« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

世襲

 ここ数日、北朝鮮の金正日総書記の三男・ジョンウン氏の話題で持ちきりですね。韓国でもトップニュースですもんね。これでもう正式な後継者ということになったということですが、世襲政治ってどうなんでしょうね。まあ、新しい世代に期待…でしょうか…confident

 世襲とは違いますが、衝撃のニュースが…sign03
 尾崎豊の息子(尾崎裕哉くん)がデビューするらしいですね。
http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/80505/full/?id=TOP1

 尾崎豊は私たちの世代の反逆のヒーローでした。年は私の1コ上でした。85年の代々木オリンピックプールのコンサートに友だちと行ったことを覚えています。亡くなったときは衝撃を受け、なんだか一時代が終わったな…と感じました。

 その彼の息子が21歳となり、CMデビューにあたり「I LOVE YOU」を歌ってるのを聞いたんですが、歌声がお父さんに瓜二つで、鳥肌がたちましたshine なんか心にぐっときて、涙してしまいましたcrying

| | コメント (4)

2010年9月24日 (金)

『엄마를 부탁해』読了~♪

Onma

 夏休みの宿題だったんですが、なかなか終わらなかった「オンマ」…。やっと読み終わりました。

*以下、ネタバレあります。

 正直、こういう終わり方をするとは想像していませんでした。「きっとオンマは見つかる!」と信じて読んできたからです。なぜ見つからないままで終わっちゃったんですかsign02 途中でちらちらと残像のように、オンマの目撃談が寄せられますが、それがあまりにもひどい様子だったので、よけいに見つからないままに終わっちゃったのがショックで…。目撃談を辿りつつ、オンマの人生を辿るようにして、ついにオンマを見つけるというストーリーだと勝手に思い込んでました…shock


 章ごとに、長女にとってのオンマ、長男にとってのオンマ、夫にとっての妻…と、家族にとってのオンマの存在というのに光が当てられていくのですが、読みながら、自分の母親のことも思い浮かんだし、母親としての自分自身の立場も考えたし、結構複雑な思いでした。そうです…自分としては家族のことを考えて自分のことより家族のことを優先してたとしても、それが当然みたいに受け取られてて(この「オンマ」のように個人としての存在は無視されて)、それがつらくなるときってあるんですよね、実際。ときどき「何のために、誰のために生きてるんだろう」と思ったりして…ねwobbly だからいつも母親としての自分も大事だけど、自分自身の生き方も忘れないでいたいと思ってはいます。母親としての私って、たぶん子どもが大きくなっていくに従って、だんだん小さくなっていく運命にあると思うから。


 ま、それはさておき。1~3章はそれほど気にならなかったんですが、4章以降、文章がすごく難しく感じました。最後のエピローグは、もう一度読まないと、ちゃんとわかってない気がしますcoldsweats01 だからオンマに会えなかったというストーリーがすんなり入ってこないのかな??(よくわかりませんが…)

Pieta

←サン・ピエトロ大聖堂のピエタ像

とりあえず、宿題、終わりました!happy02

| | コメント (18)

2010年9月22日 (水)

한국어 메모 47 물난리

 韓国は秋夕(추석)で、みんな田舎に帰ったりするところ、集中豪雨のため、大変なことになっている地域があるようです。

●SBS記事→"밤 깊도록 물 퍼냈지만.." 물난리에 '망연자실'

 タイトルにある「물난리」は 「난리(乱離)」とついているので、なんらかの騒ぎ、混乱が想像できますが、洪水や水害、水難で、大雨によって受ける被害・状況を指す言葉です。

*記事中気になった言葉

이재민 [罹災民] 被災者

기습 폭우 [奇襲豪雨] 日本では最近「ゲリラ豪雨」と言っていますね

아수라장이 된 집 修羅場と化した家

집중 호우 [集中豪雨]

속수무책 [束手無策] なすすべがない、お手上げ

침수 피해 [浸水被害]

산사태 山崩れ

토사 [土砂]

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

お久しぶり!

 昨日、久しぶりにワーキングホリデーで日本に来ている女の子と会いました。半年ぶりくらいでしょうか…。
 久しぶりに会った彼女は元気で働いているとのこと、職場のいろいろなことや、彼氏ができたということで彼氏の話しなど、いろいろ盛り上がりましたhappy02
 彼女が何度も言うのが、日本の男の人はなぜ自分の気持ちを相手に伝えるのが「恥ずかしい」と思うのか、ということ。…う~ん、どうしてかな~coldsweats01 「好きだ」とか「愛してる」とか絶対言わないし、メールとかでも言ってこないみたいで、それが不安だと。…彼氏! ちゃんと言ってあげてください~heart04
 ほとんど韓国語で話してたんだけど、意外に話せてることに驚いた私。まあもちろん完璧ではないにしろ、会話の流れをあまり妨げず、話し続けることができるってことにうれしさ倍増up 楽しかったですwine

| | コメント (4)

2010年9月17日 (金)

日本語学習支援ボランティア

 図書館の情報コーナーでふと目についたチラシ。「日本語学習支援ボランティア養成講座」。外国人に日本語を教えるボランティアを養成する講座で、市の教育委員会が主催で全5回の講座らしいです。

 申込締め切り日を見たら…なんと今日happy02 50名先着順と書いてあったので、締切日に申し込んでもダメかもしれませんが(のちほど連絡が来る)、ま、「やってみようかな」と思った記念(?)に申し込んでみました。

 外国語を勉強している方で、日本語教師(あるいはボランティア)をされてる方って多いですよね。私も興味はあったのですが時間もないし…とか思ってて、これまで躊躇していましたが。参加できることになったら、楽しんでやれそうな気がする~note

| | コメント (4)

2010年9月 9日 (木)

인디아카(インディアカ)やってみようかな。

 皆さん、「インディアカ」というスポーツ、ご存じですか? バレーボールみたいなルールで、羽根を手で打ち合うスポーツです。
 ネットで検索してみたら、韓国でも行われてるみたいで、インディアカで使う羽根がちょうどチェギみたいだと表現されていました。たしかに、形は似ています。でも羽根は足で蹴るんじゃなくて、手で打ちます。

인디아카の説明(韓国語のインディアカ協会サイト)
http://www.indiaca.kr/indiaca/indiaca.htm?PHPSESSID=f105682dd1962cb20998e717653f06ad

チェギチャギ(チェギ蹴り)
http://www.mindan.org/sidemenu/sm_minzoku_36.php

 以前から町内にチームがあることを聞いていて、やっている友だちに誘われたりしてたんですが、練習が夜で家を空けられないので、やっていませんでした。
 でも、いいかげん運動不足だし、週1回ならやれるかも…と思い、先週、見学に行ってきました。見学といいながら、結局全部みなさんと一緒にやっちゃったんですけどね。つまり、素人の私でも、とりあえずはできるような手軽なスポーツですscissors
 もともと私、球技は得意だったけど(ソフトボールとかバスケ)、バレーボールはあまり得意じゃないので(ボールが当たって手が痛いのが嫌だったdown)やれるのかな~?と思っていましたが、ストレス発散もできそうなので、やってみようかな~と思っているところですfuji

| | コメント (4)

2010年9月 7日 (火)

『해변의 카프카』제47장

★honeybee★さんに続いて47章です。
 韓国語の本には「재생과 구원의 길」(再生と救いの道)というサブタイトルがついています。

 時間はあまり重要でなく、食事をしなくても平気で、字というものが全く見当たらない不思議な空間で、カフカ君は少女時代のサエキさんと、大人になったサエキさんに、それぞれ会います。

 大人のサエキさんがどうしてもカフカ君に伝えたかったこと。それは、元の世界に帰り、そこでサエキさんのことを覚えておいてほしいということでした。そして「海辺のカフカ」の絵を、ずっと持っていてほしいとも…。

 カフカ君はサエキさんを許すことができました。サエキさんの血を飲むという行為は、母を許し、濃い血の繋がりを再構築する儀式のような気がします。「生きるということの意味がわからない」というカフカ君に、サエキさんは「絵を見なさい」「私がそうしたのと同じように」と答えて去ってしまいますが、これは一つの生き方、生き抜く知恵をカフカ君に授けたのかもしれません。

 来た道を戻り、「入り口」が開いているうちに元の世界に戻ってきたカフカ君。一度だけ後ろを振り返ったとき、強烈に引き戻されそうになりますが、「元の世界に戻らなければならない」というサエキさんの最後の言葉に、我に返り、戻ってくることができました。ここでは、母としてのサエキさんの、息子であるカフカ君に対する強烈な想いを感じました。

 前の章の「カラスと呼ばれる少年」では、克服できなかった父親との確執が描かれていましたが、この章では、母親との関係はフラットになった感じがして、少しほっとしました。親との関係性が以前とは違ってきたことで、これから完全に元の世界に戻って現実を生きていくうえで、今までとは違う世界が見えてくるような気がします。

―心に残った文章confident

그건 어떤 기분일까? 네가 완전히 너이면서,동시에 온전히 내 일부가 된다는 것은?
それはどんな気分なんだろう? 君が完全に君でありながら、同時に完全に僕の一部となるということは?

나를 기억해 주는 것. 다무라군만 나를 기억해 준다면, 다들 모든 사람이 다 나를 잊어도 괜찮아.
私を記憶してくれること。タムラ君さえ私を記憶してくれたら、他の人がみな私を忘れても構わない。

次はまろさんです。よろしくお願いします~wink 残り2章ですup

| | コメント (8)

2010年9月 3日 (金)

宿題、終わらず…。

 先週末、旅行から帰ってきたのですが、なんだかその翌日から体調が悪くて…。

 吐き気と下痢が二日続き、何にも食べられないので、三日目に病院に行きました。

 それから二日間点滴のみで過ごしましたが、昨日から食欲が出てきて、起き上ることができました。今日は普通に仕事もしてます。

 やっぱり暑さにやられたんですかね~。初めてです、こういうの。

 何だかんだ1週間くらいかかりました。復活するのに。

 やっぱり確実に年取って来てますね、私。down

 先生にも「相当ダメージ受けましたね…」なんて言われて。ははっ。

 というわけで、私自身の夏休みの宿題は終わりませんでした。

 子どもたちの宿題を終わらせるのに精一杯で。

 まだまだ暑いんですよねsun 皆さんも十分体調にご留意くださいねconfident

| | コメント (4)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »