« 試験対策には…3 | トップページ | モノを捨てるということ(1) »

2015年9月16日 (水)

今、思うこと

いきなりな話題ですが、明日にでも安保法案が採決されるかもということですね。

ここのところ、この法案をめぐっての国会審議や国会前のデモなどが、連日話題になっています。

私は、戦争だけはしたくない、まきこまれたくない、と思っています。

戦争をして、いったい誰が得をするのか、いったい誰が傷つくのか。

こういうことを言うと、「お前は国際社会がわかっていない」「日本のことを本当のところで考えていない」と、批判する人たちがいます。

そして、その人たちは「お前はわかっていないのだから黙ってろ」と言わんばかりに、いろいろな難しい論理で、何もわかっていない私を押しつぶそうとします。

では、何もわかっていない私は、何かを言う権利もないのでしょうか。


先日、小学生の子どもたちと、児童労働についての学習会をしました。

世界中に、強制的に大人並みに労働させられている子どもたちが大勢います。

学習会後、子どもたちの感想発表を聞きました。ひとりひとりがさまざまなことを感じていました。

その小さな子たちが感じたこと、思ったこと、それは確実に、そこにあります。

その子たちは何もわかっていないかもしれません。でも、確かに何かを感じているのです。

それを誰が「お前らは何もわかっていない、黙ってろ」という権利があるでしょうか。


ボランティアをしていると、「そんなことして何になる」「偽善だ」という人がいます。

でも、私は、何にならなくてもいい、偽善でもいい、何もやらないよりは、と思っています。

何かを感じる、そして、何かをするということ、それによって周囲が少しでも動いていくこと。それが大事なことだと思っているからです。

「動くことで間違った方向に動いていくかもしれない。だから動くな」という考えの人もいます。

でも、まったく動かなくなってしまった水たまりは腐ります。

間違った方向に動くかどうか。それはやってみないとわかりません。

私は自分が感じること、それはきっと間違っていないと思っています。

少なくとも、そう自分を信じることができます。

だから、自分が感じることに従って、意見を言い、自分にできることをしたいと思っています。


みなさんは、どうですか。

|

« 試験対策には…3 | トップページ | モノを捨てるということ(1) »

コメント

ご無沙汰しております。

この時期に、意見をきっちり表明されるのはそれだけで素晴らしいことだと思います。

全く同感です!

日本のいいところは、韓国社会に比べて多様な意見を許容できるところにあると思います。

韓国は韓国人としてこうあるべきという思考が強くて、均一的な歴史観や領土意識を持っていますが日本は違います。

ですからぜひ信じる道を行かれてください!!

投稿: まろ | 2015年9月16日 (水) 20時00分

>まろさん。

返信遅れてすみません。(>遅れすぎですね…wobbly
昨年はこの安保法案のこと、テロのこと、難民問題など、いろいろなことがありました。
家庭内で子ども等と、こういったことについて結構話をしました。
自分の信じる道。自分がこうありたいと思う方向に進んでいきたいです。

投稿: nikka | 2016年1月 7日 (木) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試験対策には…3 | トップページ | モノを捨てるということ(1) »