« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

今回のチョナンカン2はSS501が登場

いきなりチョナンカンの垢すりシーンから始まった今日の番組…。
自分で「体を維持してる」と言ってましたが、たしかにとても均整のとれた体をしていました。

次はSS501の短いインタビュー。(対チョナンカン…ではありません)
SS501って、人気のあるアイドルってことしかしりませんでした。(←見ればすぐわかるけどね^^;;)
みんな牛丼が大好きだそうで、アカペラで牛丼ソングなるものを歌っていました。
そういえばリーダーが韓国版「花男」でユン・ジフ役(日本版ではルイ役)やってて人気だそうですね。

最後に、チョナンカンによる韓国語ワンポイントレッスン。
「のどが渇いた~!」は「목이 탄다~!」です。
「목이 마르다」はほとんど使わないとのことでした。
*なんか夏に撮った映像っぽくて(話の内容も)、なぜ今、この映像??と思いましたけど。

| | コメント (2)

2009年1月29日 (木)

김치는 밑반찬이 아니다

昨日は、韓国語クラスの日でした。
テキストに「밑반찬」が出てきたとき、私が「キムチとか、炒り子の煮付けとか、そういうものですか?」と尋ねたら、先生曰く「キムチは밑반찬じゃないんですよ!」とのこと。

辞書を見たら、「塩辛・漬物など、長く保存がきき、いつでも食べられるようにつくられたおかず」とあり、젓갈(塩辛)とか、자반(塩引きの魚)、장아찌(漬物の一種)とあります。
私の中ではキムチ=漬物だったので、밑반찬だと思ったんだけど…。

私「じゃあ、キムチってどういう位置づけなんですか?반찬(おかず)…でもないですよね?」
先生「キムチは“基本”なんです!」

…わお!そういう位置づけもアリなんですか!?catface

先生「家庭科のテストで、『以下の中から반찬でないものを選べ』っていう問題があって、『キムチ』を選ばなきゃならないんですよ~」

…って、何を目指そうとしてるんですか? その問題で??coldsweats01
さすがキムチの国(?)ですね。

*今日、学院で能力試験の受験申込みしてきました。受ける・受けないで迷っていたのですが、数年前に高級(6級)合格したにも関わらず、それ以後も毎回レベル維持のために受験をされてる方がいることを知り、私も受けることにしました。その方も、時には落ちたり(5級は合格)しながらも、淡々と続けてらっしゃるのがすごいな~と思って。「せっかく受かった5級にまた落ちたらどうしよう」とか、ちっちゃいことを考えていた自分が情けなくなりました(苦笑)。落ちたらまた受ければいいので、とりあえず受けちゃおう!ってことに…smile
さて、気合いを入れて…と思ったら、上の子のクラスが学級閉鎖で休み(3日も;;)になったり、新しい仕事が入ったり、納品した仕事の修正がやってきたり…と、なんだが落ち着かないです;;

 

| | コメント (6)

2009年1月28日 (水)

「BAD LOVE(못된 사랑)」が始まりました

Badlove
先週からテレビ東京でクォン・サンウ主演の「BAD LOVE~愛に溺れて~」が始まりました。
基本的に月~水曜日の朝8時~1時間です。
ほかにポンダリwink(イ・ヨウォン)と、キム・ソンスが出ていて、この3人の愛憎ドラマです。

今回も韓国語で見ているんですが、お父さんとか、年齢が高い人のセリフがやっぱり聞き取りづらい;;
内容的には、キム・ソンス(スファン)の妻・ジュランがヒステリックで怖すぎて、見ていてつらい…coldsweats01
三角関係、愛憎ドロドロものって、若い頃(爆)は嫌いじゃなかったと思うんだけど、
(古くは「この愛に生きて」とか、サイコー!でしたよね!! >って、誰に同意を求めてよいか…^^;;)

もともと激しい言い合いが多い韓国ドラマの中で、
異常にヒステリックな女性までいて、見ていて苦痛なときもあり…。
このドラマは途中でリタイアするかもしれないな。
でも、とりあえず時間があるときは見ていきます^^

*テレビ東京公式サイト→http://www.tv-tokyo.co.jp/badlove/
*本家KBSサイト→http://www.kbs.co.kr/drama/badlove/index.html

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

「霜花店」? 「双花店」?

Sanfajon

 昨日の記事で、チョ・インソン君とチュ・ジンモシが出演する「쌍화점」という映画について触れたんですが、これをネット検索すると、「双花店」と「霜花店」という漢字があてられていて、「どっちやねん?」っていうブログ記事などあったので、もうちょっと検索してみました^^;;
 もともと公開前には「双花店」という表記が使われてのが、公開後、ポスターなどで「霜花店」と表記されたのかな?(ポスターのハングルの隣に小さく書かれてます)

これについて、柳河(유하)監督がインタビューに答えていました。

-제목을 <쌍화점>이라고 지은 이유는 뭔가.

 고려가요에 대한 관심도 자연스럽게 생겼는데, 문헌을 보니 <쌍화점>이란 노래를 궁중에서 왕이 직접 부르기도 했다. 이런 음탕한 가사의 노래를 왕이 불렀다니 충격이더라. 그런 고려의 도덕적 패러다임을 상징적으로 보여주고 싶어서 제목도 그렇게 붙였다. 그리고 ‘쌍화’를 한자로 보면 서리 상(霜) 꽃 화(花)인데, 서리꽃이라는 섬광처럼 왔다가 찰나에 사라지는 유한한 이미지 아닌가. 그게 청춘의 느낌과 비슷하다는 생각이 들었다. 그러고 보면 결혼, 교육, 폭력 등 매개만 바뀌었을 뿐이지 나는 줄곧 청춘에 대한 이야기를 했던 것 같다.

これによると、もともと高麗歌謡の「쌍화점(雙=双花店)」と映画の内容がシンクロしてタイトルが決まり、쌍화점の音と霜花(상화)が共鳴してできたみたいな感じでしょうか?

韓国では最近、また漢字教育を復活しましょう!という動きもあるようですが、
この監督は、漢字にインスピレーションを感じてるのが、日本人っぽいな~と思いました。

映画自体、韓国でもヒットしたみたいですが、日本公開はされるのでしょうか?
公開されたら見に行きたいです!happy02


| | コメント (8)

2009年1月24日 (土)

久しぶりにチョナンカン2を…

今日のチョナンカン2にはチョ・ソンモが出てました。
そういえば、何年か前に、コンサートに行ったことがあったんですよ。(日本で)
髪型がなんだか中途半端なペ・ヨンジュンシって感じで、
何を目指してその髪型なの?と、ちょっとツッコミ入れたくなりましたが…^^;;
チョ・ソンモ君の好物は、ラーメンと牛丼らしいです(日本食)。

映画「霜花店」(→コチラでも紹介)も紹介されていました。
チョ・インソン君がかなり力入れて取り組んだ作品と聞いてますので、見てみたいですね~!wink

ところで、チョナンカンシですが、
最近、番組では、韓国人(一般人)に1対1でインタビューする企画が続いていますが、
せっかくインタビューするなら、もうちょっと話をふくらませるというか、
相手の話に乗っていってほしいな~と、ちょっともの足りない感じがします;;
「○○ですか?」という質問をして、相手が「○○です」と答えたら、
「そうですか。ありがとうございました」…で終わる、みたいな。
相手(韓国人)も、たぶんもうちょっと話したいんじゃないかな~と思うんだけど^^;;

| | コメント (2)

2009年1月21日 (水)

한국어 메모 17

今日の韓国語教室で出てきた例文。

가 : 원래 고향은 황해도라고 들었는데요.
나 : 그래도 이곳이 제2의 고향이자 제 삶을 통째로 바꿔 놓은 곳이랍니다.

-(이)자(~でもあり)の例文ですが、最後の랍니다でひっかかった私。
あれ? なんでここで伝聞がくるの?…と。

辞書で見たら、랍니다は①-라고 합니다の縮約形(伝聞を表わす「~だそうです」、「~しろと言います」)、②ある事実を親しみを込めて述べる(~ですよ)、とありました。…そういえば、習ったような気が…(爆)

오늘이 바로 제 생일이랍니다. (今日が私の誕生日なんです)
여기가 우리 사무실이랍니다. (ここが私たちの事務室なんです)

ネット検索してみたら、チャンナラの「나도 여자랍니다」という歌や、BUZZの「겁쟁이」の歌詞にある「나는 겁쟁이랍니다」などがありました。
なるほど…catface

| | コメント (12)

2009年1月20日 (火)

平成21年度大学入試センター試験:韓国語をやってみました

平成21年度の大学入試センター試験の韓国語の問題をやってみました。
得点は200満点中176点でしたcoldsweats01

内容としては、
・発音の変化
・語彙
・漢字語
・活用の変化
・副詞
・単語の言い換え
・韓国語訳
・対話
・文章題
といった感じで、ハングル検定試験に似ていました。

たぶんハン検3級くらいじゃないでしょうか?
…といいつつ、私の得点じゃあ、恥ずかしいんですけどね;;
子どもの宿題につきあいながらやったので、
「この漢字で合ってる?」「作文読むから聞いて!」などなど、
雑音をあいだあいだに聞きながらで、
非常に簡単な問題も落としちゃってたみたいで…(言い訳)。

久しぶりに勉強らしいことをやって、
ずい分何も勉強してないな~なんて、のん気に思ったりして…^^;;
これを機に、少しやり始めようかな。

4月の韓国語能力試験(4月19日)の申込みが始まって(期間;1月5日~2月10日)、
どうしようかな~と思っているところですが、
今の調子では到底無理なので、受験は次回に回避することになりそうです;;

*センター試験の問題はコチラにもあります。

| | コメント (10)

2009年1月15日 (木)

키레야스이?

KBSのバラエティー番組を流していたら、
日本では最近、凶悪犯罪が横行していることが話題になっていて、
「“키레야스이”って知ってますか?」―「知りません~」みたいなやりとりがありました。

視聴者にわかりやすく説明しようとしてか、
実際に岡山であった殺人事件の再現VTRが流されたのですが、
韓国人による(韓国語による)再現Vだったうえに、
そのVが5分以上にわたるドラマ仕立てで事件を追ったものだったので、ちょっとびっくりしました。
日本のワイドショーでも再現VTRってよくありますけど、
外国人がからめば、一応、外国人を使って撮られてますよね。
それが事件の登場人物は全員日本人なのに、全部韓国人がやっていて、
ただ名前が日本人らしい名前がついているという、
なんだか不思議なVTRでした。
韓国では一般的なのかもしれませんが、
私はこの手の番組をほとんど見ないので…^^;;

結局、“키레야스이”번죄というのは、社会心理学的用語だという説明でした。
日本の現実とはいえ、こういうのが紹介されるのって、
ちょっとイヤだというか残念だなと思いました。


| | コメント (4)

2009年1月11日 (日)

メロすぎじゃない?

2009年となり、今年はどういうふうに韓国の勉強をしようか、
考えようと思いつつ、まだ考えていません(爆)
とりあえずNHKラジオ講座を聞こうかな…と思って、
テキストを書店で手に入れました。

今回のスキットはドラマ仕立てになっていて、
買ったときは面白そうだなと思ったんですが、
テキストをぱらぱら最後まで見てみたら…

なんか、メロすぎませんか??shock

明らかに、冬ソナ好きの中年女性をターゲットにしているのがアリアリな感じで、
正直、ついていけません…。私。
イラストもステキはステキなんですけど、
男性が美しすぎてどうもついていけない…。

どうしよう…^^;;

「なりきりハングル」…なりきれません!crying

| | コメント (13)

2009年1月 8日 (木)

한국어 메모 16

昨日は2か月ぶりの韓国語教室。
メンバーの都合で、今年3月までのクラスとなりそうです。

教科書に出てきた表現

「술에 술 탄 듯,물에 물 탄 듯」

このことわざの意味は
「주견이나 주책이 없이 말이나 행동이 분명하지 않음을 비유적으로 이르는 말」
だそうで、日本語だと「優柔不断」にあたるそうです。

주견【主見】 主義・主張のある意見
주책【主着】 しっかりした考え、分別

| | コメント (4)

2009年1月 6日 (火)

タトゥーはOK?

お昼ごはんを食べながら、韓国のニュースを見ていました。
スポーツコーナーでバレーボールの試合が映されたんですが、
バレーボール選手たちが、腕にタトゥーを入れてたんですね。
それも一人じゃなくて、何人もいたから、ちょっとビックリしたんです。
韓国ってタトゥー容認国(?)なんですか?

日本も最近はファッションでタトゥーを入れる人も多いし、
本物じゃなくて、シールを貼って遊んでる人も多いけど、
「親からもらった体に傷をつけるなんて…!」的な考えは、
まだ残ってると思うんですが…。

たまたま今日は一枝梅(イルジメ)の放送日で、
ギョムが、家族を殺された復讐をする決意を込め、
胸にタトゥーを彫る場面がありました。
これは特別な場合でしょうが。

ちなみにハングルでは、「타투」「문신」(刺青)と書くみたいですね。
私は個人的には怖くて入れたくない派です(ピアスも×)。

*ちなみに、チェ・ホンマンのタトゥーはコチラ!(爆)


| | コメント (14)

2009年1月 3日 (土)

縁起がいいかも!?

今日、仕事しながらJ-WAVE流してたんですけど、
突然、前触れもなく、ウリROLLER COASTERの「LAST SCENE」がかかったんですよ~!shine
アンディこと、アンドレア・ポンピリオさんがナビゲートしている「SOUNDS&CITIES」で、
「ソウルの今」みたいな特集をやってて、その中でかかったんですよね。
でも、ローラーのグループ紹介も、曲名紹介もなく、ただ曲がかかっただけだったので、
ちょっと寂しかったんだけど。
アンディさん選曲だったのかな~。
スタッフー!選曲だったのかな~。
とりあえず、お正月から縁起がいいかも!と、一人ニンマリしちゃいました。

| | コメント (10)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »