« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月26日 (土)

「ぽにょっ会」第3回エントリー始めます!

 김중혁さんの小説『악기들의 도서관』(『楽器たちの図書館』)を、みんなで翻訳しよう!という「ぽにょっ会」をやっています。(これまでの活動については、左のカテゴリ「ぽにょっ会」でご覧下さい)

 第2話の「マニュ・ジェネ」については、ほぼコメントも出揃ったようなので、次のエントリーを開始したいと思います。

 第3話は「비닐광 시대(ビニル狂時代)」です。今回も翻訳を分担し、メーリングリストで発表した後、各自のブログで意見交換しますhappy02

●エントリー期間:3月5日(土)まで

<翻訳メンバー>…メンバーが決まったら翻訳を分担します。
期日までに翻訳をして、その原稿をメーリングリスト(メンバー間のML)に流します。

<コメントメンバー>…翻訳はしませんが、翻訳担当者がブログで記事をアップしたときに、
それにコメントを残します。担当者への質問や自分の翻訳についてなど、コメントしてください。

●エントリー方法:この記事のコメント欄にて、「翻訳やるよ!」「コメントやるよ!」と、申請してください。
(前回までの登録者はMLにてお願いします)

※現在のエントリー(逐次、更新していきます)/2月28日現在

(翻訳)ゆうさん、torakoさん、ひがなおさん、おけいはん。さん、asakoさん、テラさん、nikka (7名)

(コメント)ハーちゃんさん、はっちさん (2名)

↑間違ってたら、ソッコーお知らせくださいcoldsweats01

*「参加してみたい!」という方、メンバー随時募集中heart04ですので、この記事にコメント残してください!

<2月28日追記>
翻訳メンバーですが、早速エントリー下さり、ありがとうございます!
担当ページ数の関係で、8名くらいで分担がいいかな~?と思っていたら、あっという間に7名集まりました(>うれしい悲鳴?)
今回は、私の独断で、「最大10名」にしたいと思いますsign03
(>10名だと、一人3ページ分担になります)
ご了承いただけましたら、幸いです。よろしくお願いいたしますup
*コメントメンバーは制限なしです~。

| | コメント (4)

2011年2月24日 (木)

ささやかすぎる…かな?

「ぽにょっ会」の話なんですけど。
もうずいぶん前に、各担当者の方の翻訳アップが終わり、
それぞれの感想(&疑問点)記事にコメントをつけようとしていたのですが…。
なかなかこれが進まないshock

一応、私は私で訳をやっているので、
担当者の訳と一文ずつ比べていきます。
担当者の訳がすばらしくて、目からウロコが落ちるときもあるし、
担当者が苦戦しているところには「こんな訳は、どう?」みたいな感じで
提案するときもあります。
これが、かなり楽しい作業なんですよね~sign03

でも、やっぱり韓国語らしい言い回しになると、
ドンピシャな訳を求めて、あれこれ悩んだりして、
なっかなか前に進みません。
昨日は、仕事を脇に置いて、半日ほど格闘しておりました。
結果、やっとゆうさんまで辿りついて、コメントしました。
おけいはん。さん! 次なので、待っていてください~!!coldsweats01

今月は(というか、もうずっとこの調子なんですけど)忙しいので、
韓国語教室もお休みになっています。
だから、今、韓国語と触れ合っているのは、
まさにこの翻訳と格闘している時間だけです。
(だからブログのネタがないんです…)
かなり地味な感じですが、私の今のささやかな楽しみ…かなnote

| | コメント (3)

2011年2月 9日 (水)

「매뉴얼 제너레이션」③ p.46~p.50の3行目

 今回の作品、全体的にはマニュアル雑誌の出版をめぐるストーリーだったので、非常に身近な感じがしました。でも実際にこういう雑誌が出たとして、購買層がどこにあるのか? 追加投資ってあり得るのか?…など、現実的なツッコミどころがたくさんありました。そんなに甘い世界じゃないのよ~って(苦笑)。

*気になったことなど

①複合語(合成語)がたくさん出てきましたね。複合語って辞書(『朝鮮語事典』小学館)に出てないものが多いです。くっつく補助用言の基本的な訳し方を覚えておけば、だいたいの線では合ってると思いますが、本当はちゃんと確認したです。みなさんはどうですか?

例)p46/10行目 써내려가다→쓰다+내리다+가다(~していく、~になっていく)
   p46/16行目 털어내다→털다+내다(十分に~する、~しきる、~し抜く、~出す)

②p47/10行目
그녀는 키가 컸고,몸집도 두툼했기 때문에 더욱 비장한 느낌이 들었다.(彼女は背が高く、体格も厚着しているせいで一層悲壮な感じがした。)

「두툼하다」は「分厚い、余裕がある、ゆとりがある」という意味ですが、この訳はどうでしょうか? よくわかりませんでしたcoldsweats01

③p49/8行目
쓰레기를 넣으면 쓰레기가 나올 수밖에 없다. (ゴミを入れればゴミが出てくるしかないのだ。)

韓国のことわざなのかな?と思って調べたら、もともとはIT用語だとか。
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/gigo.html
http://www.sophia-it.com/content/GIGO
英語圏ではよく使われる慣用句となっているらしいです。私は全然知らなかったけど…。こういうのが出てくるというのもイマドキの作家という感じですflair

④p49/11行目の「수습(사원)」の訳は?

おそらく正社員じゃなくて、試用期間の社員という意味だと思うんですが、そういう社員を指す言葉ってありましたっけ? 研修生としましたが、ちょっとニュアンス違うかな?(>ひがなおさんも悩んだみたいですねwink

*46ページ13行目に「매뉴얼을 쓴다는 것은 창작하는 것이 아니라 발굴하는 것은 아닐까,라는 생각이 들 정도다.(マニュアルを書くというのは創作するのではなく、発掘することではないか、という気がするくらいだ。)」という文がありましたが、これは前作の「自動ピアノ」の芸術観に似ていますよね。書き手の感情とか意志とかそういう小手先の装飾は必要じゃなくて、そもそもそこに埋もれているものを、そのまま取り出す…みたいな感じ。両作品、同じ匂いがしましたwink

以上です~。
翻訳についてお気づきの点があれば、どうぞご教示ください。

私の次は→ひがなおさんですup

| | コメント (16)

2011年2月 6日 (日)

待っててね~!

「マニュアル・ジェネレーション」翻訳中です。
あと5頁くらいです。
終わったら、自分の担当のところ、ちゃんと見直しますので、
MLアップはもうちょっとお待ちくださいsign03>メンバーの皆さま。

今、ほんといろんなことが集中していて…。
仕事で担当している本(編集中)が5冊。
(いつもは2~3冊くらいを常時持ってる感じなんですけど。)
今週末は下の子のバスケの試合(の応援)。
来週末は上の子の吹奏楽祭(の応援&お手伝い)。
さ来週は私のインディアカの試合(>試合デビューですpunch)。

ふっ…、3月はさらにスゴイことになりそうです…shock

| | コメント (10)

2011年2月 2日 (水)

正直すぎ…?

はあ~、なかなか仕事が終わりません。
ということで、引き続きテレビをつけつつ、仕事していますdespair

「ぷっすま」で草なぎくんが翻訳本を出した!という話題から入りましたが、
ユースケが「すごいじゃん!」というと、
すかさず草なぎくん「先生がいたんだけどね」って…happy02
ユースケはすかさず「正直すぎ。言わなくていいよ」みたいなこと、言ってましたが…。

↓この本です

原作はイ・チョルファン作の「練炭の道」で、360万部突破しているとのこと。

関連記事はコチラ→http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=136513

原典を読んでみたいですwink

| | コメント (4)

2011年2月 1日 (火)

愛憎の二百年!

たまたまテレビをつけたら目に入った番組。
NHKの「英語・愛憎の二百年」。
「愛憎の」っていうのが、なんか笑えますwink
日本人って英語教育に熱心なんだけど、要するに成果が出ない。
なかなか上達しない。
なんで…??
っていうのを追う番組のようです。
今日は江戸時代、日本と英語の出合いから。
幕末頃、読み中心の学習法が主流となり、
しゃべるのはダメだけど、読むのはOKみたいな流れができたようです。
全4回の番組です。結構おもしろそうですよshine

NHK番組HP→http://www.nhk.or.jp/etv22/tue/

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »