« 『개를 산책시키는 남자』翻訳、終了! | トップページ | シカオちゃん、出た〜!! »

2016年1月26日 (火)

モノを捨てるということ(2)

う〜ん。ちょっと考えちゃったな…gawk
本の整理をするために、年末にブックオ○に買い取りを申し込んで、その買い取り金額の通知が6日に来たんですけど…。だいたい1冊11円の買い取りが多く、正直かなり衝撃を受けました。ブックオ○以外でも同じような金額なんだろうなと思いますが、なんていうか、それぞれの本の価値がそんなもんだと言われたような気がして、それがショックでした。そんなこと言ったら、馬鹿みたいと思われるかもしれないけど。

11円の本はたぶん100円か200円で売られるのだと思うのですが、そこに発生するブックオ○側の利益って、何?って思っちゃって。本を作って売った出版社側の利益って、編集者が本を企画してから、著者をはじめ、実に多くのさまざまな人が関わって作って、それを営業が書店に買ってもらう対価としての利益ですよね。でも、例えば今回のブックオ○の利益って、そういうの、一切ないわけですよね。そこにはその本に対する思いだとか苦労だとか、そういうのは一切関わりがないんですよね。もちろん、利益はそれ相応の金額なので、当たり前ですけど。

本を少しでも安く買って、それを読んで楽しむ人がいるから、こういった古書販売のような会社が必要とされているのだけど、こういうのも昨今の出版不況に少なからず影響を及ぼしてると思うし。今はネット社会で、情報もタダで簡単に手に入るから、それなりの価値がないと、本を買ってまで情報を得ようという人は少なくなっているのは確か。電子出版のおかげで同じ内容でも安く手に入るから、ますます本というアナログなものは売れなくなっています。そういう流れに自分が加担してるんじゃないかって思って、ちょっと考えちゃいました。私も消費者だから、同じものが安く手に入るなら嬉しいのですが、本に関しては作り手側でもあるので、複雑な思いがあって。もちろん書店で購入した新品よりも、文字どおり手あかのついた古書が値段が下がるのは当然なんですよね。でも…。
なんか今後は買い取り申し込むのができない気がしてきました…。でも、この大量の本を捨てるのも忍びない…。どうすりゃいいの〜?weep

|

« 『개를 산책시키는 남자』翻訳、終了! | トップページ | シカオちゃん、出た〜!! »

コメント

そうですよねぇ。持ち込みで古書店に売りに行った場合は、1冊ずつ価値を認めて少しは高く売れるのかな?

前に古書店に家に来てもらって査定して持って行ってもらったことがありました。その時はけっこう金額払ってもらった記憶が〜。

みんな面倒だから買い取り方式を選んじゃうんですよねぇ...。

nikkaさんの捨てたい本も、とても欲しい人もいる筈ですけどねぇ(^^;)。

投稿: ハーちゃん | 2016年1月26日 (火) 17時01分

>ハーちゃんさん。

コメント遅くてすみません!!
アマゾンの買い取りが、ちゃんと査定もあってそれなりの金額で買い取ってくれていたのですが、廃止(一応中止ということらしいですが)になったみたいで…weep
やっぱり家に入ってくるモノの量を考えると、結局は捨てないとバランスがとれないんですよね〜。昨日も、7冊、企画の参考書を買いました。…ということは、今日7冊処分しないと部屋がますます狭くなるって話ですもんね。
ほんと、困りますわ〜。(苦笑)

投稿: nikka | 2016年4月19日 (火) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『개를 산책시키는 남자』翻訳、終了! | トップページ | シカオちゃん、出た〜!! »