« 情けない…;; | トップページ | 映画『春香伝』 »

2008年6月 4日 (水)

パンソリについて

 授業中、テキストに「パンソリ」が出てきたのですが、全然知識がなかったので、ちょっと勉強してみました。
 パンソリは、太鼓に合わせて歌い手が身振り手振りで表情をつけつつ物語を語るもので、2003年にユネスコ世界無形文化遺産に登録されました(日本の文化で言うと、浪曲にちょっと似てます)。
 パンソリの主な題目は5つ(昔はもっと12編くらい?あったそうですが…)。

흥보가(興甫歌)…「フンボ(フンブ)とノルブ」の話。心優しい弟(フンボ)がいじわるな兄(ノルブ)にいじめられていたが、仲良くなる話
심청가(沈清歌)…目の不自由な父の目を治すために生贄になろうとするが、天に助けられる話。韓国では효녀(親孝行の娘)といえば심청이の名が出る
춘향가(春香歌)…元妓生(キーセン)娘・春香が身分の違いを超えて、幸せな結婚をする話
수궁가(水宮歌)…竜宮の王がカメにウサギの肝を取ってくるように命じるが、ウサギが賢くてかなわなかった話
적벽가(赤壁歌)…中国の「三国志演義」をアレンジした話

 身分や立場は弱いが誠実に生きる者が、強い者を相手にして、結局勝利する…的な話がテーマになっているものが多いみたいです。お上に対する風刺に富み、それゆえ庶民ウケする話になっています。台詞が全羅道の方言なので、そのまま聞いても理解できないのですが、歌い手の調子・表情などが面白いです。

「韓国伝統ソリ文化」サイト(パンソリ映像が見られます)
http://www.koreamusic.org/sori_foreign/main.jsp?lang=JP

|

« 情けない…;; | トップページ | 映画『春香伝』 »

コメント

こんにちは。
私は映画で見て知っていました。
「風の丘を越えて―西便制―」ではパンソリがテーマになっていました。チョ・スンウの「春香伝」でも堪能できました。どちらもイム・グォンテク監督ですね。

パンソリの主な題目はいろいろあるのですね~(^^*)

投稿: いさ | 2008年6月 5日 (木) 13時06分

>いささん。

さすがいささん。
これから「春香伝」「西便制」について記事を書こうかな~と思っていたところです^^

投稿: nikka | 2008年6月 5日 (木) 22時26分

パンソリは、英雄時代に出てきたような・・
良く歌ってたんですが、今となってはどれを歌われていたのか思い出せません…「赤壁歌」はあったような気がしたんですけれども・・・

投稿: まろ | 2008年6月 8日 (日) 20時46分

>まろさん。

「英雄時代」見てないんですけど、出てましたか。
パンソリも言葉がそのままわかれば、もっと集中して聞けると思うんですが、全羅道地方の言葉なので…^^;;
字幕みたいにハングルがバックに出るときもあるみたいですから、日本人が歌舞伎見たりするときと同じ感覚なのかも。

投稿: nikka | 2008年6月 9日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情けない…;; | トップページ | 映画『春香伝』 »