« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月27日 (日)

『무방향 버스(無方向バス)』 p222,12行目~p226,3行目

アップが遅くなりすみません。

今回は、感想を書きます~happy01

 この作品は、「母親が失踪する」ということで、やはり「母をお願い」を思い出しました。でも、なんで家族の中で消えるのが「母」なのでしょうか。そもそも家族の中で、一番消えそうにない、一番日常生活から脱落しそうにないのが「母親」の存在ですよね。父親って、いなくなってもなんとなく何かしらの理由があるような気がするんですけど、母親が消えるって、やっぱり只事じゃない気がしますよね。残された場所に相当の欠落感が生じる気がします。


 「僕」は、なぜか「大きな帳面」(큰책…最初「大きい本」と訳していたのですが、書き込みをしたり、破いてメモ替わりにしたりしていたわけなので、「本」だとおかしいと思い、「大きな帳面」にしました)の紛失(?)と母の失踪が関わっている気がして仕方がなく、その2つが関連しているとしたらとんでもないことになると予感しています。たぶん母は二度と帰ってこない気がしたのでしょう。

 「僕」にとっての「母」=「大きな帳面」として考えると、小説の冒頭からずっと、「大きな帳面」が母の存在と重なるような書き方がされている気がしました。彼が中学のときにこの帳面をもらって以降、最初は「大きな帳面」にベッタリだったのに、徐々に心が離れていくところとか、離れていきながらも時に思い出しては帳面を取り出したり、下宿の大きさと帳面の大きさを比べて、心理的にいかに帳面が大きなものとして自分の中に存在するか考えたりするところが、「僕」の中の「母親」の存在そのもののように思えました。

*この小説のサブタイトル「리믹스,고아떤 뺑덕어멈」って何だろう?と思い、検索したのですが、金昭晉(김소진 キム・ソジン)という小説家(1997年没)に「고아떤 뺑덕어멈」という小説があるんですね。キム・ソジンは1963年生まれということなので、夭逝した小説家のようです。「리믹스(リミックス)」って音楽用語では「編曲」的な感じだと思いますが、小説で言うとリメイクなのかな? この本はすべて音楽に関連づけられているから、「リミックス」となっているんでしょう。(このあたりのことは、本の巻末の解説にいろいろと書かれているみたいです。あとで読んでみますcoldsweats01) キム・ソジンさんへのオマージュとして書かれたものなのかもしれません。

http://www.yes24.com/24/goods/56267

| | コメント (2)

2012年5月26日 (土)

イタリア語、その後…

 先日、出版社P社の社長様とお話する機会があったのですが、その時の話題の一つに、電子書籍の話がありました。

 私は本を作ってご飯を食べているわけですが、本に対する愛着は、やはり人一倍あるほうだと思います。本そのものの形、手触り、重さが好きなので、電子書籍が出ても、買いたいと思ったことは一度もありませんcoldsweats01

 ○Padのコマーシャルで、○Padで絵を描いたり、図鑑を読んだり、いろんなことを○Padでやって豊かな生活を…みたいなのがありますが、見るたびに疑問を感じます。ビジネスシーンで時短とかコストダウンのために、大人が利用するはいいと思いますが、子ども時代になんで○Padで絵を書いたり本を読んだりしないといけないの?って思います。

 絵を描くって、やっぱり紙の手触りから絵の具のにおい、凹凸、筆の柔らかさとか、そういったことから感じるものですよね。本だってページ開いたときのにおい、めくるときの音とか、そういったことも含めての読書体験じゃないですか。だから、なんでもかんでもできるからといって学校教育に○Padみたいなものを導入しよう!とするのははなはだ疑問です。

 で、電子書籍の話からアマ○ンとか大型ネット書店の話になって、街の本屋さんがなくなってるって話もなりまして。これもまたさっきの話と一緒で、ネット書店なら時間を問わず買えるし、家に届いて超便利だから利用するのはOKだけど、やっぱり書店の佇まいが好きとか、関係ない本をたまたま見つけたりするのが好きとか、書店さんのいい点もたくさんあるから、われわれ(本作りに関わる人間)だけでも、ちゃんと街の本屋さんで本を買おうじゃないか!みたいな話になったんですよねhappy01

 私も友だちの家(本屋さん)がお店を畳んじゃったこともあって、「これからは仕事で急いで必要な本以外は、近所の本屋で買おう!」と思い、イタリア語のラジオ講座の本とか、小説とか、そういったものは近所で買うことにしたんです。

…が! (ここからが本題sweat02

 近所の本屋というのは○イエーの最上階に入っていて、それなりに大きい本屋なのですが、ラジオ講座の本を買いに行っても無いことが多いんですよ!! わざわざ足を運んでいるのに、なぜ無い?? と思って聞いたら、「ラジオ講座はすべて、各1冊しか置いていない」というんです。え? 1冊? そうなんだ。だったら、私みたいにその月に入ってから買いに行くような不届き者は買えないはずだわ…weep 

 「予約すれば必ずお取り置きしておきます」みたいなことを言わるんだけど、駅前まで行けばもう1件書店があるから、「明日にでも、もう1件のほうに行って買おう!」とその時は思って、そのまま帰るんです。でも、次の日に駅前まで行かず、数日経ってようやく行ったころには、その書店でもテキストは売り切れ…結局テキストなしのままラジオ講座を聞くハメになる…という。それで、私のイタリア語の進歩はまったく望めない…という。

…そういうお話ですshock

★P社さんが北京にオープンさせた絵本専門書店
すごく綺麗で楽しそう!

SAKO建築設計工社=http://www.sako.co.jp/main/jp/pj-pop1.html
http://japanese.cri.cn/81/2006/08/26/1@71902.htm

| | コメント (4)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »