« 단군 신화 | トップページ | 한국어 메모6 »

2008年6月16日 (月)

『東アジア史のなかの日本と朝鮮』

9784750318851

 韓国の歴史を日韓関係を軸に勉強してみたいと思って、購入した本です。
 「朝鮮」建国以前については、いろいろな学説があるうえに、それに関連していろいろな文献等が紹介されているのですが、もともと歴史に関しての素養がない私にはちょっと難しかったです;; 「朝鮮」以降は、日韓関係において問題視される秀吉の朝鮮出兵や、日清戦争、日露戦争、韓国併合など、わかりやすく書かれていました。日本史の教科書で勉強したはずのことも忘れていたり、このあたりのことは簡単に流したような授業だったりしたので(爆)、知らないことも多く、歴史の流れを掴むにはもってこいの本だと思いました。(もちろん、著者の立場からの歴史観によりますが)

●版元ドットコムサイト(目次、内容等)
http://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-7503-1885-X.html

 

|

« 단군 신화 | トップページ | 한국어 메모6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 단군 신화 | トップページ | 한국어 메모6 »