« 愛憎の二百年! | トップページ | 待っててね~! »

2011年2月 2日 (水)

正直すぎ…?

はあ~、なかなか仕事が終わりません。
ということで、引き続きテレビをつけつつ、仕事していますdespair

「ぷっすま」で草なぎくんが翻訳本を出した!という話題から入りましたが、
ユースケが「すごいじゃん!」というと、
すかさず草なぎくん「先生がいたんだけどね」って…happy02
ユースケはすかさず「正直すぎ。言わなくていいよ」みたいなこと、言ってましたが…。

↓この本です

原作はイ・チョルファン作の「練炭の道」で、360万部突破しているとのこと。

関連記事はコチラ→http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=136513

原典を読んでみたいですwink

|

« 愛憎の二百年! | トップページ | 待っててね~! »

コメント

「先生が・・・」というコメント、私も聞いて笑いましたhappy02
ほんと草薙君らしい。

これはシリーズで4巻出ているみたいですね。
童話とか漫画とかもありますね。
時間があったら買ってこようかな。。。

投稿: テラ | 2011年2月 3日 (木) 09時45分

>テラさん。

私もその発言を聞いて
「あらまあ、それオフレコでしょ~!」って笑っちゃいましたよ。
夜中の番組だから、いいってことになったのかな?coldsweats01

投稿: nikka | 2011年2月 5日 (土) 10時48分

nikkaさん、お忙しそうですね。
でも、お忙しくて大変な時こそ、一方で韓国語の世界を確保して気持ちのバランスをとるのが良いみたい。
これは私の感想ですが。

草薙君、頑張ってますよね。
연탄길1読みましたが、
韓国人がどんなところに気持ちを動かされるか少しわかるようになる本ですから、
原典まだ読んでいらっしゃらなかったら、お勧めですよ。
私は、特にその中の풍금 소리というのが好きです^^
いつか訳してみたいと思っていたのに、
草薙君に先をこされちゃった!なーんちゃって。

投稿: ゆう | 2011年2月 6日 (日) 14時16分

>ゆうさん。

翻訳、やっと数日前から取り掛かりました。
とりかかれば楽しいので、すいすい(とまでは言えないけど)翻訳してます。
今しばらくお待ちください!
ゆうさんはもうこの本読まれたんですか。さすがです。
おすすめ…とあらば、読んでみたいですねwink

投稿: nikka | 2011年2月 6日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛憎の二百年! | トップページ | 待っててね~! »