« Castle s01 e02 「Nanny McDead」 | トップページ | 祝! 初「はとバス」乗車(笑) »

2018年12月15日 (土)

TOEIC参戦記(2度目!)

 12月9日(日)、TOEICを受験してきました(第236回)。6月に初めて受験して、今回が2度目です。

 受験後、あまりの出来なさに「ほぼ毎日30分〜1時間程度は勉強してきたけど、その意味があったのだろうか…down」と、かなり落ち込みました。
 ある方は「前回より「出来なかった」と思っても、それは前回より曲がりなりにも「勉強」をしたことで、「わかること」と「わからないこと」がはっきり認識できるようになったということだ」とおっしゃっていましたが、真偽のほどは不明です。(爆)

 普段はいろいろと時間の制約があるので、これまで受験勉強の方法論とか英語学習の効果とかについて全く気にしていなかった(それを気にする時間があったら勉強する時間に当てたほうがなんぼか有益だろうと思っていた)のですが、ちょっと考えてみようかなと思いました。
 具体的な反省点は、「リスニングで女性ナレーターのセリフが聞き取れなかった」ということと、「リーディングで塗り絵の分量が多すぎる(今回も、100問中30問近く塗り絵…)」ということ、この2点に絞られます。(っていうか挙げていったらキリがないcrying

 それでこの半年の勉強で「自分に足りなかった勉強方法のベスト1」は何なのか考えた(>これも挙げたらキリがないから)のですが、結論は「シャドーイング」だろうなということに。
 私がやってるスタディサプリの関先生も強く推奨されている「シャドーイング」なんですけど、実際やろうとすると非常に難しい、うまくできない。
 だから、もしちゃんとやろうとすると、膨大な時間がかかるんです。
 それでなくても少ない勉強時間をそれに当てることは、ある意味自殺行為じゃないかと思って、ネットで検索してみたんです(関先生を信じていないわけじゃあありませんよ!!先生!!)が、結論から言うと、やはりシャドーイングは効果が高いトレーニング方法だという意見が大半でした。
 でも、テキストを見ないで発話するシャドーイングは、今の私の実力ではほぼ無理。だからやるとしても「テキスト見ながら」になります。
 なので、「音読」の中でも、まず「リピーティング」をやって、その次に「オーバーラッピング」をやって、それができるようになってきたら「シャドーイング」(テキスト見ながら→テキストなしで)と段階を踏んでやっていこう!という、自分なりの方法論に落ち着きました。

 実際、あまりの出来なさにかなり落ち込んだので、もう明確な目的もないTOEICの勉強はやめてしまおうかなとも思ったのですが…。(先週ある人に会ったとき「今週末TOEICなんですよ〜。気が重いです…」と言ったら、「仕事で必要とかじゃないんだから、試験とかやめちゃえばいいじゃないですか!!」ってマジで呆れられたんですよね。ほんと、そのとおりだなあと。弱気になってしまった私bearing)。

 でも、やっていなかった勉強をあと半年やって、それでも何の結果が出なかったらやめることも考えようと思います(少なくとも自分で少しは実力が上がってきたという実感がほしいshine)。ああ、不得意なことをやるっていうのって、ほんとしんどいです。>爆

|

« Castle s01 e02 「Nanny McDead」 | トップページ | 祝! 初「はとバス」乗車(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Castle s01 e02 「Nanny McDead」 | トップページ | 祝! 初「はとバス」乗車(笑) »