« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

ただいま~^^

 1週間近く、福岡の実家に帰省しておりました。天気に恵まれ、とにかく毎日暑かったです~@@

 吉野ヶ里遺跡見学(10年ほど前行ったときとは違って、かなり整備されてました@@)に始まり、ソフトバンクホークス vs ロッテマリーンズの試合観戦(延長の末、ウリホークス勝利! ドーム内の打ち上げ花火を見ました^^)、映画「崖の上のポニョ」鑑賞(ツッコミどころ満載の映画でした^^;;)、マリンワールド(帰省の度に行く、お気に入りの水族館)、海水浴(志賀島で。私はパスしたけど^^;;)と、毎日遊びまくりました。その間、高校時代からの友人にも会って旧交をあたためたし、ちーたろうさんとも短い時間でしたがお会いできて、とっても有意義な夏休みでした。

 さて、私の夏休みはもう終わり。あとは……。さて、なんでしょう!?(苦笑)

| | コメント (10)

2008年7月25日 (金)

「ジョゼと虎と魚たち」

Acbd10217_s
 韓国で有名な日本映画と言えば、岩井俊二監督「Love Letter」が一番に出てくるみたいですが、この「ジョゼ~」も結構有名(ヒットした)と聞いたことがあります。私は、タイトルは耳にしたことがあるけど、どんなストーリーなのかは全然知りませんでした。ちょっときっかけがあって、見てみました。

 田辺聖子原作というのも初めて知りました。原作はもちろん読んでいませんが、田辺さんの雰囲気を思い起こすと、なんとなく映画の作品世界が理解できるような気がしました。

 妻夫木くん演じる軽~いノリの大学生の等身大の現実と、ジョゼが生きてきた世界との間には、ほんとうはものすごく深い溝があったにも関わらず、お互いの若さゆえに簡単に飛び越えて共有できてしまったのが、すごくリアリティがあるな~と思いました。なんでしょう!? あの妻夫木くんの軽さ(笑)。「軽薄さ」とは違う、びみょ~な軽さが、すごく心地よかったです。吹けば飛んでいってしまうような(>実際、飛んで行っちゃったし^^;;)薄っぺらさが、深刻ぶった現実を回避できなかったっていうのが、とってもいとおしかったです。

 でも、これが韓国で受けたっていうのが、ちょっとわからないけど…(笑)。

●ジョゼと虎と魚たち http://jozeetora.com/index_f.html

*あ!1週間ほど留守にします。PC環境がないところに行ってきます…^^;;

| | コメント (0)

2008年7月22日 (火)

やっぱり英語は無理だった;;

 ここのところ、仕事が忙しく、よって韓国語の勉強ができず、ココに書くネタがありません;;

 今日は子どもが入っているガールスカウトの活動があり、参加してきました。ガールスカウトでは、主に夏休みに外国からスカウトのホームステイの受け入れがあるんですが、今年はうちの団でイギリスのスカウト(高校生2人)を受け入れることになりました。基本的には、個人の家庭で受入れをしますが、せっかく来てくれたんだから…ということで、歓迎会を催しました。

 おととしも台湾からのスカウト(中学生)をうちの団で受け入れたのですが、そのとき、その二人がと~ってもおとなしい子たちで、私たちは中国語ができないし、その子たちは日本語も英語もできないし…ってことで、なかなか交流ができず、もどかしい思いをしました。でも、今年の二人はとってもフレンドリーで、日本語もちょっと勉強してきたりしてて、ホームステイを楽しもう!という気、満々な様子がよくわかりました。

 食事会では、フリートークという形だったのですが、何か話そうと思うと韓国語しか浮かんでこない私は、ほぼ100%日本語でしか話しかけられず、会話が続きません(泣)。でも、子どもたちは徐々に慣れてくると、入れ替わり立ち代り、イギリスのスカウトの元に走り(笑)、いろいろと会話していました。もちろん通じないことも多いのですが(英語が堪能なリーダーもいますが、何事も経験なので、あえてすべて通訳はしません)、すごく楽しそう! …正直、かなりうらやましかったです。

 うちの下の子は週1回英語のクラスに通っていますが、最初は「絶対話せないよ~!」と尻込みしていたんですけど、実際には何度も自分から話しかけたりして、びっくりするくらい積極的に行動していました。上の子も話が通じたってことで、とってもうれしそうでした。子どもたちもよい経験ができたし、イギリスのスカウトも日本での思い出が一つ増えたと思います^^

| | コメント (2)

2008年7月17日 (木)

한국어 메모 10

 作文(日本語→韓国語に翻訳練習)の中に、「子どもが親に甘える」という表現が出てきました。ここでいう「甘える」は「幼い子が親に甘える」ということではなく、「若者が親に頼っている」というような文脈です。

 先生は日本語の「甘える」という言葉を韓国語に直すとき、いつも迷うとのこと。辞書には「응석부리다」が載っていますが、これは「幼い子が親に甘える」(ダダをこねるような様子)を指し、今回の文章の文脈では使えません。なので「甘える」と出てきたときには、その文脈に沿う韓国語を探さなければならないというのです。ちなみに、今回は「의존하다」を選びました。

 先生が日韓翻訳のとき迷う言葉としては、ほかに「こだわる/こだわり」があるそうです。性格などで「こだわりが強い」というようなときには「간간하다(気難しく厳格だ、頑固だ)」を使い、日本語でよく出てくる「こだわりの○○(商品名)」というようなときには「엄선한~(厳選した~)」を使うなど…。

 もちろん日・韓語でこういった直で対応する単語がない…というのはた~くさんありますが、中・上級を目指す場合、どうしても避けられない問題になってくるので、本当に困りますね;;

| | コメント (0)

2008年7月15日 (火)

またですか…。

 正直、「またですか…?」という感想しか出てこない「竹島(独島)」をめぐる領土問題。日本の中学校の学習指導要領の解説に「竹島(独島)」の記述が載ることを受けて、韓国が猛反発してるとか…。
 日本は韓国以外でも、中国・ロシアとも領土問題を抱えているんですが、なにか手はないんでしょうかね? いっそのこと、国連か国際司法裁判所で決めてくれたらいいのに…と思いますが。ず~~~っとうやむやっていうのが嫌なんですよね。そのために、ず~~~っと同じことを繰り返すわけじゃないですか? 両国間の関係も、結局領土問題を解決しないかぎり、良好にはなりえないでしょ? 絶対に。
 もちろん、領土問題の解決は簡単なことではないことはわかってますし、有事の時に、「領土」っていうのが一大事になってくるとも思いますが、学校関係の資料に名前が載ることに、これだけ敏感に反応されて、また日帝だ!反日運動だ!とか出てきたりして…それがまた純粋に日本に対する敵対心だけじゃなくて、国内のいろんな問題のはけ口になったり、政治的に利用されたりして…。正直、うんざりします。(*今、気がついたんですが、「にってい」と入力しても「日帝」って変換されないんですね。)
 こうなったら、半分ずつにしたらどうですか? 全部。竹島(独島)も、韓国側と日本側で分けて、その中央線を国境にしたら…ダメですか?

| | コメント (10)

2008年7月13日 (日)

チョナンカン2(7/12放送)

チョナンカンが34歳の誕生日ということで…チュッカハムニダ~!

今回は비が出てたんですが、映画(「スピードレーサー」)出演のために、ずっと鶏肉と野菜ばっかり食べてただとか、お酒を8ヶ月ぶりに飲んだとか、そういう話が出ていました。
비ほどのスーパースターでもこういう努力をしてるっていうことがビックリでした。まあ、そこがスーパースターたるゆえんなのかもしれませんね。とにかくその努力に脱帽です^^

| | コメント (0)

2008年7月12日 (土)

한국어 메모9

 韓国語のテキストに出てきた、食あたりなどでお腹を壊したときの民間療法。それは、指先を糸でぐるぐる巻きにして、その指先をちょっと針で刺して、血を出すというもの。…これで不思議と痛みがなくなるとのこと。>本当に?

 先生(←私よりお若い^^;;)も、子どもの頃やってたってことで、韓国では結構浸透しているやり方みたいです。指の腹を刺す人もいるようですが、先生のお家では甲側の第一間接あたりを刺したとのこと。そうすると、黒い血が出てくるんですって。でも、それと腹痛がどうつながってるのか、全然わかりませんが…;;
 そういえば、昔、近所に住んでいたおばさんが、肩こりがひどくて、時々、肩の血を抜いていたらしく、「その血は真っ黒なんだよ」と言ってたことを思い出しました。こうすると、肩こりがなくなるっていうんですが、これはまあ、理解できますよね。うっ血した血を出して、新鮮な血をめぐらすことで血行がよくなり、肩こりが解消されるっていう理屈ですよね。

*そこに出てきた表現

손끝을 따다 指先を刺す(「따다」は「できものなどを切開する」という意味がありますが、用いるのが「針」なので、「刺す」でいいかな?)

→「손끝」を使った他の表現

손끝에 물(이)오르다 貧しかった暮らしが豊かになる
손끝을 맺다 手をこまねく、何もしない
손끝이 맵다 手抜かりがない、しっかりしている

| | コメント (2)

2008年7月 9日 (水)

「銭の戦争」見終わりました

「銭の戦争」見終わったんですが…。
以下、ネタバレありなのでご注意を!

…今、ちょっと怒ってます、私。
だって、こんな終わり方ありますか!?
結局、何が言いたかったんですか?…なぞです。

人生、そんなにうまくはいかないってことを言いたかったのか?
はたまた真っ直ぐに生きようとしても、過去に行なった悪事は拭えないってことなのか??
はたまた悪い奴は最後までどうしようもないってことなのか???

見終わって、これほど後味が悪いドラマはありません。
私が真面目すぎるのかな?(苦笑)
クム・ナラには幸せになってほしかったですよ。純粋に。
それに彼を取り巻く、愚かだけど、まっとうに生きようとする人たちには幸せになってほしかった…。

…最悪の気分です;;

*このドラマを見られた方はどんな感想を持ったんでしょうか?
是非、ご意見を聞きたいです~。

| | コメント (10)

2008年7月 8日 (火)

七夕の夜に

 昨日は七夕でしたね。
 韓国では陰暦で祝うそうなので、七夕は8月みたいですが…。日本では七夕に雨が降ると、織姫と彦星は会えないことになっていますが、韓国では雨だと二人が嬉し涙を流していることを表すので二人が無事に会えたことになるそうです。

*韓国の七夕についてはコチラ

 うちではとくに七夕を祝うってことはしなかったのですが、キャンドルナイトに参加しました。夜8時~10時の間、電気を消して、キャンドルで過ごすイベントです(うちでは8時~9時にしました)。
 ふだんの8時~9時って、子どもたちの宿題を見たり、お風呂に入ったり、明日の準備をしたり…と、すごく忙しい時間帯で、「早く~しなさいよ!」って、子どもたちをせかすだけの時間なんですけど(^^;;)、昨日は8時から電気を使えないということで、食事、お風呂を済ませ、宿題も(少し)済ませ、万全の体制でキャンドルに火を灯しました。

 火って不思議ですよね~。キャンプに行ったときなどそうなんですけど、燃えている火をずっと見てると、なんとなくストレスが解消されるし、なんといっても見ていて全然飽きないんですよね。

 キャンドルで過ごした1時間、何をやったか…。最初は本を読んだり、話をしたり、歌を歌ったりしてたんですけど、最後は「世界のナベアツ」ごっこでした(^^;;) すごく盛り上がりました!(爆)

| | コメント (4)

2008年7月 5日 (土)

한국어 메모8

以前、narinyaさんのところで、「‐하다」と「‐되다」について、「紛らわしいぞ!」「いっそ、全部‐하다でいいじゃん!」(爆)って話で盛り上がってたんですけど(笑) そのときの記事はコチラ
韓国語能力試験の過去問(4月の試験)に、以下のような文が出てきました。

問題)우리 정부가 원만한 사태 해결을 위해 노력을 하고 (    ) 곧 좋은 소식이 있으리라 기대한다.
(政府が円満な事態解決のため努力をしているだけに、じきに良いニュースがあるだろうと期待しています)
*(  )に入る言葉を選ぶ問題で、答えは「있느니만큼(~なので、~だけに)」です。

ここで「기대하다」が使われてるんですが、ここはどうして「기대되다」ではなく「기대하다」なのかな~?って、ちょっとひっかかったもので、先生に伺ってみました。

기대+하다 → 「期待している」(「期待する」その立場にいる)
기대+되다 → 「楽しみにしている」(そのときの心理状態)

そういえば、相手に自分の気持ちを表そうと「期待してます(楽しみにしてます)」って言うとき、「기대돼요!」って言いますよね。

何に(どういう言葉に)「‐하다」あるいは「‐되다」が付くか、どういう文脈の中でそれが使われるかによって、いろいろ違うみたいなんですけど、とりあえず今回の「기대하다」「기대되다」の違いはわかりました^^

| | コメント (2)

2008年7月 3日 (木)

日本版「魔王」明日スタート!

韓国ドラマ「魔王」のリメイク版が明日から始まりますね。
ちょこっとドラマサイトをチェックしてみたら、配役が出てました。
相関図から見てみると、こんな感じです。

オ・スンハ弁護士…成瀬領(大野智)
カン・オス刑事…芹沢直人(生田斗真)
チーム長…中西(三宅裕司)
カン議員(オスの父)…芹沢栄作(石坂浩二)
カン社長(オスの兄)…芹沢典良(劇団ひとり)
ソ・ヘイン…咲田しおり(小林涼子)

*ヨンチョル役の紹介がなかったのですが、まさかヨンチョル、切られちゃったのかな? 結構、気になってたんだけど。それともキーマンの一人だから出てきてないだけかな?

ふだんドラマ(日本の)は全然見ないので、出演者もよく知らない人が多いのですが、時間があったら見てみたいと思います。韓国版はとにかく脚本がよかったので、日本版も脚本次第って感じですね^^ 

●TBS「魔王」
http://www.tbs.co.jp/maou2008/index-j.html

| | コメント (8)

2008年7月 2日 (水)

申込みしてきました^^;;

 今日、学校で第14回の韓国語能力試験の受験申込みをしてきました。気持ちは、まだイマイチ試験に向かってないんですけど、悩んでる間に締め切られそうだったので、一応、申し込んでおきました。(団体だと3000円なので…^^;;)

 それにしても、今回、申請期間がめちゃくちゃ短くないですか?? これって、ネット申込みができるようになったから、その処理のために時間がかかるから…でしょうか? ちなみに、去年の9月試験の時は、1か月半くらいは申込み期間があったんですよね。今回、20日間くらいですよね…。短すぎ…。ついうっかり忘れちゃって…っていう人、多いと思うんですけど。(私も危うくスルーするところでしたから^^;;)その分、4月試験もあるから…ってわけでもないと思いますが。

 さて、試験日まで2か月半しかないのですが(汗)、今は「とりあえず試験勉強もしていこうかな~」というくらいのテンションです^^;; なにせ子どもらの「夏休み」があるんですよ…(実際7月19日~8月31日まで)。なので、勉強するには最悪の環境と言えるでしょう(爆)>オンマの皆さんには、共感していただけると思います。

*ウリ学校では、試験対策講座(全8回くらい)があって、高級もあるので受けたいな~と思ったんですけど、平日の夜なので無理です…;;(>毎度のことですが)

| | コメント (14)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »