« どうすれば… | トップページ | デリコ楽しかった〜!! »

2017年5月 5日 (金)

持って行かれそうになった

先週末、クラシックコンサートに行ってきました。

http://avex.jp/classics/kyukyoku2017/

辻井伸行さん(ピアノ)と服部百音さん(ヴァイオリン)の協奏曲コンサートです。

YouTubeで辻井さんのラフマニノフピアノ協奏曲第2番を見てから、辻井さんのコンサートに行ってみたい!と思っていたところ、偶然、近所のホールでやることを知り、チケットを入手しました。

クラシックに疎く、ピアノは好きだけど、ヴァイオリンには特に興味がなかった私catface

辻井さん目当てであって、服部さんのこと、全く知らなかったのですが…。

服部さん、いや〜、すごかったupupup

ショスタコーヴィッチのヴァイオリン協奏曲第1番…もうね、なんていうか、ぐいぐい引き込まれて、思わず「持って行かれそう」になりました。

はじめてです。こんなに揺さぶられたの。

これまで子どもの吹奏楽関連でコンクールとかコンサートとか、シカオちゃんのライブとか、結構行ったことはあるし、いわゆる「感動」とか「乗る」とか、そういうのは経験がありますが、「持って行かれそう」になったのは初めて。ほんとうに。

帰宅して娘にこの話をしたら、「わかる! 私も●●高(去年入学しました)のコンサートで「ダフニスとクロエ」聞いたとき、ずわ〜っと鳥肌たったもん!」と言ってました。

そう、からだに電流が走って、まるでジブリアニメでゾワゾワ〜と髪の毛が逆立つシーンみたいな感じがして、体ごと曲の渦に取り込まれていきそうになって必死に留まろうとしてしまう、そんな感じ。

服部さんの演奏が終わったあと、観客席の「ふぁ〜」というため息というか、緊張から解き放たれたときに出るような呼吸というか、そういうのが会場を包んでいてそれがその演奏の素晴らしさを証明していたような気がします。

辻井さんのショパンピアノ協奏曲第1番も、もちろんよかったのですが、YouTubeのラフマニノフがあまりにも好きだったので…coldsweats01

思わぬ素敵な体験をさせてもらえて、感謝のひとときでしたconfident

※服部百音さん、18歳だって。

|

« どうすれば… | トップページ | デリコ楽しかった〜!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうすれば… | トップページ | デリコ楽しかった〜!! »