« 悲劇 | トップページ | 残念だ… »

2015年1月19日 (月)

インフル…来た…(泣)

下の娘がインフルにかかりました。

今朝から熱が出て、一時は9度3分に。

午前中は寒い、寒いと言っていて、通常熱が上がり切らないとインフル検査を受けても判定がうまく出ないので、午後病院に行きました。

今流行りのA香港型でした。

それにしても、下の娘はインフルに弱いです。

予防接種は毎年しているのですが、最初にインフルにかかったのは小2の時。

かかったのが、ちょうど3月の上の娘の卒業式の日でした。

下の娘の熱が高いので一人家に置いて出るのが憚られ、それでも「一瞬だけでも卒業式の娘を見たい!」と思い、30分だけ出ました。

走って5分の小学校の体育館に走って行くと、なんとちょうど上の娘のクラスの名前が呼ばれている時でしたhappy02

それで、幸運にも(?)娘が名前を呼ばれて返事をするのを見ることができました。その後、速攻、家に走って戻りました(爆)

翌年は、新型インフルが流行りました。

小学生の死亡例なども出ていた時に、下の娘が感染…!

かかりつけ医に行くと、即、大きな病院に入院したほうがいいと言われ、夫と車で下の娘を入院先として紹介された病院に行きました。

病院に着いてから、高熱のため歩けない娘を夫がおんぶして歩いていると、突然もどしてしまいました。

結局、40度近い高熱が続き、娘が熱にうなされながら「私、死ぬのかな…」などと縁起でもないことを口走ったりして、気が気じゃありませんでした。

入院して3日目くらいに、なんと夫婦でインフルに罹患した模様…crying 入院した日に下の娘がもどしたものを処理したときに、うつってしまったようです。

下の娘の面会から帰る途中に、二人とも急激に具合が悪くなり、家に着くなり寝込んでしまいました。

とはいえ下の娘のことが心配なので、翌日も這うようにして面会に行くと(夫の方が症状がひどく立ち上がれないくらいでしたので一人で行きました)、娘の担当の看護師の方が「お母さんも診察してもらったほうがいいよ」と言われ、車椅子に乗せられて診察室までその看護師の方が運んでくださいました。

案の定、新型インフルでした。そのまま強制的に帰宅させられました。

タクシーで家に戻ってマンションの玄関で友だちに会ったので、下の娘が入院したことと、夫婦もインフルにかかってしまったと話すと、大鍋におでんを作ってもってきてくれました!up

それから2日間は、そのおでんを食べて生き延びました(苦笑)

その後も毎年、予防接種はすれど、家族で一人だけインフルにかかり続ける下の娘…。

昨年はたまたま予防接種をしなったところ…なんとインフルにかからなかったんです!!

で、今年、上の娘が受験なので、一家で予防接種を受けたのに、またインフルにかかった下の娘…。

いったいどうなっているんでしょうか!!!annoy

しかも39度以上の熱が出るなんて。

予防接種って、本当に意味があるのでしょうか!!!punch

早く病院に入ったので、インフルに効く薬は飲めたのですが、今も高熱が続く下の娘…。

かわいそうではあるのですが、さっき少し食べられたし、水分もとれているので、大丈夫だと思いますが。

ともかく、なんとしても上の娘にうつることだけは阻止したいです!!

|

« 悲劇 | トップページ | 残念だ… »

コメント

あちゃー!

予防接種、効果のほどが疑われます(^^;)。インフルの種類が違うから?

上のおじょうさんはお丈夫なのですねぇ。きっと受験の日まで大丈夫な気がしますけど、お母さんとしては気が気じゃないですよね!

早く治って〜! それか早く受験日が来て〜!

投稿: ハーちゃん | 2015年1月20日 (火) 16時59分

とりあえず、センター終わっていてよかったね。
でも私大の一般受験はこれからだから、うつってほしくないね。
早く次女さん良くなりますように。

投稿: ippoyo | 2015年1月21日 (水) 19時25分

>ハーちゃんさん。

笑える!happy02

「あちゃー」も笑えるし、
「それか早く受験日が来て〜!」も笑えました!!

結局、家族にはうつらず、
昨日からやっと登校してます~。

投稿: nikka | 2015年1月27日 (火) 21時01分

>ippoyoさん。

登校できるまでが長かったよ~bearing
月曜日にかかって、5日間お休み&土・日だったから、
どんだけ休むんじゃ!って感じ。
熱は薬のおかげで1日で下がったけど、
やっぱり体力が消耗してたんだろうね。
ずっと寝てたみたいです。

投稿: nikka | 2015年1月27日 (火) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲劇 | トップページ | 残念だ… »