« やっぱり…ダメ?? | トップページ | 試験対策には…2 »

2015年4月 8日 (水)

『書評大全』のご紹介

今日は雪が舞う、とっても寒い一日でした。
近所の小・中学校は入学式だったのに。大変でしたよね。

2月末に、終わったお仕事のこと、少しご紹介したいと思います。
(早く記事書きたかったのだけど、それもまたできなくて…。もう4月ですね…。)

三省堂さんから刊行されました『書評大全』です!happy01

Bkrvw

A5判、2560ページ!で、16,500円(税別)です。

共同通信の署名入りの書評を一冊にまとめました。
1998年3月~2014年3月末まで、16年間の書評で、掲載書名約5000点、評者約1600人です。

“書評から見る文化史大事典”とキャッチコピーにあるように、書評を読むと、その時代を彷彿させますね。

編集をしながら気がついたこと。それは…

「日本はアメリカばかり見てるんだな~」ということ。

アメリカに関する本の書評がものすごく多いんです。
もちろん、小説から何から、ジャンルを問わず、さまざまな書籍が評されているのですが、
とにかく国で言うと、取り上げられ率はアメリカがダントツです。
当然と言えば当然なのかもしれませんが、もっと他の国を見ようよ!!って思わず言いたくなるくらいでした。

書評を読んで、「ぜひこの本を読んでみたい!」と思うものもかなりあって、
編集作業をしながらピックアップしてましたwink

かなり高価な本になったので、個人での購入は難しいかもしれませんが、ご近所の図書館にリクエストしてぜひ手に取ってみていただきたいです。

本好きな人のTwitterのツイートには、「膨大な書評を1冊にしたことで、資料的価値がある」とか、「今のご時世でよくこんな高価な本出したな~!!」とか、そんな感想がたくさん上がっていますが、本当にそうだなと思います。なかなか簡単には出せない本です。さすが三省堂さんですshine


|

« やっぱり…ダメ?? | トップページ | 試験対策には…2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり…ダメ?? | トップページ | 試験対策には…2 »