« 「무산일기(ムサン日記〜白い犬)」を観ました | トップページ | 『무방향 버스(無方向バス)』 p222,12行目~p226,3行目 »

2012年5月26日 (土)

イタリア語、その後…

 先日、出版社P社の社長様とお話する機会があったのですが、その時の話題の一つに、電子書籍の話がありました。

 私は本を作ってご飯を食べているわけですが、本に対する愛着は、やはり人一倍あるほうだと思います。本そのものの形、手触り、重さが好きなので、電子書籍が出ても、買いたいと思ったことは一度もありませんcoldsweats01

 ○Padのコマーシャルで、○Padで絵を描いたり、図鑑を読んだり、いろんなことを○Padでやって豊かな生活を…みたいなのがありますが、見るたびに疑問を感じます。ビジネスシーンで時短とかコストダウンのために、大人が利用するはいいと思いますが、子ども時代になんで○Padで絵を書いたり本を読んだりしないといけないの?って思います。

 絵を描くって、やっぱり紙の手触りから絵の具のにおい、凹凸、筆の柔らかさとか、そういったことから感じるものですよね。本だってページ開いたときのにおい、めくるときの音とか、そういったことも含めての読書体験じゃないですか。だから、なんでもかんでもできるからといって学校教育に○Padみたいなものを導入しよう!とするのははなはだ疑問です。

 で、電子書籍の話からアマ○ンとか大型ネット書店の話になって、街の本屋さんがなくなってるって話もなりまして。これもまたさっきの話と一緒で、ネット書店なら時間を問わず買えるし、家に届いて超便利だから利用するのはOKだけど、やっぱり書店の佇まいが好きとか、関係ない本をたまたま見つけたりするのが好きとか、書店さんのいい点もたくさんあるから、われわれ(本作りに関わる人間)だけでも、ちゃんと街の本屋さんで本を買おうじゃないか!みたいな話になったんですよねhappy01

 私も友だちの家(本屋さん)がお店を畳んじゃったこともあって、「これからは仕事で急いで必要な本以外は、近所の本屋で買おう!」と思い、イタリア語のラジオ講座の本とか、小説とか、そういったものは近所で買うことにしたんです。

…が! (ここからが本題sweat02

 近所の本屋というのは○イエーの最上階に入っていて、それなりに大きい本屋なのですが、ラジオ講座の本を買いに行っても無いことが多いんですよ!! わざわざ足を運んでいるのに、なぜ無い?? と思って聞いたら、「ラジオ講座はすべて、各1冊しか置いていない」というんです。え? 1冊? そうなんだ。だったら、私みたいにその月に入ってから買いに行くような不届き者は買えないはずだわ…weep 

 「予約すれば必ずお取り置きしておきます」みたいなことを言わるんだけど、駅前まで行けばもう1件書店があるから、「明日にでも、もう1件のほうに行って買おう!」とその時は思って、そのまま帰るんです。でも、次の日に駅前まで行かず、数日経ってようやく行ったころには、その書店でもテキストは売り切れ…結局テキストなしのままラジオ講座を聞くハメになる…という。それで、私のイタリア語の進歩はまったく望めない…という。

…そういうお話ですshock

★P社さんが北京にオープンさせた絵本専門書店
すごく綺麗で楽しそう!

SAKO建築設計工社=http://www.sako.co.jp/main/jp/pj-pop1.html
http://japanese.cri.cn/81/2006/08/26/1@71902.htm

|

« 「무산일기(ムサン日記〜白い犬)」を観ました | トップページ | 『무방향 버스(無方向バス)』 p222,12行目~p226,3行目 »

コメント

マツコ&有吉の怒り新党っていう番組見てますか?
それのお怒りメールみたいで、楽しく読みましたhappy02

ラジオ講座のテキストが1冊しかないというのは、田舎だけではなかったのですねsign02
講座がいくらネットで聞けるようになったとはいっても、やっぱり紙のテキストがほしくなりますよね!
なんでしょう。。。五感全部を使って記憶するという感覚がいいのかなぁ。

それに、古武術でもそうなのですが、指先の伸ばし方とか、物の握り方とか、そういう何でもなさそうなところが実は大事な要素だったりします。
人間の身体って不思議ですよ~
だから、精一杯使わないともったいない!
紙派に一票!(といいながら電子辞書も使っていますcoldsweats01

投稿: テラ | 2012年5月26日 (土) 16時04分

>テラさん。

怒り新党…たまに見てます~up
あれ、面白いですよね。
意外に二人共まっとうな意見を言ったりしてwink

それにしても1冊ってひどくないですか?
でもね~。出版業界のこと知ってるから(返品のこととかcoldsweats01)あんまり書店さんを責めることできません。
要するに、ちゃんと予約して、ちゃんと取りに行けばいいんですよ。私が(爆)

投稿: nikka | 2012年5月27日 (日) 20時30分

Nikkaさま、大変ご無沙汰しておりました!(帰国しました)
印刷物のにおいフェチ(笑)の私としては電子書籍に魅力を感じません・笑。紙ベースの本の方が記憶に残りやすいので学習素材は紙を選んでしまいます・・・時代遅れと言われそうですね・笑。

※この場を借りて・・・コメントでご質問頂いていた旅行の件、返信が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

投稿: CUBE | 2012年7月21日 (土) 17時33分

>CUBEさん。

お帰りなさい!!
CUBEさんは留学されて、ますますイタリア語に磨きがかかって帰ってらっしゃったというのに、私はイタ語の勉強、休止中です…shock
またお邪魔しますね!
(自分のブログなのにコメントができない状態にあって、
それを放置していたため、お返事遅くなってごめんなさい。
復活しました)

投稿: nikka | 2012年8月12日 (日) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「무산일기(ムサン日記〜白い犬)」を観ました | トップページ | 『무방향 버스(無方向バス)』 p222,12行目~p226,3行目 »