« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月28日 (水)

音読始めました(3)

 今日は、ひと月ぶりの韓国語教室で、楽しかったです~happy01
 授業はマンツーマンだし、雑談しながら、お互いにいろんな悩みとか愚痴とか気になってることとか自由に話せるので…。

 今日の発音チェックのポイントは、前回の記事のコメントにnarinyaさんが「いま、わたしの課題はニウンパッチム直後のミウム初声をスムーズに読むことと、イウンパッチムをもっとしっかりさせること!」って書かれてましたが、まさに←コレ!でした。
 どうしても「ㄴパッチム」+「ㅁ」って発音しづらいし、「ㅇ」は私の場合「ㄴ」に聴こえるみたいだし…。一つの単語を何十回か発音する中で、先生が「あ!それです!今のがすごくいいです!happy02」とか言ってくださるんだけど、気を緩めるとすぐ元に戻ったりして…もどかしいったらありゃしない~?typhoon

 あと、目からウロコだったのは「ㅡ」の発音。これまで「ㅡ」は「口を横に開いて発音する」と思ってたんですけど、意識してそうすると、逆に「ㅡ」の発音に聴こえないと指摘されました。「初級の頃、『ㅜ』と『ㅡ』の発音を区別するために、『ㅡ』は口を横に開くと覚えたんだと思いますが、どちらかというと、これは日本語の『う』でいいんですよ。『ㅜ』をきちんと口をすぼめて発音すればいいんです」とのことでした。…そうだったの~!? たぶん私の発音の仕方のせいだと思いますが、先生のおっしゃるように軽く「う」と言うつもりで発音したら、すごくほめられましたscissors(>いえ、ただ普通の発音になったってことですけどね)

| | コメント (4)

2010年7月27日 (火)

「美男이시네요(イケメンですね)」見てます♪

Ikemen

 「美男이시네요(イケメンですね)」を見始めました(フジテレビhttp://www.fujitv.co.jp/hanryu/ikemen/で昼間やってます)。といっても、放送時間に思い出したときだけ見てるので、すでに見逃した回もありますけどcoldsweats01

 まるまる「コヒプリ」ですね。男の子のふりをしてイケメン揃いの男の子の集団に紛れ込み、実は女の子だったというのがばれつつも、恋愛もうまくいっちゃう…的な?(+「花男」かな) ちゃんとしたストーリーを知らないので、単にイメージです。女の子の憧れのストーリーなのかな~? こういうストーリーって。

 それにしてもグンソク君の髪型、なんとかしてくれないかな~?(あのペッチャリ髪は、どうも受け付けない…punch) 目つきとかもなんか気持ち悪いです(>ミアネ)。3人の中ではジョン・ヨンファがいいかな~。かわいいし。正面からよりナナメから見た感じが好きです~。

 私の最近の(ちょっと前になっちゃうけど)イケメンは…

Jogi

 サッカー、ドイツ代表のレーヴ監督(愛称:ヨギ)ですheart01 いや~、シブい。カッコイイですup(オバサンの好みですみません~)


| | コメント (0)

2010年7月25日 (日)

「緑本」9週目

 8週目の記事以降、もうひと月たってるじゃんsign02 暑いし、仕事は忙しいし、子どもの夏休みが始まって生活リズムが狂いまくりだし…もう全く「集中」ということができませんcrying

 今回は「読解」の語彙があまりできませんでした。植民地時代=강점기[強占期]なども初めて目にしました。
 「語彙増強」の多義語はけっこうできましたが、韓→日訳ならわかるんですけど、日→韓訳だと無理…なものが多いので、反省です。
 ディクテーションで出てきた「シンクロナイズド スケーティング」って知りませんでした。「氷上のシンクロ」なんですね。見たことないんですが、きっと綺麗でしょうねup

| | コメント (4)

2010年7月18日 (日)

音読始めました(2)

…と言いつつ、いろいろあって정신이 없어서、この間全くやっていませんでしたshock で、久しぶりに今日再開しました。

 先日の授業では「개」という小学校の国語の教科書に掲載された文章を音読したのですが、まずこの「개」の発音が難しくて…coldsweats02 自分の発音がときどき「캐」に聴こえるんですよね。「かきくけこ」の平音って難しくないですか? 意識しないと激音になっちゃって。…という話をしたら、先生がある生徒さんも同じようなことを言っていて、その方の解決方法を教えてくださいました。

 その方は「개」のときは「kE」、「캐」のときは「Ke」というつもりで発音すると(>前者の場合は「e」を意識して、後者の場合は「k」を意識して発音。>強く発音するということではありません)、ちょうどいい感じheartになるということでした。「개」は長音なので、この方法はやりやすいです。…たしかに、いいかも!up

 もう一つ、意外にちゃんと発音できてなかったのが「입니다」です。私の場合、「ㅂ」を「ㅁ」と発音するのはできてるけど、その後ろの「니」が流れているのが気になると、先生に指摘されました。指摘されるまで全く気にしてなかったんですけど(>自分ではちゃんと発音できてると思っていたcoldsweats01)、たしかに「니」がなおざりになってる(?)感じで、ちょっと「니」に意識を向けると、ちょうどいい感じheartになりました。

*今さら…と思われるかもしれませんが、平音、激音、濃音の復習をしたい方、(今日見つけたんですけど)島根県立大学の「韓国語レッスン」はとっても親切です。音だけじゃなく、口の動きも見ることができるのでわかりやすいです。

島根県立大学「韓国語レッスン」→http://www.u-shimane.ac.jp/t/d-oh/index.html

「基本」って、何度やっても(やり直しても)いいと思いますwink

| | コメント (4)

2010年7月16日 (金)

『해변의 카프카』 제43장

★honeybee★さんに続いて43章です。
*記事アップが遅れてごめんなさい。日々難題に追われていました…down

 カフカはすべてを捨てて、森の奥に分け入っていきます。実際に荷物をすべて捨て、文字通り身一つで、「그곳에 있는 공백에 몸을 내맡기려고 한다(そこにある空白に身をまかせようとする)」。

 そうしてふと沸いた疑問。15歳のカフカにとって最も強烈で、唯一の疑問。

 왜 어머니는 나를 사랑해 주지 않았을까?
 나에게는 어머니의 사랑을 받을 만한 자격이 없었던 것일까?
 どうして彼女は僕を愛してくれなかったのだろう?
 僕には母に愛されるだけの資格がなかったのだろうか?

 自分が母に置き去りにされたことを考えているうちに、カラスと呼ばれる少年が現れます。

 혹은 나라는 경직된 껍질에서 빠져나가 한 마리 검은 까마귀가 되어 뜰에 있는 소나무의 높은 가지에 앉아,거기에서 툇마루에 앉아 있는 네 살 난 나를 바라본다.
 魂は僕というこわばった皮から抜け出して一匹の黒いカラスとなって庭にある松の木の高い枝にとまり、そこから縁側に座っている4歳になる僕を眺める。

 カラスと呼ばれる少年は、カフカ自身の魂であり、彼はカフカに「彼女を許さなくちゃいけない。それが君にとっての唯一の救いになる」と言います。

 カフカとカラスと呼ばれる少年のやりとりを読みながら、カフカが必死で大人になろうとしているような気がしました。生きていくうちには、どうにもならないこと、やり直したくてもやり直しができないことが存在します。そのことに捉われ、もがき苦しんでいることができるのは若者の特権だと思います。が、そうしているだけでは先に進めません。大人になるというのは、生きていくというのは、そういうどうにもならないことたちとどういう形であれ、折り合いをつけて、ある意味自分をだましてでも納得して先に進むことじゃないでしょうか。

 カラスと呼ばれる少年は、カフカの母親はカフカを愛していたし、愛しているがゆえに置き去りにしたと言います。でもそれって本当にそうなんでしょうか? カフカがそう思いたい、そう思わないとこの先とても生きていけないと、無意識のうちに自己防衛が働いているんじゃないかな。でも、それは決して他人が非難できることじゃないと思います。
 
 また、カラスと呼ばれる少年は、カフカの母親がそのとき圧倒的な恐怖と怒りを抱いていたことを理解しなくちゃいけないと言います。そう、母親だって、一個の人間であって、そのとき彼女が抱いていた圧倒的な恐怖と怒りも、決して非難されるべきものじゃないと思います。

 ほんとうにどうにもならないことってありますよね。正しいとか間違っているとか、後にそういう評価が出てくることはあっても、当事者としてまさに「その時」そうせざるをえなかったってこと。いろんな不幸な出来事って、こういう種類のものじゃないかな。戦争だってそうだと思います。ただ、当事者がそれを言い訳にするのは許されないと思いますが…。でも、それが過去のことになったとき、カラスと呼ばれる少年が「오히려 너를 무척 깊이 사랑하고 있었어.너는 먼저 그것을 믿어야만 해.그것이 출발점이야.(お前の母親はかえってお前をすごく愛していたんだ。お前はまずそれを信じなくちゃいけない。それが出発点だ)」と言ったように、まずは相手を信じて、それが相手を許すことができる出発点になるということなんじゃないでしょうか。


 さまざまな思いを胸に抱いたまま、途方に暮れるカフカですが、ついに“入り口”に辿りつきます。


★次はまろさんです。よろしくお願いしますconfident

| | コメント (6)

2010年7月12日 (月)

한국어 메모 46 간지남

携帯でニュースを読んでいたら、こんな記事がありました。

●韓国でいま人気は「カンジナム(感じ男)!」http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100711/kor1007111200004-n1.htm

 日本語の「感じ」から来ている韓国語ということで、「カンジナム(간지남)は着こなしが抜群で、しかもそのスタイルが似合っている男性を指すほめ言葉」だそうです。
 で、韓国でいちばんの「カンジナム」と言えば、ソ・ジソプだって~happy02
 若い人はフツーに使ってる言葉なんでしょうね。私はまったく知らなかったけど…coldsweats01

| | コメント (6)

2010年7月 7日 (水)

川島永嗣選手、ベルギーへ!

 ワールドカップ盛り上がってますね! みなさんの優勝予想チームはどこですか? 私の予想は…ドイツかな~。だってクローゼ、すごすぎますup これこそFW!っていう感じです。

 ところで、テレビ番組で、日本代表の守護神・川島永嗣選手について、英語、イタリア語、ポルトガル語が堪能でチームのブラジル人とは通訳なしで会話できるレベルだという話をしていました。海外でプレーすることを想定して勉強してたんだろうな、と感心しましたが、どういうふうに勉強してるのかが気になりました。
 そしたら、以下のような記事を発見(かなり以前の記事ですが)。

Jリーグ・キャリアサポートセンター
http://www.j-league.or.jp/csc/activeplayer/00000051.html

 Jリーグで、こういったサポートをしているということは知りませんでしたが、こういう仕組みがあるなら、選手もありがたいですよね。それでも、やはり川島選手自身の向上心に感服ですhappy02
 2005年時点ですでに上級レベルだったということは、その後も勉強しているでしょうからきっともうペラペラなんでしょうね。

 川島選手は、ベルギー1部・リールスとの契約交渉のため、昨日、成田空港からベルギーに向けて出発しました。ベルギーって、オランダ語がメインの公用語で、あとフランス語、ドイツ語らしいのですが、海外のチームは移籍してくる選手が多いから、きっと英語で大丈夫なんでしょうね。まあ、英語ができれば、どんな職業、どこの国でもOKなんでしょうけど。
今後の活躍を期待したいですsign03

| | コメント (4)

2010年7月 6日 (火)

한국어 메모 45 뺑소니

뺑소니 当て逃げ、ひき逃げ 

 クォン・サンウの뺑소니(当て逃げ)事件、再捜査か…?ということで、また話題になってますね。

 ニュース記事で一報を目にしたとき、クォン・サンウのイメージが崩れちゃって、すごくがっかりしたんですけど…think なぜ逃げてしまったのか、事の真偽はどうなのかわかりませんが、マネージャーに肩代わりさせようとしたとか、それが事実なら、そういうのだけはやめてほしいですね。特にファンはそういう姿、見たくないと思うし。
 現時点では、「事故後未処置」という処置となっているようで、人的被害を出したわけではないのでこれは「当て逃げ」ではない、ということですが、やっぱり「逃げちゃった」というのがどうしてもひっかかりますよね。

 これから彼が出演する映画やドラマに、車を運転するとか、そういう場面が出しづらくなったのは間違いないと思われますtyphoon

| | コメント (6)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »