« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

キム・レウォン씨でした~^^

昨夜の「チョナンカン2」は、キム・レウォンさんがゲストでしたhappy01
キム・レウォンといえば、ドラマ「食客」が人気らしいですけど。
今、映画「仁寺洞スキャンダル」の撮影をしているらしく、この映画で、レウォン씨は仁寺洞で古い絵の修復をする復元師の役とのこと。内容は…知りません^^;; 来月末くらいまで撮影が続くらしいです。

チョナンカンに「好きなタイプは?」と聞かれると、「今は仕事が忙しくて、恋愛より仕事!」と明言していました。
それから、「今後の目標は?」と聞かれると、「健康で正しい生活をしたい」と。「芸能人って誘惑も多いけど、そういうのに惑わされずに、演技がうまいだけじゃなくて、人格も尊敬される人になりたい」と…。すばらしすぎますheart04

今年、兵役のため入隊するとか…。映画がヒットするといいですね~shine

| | コメント (8)

『땡땡의 모험』を買ってみました

『땡땡의 모험』を読んでいます^^
世界中で愛されている漫画ですが、私はキャラクターとしては知っていましたが、漫画自体は見たことがありませんでした。

日本では「タンタンの冒険旅行」として、翻訳されているようです。
原作はフランス語で主人公の少年は「TINTIN」。フランス語では「タンタン」に近い発音らしいです。
ああ、だから「タンタン」なんだ~と納得。
でも、韓国語では「땡땡(テンテン)」…なぜだ?(ご存知の方教えてください~!)

内容は、少年記者のテンテンが、犬のミルル(밀루)が世界中を旅して回るというもの。そして旅先で様々な事件に巻き込まれます。
この少年、いったい何歳なんでしょうか?
車も運転してるし、旅行記を載せる新聞社と単独契約しているらしいので、少年と言っても20歳くらいの感じですが…。

まだ最初の10ページくらいしか読んでいませんが、結構面白いです。
調べないとわからない単語も多いのですが、漫画なので意味を想像しながら読むこともできるし、会話が多いから、口語の勉強にもなりますね。(うちの子は勝手に話を作って読んでます)

版元が1セット(全8巻)として売っているものを購入したのですが、開けてびっくり!>2巻~9巻が入っていました。
購入したサイトで確認したら、確かに2巻~9巻と書いてありました;;
念のため、どうして2巻~なのか、購入先に確認したら、「1巻が後から出たようです。韓国ではたまにありますよ…」とのお答え。
じゃあ、1巻は?…第3セットに入っていました(爆)
これって、版元の戦略ですか…?catface
だって普通セットで買う人って、1巻から揃えたいっていう気持ちがどこかにあるものですよね。
だったら1巻を最終セット(第3セット)に入れれば、3巻まで買ってもらえる…とか??

まあ、よくわかりませんが…。
日本語版は、出版された順序が、原作と違っていて、話のつじつまが合わない部分もあるそうですが、韓国語版はどうなんでしょうか?

空いた時間を見つけて、ちまちま(?)読み進めたいと思います。

Tenten

*2巻は「コンゴへ行ったテンテン」…しょっぱなから秘境ですね(笑)
ココに全巻掲載されています~^^

| | コメント (4)

2009年2月25日 (水)

学習書のCD

アマ○ンで韓国語がらみの本を物色していたら、ある本のレビューが目にとまりました。
2件のレビューがついていたのですが、双方ともCDの内容があんまりよくない、という評価でした。
一つは、「ナレーションが早口すぎる」、もう一つは「男性のナレーターの声になじめなかった」、とのこと…。

ううっ。読者は正直だcoldsweats01

1枚のCDはだいたい70分程度なんですね。
で、その本のどの部分をCDに入れるか(録音するか)を、台本を作るときに決めるんですが、あくまで予想時間しか立たないのです。
韓国語のフレーズ集のような決まった形のものでも、各フレーズの長さ、ナレーターの間の取りかた、フレーズごとの間隔のあけ方、などなど、不確定要素も多いんですよね。
だから、まずはおおよそ1枚のCDに入るであろう内容で台本を作り、実際に録音して、編集して、結果、だいたいの尺(時間)が出ます。
そのとき、たとえば65分くらいでおさまりそうということになれば万々歳なんですけど、万が一、80分はかかりそうとか、逆に45分しか入ってないとか、そういう事態になったとき、非常に悩ましいんですよね~。
80分ならどこかを切らないといけないし、45分だと短すぎるから何か付け足さなきゃいけないし。
現在80分あるのを、70分にするには、間をツメるだけじゃ無理だし、だからといって、5章立てのものを4章まで入れるとかするのもカッコつかないし…。

以前、私が購入した「似ている○詞使い分けブック」もそうでしたweep
次のフレーズまでの間が全然なくて、読むスピードにもついていけず、全く使っていません。
この本が実際どういう作り方をしたのかわかりませんが、たとえば5秒あった間を2秒にすれば、なんとかギリギリ1枚に入るぞ!とかいう事態になって、本当に切羽詰って已むにやまれず、間をツメるという選択をしたのかもしれません。
でも、結局使えないCDになってしまったら、もったいない!の一言ですよねpout
本は立ち読みしたりして内容を確認できても、CDは確認できないからな~;;

ナレーターの声については、これは本当に難しいんですよね。
声の好き嫌いって絶対にあって、これは三者三様、100人いて100人が好き!という声って、なかなかない…と思います。超有名なナレーターならともかく…。
裏事情を話せば、超有名なナレーターだと、1日でウン十万円のギャラというケースもあり、それがお一人ならともかく、2~3人にお願いする場合、一般的な学習書ではそこまでCD制作にお金をかけられないということもあります…;; その超有名なナレーターのおかげでプラス何万部という販売が期待できる場合は別でしょうが。
編集者が好きな声を選んでも、読者に嫌われる場合もあるし…本当に難しいですbearing


| | コメント (6)

2009年2月22日 (日)

한국어 메모 18

先日、中学校の入学説明会に行ってきました(今春、上の子が中学入学です^^;;)。
その話を韓国語教室で話したところ、先生(30代)の学生時代の話になりました。
高校では、共学でも、専攻(大学受験のため)によって、男子が多かったり(理系クラス)、女子が多かったり(文系クラス)、クラスの男女比が違うこともありますよね。
そこで、共学にも関わらず女子ばかりになったクラスと男子ばかりになったクラスをそれぞれ…

과부반 (寡婦クラス)
홀아비반 (男やもめクラス)

と言っていたそうです^^;;
なんか笑える…。

先生以外の韓国人とこの話題について話したところ、
その方(ソウル市内)の学校では、1学年20クラスくらいあって、
日によって、午前だけ出席、午後だけ出席とかいう日もあったとか…。
どんだけ多いんですか!?

ちなみにうちの娘が行く公立中学は、1学年8~9クラスあるそうです。
多いな…。

| | コメント (6)

2009年2月20日 (金)

「눈의 여왕(雪の女王)」16話、見終わりました

結構よかったです~shine
奇抜なストーリー展開も面白い謎解きもなかったけど、静かに予定された方向に流れていくような感じが、すっと心に入ってくるような話でした。

…以下、ネタバレあります。


やっぱりボラは亡くなってしまい、一人残されたテウンですが、ボラを亡くした悲しみを、今度はきちんと受け止めることができました。
8年前、親友の死の衝撃を受け止めることができなくて、罪悪感にさいなまれ続け、自分の人生も放棄したかのように生きてきましたが、やっぱりそれは彼にとって必要な時間だったのかも。
ボラの死で、またさらに後ろ向きな選択をするかもしれなかったテウンですが、ボラの「生きて!」という言葉にも押されて、自分の行くべき道を見つけられたようです。

제가 옛날에 사랑했던 여자가 같은 질문해 했었어요.
그 땐 수학이 답이 있어서 좋다고 대답 그랬었는데,
지금 생각해 보니까 답이 있고 없고 중요하지 않은 것 같애요.
제가 수학을 좋아했던 이유는 행복했겠기 때문이에요.
답이 있어 행복했던 게 아니라 답을 찾는 과정 그 자체가 저한텐 행복이었습니다.

高名な数学博士になったテウンは、ある学生に「数学が好きな理由は?」と聞かれてこう答えました。
「昔好きだった女性が同じ質問を私にしたんですが、その時は数学は答えがあるから…と答えました。でも今、考えてみると、答えがあろうとなかろうと、そんなことは重要じゃないと思います。私が数学が好きだった理由は…幸せだったからです。答えがあるから幸せだったんじゃなくて、答えを探す、その過程そのものが幸せだったんです。」

二人を取り巻く人たちが人間的にすごく素朴でいい人ばかりで、それも見ていてホッとできるドラマでした。
(*この間、同時に見ていた「BAD LOVE」が、あまりにもギスギスした人間関係を扱ってて、見ていて辛いというかイヤになるcoldsweats01ことがあるから…) 

| | コメント (0)

2009年2月19日 (木)

原稿用紙のマス目の使い方

 前回の記事コメントで原稿用紙のマス目の使い方が話題になってたんですが…。
私は…
1.ピリオド(カンマ)は1マス使う
2.ピリオド(カンマ)のあとは空けずに、次の文の最初の文字を書く
だと思っていました&試験のときもそうしていました。(↑日本語と同じですね。)

で、韓国語能力試験の問題用紙(中級)にマス目の使い方例が出ていたことを思い出し、前回の中級試験で確認してみたところ…
1.ピリオド(カンマ)は文の終わりの1文字と一緒に入れる
2.ピリオド(カンマ)のあとは1マス空けて、次の文の最初の文字を書く
という形になってたんですねsign01
で、「オモ! 私間違ってたんだ!?coldsweats01」ってちょっと焦りました。

でも、これまで↑こういう書き方例を見たことがなかったので(ここ2回、私は高級受験で、高級では使い方例にピリオドはなかった…^^;;)、「おかしいな~?」と思って、私が実際に中級を受験した2006年の試験で確認したところ…
1.ピリオド(カンマ)は1マス使う
2.ピリオド(カンマ)のあとは空けずに、次の文の最初の文字を書く
という形だったんですsign03…つまり、私の書き方と同じ…。
やっぱり試験の時に見た書き方を覚えていたみたいなんですね、私は。

で、念のため、2007年を確認したところ…
1.ピリオド(カンマ)は1マス使う
2.ピリオド(カンマ)のあとは1マス空けて、次の文の最初の文字を書く
という形だったんですsign02

オットッケテンゴヤ~!?
3年間、徐々に(?)にマス目の使い方が変化してる~!

…ありえないでしょ!

やっぱりどう使ってもいいってことなのかな~shock

ハーちゃんさんが教えてくださったサイトでは、
私の書き方と同じだったので、ま、このまま行きたいと思います。


| | コメント (4)

2009年2月16日 (月)

韓国語能力試験;作文練習①

試験まで2か月くらいでしょうか…。
ちょこちょこ勉強はしてるんですが、一番の問題点の「語彙を増やす」っていうのは、なかなか簡単なことじゃないですね~crying
もともと記憶力には自信がない私。
何度も同じ単語を辞書引きつつ、ため息が出ます。

ところで、試験には作文が出ますが、皆さんはどういう対策してるんでしょうか?
ふだん韓国語で文章を書くということをまったくやっていないし、あの短い時間で出されたお題に従って構成を組み立てて作文を仕上げなくちゃいけないというのは、プレッシャーですね。
前回の試験の折、書き取り試験で、先に作文を仕上げてから…と思ったら、作文にたぶん40分くらいかかって、他の問題を解く時間がほとんどなく、作文の前にある書き取り問題がほぼ全滅(やる時間がなくて^^;;)だったんですけど…。
でも、逆に、他の問題を全部やってから…となると、作文を書く時間はたぶん10分とかしかないと思われ…^^;;
どっちをとるか、みたいになっちゃうんですけど。私の場合。
ですから、そもそもちゃんと作文まで書けるくらいの時間を残す実力をつけるっていうのが、私の課題なのかもしれませんねcoldsweats01

とりあえず作文対策として、今やっているのは、作文を書くことです(当たり前だ)。
で、テーマをどうするか、考えたんですけど、大学入試に出るようなテーマがちょうどレベル的にはいいんじゃないか?と思い当たり、試験にも出そうな、あるいは内容的にかぶりそうな(?)テーマを探して書いています。
書いたものは先生に添削していただいていますが、そのチェック箇所の多いこと!!weep
試験の練習ですから、作文を書き始めるまでにあれこれ考える時間はないので、ざっと作文の構成を3分くらいで考え、見切り発車的に書き始めてるのですが、そのせいというより、単純に誤字が多いし、言わんとしている内容が不明とか、そんなレベルのチェックが多くて、泣きそうです;;
作文を書くのに、今は1時間くらいかかってるし(>打ち込むのが遅いんですね…)、チェックしていただいた部分を直すのに、また何時間もかかってるので(このときには辞書も使っています)、短時間に書く練習にはなっていないと思いますが、何もしないよりは練習になってるはずです。

で、もしよかったら、皆さんも一緒に練習してみませんか?happy01
私が選んだテーマを載せていくので、私のように作文苦手だわ…って方、練習してみてください~。

【テーマ】
地球温暖化による気候変動などの環境問題が深刻になる中、私たちが自然と共生して持続可能な社会を作り上げていくためには、どのような取り組みが重要だと思うか。国や自治体レベルでの取り組みと、自分が個人で行える取り組みについて述べよ。(H大)

実際の試験では、3つくらい使わないといけない単語がありますが、そこまでは?なので…^^;;
でも、万が一、試験に、内容的にダブルようなものが出たら、ここで練習した単語とか使えるかも…happy01


| | コメント (12)

2009年2月12日 (木)

う~;; 待ちきれない~!

何が待ちきれないかというと、我らが(笑)ローラーコースターのヴォーカル、チョ嬢(チョ・ウォンソンさん)のソロアルバムの発売です!shine
去年から「出るよ~、出るよ~」って話がず~っとあって、いまだ出てないんです。
さっきチョ嬢のサイを見にいったら、1月末にジャケ写の撮りまで終わって、あとはプレスのみ…って書いてあったのですが、「発売日が決まったらお知らせします」…って、まだ決まってないの!?(爆)
う~ん、相変わらずだ…。韓国ではよくあることみたいですけどねcatface

チョ嬢自身も「본의아니게 양치기 소년이 되어가는 것 같네요TT」って書いてましたが。
韓国では「양치기 소년(オオカミ少年)」なんですよね^^;;
もうこれだけ待ってるんだから、お願いします!!bomb

| | コメント (8)

2009年2月 9日 (月)

なにげに「雪の女王(눈의 여왕)」…

昨日、何気にGyaoってたら、ヒョンビンの「雪の女王」をやってました。
毎日1話ずつ更新されるみたいで、とりあえずアップされている6話をずい~っと見ちゃいました。
Gyao「雪の女王」サイト→http://www.gyao.jp/sityou/catelist/pac_id/pac0009791/

Yukino

とりたてて関心があるドラマではなかったんだけど、結構おもしろいです。
展開にあんまり無理がなくて(笑)、アクドい人も出てこなくて(笑)、ヒョンビン君もいい感じに自然に役をこなしてます^^
ソン・ユリちゃんも、最初は嫌な感じだったのに、役柄に合わせて、徐々にかわいいアガッシになってきたし。

ヒョンビン君は、横顔が超멋있다~!happy02
正面からはあんまり…なんだけど、横顔がいい!

アップされてから1週間は見られるみたいだから、また来週まとめて見てもいいかな。
第1話が明日までなので、まだご覧じゃない方、見てみては??

| | コメント (4)

2009年2月 7日 (土)

イ・ナヨンちゃんでした^^

今日のチョナンカン2、ゲストはイ・ナヨンちゃんでした。
明日から日本で公開されるキム・ギドク監督の「悲夢」の宣伝をしていました。
来週、ウリチングと見に行く約束をしている映画です~happy01
日本の公式サイト→http://www.hi-mu.jp/

オダギリ・ジョーとイ・ナヨンの二人が主役です。
ナヨンちゃんは、「オダギリ・ジョーさんは韓国での撮影で、ケータリングを楽しみにしていたんだけど、監督が時間を惜しんで撮影をしようとしたため、食事の時にはキンパプか弁当くらいしか出なくて(しかも同じメニューが何回か続いたりして…)、なんだか申し訳ない気がした」と言ってました。
「低予算だから…」とも…happy02(>私は低予算映画が好きです! 笑)
それぞれ日本語と韓国語、そのままで会話が成立しているという、なんとも不思議な映画で、すべて字幕(それぞれの訳)があるみたいです。

あと、「少女時代」というユニットが紹介されてました。
みんなかわいい~!heart04ですね。
何人いるか、MVでは数えられなかったんですが(爆)、9人だそうです。

| | コメント (0)

2009年2月 6日 (金)

キム・チャンワンづいてる?

どうしてかわからないんですが、私が最近見た(ている)ドラマには、必ずといっていいほど、キム・チャンワンさんが出てくるんですよね~coldsweats01

Kimu

私が見た順番でいえば、「コーヒープリンス1号店」ではホン社長役、「白い巨塔」ではウ・副院長役、今、見ている「イルジメ」(ヒン・ドポ役)にも「BAD LOVE」(ファン・インス役)にも出ています。

しょっちゅう見かけるんですけど…;;
いい人役も悪い人役も、両方OKな役者さんです。

ところで、イルジメですが、イ・ジュンギ君もようやくイルジメになってくれました(8話~)が、突然壁を飛び越えたり、気配を殺して消えたり、そんなことができるようになって、それがとっても不自然なんですけど~!(少しは練習している場面もあったけど…)
もともと機敏なところがあったら、それなりに素養というか、そういうのを感じて、不自然さは感じなかったと思いますが、ちょっと前までは無気力な何に関してもドン臭いような男の子だったので、急に機敏な動きになってビックリですcatface
只今、11話まで見ました。

「梅」と言って思い出すのは、高校の時、同じバスケ部にいた同級の男の子のことです。
その人は「梅」がつく名字だったのですが、部から卒業する私への色紙に「桜は華やかだから好きじゃない、梅の控えめなところが好きだ」というようなことを書いてくれました。
同じ部でも、ほとんど話したことがない男子でしたが、なんとなく自分を持ってる人なんだな~と思った覚えがあります^^

| | コメント (8)

2009年2月 1日 (日)

詩人尹東柱とともに・2009

立教大学で「詩人尹東柱とともに・2009」というイベントがあるそうです。

行きたいな~!と思ったのですが、当日、外せない予定が入っていて行けません…crying

尹東柱さんの詩といえば、「序詩」「たやすく書かれた詩」くらいしか知らないのですが、一度、ちゃんと読んでみたいなと思っています。
やっぱり日本でも有名な詩人だから。

てじょんさんの「てじょんHP」内に、「尹東柱の詩を読む」というコーナーがあって、多くの原詩とともに詩についての考察もなされていて、とても興味深いです。


| | コメント (6)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »