« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

心地よい~♪

Chojou
我らがローラーコースターのヴォーカル、チョ・ウォンソンさんのソロアルバム「swallow」が出ました~heart04
Akkieさんにお願いして一緒に注文してもらっちゃいました^^

アルバムは音的にはアコースティックな感じの軽めの曲が中心で、心地よく聴くことができます。
やっぱりチョ嬢の声はサイコーだわ~kissmark
韓国のオンラインチャートでもトップ10に入るなど、注目もされてるらしいです。

欲を言えば、こういうアルバムを1年に1度くらい出してくれるといいなあ…(爆)


I Dont Want U - 조원선


| | コメント (17)

2009年3月26日 (木)

「生き方」って?

「生き方」って韓国語でどう言うのでしょうか?

사는 방식
생활 방식
사는 법
살아가는 법

↑日本語の「生き方」とは、若干ニュアンスが違う気がします。
このようなハウツー的な感じじゃなくて、もうちょっと哲学的なニュアンスが含まれてる気がして。日本語の場合。
それとも、これらの韓国語にもそういうニュアンスは含まれているんでしょうか?
なにかいい言葉ってありますか?


| | コメント (9)

2009年3月24日 (火)

優勝~♪

今日のWBC決勝戦は、「死闘」という言葉がぴったり当てはまる激戦でしたねup

実は今日は上の子の小学校卒業式。
…がthunder 下の子がインフルエンザに罹ってしまい、私が動けなくなってしまいました;;
でも、どうしても卒業証書を受け取る子どもの姿を見たい!!
どうしても見たい!!
…だって、その姿を見ることが私へのこの6年間の子育てに対するご褒美みたいなものだから。

幸い下の子の熱は下がっていたので、卒業証書授与が行われるであろう時間帯を見計らって、全力で走って駆けつけました(>学校まで5分という近さゆえ、できること)

そしたら、なんとうちの子のクラスの男子の名前がもう呼ばれ始めているところ!!
男子→女子なので、本当にギリギリで間に合いました。
やっぱり行ってよかった!ちゃんと証書を受け取る場面を見ることができてshine
見ながらもう一歩で号泣しそうでしたcryingが、なんとか目頭を押さえる程度にがまんしました。

…前置きが長くなりましたが、上に書いたような事情により、私は家でWBCを観戦することができたというわけですcoldsweats01

ものすごい接戦で、延長に入ることになったときは、もう応援に疲れてグッタリしてたんですけど、最後の最後に千両役者・イチローがやってくれましたね!

両者がっぷり四つに組んで、決勝戦にふさわしいゲームでした。
…大満足でしたheart01 

| | コメント (8)

2009年3月20日 (金)

文字化け、どうしたらいい?

韓国の放送局MBCの会員登録をしたあと、miniっていうプレーヤー(?)をダウンロードしました。
そこからラジオを聴いたり、番組に直接メールを送ったりできるんですけど、書き込みする部分が文字化けしてるんですよね;;
こういう文字化けって、どうしたら直せるんでしょうか?
これまで多少文字化けしてても、「ま、いっか」で済ませてましたが、せっかくなら文字化けをなくしてストレスを減らしたいな~と思ってます。
どなたかおわかりでしたら、教えてください~!confident

| | コメント (14)

2009年3月19日 (木)

한국어 메모 20

長く勉強していても、結構、基本的なことを知らないままに過ごしてるってことありますよね。
昨日気が付いたことも、こういうことかもしれません…。

「출산율(出産率)」と「출생률(出生率)」…同じ「率」なのに、なんで「율」と「률」で違うの?ってこと。

●「率」の前につく名詞が母音、「ㄴ」で終わる場合→율
 例) 원주율(円周率)、건폐율(建蔽率)、백분율(百分率)

●「率」の前につく名詞が上以外の子音で終わる場合→률
 例) 배당률(配当率)、성공률(成功率)、성장률(成長率)

はあ~、こういうことも知らなかったのか、私…crying
ま、いっか。知ったんだからよかった^^

| | コメント (10)

2009年3月18日 (水)

한국어 메모 19

慣用句をまとめていたところ、

내 코가 석 자다

が出てきました。
(偶然、昨日聴いていたラジオからも聞こえてきました)
直訳すると、「私の鼻が三尺だ」…?
ことわざの意味は「自分のことで精一杯で、他を気にする余裕はない」です。

調べたら、ここでいう「코」は「콧물(鼻水)」をいい、
「私の鼻水が三尺も出ていてわずらわしいこと、この上ない状況にあって、自分でも収拾が付かない差し迫った状況だ」→「自分のことで精一杯だから、他の人のことに思いを馳せる余裕なんてありません」ということらしいです。
それにしても、鼻水が三尺(90センチくらい?)…出すぎでしょ!bleah

| | コメント (4)

2009年3月14日 (土)

シン・スンフン씨、登場~!

昨日のチョナンカン2は、先週に引き続きシン・スンフン씨でした。
(先週は見忘れちゃったんですけどね^^;;)

バラードの皇帝は、4月末~日本で全国ツアーがあるんですってね。
(テラさんはもちろん行くんでしょうね、オッパ~heart02に会いに…)

休みの日には何をしているか…という質問には、
基本的に家にいるのが好きで、映画を見たりゲーム(サッカー)をしたりしてるそうです。
最近ピアノを習い始めたというチョナンカンに対して、
ピアノは中学頃~習い始め、ギター、ドラム、ベースなどできるとのこと。
歌手の方は当然だけど、普通の男性がピアノができるって、ちょっと点数高い感じしませんか?
(今日、王様のブランチにEXILEのTAKAHIROが出てたんですが、書道が得意とかで実際に字を書いて見せていました。超イケメンなうえに、字がきれいって最高heart01じゃないですか!?^^)

それからソ・ジソプ씨も出てました。
映画は映画だ」の番宣ですね。
今日から日本(シネマスクエアとうきゅう)で公開されます!

*ストーリー(シネマスクアエとうきゅうのサイトから引用)
 俳優チャン・スタは困っている。激しやすい性格が災いして、最新作のファイトシーンで真剣になりすぎ、その暴力的な行為のせいで、映画がお蔵入りになりかけているのだ。おまけに業界内の誰も、この攻撃的な俳優の相手役を演じたいとは思わない。最後の手段として、チャンは本物のギャングに目を付け、自分のサインをやるから、相手役を演じてくれと頼み込む。
 そのギャングは、誰にも話したことはないが、いつも俳優になりたいと思っていた。そしてチャンの申し出を、ひとつの条件を満たせば受けると答える。その条件とは、ファイトシーンを実戦でやること。どんな乱闘も尻込みしたことのないチャンは承諾する。そして今、映画史上最も強烈で凄まじい撮影の前哨戦が始まろうとしていた。

韓国でヒットした映画、「牛の鈴の音(워낭소리)」というドキュメンタリー映画も紹介されていました。
10年ちょっとしか生きないと言われている牛ですが、40年も生きた牛がいて、その牛と田舎のおじいさんの心あたたまる交流を描いているらしいです。
あまりにも地味目なドキュメンタリーですが、私は好きな感じです^^


| | コメント (10)

2009年3月13日 (金)

フリーペーパーでお勉強 13

久々にフリーペーパーネタです。
韓国語学校が新大久保にあるので、フリーペーパーはもらい放題。
毎週、なんらか持ち帰って、興味がある記事をパラパラ見ています。

Ryuugaku001

今月の「月刊 留学生」。
この冊子が一番いいですね、勉強用としてのフリーペーパーは。
気になった記事はコチラ↓

「増え続ける 日本へのワーキング・ホリデービザ申請者 その背景は…?」

韓国から日本へワーキングホリデーで来る若者が増えている。
【韓国側の事情】としては、
①若者の失業率が高い(全体で3%だが、15~29歳の若者に絞ると7~8%台)
→就職難から海外に向かう人が増えている
②海外経験者が増えているため、必ずしも自国での就職に有利になるとはかぎらない
→日本は近いので行きやすく、とりあえず行ってみて次へのステップを考えたい
③大企業への就職を求める人が多く、中小企業は人材不足
→大企業に就職できないなら、いっそ海外に飛び出したい
などがあげられていました。

【問題点】
双方の国の理解には役に立つだろうが、社会的受け皿が整ってるとはいえない。

*今はウォン安で、簡単に「日本に行ってくるね!heart04」ってわけにはいかなくなってるんじゃないかな~?と思いますが、海外志向は日本より強い韓国だからねwink 資料では、2000年時点と比較して、07年には3倍くらいになっていました。私は、「ワーキング・ホリデー」って「気軽に異文化体験」…ってものだと思っていたので、経験したからといって、熾烈な就職戦線に有利になるとは思えないですね。でも、若いんだから、いいんじゃないの~? うらやましいかぎりですcoldsweats01


| | コメント (4)

2009年3月10日 (火)

「BAD LOVE(못된 사랑)」…終了~!

 はまって見ていたわけではないのですが、とりあえず見れるときだけ見ていた「BAD LOVE~愛に溺れて~」が終わりました。

*以下、ネタバレあります…。


 途中、「もう見るのやめようかな~」と何度も思ったのですが、面白くないと思って見るのをやめたドラマが、後半、持ち直して面白くなったとしたら悔しい(笑)と思い、最後までとりあえず見ました。
 でも、ドラマの展開としてはありがちな感じでしたし、「偶然の出会い」みたいなものが多すぎて、途中でなんとなく飽きちゃいましたcoldsweats01
 主人公インジョン(イ・ヨウォン)が、あまりにもかわいそうな運命を背負わされて、気分的にどよよ~んな感じdownになり、さらにこのインジョンが過去のことを引きずりまくって、自分の目の前の幸せを逃しまくる(最終的には幸せを手に入れるんですけど)のが、どうも共感できませんでした。
 最終回も、ヨンギ(クォン・サンウ)とインジョンが再会する場面で、延々と、過去のシーンが流れて、ドラマの作り方としても「?」でした。

 というわけで、最後まで見たけど、残念ながら「見てよかった~!」という感じにはなりませんでしたcrying

| | コメント (2)

2009年3月 9日 (月)

負けた…;;

WBC負けましたね、日韓戦…。
昨日、前回の日韓戦のときの韓国側を取材した番組を見たんですが、試合を放送している番組の解説者が、コールド負けになってしまうような内容だったために、最後の方は、放心状態みたくなって黙りこんでしまっていたのを見て、笑ってたんですけど…。
今日は古田(解説してた)の「打ってくれ!」っていうのが、非常に虚しく聞こえてしまいました。
試合内容は決して悪くなかったけど、やっぱり勝たないと意味がないんですよねcrying
でも、ああいう舞台で自分の実力を発揮できる人、さらには普段の力以上のものを出せる人っていうのは、本当にすごいですね。
もちろん、そういう人はそれなりの努力をしてるっていうのはわかっておりますcatface

| | コメント (4)

2009年3月 4日 (水)

韓国語能力試験;作文練習③

たまさんが以前の記事に乗っかってくださったので、私が、またそれに続くってことで「作文練習③」とします^^

【今回のテーマ】
近年、食品産業における偽装事件が頻繁に起こるようになったが、その本質的な社会背景はどのようなものか。そしてその社会背景に存在する問題を解消するために何が求められているかを述べよ。(T大学)

日本では昨年、「食品偽装」はキーワードとなっていましたが、韓国ではどうなんでしょうね?
出題されるテーマには、おそらく韓国でも問題となっていることが取り上げられるのでは?と思いましたが、中国の餃子とかミルクとかの大問題もあったので、そのあたり、「食の安全」というテーマで考えてみるのもいいんじゃないでしょうか?wink

| | コメント (12)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »