« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月28日 (日)

「해변의 카프카」 제4장

たまさんの第3章に続きます。

再び2章の続きですね。
ナカザワという医師に対する尋問の様子です。

話の中に、ナカタという少年が出てきますが、
この後、この少年は大人になって出てきます。
ほかの子たちは皆意識を回復し、何事もなかったかのように普通の生活に戻れたのに、
なぜ、ナカタ少年だけが意識が戻らず、大学病院、陸軍病院と移されてしまったのか…?
すべてがまだなぞのままです。

文中、「たとえ~(としても)」と訳せる単語がたくさん出てきました。
비록
설사[設使]=설령[設令]
가령[假令]
下の3つは漢字語なので、固い感じがしますが、
会話では비록が使われやすいんでしょうか?
意味的にはすべて同じように使っていいんですよね?
でも、同じ4章内で訳すのに、3種類も使うっていうのは、
何か意味があるのかな?とか思ったり。
翻訳のテクニックとして、同じ意味でも違う単語を使うとかあるのかな?と思ったり。

あと、「탁」ですが、いろいろに使われるみたいですね。
①ぱちん、ぶすっと(切れる、破れる音)
②ぽんと、どんと(たたく、ぶつかる音)
③ぷっつりと、すっと(張っていたのがゆるむ、切れるさま)
④ぱっと(掴んでいたものを離すさま)
⑤ばたっと(倒れるさま)
⑥ぺっと(唾を吐くさま)

*3章についてのコメントですが(>時期を逸したので…^^;;)、
二人(サクラとカフカ>3章ではまだ名乗りあってませんが)が、
最初からパンマルで話してたから、違和感あったんですが…。
たしかに日本語はパンマルだけど、
韓国だと最初からパンマルってありえないと思って。
それとも子ども同士(といってもそんなに幼くはないよね)ならいいの?
翻訳だからしょうがないのかなcatface

~では、続きはテラさん。よろしくですnote

*記事中、姓をカタカナに直しました。
漢字を当てると、どうもイメージが違うような気がしたので…。

| | コメント (6)

2009年6月26日 (金)

ニュースの単語①

仕事がやっと少し落ち着いたので、聞き取りなぞやってみようかと思いまして。
ニュースを聞きつつ、気になった単語を拾って行こうかな…と。

출구전략 (Exit Stategy)
좋지 않은 경제 상황에서 빠져나가기 위해 쓰는 전략으로 최근 각국 정부와 중앙은행이 추진 중인 출구전략은 글로벌 금융위기 때 과도하게 풀린 자금을 경기가 회복할 때 부작용을 일으키지 않고 회수하는 것을 의미한다.

経済・経営用語は、日本語でも不得意なので困ります…coldsweats01
要するに、不況のとき低金利にして市場に流したお金を景気が上向きになりつつある今、回収しておこうということですね。
日本語でもそのまま「出口戦略」って耳にしますね。
(耳にしてても意味はあんまりわかってかなったんだけど…;;)

*ブログ、知らない間に10万アクセス越えていました。
いつもご覧いただいている方々、ありがとうございますheart04

| | コメント (0)

2009年6月25日 (木)

韓国語のローマ字表記

韓国人の名前のローマ字表記の紛らわしさは、
以前にも記事にした気がしますが、
人によって同じ姓なのに表記が違ったり、
普通に読もうと思っても読めなかったりしていて、「???」な状態でした。
*実際には2000年に一度決まったんですけど、
例外が多くて(これまでの慣例を許したものだから)
依然として混沌としていたわけです。

で、今回、再び議論が起こっているようです。
関連記事→「中央日報」記事へ
この表記統一議論が、国際競争力を高める一環となってるあたり、
韓国っぽい感じがしますが…coldsweats01

記事内に、主な姓のローマ字表記が載っていますが、
これまたいろいろな表記があって、面白いです。
どうして一つに決めちゃわないの?(>例外なしに)と思いつつ、
日本語を振り返ってみると、送り仮名の問題とかもあるし…ねcatface
やっぱり言葉だから尺時定規に決めちゃうっていうのも、
文化的背景等々あって、難しいのかな~?

| | コメント (2)

2009年6月19日 (金)

仁川空港ってすごいんだ~!

 今日の「報道ステーション」では、「日韓“ハブ空港”競争の結末」というテーマで特集が組まれていました。
 仁川空港は4000メートル級の滑走路を3本備え、世界170都市と繋がっているそうで、いまや“アジアのハブ空港”として重要な位置にあるそうです。ハブ空港というのは、その空港を経由して、各地に飛ぶのに利用される空港のこと。
 日本の成田空港は1995年まで国際貨物量で世界一だったのですが、今は、香港が1位、2位は仁川空港だそうです。
 日本はなんと言っても国際線(成田)-国内線(羽田)が不便ですよね。普通に私なんかも、韓国に行くとき、「わざわざ成田まで行くのか~。羽田だったらいいのに」とか思っちゃいますしね。もちろん羽田からも行けるけど、高い場合が多いし。関空も伊丹空港(大阪国際空港)があるため、伊丹の方が依然として国内線が多くて、成田-羽田と同じような構図になっているみたいです。結局、日本の戦略負けということのようです。

| | コメント (8)

2009年6月12日 (金)

ラジオでラジオ放送を聴きたい!

仕事に追われ、更新が滞ってました…crying

最近はなんでもネットでできるので、
韓国のラジオやテレビの放送もネットで視聴してましたが、
仕事でpcを使うので、同時に使うというのが邪魔なときもあるんですね。
で、ラジオ放送をラジオで聴きたいと思ってるんですが、
日中でもちゃんと聴けるラジオ機器をご存じの方、教えてもらえますか?
九州の方なら結構簡単に(望まなくても?)入ってくるみたいですが、
当方、関東なので、どうなんでしょうか??
短波とか、中波とか、そういうのにも疎いので、
とにかくちゃんとストレス無く音声が聴けるものをご紹介いただけるとうれしいですshine
よろしくお願いします〜。

*仕事をしている事務所では、FMを聴く(流す)ことが多いのですが、
今、ジョン・カビラさんがナビゲートしてる番組を聴いていました。
ある企画でネットを通じて視聴者が投票するコーナーで、
カビラさんが「サーバーダウン上等! どんどんクリックしてね!」的な発言をしたところ、
サーバーダウンした模様…happy02 カビラさん、好きですheart01

| | コメント (8)

2009年6月 6日 (土)

한국어 메모 26

盧武鉉前大統領が亡くなったとき、ある新聞記事の中に、大統領の死について「소통의 문제」だったんじゃないか?というものがありました。

「소통」に関連した記事を拾ったところ、以下のような記事がありました(中央日報【噴水台】より *途中、省略あります)

최근 우리사회 최고 화두는 역시 ‘소통’이다. 정치권도, 미디어도, 대중도 모두가 소통을 얘기한다.
最近、韓国社会の最高の話題はなんといっても「疎通」だ。政界も、メディアも、大衆もどれもが疎通を語る。

최근 일단의 언론학자들이 ‘소통 포럼’을 결성했다. 우리 사회의 극단적인 대립과 분열 속에서 이념•지역 등을 가로지르는 소통의 중요성을 강조하는 모임이다.
最近、ある言論学者たちが「疎通フォーラム」を結成した。韓国社会の極端的な対立と分裂の中で理念や地域などを往来する疎通の重要性を強調する集まりだ。

이달 초 첫 모임에서 ‘소통의 정치경제학’을 발표한 강 교수는, 한국 사회가 정치지도자의 소통 능력은 문제 삼으면서 정작 일상적 소통은 잘 이뤄지지 않는 데 주목했다.
今月初め、最初の集まりで「疎通の政治経済学」を発表したカン教授は、韓国社会が政治リーダーの疎通能力は問題視しながら、実際の日常的疎通はうまく成立しないことに注目した。

그는 우리 사회의 소통을 막는 10가지 이유도 제시했다. 승자 독식주의, 연고주의, 초강력 중앙 집중주의, 서열주의, 지도자 추종주의, 극단주의, 이념의 사유화 등이다. 가령 정치 영역에선 누가 정권을 잡든 승자 독식 시스템, 게임의 룰 자체를 바꾸어야 하는데 편가르기 싸움만 하면서 ‘우리 편 이겨라’를 개혁 구호로 삼아왔다는 것이다.
彼は我々の社会の疎通を阻む10の理由も提示した。勝者の独占主義、縁故主義、超強力中央集中主義、序列主義、リーダー追従主義、極端主義、理念の私有化などだ。たとえば政治領域では誰が政権を取っても勝者独占システム、ゲームのルールそのものを変えなければならないのに組み分け争いばかりしながら「味方よ勝て」を改革スローガンにしてきたというのだ。

강 교수는 진보•개혁 세력의 소통 능력도 문제 삼았다. “개혁•진보 진영은 늘 적과의 관계만 염두에 둔다. 누군가 이의를 제기하면 무조건 ‘보수 프레임’이라고 반발한다. 소통 능력은 이들에게도 필요하다.” 소통의 혁명은 진보나 보수를 불문하고 우리 모두의 일상에서 일어나야 한다는 일갈이다.
カン教授は進歩・改革勢力の疎通能力も問題視した。「改革・進歩陣営は常に敵との関係だけを念頭に置く。誰か意義を申し立てれば無条件に“保守フレーム”だと反発する。疎通能力はこれらにも必要だ」疎通の革命は進歩や保守を問わず、我々すべての日常で起きなければならないという一喝だ。

これはお隣の国だけの問題というわけではなさそうです…coldsweats01

| | コメント (6)

2009年6月 3日 (水)

また秋にがんばります…;;

第15回韓国語能力試験の結果が出ました。
やはり6級には届かず…。(5級は合格)
点数は260点で、前回とほぼ同じ…。
今回の方が若干できたと思っていたんですが…情けないですshock

今回から分野ごとの点数が出なくなりましたね。
なんでだろう??
分野ごとの点数がわかったほうがいいのに…ね。
受験者が増えてきているのに、不親切になっていくのはなぜ??

まあ自分では読解が弱いとわかっているので
(いつも時間が足りなくて、何問か解けずに終わる…)、
今後はこの分野を意識してやっていきたいと思います~up

~追記~
*昨日確認したら、総合点数の下に、小さく、
各分野ごとの点数が出ていました!
ちなみに…語彙・文法 63、書き取り 52、聞き取り 92、読解 53でした^^;;

| | コメント (25)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »