« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月19日 (火)

リーダーシップ

一連の熊本県を中心とする地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

あれから5日ほどが経ちますが、まだ余震が続いていますし、避難生活を余儀なくされている方も多く、水や食料なども足りないといった切迫した状況が続いています。また、避難所の映像を見ると、体育館のような建物の中はぎっしり人で埋まり、中に入ることもできない方が外で毛布にくるまっていたり車で寝泊まりしている様子などを見るにつけ、義援金を送ることくらいしかできないこちらの状況に心が苦しくなります。わたしの実家は福岡県ですが、親戚が大分県や宮崎県にいますので、そちらの方も心配です。

そうこうしている間、ずっと疑問に思っていました。
この一大事に、熊本県知事は何をしているのだろうかと。

もちろん現地の陣頭指揮をとり、未曾有のことで対応に追われているのだと思います。でも、ニュースでもネット記事でも、知事の姿を見ることはなく、発言を耳にも目にもすることはありません。(国とテレビ会談みたいなものを行ったニュース映像だけは見ました。)

で、私が思うのは…自分の子ども(>表現がちょっと適切じゃないですが…)のような県民がまさに今苦しんでいるとき、親である知事が先頭に立って、「この状況を乗り切ろう、私も精一杯やるからみんなも頑張れ!」…的な一言をまっ先に伝え、呼びかけ続けることをなぜしないのかなということです。東京のスタジオから「みなさん頑張ってください」という言葉より、県の長(リーダー)である知事の言葉で県民に語りかけた方が県民も心強いのではないかなと思って。
避難所で救援物資が届かず不安を抱えている方々だって、「各所、これから届けるから待ってて。皆さんのことは忘れてませんから!」と言われたら、少し気持ちが落ち着くのではないでしょうか。賛否はあるでしょうが、9.11のときのジュリアーニ市長の定例会見のようなことは難しいのかなあ。(ジュリアーニ氏の場合は、人気取りのパフォーマンスだったとかいろいろありますけどね) 非常事態にこそ、真のリーダーシップが必要だと思うんですよね。直接的なメッセージも時に力になると思うんです。わざわざテレビカメラの前で記者を集めてやらなくても、知事室でも公務の現地でも、今はさまざまなツールがあるのだから、どういう形ででも県民に言葉を届けることはできるはずです。

これは知事に対する批判ではなく、応援です。
県民のみなさんの不安をどうか少しでも取り除けるよう。お願いします。

Img_1475
5年前熊本城に行ったときに買ったストラップ。
USBにつけてます。

※4月22日追記
先ほどニュース番組で、熊本市の大西市長のTwitterが話題として取り上げられていました。
地震直後から連日投稿があり、避難生活についてなどツイートされています。(今、確認しました。)
地震前は市長の趣味から、「今朝の目覚めの一曲は~」など、比較的私的な、のん気なと言っていいようなツイートが多く、被災後のツイートの差が歴然としていて、今が非常時なのだということを如実に感じます。
市民が直接、市長に援助物資の要請をし、それに市長が答え、物資を送ったりもしていて、Twitterの即効性?が大いに活かされているようです。
ただ、Twitterができる場所、世代には非常に有効であることは間違いないにしても、そういったことができない人たちとの情報格差みたいなものも正直感じました。

| | コメント (0)

2016年4月 7日 (木)

10年ぶりのソウル旅行

4月2日〜4日の2泊3日で、ソウルに行ってきましたhappy02
最近K-POPにはまっている下の子と、今年度大学で韓国語を受講するという上の子の希望で、ソウルに行くことにしましたnote 私にとっては、10年ぶりのソウル旅行でした。

1日目は明洞→Nソウルタワー、2日目は景福宮→仁寺洞→狎鴎亭、3日目は漢江遊覧船というスケジュール。ほぼ子どもたちの行きたい場所をめぐる旅でした。

明洞では、屋台の虹色の綿アメを食べたり、化粧品を選んだり、ミュージックコリアでCDを爆買したり(笑)しました。ミュージックコリアは日本人が多かったですね。Nソウルタワーへ行く道にエレベーター(南山オルミ)ができたという記事を見てそちらを回ったのですが、イメージしていた長〜いエレベーターじゃなかったのでちょっとがっかり。Nソウルタワーもリニューアルしてましたが、エレベーターもロープウェーも相当並んで疲れたので、タワーには登らず、夜景を見て帰ってきました。

2日目は雨模様。前回も景福宮に行った日は雨模様だったと思います。光化門広場の世宗大王の像の下にセジョンイヤギという展示館ができていました。
http://www.seoulnavi.com/miru/1398/
ここは無料だし、狭そうだからあまり期待してなかったのですが、これが結構充実していて、面白かったです。ここは見物する価値ありでしたwink チュンムゴンイヤギ(李舜臣記念館)にも繋がっていてます。仁寺洞はなんだか明洞化してましたねwobbly 狎鴎亭は芸能事務所が多くあるということで行きましたが、当然芸能人には会えず…(笑)事務所前で出待ちしている女の子たちはいました。通りにK-Star Roadというのができていて、K-POPグループのアートトイが並んでいました。

漢江クルーズの3日目は晴天で、遊覧船乗り場の近くの桜並木の下を歩いたり、遊覧船も気持ちよかったです。国会議事堂の近くで桜祭りをやっていて、ソウル随一のお花見スポットと言われてましたが、遊覧船から見たところまだまだ5分咲きという感じでしたね。

市内の移動は、まず空港からホテルまではタクシーを使いました。バスで移動するつもりだったのですが、上の子がちょっと体調が悪くタクシーを希望したので、インターナショナルタクシーというのがあると知って、それに乗ってみました。
http://www.seoulnavi.com/miru/1369/
ふれこみでは「ぼったくりがない安心な日本語が通じるタクシー」ということでした。…が、空港の案内デスクでは「3万ウォンくらいかかる」と言われ、タクシーに乗り込んだらアジョッシから「3万5000ウォン」と言われ、道が激混みだったせいもあり降りるときは「4万ウォン」と言われましたwobbly まあ、ぼったくりという範疇にはならないと思いますが、乗り込んだときにいきなり「今日は貸し切りにしてくださいね〜。半日で○○ウォン、一日で○○ウォンです、どこでも行きますから」と言われ、ちょっとビックリ。もちろん断りましたよwink

子どもたちはバスには乗りたくない言っていたのですが、せっかくだから乗る経験もさせたかったので、Nソウルタワーから明洞まで利用しました。バスに乗る時長蛇の列ができていたのですが、バスが来て乗り込もうとすると、列の後ろから中国人がダダー!っと押し寄せ、割り込み、乗り込んでしまいました。中国人のマナーの悪さはよく耳にしますが、10年前と変わってないのかな〜と、ちょっと残念でした。今回の旅行中、どこでも中国人が多い印象でした。

あとは全部地下鉄移動でした。地下鉄は市内に張り巡らされていて便利は便利なんですけど、同じ駅でも線が違うとかなり歩いて乗り換えないといけないので、それで結構歩きますね。でも、列車自体は広いし、きれいなので、安心して乗れました。スマホででっかい声で通話する人が多いので、それはちょっと違和感ありましたが。

ホテルはベストウェスタンプレミアホテル国都という乙支路4街駅の脇にあるホテルに宿泊しました。空港からのバスが目の前に停まるということでここにしたのですが、結局行きも帰りも使わずじまいcoldsweats01 ホテルは清潔で、バスタブもあるし、日本のコンセントがそのまま使える(1か所)し、Wi-Fiも部屋で繋がるので、総じてよかったと思います。

食事は、朝はホテル横のお店のテイクアウト(トースト)を利用し、他は全部町中の食堂を利用しました。残念ながら、今回ははずれの店が多かったです。子どもたちも「これなら日本の韓国食堂の方がおいしい」と言ってましたdown メニューに日本語が書いてあるから日本人が来ることを前提にしている店が多かったのですが、サービスはよくなくて、無愛想な店ばかりでした。それに値段が高い! 10年前と比べると、かなり高い印象でした。レートも違うし、経済状況も変わったから当然ですけどね。日本と比べて安いと感じるのは交通費だけですね。

10年前に一人で行ったときは、まだ韓国語を習って2年くらいだったので、あまり韓国語で話すことはできなかったのですが、今回はほぼ韓国語で話ができて、それなりに韓国語が実についてるんだなあと実感しましたwink 町中では、こちらが韓国語で話しかければ相手も韓国語で話してくるのでよかったのですが、ホテルとか観光名所ではこちらが日本人とわかると英語で話してくるんですよ。でも、私、英語で話された方がわかりませんから!!(苦笑)

今回の旅行は、私にとっては娘たちとの旅行でとてもよい思い出になったし、久しぶりに生の韓国語にも触れられて楽しかったです。上の子は、旅行中、まだ習っていないハングルを一生懸命読む練習をして楽しんでいました。何度か娘が話した韓国語が相手に通じて、とても喜んでいました。下の子は、将来韓国留学をしたいと言っているのですが、今回の旅行でさらにその気持ちが高まったと話しています。それぞれに楽しめた旅行でした。

 

 


 

| | コメント (2)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年6月 »