« ネットラジオ | トップページ | 『유리방패(ガラスの盾)』p151-3行目〜p155-13行目 »

2011年11月22日 (火)

母なる海?

 イタリア語で「海」は「mare(マーレ)」ですが、これは男性名詞なので、男性名詞につく定冠詞「il」がつくと「il mare(イル・マーレ)」となります。

 (韓国映画にありますよね!「イルマーレ」。原題は「시월애(時越愛)」で、「イル・マーレ」という名前の海辺の家の郵便受けを通して、時空を越えた文通を行なう男女を描いた恋愛映画です。主演はイ・ジョンジェとチョン・ジヒョン)。

 で、ふとわいたのが、よく「母なる海」って言うけど、イタリアでは海のイメージ=「父(男性)」なのかな?という疑問。

 いえ、名詞の性別って、それが「女性っぽいから」とか「男性っぽいから」とかいうこととは別次元の話なので、これも「そういうものなのよ」と言われれば、「はい、そうですね」と答えて終わるたぐいのことかもしれませんが…

 ただ、(門外漢なのでよく知りませんが)「海」はフランス語(mer)で女性名詞、スペイン語(mar)でも女性名詞らしいのです。

 そもそも私は、女性名詞、男性名詞という感覚がわからない生粋の日本人なのですが、なぜフランス語やスペイン語で女性名詞なのに、イタリア語では男性名詞なのか…気になります。

 フランス人がイタリア語勉強するとき、「なんで海が男性なんだ!! 女性に決まってんだろ!」的な文句の1つも言いたくなるのかな?とか、馬鹿な想像をしたりして…。

 ちなみに、イタリア語では「花(fiore)」も男性名詞で、フランス語(fleur)、スペイン語(flor)では女性名詞なんですって。

不思議

|

« ネットラジオ | トップページ | 『유리방패(ガラスの盾)』p151-3行目〜p155-13行目 »

コメント

そんな詩がありましたよね。

日本語では海の中に母があるけど、
フランス語では母のなかに海がある。っていう。

こういうの、うろ覚えじゃなくてちゃんと諳んじてみせたら
かっこいいのにね~。

投稿: たま | 2011年11月22日 (火) 18時14分

「イル・マーレ」、私の好きなジョンジェッシの映画です(^^)。
女性名詞なのか男性名詞なのか、全部そのまま覚えないといけないわけですね。やっぱり文章を何度も暗唱するのが一番でしょうか。

投稿: ハーちゃん | 2011年11月22日 (火) 22時37分

今ふと思ったのですが、女性・男性に分けるのって、陰陽みたいなものかなと。
東洋人なら陰陽は感覚的にわかるじゃないですか。
そういう感覚的なものなのかな?と。

イル・マーレ、私も大好き
イ・ジョンジェの笑顔がステキで。

投稿: テラ | 2011年11月24日 (木) 08時50分

>たまさん。

本当の「教養」ってそういうところに出るんでしょうね…

投稿: nikka | 2011年11月25日 (金) 13時06分

>ハーちゃんさん。

そうですよ~、ジョンジェッシですよね
最近、お顔を拝見してませんが…。
そのまま覚えるしかないんだと思いますが、
イタリア語はそんなんばっかりです(活用とかも…)

投稿: nikka | 2011年11月25日 (金) 13時08分

>テラさん。

陰陽…とは違う気がするんだけど。
いつかイタリア人に聞いてみたいな~。
まだイタリア人と話したことないし…

投稿: nikka | 2011年11月25日 (金) 13時09分

アラビア語も、「海」「花」ともに男性名詞ですよ。
名詞の性ではないけど、アルファベットが太陽文字と月文字に二分されていてね、それが陰陽っぽい感じがします。
テラさんはご存じですよね~ふふ
名詞の性は・・・何なんでしょうねぇ。

投稿: narinya | 2011年12月 1日 (木) 12時47分

>narinyaさん。

そうなんだ
面白いね~。
太陽文字と月文字っていうのも、アラビア語っぽい

投稿: nikka | 2011年12月 2日 (金) 15時51分

こんにちは^^
同僚のイタリア人に聞いてみたので一応ご報告を…
「海」はラテン語では中性で、それがフランス語、スペイン語、イタリア語に派生していく間に男性名詞になったか女性名詞になったかの話なので、特になんの感慨も差異も感じないのだそうです。ラテン語に”mare nostrum"(直訳すると”我らの海”、名詞も形容詞もともに中性)という言い回しがあって、これが私たちが言うところの「母なる海」に一番近いみたいです。
ちなみに名詞の性によって「女性っぽい」「男性っぽい」とかいうイメージがあるの?という質問には「まったくない」との回答でした^^;
nikkaさんのお蔭で面白い話が聞けましたm(_ _)m

投稿: M | 2011年12月13日 (火) 12時29分

>Mさん。

…待ってました
ありがとうございます。

え? 何の感慨もないんですか…。そっか…。
(>期待していた答えと違って、ちょっとがっかり…?
イタリア語ですが、ラジオ講座が再帰動詞に入ってしまい、私はもうお手上げな感じになっております。情けないです。

投稿: nikka | 2011年12月13日 (火) 22時01分

실망시켜서 죄송합니다^^;
再帰動詞ですか…。
いろいろ覚えさせられますが、ふだんよく使うのは mi chiamo / si chiama ぐらいです、Non si preoccupi!(あ、これも再帰動詞でしたね^^;)
応援しています、頑張って下さい。
今後もときどき寄せて頂きます、宜しくお願いしますm(_ _)m

投稿: M | 2011年12月14日 (水) 12時24分

>Mさん。

ありがとうございます
イタリア語繋がりのお友だち(いえ、イタリア語的に先輩ですね)ができて、うれしいです~。

投稿: nikka | 2011年12月18日 (日) 22時31分

あ、思い出しました。再帰動詞! mi chiamo 〜で「私の名前は〜です」でしたっけ? あ、違ったかな? なつかしいです。
やっぱりイタリア語も、音が好き〜(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2011年12月19日 (月) 23時36分

>ハーちゃんさん。

もうほんと、復習しないと無理です。私。
誰かイタリア人の友だちできないかな~?
ご近所で。>無理だな

投稿: nikka | 2011年12月22日 (木) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネットラジオ | トップページ | 『유리방패(ガラスの盾)』p151-3行目〜p155-13行目 »