« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

日本語学習支援ボランティア養成講座②

 先週、2回目の養成講座がありました。1回目に続き、教え方の技術などを教えていただきました。
 途中、先生が「わからないこと、聞きたいことなどあれば、私にぜひ連絡してください」と言って、連絡先を板書されました。普通、こういう講座で、講師の先生個人の連絡先(電話番号など)って教えたりしないと思いますが、先生はなんの躊躇もなく、連絡先を板書されました。
 そして、「私がわかることならなんでもお教えします。わからないことがあれば、一緒に考えたり探したりしましょう。それが本当に私にとって楽しいんです。知らないことを知るようになるのが本当に好きなんです」とおっしゃいました。
 そうなんですよね~。知らないことを知る楽しさこそ、勉強の楽しさだし、これって生涯変わらないものだと思うんです。先生、素敵ですhappy01 うちのお子様たちにも、ほんとこういうことを伝えたいんですけどね。なかなか難しいですdown

| | コメント (6)

2010年10月27日 (水)

まだ名無しの会だけど、「翻訳」やってみませんか? ②

*11月1週目まで、この記事をトップに置いておきますup


①からの続き~
Toshokan_2


…ということで、『メンバー大募集』します~up

 記事(翻訳)アップができる方、コメント専門、どちらでもOKです。メンバー参加してくれる方、コメントで参加表明お願いします!(>記事アップ担当かコメント専門か書いてくださいね)

 まあ、おそらく前回同様ゆる~い会になると思うので、気負わず、一緒に読書しましょう!というつもりでどうでしょう?wink

 本は、とりあえず11月1週目くらいまでにお手元に取り寄せてください(もちろん、後から途中参加もOKですからね、慌てなくてもいいです~)。
 教保文庫で注文したら、3日間くらいで手元に届きます。記事アップは11月中旬あたりから(おそくとも11月中~)やりたいですnew

 進め方はとりあえず昨日の記事に書いたようにやってみて、都合が悪ければまた変更しましょう。記事アップするよ!って方がどれくらい集まるか、今のところ不明だし…。

*あ、そうだ! 今回の「会の名前」も募集します~。前回のように素敵なネーミング、よろしくお願いしますnote

| | コメント (38)

2010年10月26日 (火)

まだ名無しの会だけど、一緒に「翻訳」やりませんか? ①

 「カフカの会」が終わり、何かまたやりたいな~と考えていましたが、今回は、「翻訳」に挑戦してみようnoteということで、テラさんと相談しました。

Toshokan

 実は、何を翻訳するかで、いろいろと迷っていたのですが、ちょうどラジオの「まいにちハングル講座 応用編」で始まった小説(『악기들의 도서관(楽器たちの図書館)』がとても読みやすい感じで、しかも短編集だと知り、取り寄せてみました。
 テラさんも本を取り寄せてくれて、それぞれ見てみたのですが、他の短編もおそらくそれほど難解ではないようだし、ラジオ講座のテキストに選ばれるくらいだからきっと内容的にも満足できる小説だろうと思い、この本に決めました。
 講座で取り上げる「악기들의 도서관」以外の短編を翻訳していきますsign03

*「악기들의 도서관」…興味のある方はぜひラジオを一度聞いてみてください。こちらでも聴けます(週遅れですが)

 で、問題は進め方なんですけど…。「カフカの会」のように当番制で少しずつ担当者が翻訳を記事としてアップしていくやり方も考えましたが、今回はあえて別の方法にしてみたいと思います。

 月に一度、毎月1日とか15日とか日を決めて、担当者がいっせいに記事アップします(もちろん数日遅れとかはOKとして。そのあたりはゆるく…ね)。担当は、各短編ごとに「担当する人」を募集しますconfident
 で、たとえば30ページの短編で担当者が5人いたら、30÷5=6ということで、各6ページずつ(>だいたいね)割り振る感じにしたいと思います。
 コメントは記事ごとに、今までのように、気になったこととか感想とか「私はこう訳してみたけど、どう?」とか、なんでもありでいいと思います。記事アップする方も、「ここわからなかったけど、どうかな?」とか、翻訳+感想でもいいと思います。

 ざっと全体で280ページあって(>巻末の解説除く)、「楽器たちの図書館」を除くと7編ありますので、単純計算で7カ月で読了予定ですscissors

→つづく

| | コメント (0)

2010年10月24日 (日)

『母なる証明』と『チェイサー』見ました

 先週、DVDで『母なる証明』と『チェイサー』を見ました。両方とも、私の周囲で評判が良い作品でしたのでwink

****以下、ネタバレあります***


Hahanaru

 まず『母なる証明』は、ウォンビンが除隊後初めての作品ということと、彼が知的障害を持つ若者の役をやるというところに注目しましたが、とてもよかったと思います。韓流四天王(>なんか懐かしい言い方…)的な感じはまったくなくて、自然な演技で母親に依存しつつも反発もする息子をうまく演じていたと思います。母親役のキム・ヘジャは言うことなしです。

 でも、ストーリー的にはどうでしょう? 最終的に「これが母親なんだ」ってことなんでしょうが、韓国が「これこそ、まさに母親だ!」と納得する感じだったんでしょうか? 韓国人の心の中にある母親像ってこういうもの? 息子が知的障害を持つ子という設定だったがゆえってことなら、なんかそれもなんか違うな~と感じました。要するに、息子を守るためなら殺人も犯すし、それをなかったことにするのが母親…ってことですよね。そこにはただ利己的な姿しか感じなくて、哀しさとかも感じなくて、まったく共感できませんでした。私は。

『母なる証明』あらすじなどはコチラでも↓
http://movie.walkerplus.com/mv45193/

Chaser

 『チェイサー』は、キム・ユンソクとハ・ジョンウの対決を見たかったので。キム・ユンソクさんはやっぱりいいですね~! 中年の魅力満載ですheart04 引き締まった肉体なんて必要ありません。ちょっと下っ腹が出てる程度がいいんですよ、このお人は(>完全に思い込みcoldsweats01) ハ・ジョンウも嫌らしさが前面に出てて、役どころをきちんと演じていましたね。

 ストーリー的には救いがない映画だったので、あまり感想はないんですけど。その分、怖かったです。母親を殺される子どもをやってるキム・ユジョンちゃんは、たくさんの作品に出ていますよね、よく見かけます。「風の絵師」も「ファン・ジニ」も出てたし。かわいいし、しっかりしていますshine

『チェイサー』あらすじなどはコチラでも↓
http://movie.walkerplus.com/mv38001/

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

ほめられた~♪

 7月以降、韓国語教室では『KBSの韓国語標準発音と朗読』を使って音読練習をしています。昨日で…6回目くらいかな? 毎回1作品をやっています。
①家では…音読しながら録音→気がついたことをメモする
②授業では…とくに難しかったところ、注意したところなどを話しあう→録音を聞きながら変なところをチェックしてもらい集中してやり直す(録音する)

 これまでの練習で気がついたのは、よく外国人が日本語を話すとき、「ワタ~シハ○○デ~ス」みたいな感じになっていますが、私もそれと同じような感じで読んでいるんじゃないか?ということです。今、コマーシャルしている西友の「モッタイナイ。」みたいな感じ?coldsweats01 言葉は間違っていないんだけど、変なところにアクセントがあったり、イントネーションが変だったり…。もちろんこれは、外国人の母語が干渉しているわけですが、私の場合は母語の干渉というより単にクセみたいです。

 でもこれまで韓国語を習っていて、発音や話し方のクセを注意されたことってなくて、気がつかなかったんですよね。先生によって、どこに重点をおいて教えるか…ということもあるかと思いますが、もっとはやい時期に指摘してもらえたらよかったな~と思います。最初はやっぱり基本の文法から勉強すべきだとか、発音の注意ばかりやると生徒が嫌になっちゃうからまずは通じればいいとか、まあ、いろんな理由で、私の勉強の中でこれまで放置されてた分野になっちゃったんですね…。でもラッキーなことに、今回の録音練習のおかげで弱点がわかったわけですから、克服できる…かもしれませんwink

 昨日の授業では、家で録音していった音読を聞いて、先生がすごくほめてくださいました。ウリ先生はとってもほめ上手です。この年になって「よくできましたね!」って、直球で人に褒められることってないから、こそばゆい感じで、なんか恥ずかしいんですが、正直うれしいです。えへっbleah

| | コメント (2)

2010年10月16日 (土)

日本語学習支援ボランティア養成講座①-2

(→つづき)

 どうやら安住アナが日曜の朝やっているラジオ番組で話したのが、ポッドキャストで聞けるようなので、聞いてみました。

「にち10」ポッドキャストはここから↓(2008年09月14日放送分)
http://www.tbs.co.jp/radio/nichiten/pod/20080914.html

 …聞きながら爆笑! おもしろすぎです。安住さんscissors 「ん」の発音は、以下のようにタイプ1~8までに分かれるらしいということですが、私も後半はよくわかりませんでした(爆)

タイプ1…けんか
タイプ2…かんたん
タイプ3…にほんばし
タイプ4…かんらん
タイプ5…かんきん
タイプ6…まんほーる
タイプ7…かんさ
タイプ8…ふじさん

 安住さんが、番組中に「平成19年は『へいせいじゅうきゅうねん』なのか『へいせいじゅうくねん』なのか」も以前にかなり研究(?)したという話をしてましたが、こういう話、大好きですhappy01 

…顔からして、どうしてもAB型にしか見えない安住さん。私と同じAB型のにおいがしますcoldsweats01


| | コメント (8)

2010年10月15日 (金)

日本語学習支援ボランティア養成講座①-1

 先日ハガキで応募した、市が主催する「日本語学習支援ボランティア養成講座」ですが、運良く当選し、今日は1回目の講座に行ってきました。「定員50名で、多ければ抽選」という話で「参加者はそんなにはいないだろう」とたかをくくっていたら、講座の会場には50名ほどぎっしりいらっしゃいましたdash だいたい私より年上の方ばかりでした。

 講師の先生が、外国人に日本語を教えること、日本語の特徴についてなど、2時間お話しされました。すべて興味深いお話で飽きずに楽しく勉強できましたup

 なかでも「ん」の発音についての話のとき、3種類あるっていうのは韓国語ではお馴染の話だから、フンフンnoteと聞いていたのですが、実は「ん」の発音は3種類じゃなくて8種類もあるらしいっていう話が出て、これは初耳でした(講座での説明は、時間の都合で3種類についてのみ)。「ん」は次にくる音の影響を受けやすく、3種類っていうのも次にくる音が何かによって発音が変わるんですよね。

 最後に質問コーナーがあって、私も手をあげました。私が聞いたのは、「『ん』が文字間にあるとき3種類の変化があるということでしたが、文字の最後にくる『ん』の発音はこの3種類に分類できるのか、ほかの種類になるのか」ということでした。先生のお答は「ほかの種類になる」ということでしたが、加えて「安住アナが『ん』の発音を研究したらしく、ネットでその音声も聞けますから、検索してみて」とおっしゃるので、家に帰って早速検索してみました。(→つづく)

*余談ですが、先生が「安住アナ」の名前が出てこなくて、「え~っと、テレビでよく泉ピン子さんなんかと旅をしている…」と言いかけたら、すかさず「安住アナ!」って声が数人から上がりました。安住アナ…年上女性に大人気なのねheart01

| | コメント (0)

2010年10月14日 (木)

「カフカの会」終了~♪

 去年の5月から続けてきた「カフカの会」。村上春樹さんの『해변의 카프카(海辺のカフカ)』の韓国語版を、ネットを通じて読書会的な感じでみんなで読みましょう!という会でしたが、このたび、ようやく下巻最終章に到達しました~!shine

 最初はちょっとした思いつきでテラさんと「やろうやろう!」ってことで始めたのですが、自分のブログで記事をアップしてくださる方や、コメントを付けてくださる方など、それなりの広がりをもって続けられて、とっても満足しています。みなさん、ありがとうございましたsign03

 実際にコメントはしてないけど「読んでますよ~」とか「記事を楽しみにしています」とか、そういうありがたいメッセージをメールで送ってくださる方もいたりして、ネットの力ってすごいなと思ったりなんかして。

 記事アップされていた方が、それぞれ「カフカの会」を通じて、『海辺のカフカ』を読んで感じたことなど、記事アップされているので、ぜひ読んでみてください(テラさんたまさん、★honeybee★さんまろさん)。

 私、個人的には、読書という個人的な楽しみをみんなで共有できたというのが一番素敵な体験でしたheart04 もともと読書好きで、友だちと小説の話をするのは身近にやっていますが、韓国語の本を…となると、これは不可能だったんですよね。『カフカ』を読みながら、「ここの表現は…」とか「ここはどういうこと?」とか、それが正しいとか間違ってるとかそういうのは問題外で、いろいろ突っ込んで話ができたのがとても貴重な体験となりました。単純に楽しかったしね!

 あと、参加された多くのみなさんがおっしゃるのが、「原書(韓国語の本)を読むのに抵抗がなくなった」ということです。私もそうですね。カフカを読んだ後、2冊これまで原書で読みました。翻訳本のカフカよりかなり難しく感じましたが、「読むのは無理」とは全然思わなくて、少しずつですが読み進められました。原書に対して感じていた敷居の高さを感じなくなったのは大きなことだと思いますwink

 さて、参加された方は、「カフカの会」が終わり、みなさんなんとなく物足りないような(>ほっとしたような?)気持ちでしょう。また、なにか面白い企画を考えてみんなでやりたいですね! どなたかいい企画があれば上げてくださいね。私も考えていることがあるのですが、具体的にどうしたらいいのかまだわからないので、のちほど…scissors  

| | コメント (10)

2010年10月13日 (水)

まさかの…

 土曜日の夜、なぜか蕁麻疹が上半身に出て、かゆいな~と思っていたら、月曜日には耳の下あたりにグリグリしたものが出てきたので、心配になって休日診療の病院に行ってみました。


 そしたら、まさかの…


              おたふく風邪 Σ(゚д゚;)

 볼거리, 이하선염(耳下腺炎)ですね。辞書を見たら、「항아리손님」とも言うって書いてあったんですが、「甕のお客さん?」っていう言い方が、超かわいい感じですnote

 …って、実際の私は、たしかに「甕」っぽいですよdown ここ2日ほど、この顔なので、もとの顔がどんな顔だったか忘れそうになっているのが怖いです…shock

| | コメント (4)

2010年10月 9日 (土)

広報大使のお仕事って…?

 今日は一日、雨の中rain、子どものガールスカウトの活動に同行してきました。
 
 最初、渋谷にあるガールスカウト会館に行ってきました。

 日本のガールスカウトは今年90周年を迎えるので、いろいろなイベントを行っています。

 日韓の交流も盛んで、交流事業もこれまでずっとやってきました。

 ガールスカウト会館の中に、日韓交流事業に関する資料が展示されていたのですが、中にこんなパンフレットがありました。

Girl1_2Girl2


 2004年のモノですが、ピ(レイン)がガールスカウトの広報大使をやっていたときのパンフレットです。あのスターがこういうこともやっていたのか~と、韓国映画好きの友だちも感心していましたconfident

*今日も結構雨が降っていましたが、明日も降るかな~? 明日はウリトンネのお祭りです。子どもたちのパレードや山車ひき、会所の手伝いなど、びっしりスケジュールが…coldsweats02 雨、あがってほしい~!

| | コメント (2)

2010年10月 7日 (木)

「アクシデント・カップル」が終わりました

Accident


 フジテレビで、平日の午後にずっと韓国ドラマをやっている枠が「韓流α」なんですが、このところやっていた「アクシデント・カップル」が月曜日に終わりました。

 このドラマ、ときどき見る程度だったんですが、主人公の二人がとっても「いい人shine」だったので、見ていて嫌な気持ちにならなくて、ほのぼのと見ていられました。

 まったく冴えない郵便局員のク・ドンベクは、映画界で演技派として有名なファン・ジョンミンがやっていました。彼はどうして、こう田舎の冴えない男子役が似合うんでしょうか…coldsweats01 彼の作品で私が見たのは「ユア・マイ・サンシャイン」と「女、チョンヘ」なんだけど、どっちもそうだったし…。

 女優のハン・ジス役のキム・アジュンは、すごく自然な演技でよかったです。笑顔がとってもキュートでheart04 よくある「私は女優よ!」的な演出がなかったのがよかった。

 ラブ・コメだったけど、私が苦手なドタバタ劇が少なくて、ほんわかできるドラマでした。

 このドラマ枠は、月曜日からは「ある素敵な日」(コン・ユ主演)が、火曜日からは「シンデレラのお姉さん」(ムン・グニョン主演)が始まりました。まだどちらもストーリーも知らないのですが、時間があるときはチェックしてみますup

| | コメント (4)

2010年10月 6日 (水)

でき婚って…。

リュ・シウォンさん、結婚だそうですねbell
しかもでき婚…。
有名俳優のでき婚って多いですよね?
イメージ的にはでき婚って、まだ社会的には許容されてない気がしてたんだけど、
そうでもないのかな?
あるいは芸能人はOKとか? 男性俳優はOKとか?
まあ、それなりのお年頃だし、おめでたいことなんだから、
別にいいとは思いますけどねcoldsweats01

| | コメント (14)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »