« 数が多い…。 | トップページ | 遅ればせながらポッドキャスティング »

2010年1月30日 (土)

シネカノンが民事再生法適用申請

以下、毎日jpより。

シネカノン:民事再生法適用を申請
 調査信用会社の帝国データバンクは28日、映画製作配給会社のシネカノン(東京都渋谷区)が民事再生法の適用を東京地裁に申請したと発表した。負債総額は約40億3000万円。
 89年創業。韓国映画ブームの火付け役となった「シュリ」を配給して注目され、邦画「パッチギ!」(05年)「フラガール」(06年)などの製作、配給を手がけた。

***************

…結構、韓国映画の上映が多くて、このシネカノン有楽町で何本か見た記憶があります。
でも、最近は韓国映画の上映もあまりなく、まったく足を運んでいませんでした。(韓国映画自体、日本であまり上映されてませんしね)
ちょっと残念なニュースですweep

|

« 数が多い…。 | トップページ | 遅ればせながらポッドキャスティング »

コメント

ほんと残念weep
こちらでも韓国映画まったくと言っていいほど上映されなくなりました。結構いい映画あるという話なのに。。。

投稿: テラ | 2010年1月30日 (土) 11時46分

>テラさん。

最近日本映画が頑張ってますからね。
その分、なかなか普通の映画では入り込めないのかな。
コマーシャルの違いもありますよね。
仕方がないのかもthink

投稿: nikka | 2010年1月30日 (土) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 数が多い…。 | トップページ | 遅ればせながらポッドキャスティング »