« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月28日 (金)

勉強法

以前の記事で、今回のイタリア語の勉強は「韓国語を勉強した時と違うアプローチ」でやる!…と書きました。

で、最近始めたのがコレ↓

2011102717120000


身の周りの単語を覚えるときに、こうして付箋を貼っている方も多いと思いますが、
私は初めてのけ・い・け・んheart01

だいたい狭い家で、家族もいるのに、あちこちに貼ったら迷惑…っていうか、鬱陶しいと思って、やったことがなかったんです。

そこで、今回は事務所(>仕事用に借りている部屋)でやることにしました。

ここならまあ文句を言うとしても、せいぜい夫が「なんじゃこりゃ?wobbly」と言うくらいだと思って…。

手始めに、文房具をやってみました。

この方法のいいところは、やはり何度も目にするってことですね。

目にするたびに口に出して読んでいます。

これなら覚えられそう~up

| | コメント (7)

2011年10月27日 (木)

ハングル力測定テスト!

NHK関連のサイトで「ハングル力測定テスト」というのを見つけました。
Hangeul

http://hangeul-ryoku.nhk-book.co.jp/


さくっとやってみましたところ、

92点でした〜happy01

いや、別に検定試験みたいな難しい問題じゃないから。

私が間違った問題は…  (以下、やってみたい人は見ないでねwink

エンタメ系の2問。

ドラマ「トンイ」の主人公は?、っていうのと、

K-POPのガールズグループの人数の多い順に並べる、っていう問題。

みなさんもやってみて〜note

| | コメント (6)

2011年10月24日 (月)

ラジオをつけた瞬間②

*懲りずに、第2弾行きまっすhappy02

ある日、イタリア語講座を聴こうと、ラジオをつけた。

男性講師の声 ; 男性の愛人は「アマン」ですが、女性の愛人は…。

…って、イキナリ「愛人」の話ですか…?eye

どうやら『ボヴァリー夫人』の話みたいです。

『ボヴァリー夫人』って、主人公が不倫して最後は自殺する…みたいな話らしいですね。

フランス文学としては有名なんだと思いますが、そういう文学を取り入れるフランス語講座! なかなか「攻めて」ますねscissors

さすがのエスプリです~(?)

| | コメント (2)

2011年10月21日 (金)

ラジオをつけた瞬間①

珍しくラジオ講座の受講は続いている。


そろそろ時間だな…と思ってラジオをつけると、


だいたい前の講座の締めの話になっていることが多い。


ある日の夕方、イタリア語講座の再放送を聴こうと、ラジオをつけた。


いきなり大声で


「バカ!!!」 Σ(゚д゚;)


…そして、イタリア語講座のイントロが始まった。

(・_・)エッ....?

今、「バカ!」って言ったよね?


イタリア語講座の前はロシア語講座。

急いでネット検索してみたら、

Пока! (パカ!)=じゃあね!

だって。

びっくりしたよsmile

| | コメント (2)

2011年10月20日 (木)

お会いできました~♪

韓国文化院で開催された東京フォーラムに行ってきました。

まずは、フォーラムの前に、たまさんとippoyoさんとランチrestaurant
楽しくおしゃべりしました。

津島佑子さんとシン・ギョンスクさんの対談は、
とてもフレンドリーな雰囲気が漂っていて、
お二人の関係がそれだけ深いんだな~と感じさせてくれました。

現代の家族のあり方についての対談でした。
『オンマをお願い』を取り上げながら、
「家族ってなに?」「幸せってなに?」っていう根源的な問いについてのお話でした。
お二人が女性ということもあってか、
肩肘張った感じではなく、とても自然な感じで、共感するところが多かったです。

対談後、シン・ギョンスクさんにサインを求める列に並びました。
『オンマをお願い』(韓国語版)を持って行ってたので。

「オンマを最後まで探し出せなくて悲しかったです。
私もオンマだから。」って申しましたら、
「オンマは私たちが探さなきゃならないでしょ^^」っておっしゃって。
この小説のテーマを踏まえた、とてもナイスなお答えでしたgood
誰もがオンマであり、オンマを探す家族であり…。

本にサインしてくださったのですが、そこには

「꿈을 이루세요(夢をかなえてください)」

という文字も…。

シン・ギョンスクさん。ありがとうございましたhappy02

| | コメント (8)

2011年10月19日 (水)

似てる。

韓国語

 「시작이 반이다」

 =事を始めたら、もう成すことの半分は終わったも同然である


イタリア語

 「Chi ben comincia, è a metà dell’ opera.」

 =うまく始められた人は、仕事の半分はできたようなもの

…似てるsun

| | コメント (6)

2011年10月14日 (金)

勉強はじめて1か月…。

イタリア語の勉強、ほそぼそと続けております。
韓国語を勉強しはじめた頃と違う勉強方法にチャレンジ中。
「違う方法」って言っても、な〜に、特別なことはない。
…単に、「お金をかけずに勉強しよう」ということeye

正確に言うと、「(かけるお金がないので)お金をかけずに」なんだけどね。

まずは、1冊だけテキストを購入。
たぶん韓国語を独学で始めようとする時は、入門書的なもののあまりの数の多さに「1冊だけ」ってことが逆に難しい気がするんですが。
イタリア語の場合は、(もちろんたくさん出版されてはいますが、韓国語ほどじゃないので)選ぶ余地がそれほどありませんでした。

・文字から解説してあること。
・文法がきちんとわかること。
・ドリル的なものもついていること。

以上のことから、「しっかり学ぶイタリア語ー文法と練習問題」の1冊を選定。

それと。

ちょうどラジオ講座の改編時期だったので、10月からラジオ講座聞いています。これも、韓国語のときはほとんどやってなかったことです。新鮮だわ〜shine

「まいにちイタリア語」と「アンコールまいにちイタリア語」の2つ。

ただね。

基本の「まいにちイタリア語」なんですけど、4月から引き続きの番組なので、最初からかなりレベルが高いんですよ〜。

私が「ほほ〜、単語には男性と女性があるのか…」などという、のん気なことを言っているレベルじゃないんです。…これには参っていますrain

まだ定冠詞、不定冠詞さえ危うい状態で理解するには、あまりに高度な内容でして。

…10月からじゃダメなのかな。と、つい弱気の私です。かといって、来年の4月を待つほど首が長いわけじゃないので(?)、半分無理矢理聞いてますけどね。

Forza!(がんばれ!)>自分。happy02

*自分を鼓舞するために、ちょこちょこイタリア語のことなぞ書いていきます〜!

| | コメント (4)

2011年10月13日 (木)

「유리방패(ガラスの盾)」の翻訳分担発表~!

はい、第5回の翻訳分担を発表します~up

1) たまさん 最初~p146/3行目

2) テラさん p146/4行目~p151/2行目

3) nikka p151/3行目~p155/13行目

4) torakoさん p155/14行目~p160/4行目

5 )ふにゃさん p160/5行目~p164/13行目

6) ゆうさん p164/14行目~p169/18行目

7) ひがなおさん p169/19行目~p175/10行目

8) おけいはん。さん。 p175/11行目~最後


翻訳の発表は、ML上で、11月20日(日)を目標にsign03

コメント班の方も、よろしくお願いしますshine


がんばって、「自分なりのいい訳」探しましょう~。

→今回は、自分で「これはいい訳じゃない?」とか「かなり苦労したけど納得の訳」とか、

なんかそういう「どや顔」ならぬ、「どや訳」を1つずつ出しませんか?happy02

翻訳班の人は、記事の中にそれを書いてください。

コメント班の人は、該当箇所の記事のコメントの中に。

無理に…とは申しませんが、自画自賛で構わないし、結構熱くなれそうじゃないですか?smile

(>って、自分が出せるかどうかわかんないけどね。)

| | コメント (8)

2011年10月12日 (水)

第5回エントリー結果です

今回のたくさんのエントリーありがとうございますhappy01
残念ながら今回参加できなかった方、次回またよろしくです。

・翻訳班
たまさん、テラさん、torakoさん、ふにゃさん、ゆうさん、ひがなおさん、おけいはんさん。nikka (8名)

・コメント班
ハーちゃんさん、ippoyoさん、あんりさん、はっちさん(4名)

ということで、やっていきましょう!
週末頃、翻訳担当を発表します。

では! 今日も一日元気にがんばりましょう~。

*この連休3日間、風邪で寝込みました。
やっぱり無理はいけませんね。
皆さんも気をつけてくださいね。

| | コメント (8)

2011年10月 6日 (木)

む、むずかしいっす。

イタリア語始めたんですが、


…もう! 超むずかしいっすsign03

まあ、名詞に男性、女性があるのはいいとして。


それに単数形、複数形があるのはいいとして。


………………ここまでは許せる。…うん、許そう。

しか~し!


なんで動詞の活用形が、まったく違う形になっちゃうのよ~crying


たとえば、日本語なら、

私は~です、彼は~です、私たちは~です…すべて現在形の「です」は「です」ですhappy02

韓国語だってそうだもん。

英語はちらっと変わるだけでしょ。よくわかんないけど。


それが、イタリア語は主語に合わせて、変わる、変わる!typhoon

私は~である io sono

彼は~である lui è

私たちは~である noi siamo …などなど

…って! なんで「è」と「siamo」が同じ言葉なの?

ありえないでしょ?

どんだけ活用好きなんですか? イタリア人のみなさま。

活用しすぎっしょ!!(苦笑)

しかも、主語は省略されることが多いから、活用形で主語が誰か、類推しなきゃならないし。

…ああ。

なぜ、こんなに、「しょぱな」から難しいの?(難しいっていうより、複雑?)

徐々に難しくなっていくのなら、まあいいんだけどね。

韓国語は「しょっぱな」はそれほど難しくないから、なんかカルチャーショック的な??coldsweats02


……はい。無駄口たたかず、モクモクとがんばりますよ~。応援、ヨロシク!good

| | コメント (6)

2011年10月 5日 (水)

「ぽにょっ会」第5回エントリー開始です

★この記事、1週間ほどトップに置いておきますsun

 김중혁さんの小説『악기들의 도서관』(『楽器たちの図書館』)を、みんなで翻訳しよう!という「ぽにょっ会」をやっています。(これまでの活動については、左のカテゴリ「ぽにょっ会」でご覧下さい。テラさんのブログもどうぞnote

 第5話は「유리방패(ガラスの盾)」です。今回も翻訳を分担し、メーリングリストで発表した後、各自のブログで意見交換しますhappy02

●エントリー期間:10月11日(火)まで→10月15日(金)頃、分担を発表→11月20日(日)頃、翻訳発表、を考えていますup

<翻訳メンバー>…メンバーが決まったら翻訳を分担します。
期日までに翻訳をして、その原稿をメーリングリスト(メンバー間のML)に流します。

<コメントメンバー>…翻訳はしませんが、翻訳担当者がブログで記事をアップしたときに、
それにコメントを残します。担当者への質問や自分の翻訳についてなど、コメントしてください。

●エントリー方法:この記事のコメント欄にて、「翻訳やるよ!」「コメントやるよ!」と、申請してください。
(ML登録者はMLでもOKです)

*「参加してみたい!」という方、メンバー随時募集中ですので、この記事にコメント残してください!

今回もたくさんのエントリーを、よろしくお願いいたします~。

注意sign03)ML登録メンバーの整理をしたいと思っています。参加表明以後、一度もコメントなしの方は登録を止めます。メンバーが多数となっていますし、参加の意思がない方にメールを送り続けるのも、かえってご迷惑かと思いました。ご了承くださいませ~flair

※現在のエントリー(逐次、更新していきます)/10月6日現在

(翻訳)たまさん、テラさん、torakoさん、ふにゃさん、ゆうさん、ひがなおさん、おけいはんさん。nikka (8名)

(コメント)ハーちゃんさん、ippoyoさん、あんりさん、はっちさん(4名)

↑間違ってたら、ソッコーお知らせください

| | コメント (24)

2011年10月 4日 (火)

シン・ギョンスクさんに会いたい❤

Hanguk

たまさんのところで知ったのですが、
韓国文学翻訳院主催の「東京フォーラム」が開催されます。

そこに「엄마를 부탁해(お母さんをお願い)」の申京淑(シン・ギョンスク)さんが登場しますup

最近、「엄마를 부탁해」の翻訳が集英社文庫から出ましたよね。
アマゾンで注文しようとしたら、「一時的に在庫切れ」となっていましたbearing
本当はこの翻訳も読んで、行くつもりなんですけど、
本屋さんに行く時間もないので、アマゾンでの復活を望んでいます。

韓国語で読んだ時、かなり難しい部分が多かったので適当に読んだところも多かったんです。
そのあたり、ほんとはどんな話だったのか?coldsweats01知りたいです。


| | コメント (17)

2011年10月 2日 (日)

祝!「ぽにょっ会」1周年

今回の翻訳が出そろったので、
そろそろ次の募集を…と思いつつ、
ぱらぱら本を眺めていて、思い出しました…。

「翻訳を皆さんでやりませんか?」と
このブログで声をかけさせていただいたのが、ちょうど1年前の10月なんです。
あれから、はや1年が経つんですよ~happy02

当初はなんとなく、1年で1冊翻訳し終わればいいなあと思っていましたが、
皆さんもいろいろお忙しい中参加してくださっていて、
できれば皆さんで足並みを揃えていきたいと思ってきたので、
結果的には半分弱くらいしか進んでおりません。

が、それでも半分は翻訳できたんだ!という喜びで一杯ですnote

しかも、3月に地震があって、
皆さんそれぞれにご苦労されたと思いますが、
そういう中でも、声を掛け合って、翻訳を進められたのはとてもよかったと思っています。

…ということで。
今後ともよろしくお願い申し上げます。


*次の募集、かけますから! よろしくですup


| | コメント (10)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »