« 音読始めました(1) | トップページ | 「緑本」8週目 »

2010年6月25日 (金)

やってくれました!!!

 やりましたね!! 岡田ジャパン、やってくれました~!up
 私、実は1時頃寝ちゃったんですけど、夫の「おお~!!」って声で起きました(>本田の得点シーンねsoccer
 これで韓国に続いて16強入りです。すごい、すばらしいです。

 韓国のスポーツ記事を読んでいたら、やはりまた兵役免除の話が浮上していましたね。(長いですが、以下に兵役免除の歴史(?)を記事から抜いてみます。)

「월드컵 16강..'병역 면제' 또 논란」→http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=001&aid=0003349393

현행 병역법 시행령은 '체육요원'이란 이름 아래 국제 대회에서 좋은 성적을 낸 체육인에게 병역 혜택을 주고 있다. 대상은 올림픽게임에서 금.은.동메달을, 또는 아시안게임에서 금메달을 수상한 선수다.

現行兵役法施行令は'体育要員'という名のもと、国際大会で良い成績を出した体育人に兵役恩恵(兵役免除)を与えている。対象はオリンピックゲームで金・銀・銅メダルを、または、アジア競技大会で金メダルを受賞した選手だ。

이들은 4주간 군사교육을 포함해 34개월간 해당 스포츠 분야에서 공익근무요원으로 근무하면 병역을 마친 것으로 간주된다. 형식상 공익근무를 하는 셈이지만 사실상 선수 또는 체육지도자 생활을 그대로 하면 된다.

これらは4週間、軍事教育を含んで34ヶ月間該当スポーツ分野で公益勤務要員として勤務すれば兵役を終えたと見なされる。形式上公益勤務をすることになるが、事実上選手または体育指導者生活をそのままやればよい。

이 제도는 1973년 도입된 이래 수차례 개정됐다. 맨 처음엔 올림픽이나 아시안게임뿐 아니라 세계선수권대회, 유니버시아드대회, 아시아선수권대회 3위 이상 입상도 수혜 대상이었다.

この制度は1973年導入されて以来、数回改正された。最初はオリンピックやアジア競技大会だけでなく世界選手権大会、ユニバーシアード大会、アジア選手権大会3位以上入賞も恩恵を受ける対象だった。

몇 차례 손질을 거쳐 1990년부터 지금처럼 올림픽 3위 이상, 아시안게임 1위 입상자로 대상이 제한됐다.

何回か手を入れて、1990年から今のようにオリンピック3位以上、アジア競技大会1位入賞者と対象が制限された。

그러다 2002년 한.일 월드컵에서 한국 대표팀이 4강 진출이란 사상 초유의 좋은 성적을 거두면서 병역 면제 여론이 일었고, 이를 수용해 월드컵 16강 이상 진출할 때도 병역 혜택을 주도록 법령이 개정됐다.

そうするうちに2002年韓.日ワールドカップで韓国代表チームが4強進出という史上初の良い成績をおさめ兵役免除世論が起き、これを受け入れてワールドカップ16強以上進出する時も兵役恩恵を与えるように法令が改正された。

이번 월드컵에서 뛰는 박지성, 김남일, 이영표, 차두리, 안정환 같은 선수들이 이때 병역을 면제받았다.

今回のワールドカップで活躍するパク・チソン、キム・ナミル、イ・ヨンピョ、チャ・ドゥリ、アン・ジョンファンのような選手たちがこの時、兵役の免除を受けた。

2006년엔 첫 WBC 대회에서 한국 대표팀이 4강에 오르자 역시 'WBC 4강 이상'이란 요건이 추가되면서 선수들이 혜택을 봤다.

2006年には最初のWBC大会で韓国代表チームが4強に上るとすぐにやはり'WBC4強以上'という要件が追加され選手たちが恩恵を受けた。

그러나 비인기 종목과의 형평에 어긋나는 것 아니냐는 지적 등이 나오면서 '월드컵 16강' 'WBC 4강' 요건은 2007년 말 폐지됐다.

しかし不人気種目と照らして不公平ではないかという指摘などが出て'ワールドカップ16強' 'WBC4強'の要件は2007年末廃止された。

여론이나 사회적 분위기 등에 휩쓸려 다소 오락가락해온 셈이다.

世論や社会的雰囲気などに巻きこまれて多少行ったり来たりしてきたのだ。

 この記事は、今回も16強に入った選手の兵役免除を…という話題が持ち上げっているという内容だったのですが、その理由としては、選手が一番活躍できる年齢に兵役につくことが選手の海外進出を阻むことになり、実際にワールドカップで勝つためには選手たちが海外で活躍してその経験を代表チームで生かすようなシステムを作る上で支障となるので兵役免除が必要だということのようです。

 これはこれで一理あるとは思いますが…難しい問題ですね。メジャー競技なら免除対象となってマイナー競技なら無視…というのも変だという意見や、そもそも国防問題にスポーツが何の関係があるの?という意見も一理あると思うし…think

 この問題はともかく、韓国チームにもがんばってもらいたいです。日本もやるぞ~sign03

|

« 音読始めました(1) | トップページ | 「緑本」8週目 »

コメント

私も4時に起きたら主人も見ていなくて。テレビをこわごわつけたら2点入っていて驚きました。
韓国では「兵役を終えて一人前」みたいな意識が強いそうですから、たとえスポーツ優待であっても軍隊に行かない、と言うことに引け目を感じることは無いのでしょうか。

投稿: ハーちゃん | 2010年6月26日 (土) 12時51分

>ハーちゃんさん。

軍隊に行った人は行かなかった人を
低く見るということを聞いてことはありますけどね。
よくわかりません。
韓国、負けちゃいましたね。残念です。
ああ、日本は勝ってほしい~up

投稿: nikka | 2010年6月27日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音読始めました(1) | トップページ | 「緑本」8週目 »