« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月29日 (日)

ありえない…。

ふと目に付いた記事→コチラ

韓国の結婚式事情についての社説です。
なんでも韓国では、最近、結婚式の招待状に、ご祝儀を振り込んでもらうための銀行の口座番号を印刷して送るとか…とか??

どう考えてもやりすぎでしょsign02&恥ずかしいじゃないですかsign03
どういうことなんでしょうね…。
記事にあるように、結婚式にかかった費用や、これまで払ってきたご祝儀を回収したいということらしいのですが、口座番号まで書かれていると、催促されてるみたいで(>いや、実際、催促されてるんだけど)、お祝いしたい気持ちも萎えちゃいますね。

韓国の結婚式といえば、招待されてない人でも気軽に行ける…みたいなことを聞いてたんですが、急速に変化したんでしょうか? ここ数年で?

*招待状…청첩장[請牒状]


| | コメント (10)

2009年11月25日 (水)

短作文の練習してます

韓国語能力試験を受けはじめて、もう何回になるかな…たぶん6回です。(>4年間で)
受けていくうちに気がついたのが、私は短作文が苦手ってことです。
わかっていたのに、とくに対策も考えず放置していた分野でもあります。
毎回書き取りの点数が低いのは、作文が原因ってこともあるかもしれませんが、
やっぱり短作文がネックになってるんじゃないかな~と思います。
それで練習をはじめました。
まずは初級の文法を使って、自分で文章を作っています。
韓国語教室で、先生に相談したら、先生が問題を作ってきてくださいました。
やってみたら、案の定、うまく文章にできませんcoldsweats02

先生がおっしゃるには、「短作文の配点が高いということは、上級者らしい文章が書けるかどうかが点数の高い、低いに現れるはずだから、できるだけ上級の文法を使うことを目指さないといけない」ということです。

…ここ、根本的に間違ってました、私punch
というのは、「難しい文法を使って間違うより、簡単な文法を使って間違わないほうがいい」と思い込んでいたんです。
もちろん、難しい文法を使いこなせる程度になっていなかったから
易きに流れていたという事実もありますが、
高級の試験なんだから、上級文法を使わないと高得点には結びつかないんですよねsign01(>いまさらですが…わははhappy02

ということで。
やっぱり知ってるだけじゃなくて(読んで意味がわかる程度じゃなくて)、
使えるようになるためには練習あるのみ!ですね。

がんばりまっすsign03


| | コメント (4)

2009年11月18日 (水)

한국어 메모 35

オバマ大統領が、日本の天皇へのあいさつのとき、
腰を90度に曲げてあいさつしたということで、
アメリカ本国では非難ごうごうらしいですね。

私が見た映像では、たしかに90度近く腰を曲げてはいました。
でもそれは、腰をちょっと曲げた勢いで一瞬90度に到達しただけで、
想像していたような90度に曲げて止めるようなおじぎではありませんでしたが…。

로마에 가면 로마법을 따르라 (郷に入りては郷に従え)

少し相手の国に合わせるってことも覚えたほうがいいんじゃないでしょうか?
日本のように合わせすぎもよくないと思うけど…coldsweats01

天皇のことは「일본 국왕(略すると일왕)」と言うんですね。
ずっと「천황」だと思っていました。

| | コメント (8)

2009年11月16日 (月)

한국어 메모 34

엉덩방아를 찧고 말았습니다. 尻もちをついてしまいました。

キム・ヨナ選手の話題です。

피겨 그랑프리 시리즈 フィギュア・グランプリシリーズ
프리스케이팅 フリースケーティング
트리플 플립 トリプル・フリップ
트리플 러츠 トリプル・ルッツ

어차피 경쟁자가 없었던 김연아로선…
いずれにしても競争相手がいなかったキム・ヨナとしては…

世界最高得点とか、キム・ヨナ選手は絶好調ですね。
キム・ヨナ選手にもがんばってほしいけど…。
真央ちゃんが不調の今、彼女には戦う相手がいないということでしょうか。
(今日の試合には真央ちゃん出てなかったけどね…)
むむむ…despair

| | コメント (4)

2009年11月13日 (金)

한국어 메모 33

12日は수능(대학수학능력시험)の日でしたね。

ある新聞記事より。

<수능> 시험 마친 수험생들 '희비 교차'
12일 대학수학능력시험을 마치고 고사장에서 빠져나온 수험생들의 표정에서는 희비가 엇갈렸다.

修能試験を終えた受験生たち“悲喜こもごも”
12日、大学修学能力試験を終え、試験場から出てきた受験生たちの表情は悲喜こもごもだった。

…「희비[喜悲]교차[交差]」も「희비가 엇갈리다(行き違う、すれ違う)」も「悲喜こもごも」ですね。

受験生の皆さん、お疲れ様でしたshine

| | コメント (4)

2009年11月 9日 (月)

やったね!할머니!

韓国で運転免許の筆記試験に949回も落ちながら、950回目で奇跡の合格を果たしたおばあちゃんのニュースを見て、非常に明るい気持ちになりましたhappy02
以前、日本の番組でこのおばあちゃんが紹介されたことがあって、そのときは770回くらい落ち続けていたときだったのですが、それからまた記録を伸ばしてたんですね~!

*ニュース本文はこちら

2005年4月からこの挑戦をはじめて、週末と祝日以外はほとんど通っていたそうで、この間に支払った受験料が全部で570万ウォン、受験会場までの交通費や食費など入れると1000万ウォンくらいかかったとか…coldsweats01

不屈の精神で挑戦を続けたおばあさんですが、何が彼女をそうさせたのか、知りたいですね~。
落ちても落ちても続ける…すばらしいです。
運転免許をとって商売に生かしたいらしいのですが、1000万ウォンを稼ぐには相当な月日もかかりそうですね…。

*上のニュース中、気になった表現

투지를 불사르다 闘志を燃やす
950번째 시험에서 합격 도장을 받았다 950回目の試験で合格した
필기시험에 응시해 왔다 筆記試験を受けてきた
푸성귀 野菜
번번이 낙방의 고배를 마셨다 いつも落第の苦杯をなめた
웬만한 응시자까지 알고 있을 정도로 유명인사였다 一般の受験者まで知っているくらい有名人だった
도전 정신을 높이 산다 挑戦精神を高く買う

↑웬만한を「一般の」と訳しましたが、他にいい訳はありますか?

*ソウル新聞のアドレス、10分前まではリンクできたのに、記事が削除されたのか、無くなってしまいました。なぜ??crying(11月10日)

| | コメント (4)

2009年11月 5日 (木)

한국어 메모 32

昨日の韓国語教室で話題になった表現。

우리 작은 딸은 잘 생긴 넘자를 밝혀요.
(下の子は面食いです。

○○야마 마사하루는 여자를 밝혀요.
(○山雅治はスケベです。

どういう内容だったんでしょうか?bleah
「밝히다」はよくニュースで目にする単語で、
「明らかにする」意味は知っていましたが、
「(あるものを)殊に好む」という意味もあるんですね。

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

結果発表~!

9月の韓国語能力試験結果発表~!


…また次に期待しましょうsad

語彙・文法 76点
書き取り 53点
聞き取り 68点
読解 74点

計:271点

トータルとしては、6級合格点に10点足らず。
聞き取りは難しかったから仕方がないと思いますが、
どうしても書き取りが弱いんですよね。
この弱点をなんとかせねば…punch

| | コメント (20)

2009年11月 3日 (火)

『해변의 카프카』제18장

第17章★honeybee★さんに続いて、第18章(일소에 부친 살인밤의 자수「一笑に付した殺人犯の自首」)です。

まず、この章で気になった表現から。

일소에 부치다 一笑に付す
더군다나(=도구나) そのうえ、しかも、さらに
잰걸음으로 足早に
 *辞書に載っていなかったので、네이버で調べたら、「보폭이 짧고 빠른 걸음」とありました。
용케 よくぞ、気丈にも、けなげにも
 *용하게=용하다+게の縮約形
 용하다…腕がいい、上手だ、すばらしい、ばか正直だ
나리 王子様、身分・地位の高い人の尊敬語(殿)、旦那様
 *경찰관 나리 警察官殿→本家では「お巡りさん」でした

以下、あらすじと感想です。

 気がつくと、ナカタさんはゴマちゃんを探しに通っていた空き地にいました。どうしてここにいるのか、さっぱり見当がつかないナカタさん。ジョニー・ウォーカーをナイフで刺した、その感触まではっきり覚えているのに、なぜか洋服に血しぶきひとつついてないし、なぜか猫たちとも会話ができなくなっていました。

 無事、ゴマちゃんをコイズミさんのお宅に帰してあげた後、ナカタさんは交番に向かいます。そこで若い警官に、事の一部始終(ナカタさんが覚えていること)を話しますが、警官はまともに受け取らず、そのままナカタさんを帰してしまいます。

 翌日中野区の一角に、突然、空からイワシとアジが大量に降ってきます。それは、ナカタさんが前夜、警官に予言したことでした。さらにその翌日、一人の彫刻家が自宅で殺されているのが発見されます。その頃、ナカタさんはすでに街を出ていました。

**********

 16章でナカタさんがジョニー・ウォーカーを殺してしまう場面は、どう考えても夢の中の出来事のようで、やっと現実に戻ってきた…と思いきや、彫刻家(ジョニー・ウォーカー)の死体が発見されます。ナカタさんが殺人者になってしまったというのが事実だったのが、なんというかすごくショックでしたweep

 だって、ナカタさんって、そういうことから一番遠いところにいる(べき)人じゃないですか? なぜナカタさんを殺人者にしちゃったのか…。このナカタさんは、もしかしたら「私たち」なんじゃないかと思いました。普通に平凡に生きてる、殺人なんかとは関係ないはずの私たちのすぐ隣にも、実はこういう非日常的な危機が存在しているということだと思います。戦争なんか、まさにそうですよね。一人一人はまったく無垢な人たちでも、戦場という極限状態にポン!と置かれた瞬間に、目の前に来た敵(と位置づけられた人)を殺さないと自分が殺されるという、まったく理不尽な異空間に置かれます。そのとき、「私たち」はどういう選択をするのか?shock 考えたくもないことですが、村上さんはそういう現実もありうるんだということを私たちに知らしめたかったのかもしれません。

 ナカタさんは結局、その場から逃げることなく相手を殺してしまうという行動に出たわけですが、この選択は正しかったのでしょうか。正しかったか、間違いだったか…。ナカタさんはついに街を出ます。これまで一度も中野区から出たことが無いナカタさんが。私から見て、ナカタさんの行動は正しかったとはどうしても言えないのですが、ナカタさんの人生が動き始めたことは確かです。

 これからいよいよ、いろいろなことが動き始めます。つぎは、記事アップ初登場のまろさんです。よろしくお願いしますup

続きを読む "『해변의 카프카』제18장"

| | コメント (6)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »