« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

한국어 메모 27

今日は3週間ぶりの韓国語教室。ヨンセの読解テキストを使って勉強していますが、そこに年齢を指す言葉についての文章がありました。

日本で40歳のことを「不惑」「四十にして惑わず」など言いますが、これは「論語」の次の一文から来た言葉です。

吾十有五而志乎學 、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲、不踰矩

韓国でもこの「論語」の一文から来た言葉が生きています。

15歳…志學(지학)
30歳…而立(이립)
40歳…不惑(불혹)
50歳…知命(지명)
60歳…耳順(이순)

20歳は「弱冠(약관)」、70歳は「古稀(고희)」と書いてありました。
「不惑」と「古稀」はよく耳にしますが、他は…?

今読んでる「カフカ」のカフカ君は15歳。「지학」は「일생을 배우며 살아야 함을 깨닫는 나이」とのことです。

さて、四十にして惑いっぱなしの私はオットッケ~??coldsweats01


| | コメント (2)

2009年7月27日 (月)

イム・チャンヨン投手^^

 さっきNHKのスポーツニュースを見ていたら、イム・チャンヨン投手が特集されていました。
 イム選手といえば、WBCワールドベースボールクラシックの決勝戦で、最後にイチローにヒットを打たれた投手として記憶に残っていました(野球は好きだけど、私の関心はホークスと楽天にしかないので…)。イチローを敬遠せず勝負にいったことで(結局打たれて負けた)、さんざんバッシングも受けたのですが、イチローと勝負したことについては全く後悔していないと言っていました。
 日本に来る前、韓国で華々しい活躍をしていた彼ですが、怪我(右肘靭帯断裂)で思うような活躍ができなくなったものの、所属チームのヤクルトに来てから見事に復活! 昨シーズンは33セーブも挙げたそうです。リリーフ投手で160キロ近い玉を投げられるってすごいですよね~happy01
 先輩選手が言うには、彼は「간이 크다(度胸がある)」なんですって。プロ選手ですからね、そうじゃないとつとまらないと思いますが。インタビューを受けていて、彼の話し方がとっても優しくて、落ち着いた感じで好印象~heart04でした。今度からは、ヤクルトも気にしてスポーツニュースを見ようかな。

| | コメント (2)

2009年7月26日 (日)

「霜花店(쌍화점)」見ました

以前、記事にしていた「霜花店」を見ました。

この映画を私より先に見た友だちが、
「霜花店、見た?」となぜか小声で言ってきたのですが、
その小声の意味がわかりましたhappy02

なんというか、感想が書きづらい映画ですね、これは…coldsweats01
一番の印象は、チョ・インソン君ががんばってたってこと。
それからインソン君の体が美しかったということ…かな?

~以下、ちょいネタバレあります~
悲しいストーリーなんですよ。
王(チュ・ジンモ)と護衛武士・ホンリム(チョ・インソン)、元から来た悲運の王妃(ソン・ジヒョ)の三角関係が描かれているんですが、王様が例に漏れず、自分の思い通りにことを運ぼうとするために起こる悲劇なんですよね。
王とホンリムは二人の世界に生きてきたのに、そこに王妃が入り込んで、ホンリムがその狭間に立たされてしまうのですが、ホンリムは王と王妃のどっちに行くかで苦悩するというのではなく、一気に完全に王妃に靡いていってしまうんです。
最後に王と対決するのですが、そのときのセリフが哀かったです。

ソン・ジヒョって「宮」のヒョリンだったんですよね。
あのときはとても素敵なお嬢さんに見えたんだけど、今回はあんまり輝いてなかったな。
悲劇の王妃という役柄のせいかもしれないけど…。

希望としては、もうちょっとホンリムが王と王妃の間で苦悩する姿が見たかったな。
王との生活も捨てがたい、でも王妃との関係も…みたいな感じで、
ちょっとずるさも持ち合わせてると面白かったかも。
インソン君の切なそうな顔が表情が印象に残る映画でしたconfident

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

読了~♪

「海辺のカフカ」上巻、読了です。
やっと終わりました。
最後のあたり、オオシマさんとカフカくんのやりとりがきつかった…coldsweats02
オオシマさんが非常にインテリで、
話が抽象的で、哲学的、文学的なので、
ついていくのが精一杯。
途中、漱石の「坑夫」が出てきたときはしびれましたが(笑)、
源氏に雨月物語まで出てきて、「どこまで行くんだ~!?」って感じで。
さて、下巻はどのくらいかかるだろうか、読了までsmile

| | コメント (4)

2009年7月21日 (火)

買い物にご注意!?

 朝のワイドショーで、この夏、一番行きたい海外旅行先として、韓国をあげる人が1番多かったという話がありましたが、買い物をするとき、注意したほうがいいということで、偽ブランド物が取り上げられていました。偽ブランド物といっても、これまでは、悪徳業者がブランド品に似せた粗悪な品物をブランド物と偽って売ってるっていう話でしたが、今日のは、ちょっと違いました。
 東大門の市場で売られているのと同じ洋服が、有名なブランドのタグがつけられて、ソウル市内のデパートで売られている、しかも値段が4倍で…という話。実際に同じ洋服を探し出し(どうやって探し出したのか気になりますが)、そのブランド会社に問い合わせたら、その会社自体が東大門で安い洋服を買い入れ、自社のタグをつけて売っている…という、信じられないようなお粗末なお話でしたshock インタビュー(ブランドの会社)では、「価格競争の中、どこの会社でもやっているから、うちでもやらざるをえない」みたいなことでしたが…。ありえないですね。
 ブランド…といってもどの程度のブランドなのか、名前が伏せられているのでわかりません。値段からすると、いわゆる高級ブランドではなさそうでしたが…(東大門で20000ウォンくらいのものが、デパートで80000ウォンで売ってる、というくらいのブランドみたいですcoldsweats01) こういうのは消費者が注意しようにもできないことなので、事実であれば、会社の倫理観でなんとかやめてもらいたいですね。

| | コメント (4)

2009年7月19日 (日)

韓国のサイトで本を購入

 今、読んでいる「海辺のカフカ」の(下)を持っていなかったので、日本の韓国書籍を扱っているサイトで探したら、安くても1300円+送料がかかるので、どうしようかな~…と二の足を踏んでいました。
 蒼依さんが韓国のサイトで本を購入したら、送料を入れても安かったし、到着するのも結構早かったと言ってたので、思い切って韓国のサイトで注文してみました。

해변의 카프카(하)  5850ウォン
그날이 오기전에  8960ウォン  合計;14810ウォン

예상 배송비  14600ウォン(2kg)
실측 무게  1.34kg → -1800ウォン → 12800ウォン
*1800ウォンは次回購入までプールされるみたいです。 

合計;27610ウォン (当日レートで2040円)

やっぱり安かったですheart04
注文したのが13日の夜中(14日)で、我が家に到着したのが17日でした。
→注文したサイトで、本が現時点でどこまで来ているのか(金浦空港までは来てるとか、羽田に来てすでに配送業者に渡ってるとか、その時間)まで詳細を確認できます。

 「그날이 오기전에(その日の前に)」は重松清さんの短編集ですが、すごく泣ける小説で感動ものcryingなんです!(韓国版で同じような感動を得られるかどうかわかりませんが、韓国語で読んでみたい!と思っていたので。日本のサイトでは取り扱いがなくて…)

 以前も記事に書いたかもしれませんが、本ってほんとに安いですよね~。だって1冊を1000円で買ったとして、それを楽しめる時間や得られるものを考えると、安い! 安すぎる!! だから日本のサイトで多少高い値段で買っても損したとかは全然思わないんですけど…やっぱり安いほうがいいからcoldsweats01


| | コメント (8)

2009年7月17日 (金)

三年とうげ

 今、うちの子(小3)が国語の授業で「三年とうげ」をやっています。作者は李錦玉、絵は朴民宜です。教科書(光村図書)では作者の名前の横に「リクムオギ」とルビが振ってありますが、なんで「オギ」なんでしょうか? 気になって、ここ数日ネットで検索していました(決して暇だったわけではなく、どうしても気になって…coldsweats01

 作者は在日2世の方で、16歳の頃、終戦を向かえ、その後出版社などに勤務されていたようです。
関連記事→「赤い鳥文学賞」を受賞した詩人、児童文学者-李錦玉さん
李(이)さんだけど리と発音するところからして北の方なのかな?と思いましたが、昔はたぶん全部「リ」さんだったと思うのでわかりません。で、どうして「オギ」なのかが問題だったんですが、理由はわかりませんでした。ただ「옥」に「이」をつけて呼ばれてたから、そう名乗ったのかもしれません。(すべて推測です)

 この話は「朝鮮の昔話」だということなんですが、(ネットをくぐっていたら、教師用の教材研究なるものなどあり、そこでは「韓国の話」と、なぜか「韓国」に限定されてるものもありました。)日本の教科書に載っている話と、韓国(としておきます)で出されてる絵本の話とはストーリー自体違う点もあり、とくにラストは違う…というブログ記事などあり、「ラストが違う」というのが気になって、さらにネットをくぐってみました。
日本の教科書と韓国の絵本との違いについて書かれた文章→「삼년고개」는 우리 옛이야기일까? (김환희)

 韓国の絵本と一口に言ってもいくつか話の違いはあるみたいなんですが(絵本全文を載せているサイトもあったので見てみました)、たしかに김환희さんが書かれているように、日本版(李錦玉さんの作品)の方が情緒的だし、朴さんの絵もとても温かみがあって楽しいんです。それになんといっても、ラストが面白い!happy01
日本版にはラストに謎かけみたいなものがあるんです。で、その謎が、子どもにとって、空想力をくすぐられるみたいなんですね。韓国版ではその答えみたいになるような文章がラストにあるんですが、うちの子に「韓国の絵本には最後の謎の答えがあるらしいよ」とちょっと言ってみたら、「え~? なになに?教えてよ~!!」ってすごく知りたがっていました。でも、それ以前のストーリー自体も違うので、答え(みたいなもの)は教えませんでしたが…wink

 「三年とうげ」でうっかり転んでしまう、まぬけ(失礼)なおじいさん。「三年とうげで転んだならば 三年きりしか生きられぬ」という言い伝えを信じていたので、「三年しか生きられぬのじゃあ」と言って、家に帰るなりおばあさんにしがみついておいおい泣いたり、ご飯も食べずに病気になったり…。そこまでしておいて、「一度転ぶと三年生きるんだから、二度転べば六年、何度も転べば長生きできる」という若者のアドバイスにすっかり乗せられて、三年とうげで転びまくっちゃうおじいさん。その楽観的なところがとっても素敵ですheart04

| | コメント (18)

2009年7月10日 (金)

ニュースの単語③

韓国とアメリカがサイバーテロ攻撃にあっています。
被害が拡大してる模様ですね。
知らない間に感染して、勝手に攻撃しはじめるって、怖いです~。

좀비PC ゾンビコンピュータ;悪性コードに感染したPC

名前からして怖いcoldsweats02

먹통이 되다 だめになる、イカレる

「使い物にならなくなる」意味だと思いますが、
「カフカ」でも出てきました。

예비 배터리가 없어지면 그것으로 휴대전화는 먹통이 돼버린다.
(予備のバッテリーがなくなれば、それで携帯は使い物にならなくなってしまう)

「カフカ」下巻を買わないといけなくて、
韓国のサイトで購入しようと思ってたのに(安いから)、
なんとなくアクセスするのが憚られます…。

안전모드로 부팅하다 セーフモードで起動する

PCに問題が起こったとき、よく「セーフモード」で立ち上げて…とか
言われますが、あの画面を見ただけでなんか緊張してしまうのはなぜでしょう??

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

ニュースの単語②

以前、このブログでも話題にしました(12月16日・19日記事)が、イ・ミョンバク大統領が、ついに自宅などを除く331億4200万ウォン(約25億円)の財産寄付案を発表したそうです。

ニュース記事の中に出てきた単語

'노블레스 오블리주’실천
「ノブルレス オブルリジュ」実践…??

調べてみたら、フランス語「Noblesse oblige(ノブレス オブリージュ)」で、「사회지도층의 도덕적 의무(社会の指導層の道徳的義務)」とありました。
お金持ちや著名人、権力者は、その地位に見合うような行動をとるべきというような考え方のようです。
なるほどcatface

全財産寄付についてはどうなのかな?(そこまでする必要はないんじゃないか?)と思っていた私ですが、実際にそういう手続きに入ったというニュースを聞いたら、やっぱりそれだけMBも政治家として一生懸命国民のためにやろうとしてるのかな?と、好感度upしましたよ。単純に。
もちろんいろんな思惑もある(ノ・ムヒョン前大統領の死去によってMBへの風当たりがますます強くなっているこの時期に、なぜ!?とか)んでしょうが、じゃあ実際自分の財産の大半を寄付できる政治家(じゃなくても普通の人でも)っているの?と思いますしね。
まあ、今後のMBの動向にもよるというか、真に国民に支持されるような大統領になったとき、はじめてこの財産寄付も評価されるのかもしれません。


| | コメント (6)

2009年7月 5日 (日)

「てじまうる」行ってきました^^

今日は朝から神楽坂で用事を済ませ、その後、蒼依さんと新大久保で待ち合わせました。
先日、蒼依さんが韓国に行くと聞いて、小説を買ってきてくれるようお願いしていたので、その受け渡し等々も兼ねて、久しぶりに会ってランチしました。

お店は、お初の「てじまうる」です。
本当はタッカンマリを食べよう!ってことで、ココにしたんですが、いざお店に行ってみると、注文してから出てくるまで30分以上かかると知って、結局骨付きサンギョプサルに転向(?)しました。
ここって、イルボンナイズ(勝手に造語)されてて、パンチャンも少ししかなく、キムチも出てきません。
お肉を頼んでもサンチュとか別に注文しなくちゃならなくて、それがちょっと不満でした。
サンギョプサルはおいしかったですよhappy01

買ってきてもらった小説は오정희の「돼지꿈」(やたら돼지づいてる?日だbleah)。短編集です。
たまたま目にしたフリーペーパーで紹介されていて面白そうだったから買ってきてもらいました。
表紙に「청소년권장도서」のシールが貼っていたので、結構道徳的な内容なのかな?と思いつつ、1つ目の短編をパラパラ読んでみたら、決して청소년に권장するような内容ではないようだったんですけど…?coldsweats01
この本については、また読後に記事をアップしたいと思います。

*それにしても日曜日の新大久保(職安通り)って初めてだったんですが、相変わらずグッズ屋さん系は女性が群をなしていました。韓流ブームは過ぎた…と思ってたんですが、ココでは健在です! コリアプラザも2階(書籍売り場)はまだいいんですが、1階(CD&DVD)は身動き取れないくらい女性、女性、女性…。びつくりですeye

| | コメント (6)

2009年7月 4日 (土)

「뉴하트(ニューハート)」見終わりました^^

23話、完走しました。

ストーリー的にはあまり盛り上がりがなく、エピソード→手術の繰り返しで、全体から見ると、★3つ(満点5つ)ぐらいだったかな。

チソンくん演じるウンソンは、どっちかというと草食系男子capricornusでしたね。
ぬいぐるみを作ったり(>縫合の練習だけど)、自分のミスをずっと引きずったり(>患者想いで)、他大学出身ということで常に疎外されてるのをじっとがまんしたり…。
でも、ああいう彼氏がいたら、きっと癒されるだろうな~heart01…と思いつつ見てました。

がまんできなかったのが、あのミン教授!
なんにもできないのに大声ばかり出してうるさいったら!bearing
でもあれだけミスしたら、普通辞めさせられますよね。

それから手術のシーンがすごくグロくて、リアリティを追求したのかもしれないけど、途中で食傷気味(?)になってしまいました。

意外にupだったのが、イ・スンジェ教授ですね。
ギスギスした人間関係の中で、癒し系というか、一番フツウで、常識的な人なんだけど、先輩のこともちゃんと思っているし、子どもにやさしいし、愛妻家だし。
ラストのパーマはdownだったけど。

天才外科医のチェ・ガングクと三流大出身のウンソンが、もっと直接的な師弟関係として描かれた方がよかったかも。
そうするには一流大学病院が舞台じゃ無理でしたね、きっと。

| | コメント (0)

2009年7月 3日 (金)

「カフカの会」参加表明ありました!②

「해변의 카프카」を一緒に読みましょうということで、はじめた「カフカの会」。
徐々にメンバーも増えていますhappy01
昨日、★honeybee★さんも参加されることが決まったので、ご紹介します。

★honeybee★さんブログ→韓国語Cafe마음대로
★honeybee★さんは、記事も書いてくださるそうなので、ローテーション確認しておきます。

nikka → テラさん (「うりちべおみょん」) → たまさん (「たままま生活」) → ★honeybee★さん → nikka …でいきたいと思いますが、いいでしょうか??

それから、現在の参加メンバーです。

テラさん、ちーたろうさん、ハーちゃんさん、たまさん、ジンさん、まろさん、ソッキーさん、sanjonさん、★honeybee★さん、nikka

計;10名

…ですよね??(万一抜けてたりしたら、ソッコー教えてください)

皆さん、必ず読破しましょうね!
*それぞれのご事情で、適当に出たり入ったりしていただいてかまいませんので。
*まだまだ参加者募集中ですheart04

| | コメント (13)

2009年7月 2日 (木)

申し込んで来ました…。

9月に行われる第16回韓国語能力試験。
今日学校で、一応、申し込んできました。
「一応」と弱気なのは、最近とにかく仕事でいっぱいいっぱいで、韓国語どころじゃない状況が続いていたからなんです(今日、ひと月ぶりに授業受けられました)。
たぶん9月までも同じような状況か…と。

先生に「試験の締め切りが…」と話を切り出し、「受けるかどうか迷ってます…」って言ったら、ソッコー「申し込みましょう!」って…happy02
…う~ん。

ま、そのうちモチベーションもアップする「かも」しれないので。
状況しだいってことで…coldsweats01

| | コメント (2)

2009年7月 1日 (水)

「해변의 카프카」の海外版装幀~♪

「海辺のカフカ」の仏語翻訳版(「Kafka sur le rivage」)です。

Kafka

装幀が美しい~!
気に入っちゃったheart04

ほかの国のも探してみよう!と思ってたら

…いいもの、めっけ!

新潮社のホームページtopページ右端、話題の新刊「1Q84」のボタンをポチッ
→「1Q84」の特別サイト、左上にならんだ数字の中の2002をポチッ
→「海辺のカフカ」のページ、右上に「海外版装幀」のボタンをポチッ

…すると、なんと全世界で翻訳されている「海辺のカフカ」の装幀が見られるんです~!

素敵すぎる…shine

一応わたくし、編集屋なので、やっぱり本の装幀は気になります。基本的に私は中身を創る係(笑)なんですが、装幀について、版元さんとああでもない、こうでもないって悩むこともあります。

各国いろいろあって、ほんと面白いです。
中国語でカフカって「卡夫卡」って書くんだ~!
基本的に猫とかカラスがモチーフっていうのは理解できますが、アメリカのハードカバー版のは…なんでしょうか? ピンの上に乗ったゴルフボールみたいなヤツ!? 謎です。

| | コメント (4)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »