« 「白い巨塔(하얀거탑)」第15話 | トップページ | 「白い巨塔(하얀거탑)」第16話 »

2008年11月 8日 (土)

通検試験、中止;;

アサヒ・コム」サイトより記事抜粋*****************

 通訳の能力の指針として通訳技能検定試験(通検)などを実施してきた株式会社の日本通訳協会(東京都新宿区)が、自社ホームページで「閉鎖せざるを得なくなった」と発表した。これに伴い、9日に予定していた各種の検定試験を中止するとしている。
 通検は1973年に設けられ、これまでに延べ約13万人が受験、約3万8千人が合格しているという。
 ホームページの報告は4日付で、向鎌治郎代表名で「今般の経済不況の中で必要な金融支援も受けられなかった」と説明。9日の通検1次試験とボランティア通訳検定試験、12月14日の通検2次試験、09年2月1日の3次試験を中止するとし、「業界の各社と協議中で、皆様方の受験料がむだにならないように努力する」と述べている。
 同社によると、今回の通検は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、那覇の各会場で予定されていた。受験料は1級が1万7千円、2級が1万2千円。

****************

 通検って、日英、日中の通訳だけなんですね。受験料高いですね;;
それにしても明日試験だったのに、試験前日に中止の連絡が来るなんて…受験者の方があまりにかわいそうです。まあ協会側は直前まで資金繰りとかで大変だったのかもしれませんが。

☆明日は、ハングル検定試験ですね!
受験される皆さん、がんばってください~!!good

|

« 「白い巨塔(하얀거탑)」第15話 | トップページ | 「白い巨塔(하얀거탑)」第16話 »

コメント

■日本通訳協会が閉鎖発表 9日実施の通検試験は中止-資格は本当に役に立つのか?
こんにちは。日本通訳協会が破綻してしまいました。受験を予定していた人は、さぞ驚いたと思います。私はそもそも、こういった類の資格が本当に役に立つものなのか疑問です。本当に役に立ち、世の中で重要視されている資格であれば、協会に関しては仕方ないとしても、資格そのものにはすぐに救いの手が差し伸べられたのではないかと思います。世の中このような資格が多いことや、既存の大学や大学院に関しては、今の知識社会の現状にあってはいないと思います。いまこそ、新しい社会に適応する新たなシステムの構築が必要だと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008年11月 9日 (日) 12時01分

>yutakarlsonさん。

仮に形式だけ(名前だけ)の試験でも、合格するということを、
目的としてではなく手段として考えるのは決してマイナスになるだけではないと思います。
要するに、その試験をどう使うかだと思います。
(使えない(?)試験が多いことも現実とはいえ…。)

投稿: nikka | 2008年11月 9日 (日) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「白い巨塔(하얀거탑)」第15話 | トップページ | 「白い巨塔(하얀거탑)」第16話 »