« 読了~♪ | トップページ | イム・チャンヨン投手^^ »

2009年7月26日 (日)

「霜花店(쌍화점)」見ました

以前、記事にしていた「霜花店」を見ました。

この映画を私より先に見た友だちが、
「霜花店、見た?」となぜか小声で言ってきたのですが、
その小声の意味がわかりましたhappy02

なんというか、感想が書きづらい映画ですね、これは…coldsweats01
一番の印象は、チョ・インソン君ががんばってたってこと。
それからインソン君の体が美しかったということ…かな?

~以下、ちょいネタバレあります~
悲しいストーリーなんですよ。
王(チュ・ジンモ)と護衛武士・ホンリム(チョ・インソン)、元から来た悲運の王妃(ソン・ジヒョ)の三角関係が描かれているんですが、王様が例に漏れず、自分の思い通りにことを運ぼうとするために起こる悲劇なんですよね。
王とホンリムは二人の世界に生きてきたのに、そこに王妃が入り込んで、ホンリムがその狭間に立たされてしまうのですが、ホンリムは王と王妃のどっちに行くかで苦悩するというのではなく、一気に完全に王妃に靡いていってしまうんです。
最後に王と対決するのですが、そのときのセリフが哀かったです。

ソン・ジヒョって「宮」のヒョリンだったんですよね。
あのときはとても素敵なお嬢さんに見えたんだけど、今回はあんまり輝いてなかったな。
悲劇の王妃という役柄のせいかもしれないけど…。

希望としては、もうちょっとホンリムが王と王妃の間で苦悩する姿が見たかったな。
王との生活も捨てがたい、でも王妃との関係も…みたいな感じで、
ちょっとずるさも持ち合わせてると面白かったかも。
インソン君の切なそうな顔が表情が印象に残る映画でしたconfident

|

« 読了~♪ | トップページ | イム・チャンヨン投手^^ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読了~♪ | トップページ | イム・チャンヨン投手^^ »