・テウ)の対比が笑える映画だったけど、ともかく見ていて疲れる映画でした。

*メガネと役のキャラのせいで、キム・テウが八嶋智人に見えてしかたがなかったです^^;;

| | コメント (8)

2008年5月 1日 (木)

「탈무드」読み始めました

以前、記事にした「탈무드」を、やっと読み始めました(3月6日記事参照)。

Tarumudo

そういえば、この「탈무드」のことを韓国語教室で話したところ、先生(韓国人)の反応が、「え~!! 日本人はこれを知らないんですか!! ほんとに!?」だったので、やはり韓国では知らない人がいないくらい有名な本で、イソップやアンデルセン童話を知っているのに、この「탈무드」を知らないという日本人って一体…?ってなくらいの本だということがわかりました(笑)。

本の前書きによれば、この本は「ユダヤ民族が生きてきた5000年の知恵であり知識の泉」だそうです。
一つずつの話が2~3ページで終わるし、借りたお友達のお子さんが読んでたというだけあって、小学生向きの本なので、文章は簡単です。
内容的にはやはり教訓めいたものが多く、真の知恵・愛とはなんぞや…的な話が収録されています。
なかなかためになる話が多いので、飽きずに読めそうです^^


| | コメント (4)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »