« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

「악기들의 도서관(楽器たちの図書館)」⑩  P.135 20行目~最後

大変遅くなってすみません!
担当部分の感想をアップします。

●시타르…シタール。インド楽器の代表的存在。シタールは全長1.2Mほどの長い楽器で、弦は上下に二層に分けて張られています。弦の種類はスチール弦で、何音階にも渡るミード(弦を引っ張って音程を上げる事)をするために一番メインの弦の下にはなにも弦は張られていません。シタールの1番下部の大きな膨らんでいる所はトゥンバと呼ばれ、南瓜もしくは瓢箪で作られています。

Photo


*シタールの写真と上の説明は、以下のサイトより。
http://www.tirakita.com/gakki/id_star_10.shtml

*シタール奏者オザキシュウヘイさんのサイト(音楽が聴けます)
http://ameblo.jp/sitarozaki/

シタールの音を聴くと、たしかに「쓸쓸하다는 게 어떤 건지 알 거 같아요(p136/12l)」って感じの音色ですね。でも、少女が言うセリフとしては渋すぎるっていうか、昔、オリンピックで若干14歳の少女だった岩崎恭子さんが「今まで生きてきた中で一番幸せ」って言ったときのような印象を受けました(>知ってる人いるよね~!?)coldsweats01

●주크박스…ジュークボックス。この響きを聴くと、すごく懐かしい~感じがします。そういえば昔あったなあ!って。場末のバーとかビリアード場とかボーリング場とかね。いわゆる娯楽施設? 今もあるんでしょうか? ちょっとしたアメリカの古き良き時代(!)の雑貨店や喫茶店なんかにはおいてありそうですけどね。そういえば、なんで「ジューク」なんだろう…と思って調べたら、ウィキにこう書いてありました。

"juke box" という用語は、1940年ごろからアメリカ合衆国で使われはじめた。もともと、(西部劇によく出てくるような)飲食やギャンブルを楽しむ店を "juke joint" と呼んでおり、それが語源となっている。"juke" はガラ語で「無法、騒々しい、悪い」の意。

そうだったのか~happy02

*友人と作った「악이 소리 주크박스(楽器の音のジュークボックス)」は、思いがけず当たりました。いろいろに利用するために、人々は自由に音を持ち帰ったり、ある人は音を提供してくれたりして、ちょっとしたコミュニティとなりました。それでミュジカが「악기 도서관(楽器図書館)」と呼ばれるようになったんですね。
 商売で当たることを狙って始めたわけじゃないし、当たってからも儲け主義になっていないところが、すごく自然な感じでいいですね。まだ、今の状況を社長が知らないっていうのもいいし。帰ってきてこの状況を知ったときの社長の反応が知りたい!ですねnote 私は、社長が「このまま店を任せようか?」と言う…に1票ですup

訳していて難しいと思ったところはとくになく、なんとなくで訳してしまったところも多かったのですが、自分が昔ピアノをやっていたり、バンドをやっていたりしたときのことを、つらつら思いだしながらで、楽しかったですwink

| | コメント (18)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »