2017年1月27日 (金)

すっかり明けましたね

新年、すっかり明けましたねcoldsweats01

早くもひと月が経とうとしています。

今年のお正月は、とくにすることもなく、実家(義父の家)に行ったくらいで、仕事も通常運転でした。

年明け、上の子の成人式がありました。

久しぶりに懐かしい顔に会って楽しかったようです。

後で聞いたら、付き添いの保護者もたくさん来ていたそうで、いまさらですが最近は保護者も成人式に顔を出すんだなあとびっくりしました。

成人式を行ったからといって、急に何かが変わるわけではないのですが、もうあまり心配しないようにしようと思っています。

これまではとにかく子どもを守ることに一生懸命になっていた気がするのですが、これからは自分で自分のことを守ることを覚えないといけない年代なんだろうなと思って。

親なので、子どもが何にせよ失敗をしてほしくない、傷ついてほしくないと思って、どうしても監視下に置きたい気持ちになるのを抑えていましたが、生きて行く過程では自分で失敗もし、それを自分でフォローしていかないといけないので、自分で頑張ってほしいなと思います。応援してるよ〜sign03


Seijin

| | コメント (0)

2016年12月16日 (金)

二十歳、おめでとう!

今日は上の娘の誕生日shine

今日で二十歳。

昨日、一緒に誕生日プレゼントを買いにいきました。

二十歳の記念に、彼女に似合うネックレスを。

二十年。

彼女が産まれてこの手に抱いて、「希望」ってこういうことだったんだなあと実感してから、二十年。

私の親人生も二十歳ってことですね。

二十年、決して速くはなかったな。ほんとうにいろいろなことがあって。

私の人生を色彩豊かなものにしてくれた娘には、感謝しかありません。

ほんとうに、ありがとうconfident

| | コメント (2)

2016年11月18日 (金)

ぜったいやってみたい!!

また、図書館ネタです。

この間、図書館に行く前に、パソコンで蔵書検索しようとして見つけたのですが。

「ぬいぐるみのおとまり会」なるものを、図書館でやってたんですよhappy02

私は知らなかったのですが、結構全国の図書館で流行ってるみたいで。

もとはアメリカのほうからやってきたイベントのようですが。

ようするに、「ぬいぐるみが図書館におとまりをして、そのあいだ本を読んだり図書館のお仕事を手伝ったりする」イベントなんですけどね。

いや、もうね、想像しただけで最高に楽しいんですけど!!notenotenote

私がこどもだったら、ぜったいにやってみたかったし。

もうかなりいい大人だけど、やってもいいんだったらやってみたいよ〜!

さいたま市図書館に、おとまり会の様子がアップされてました。

すっごい楽しそう! ぬいぐるみの皆さんが。

ああ、ぜひ一度参加してみたい。いや、参加させてみたい。

で、書架の陰からそっとのぞいてみたい。bleah

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

図書館に行ってきました

本に関わる仕事をしているので、常に本に囲まれた生活をしています。趣味で買う小説をはじめ、携わる本の参考図書を毎月、結構購入します。

本はできるだけ書店で買うようにしているのですが、急いでいるときはAmazonで注文して翌日には手にしていることも多いです。なので図書館で本を借りるということはほとんどなく、最近めっきり図書館に行くこともなくなりました。

今回はあるテーマについての本を紹介する本に載せる本(>わかりますか?)をピックアップするため(ピックアップ用にすべて購入するわけにはいかないのでcoldsweats01)、久しぶりに近所の図書館に行ってみました。

うちの近所の図書館は蔵書が少なく、市全体の図書館で借りて手元に取り寄せることはできるのですが、それでも少ないんですよね。(>だから足が向かないっていうのもあります。)

検索用のパソコンで「外国の本」のコーナーがあったので、ちょっと期待してポチッとしてみたのですが、韓国語の原書なんて数冊しかありませんでした。10年前から変わっていませんでしたcrying

それでも数冊は役立ちそうなものを借りて帰ろうとしたら、受付の前に「企画コーナー」があって、ちょろっと見たら、なんとそこにおすすめ本として「ソナチネの木」があったんですupupup

「ソナチネの木」は岸田衿子さんの詩と安野光雅さんの絵画がコラボした詩集で、私が「最も大好きな本」といっても過言ではないくらい大好きで大切にしている本なんです。だから、すっごく嬉しくて…note この図書館の司書さん(>たぶん)に、同じ趣味の人がいるんだなあと、妙に親近感が沸きましたよ。で、写真を1枚撮ったんだけど、「図書館内は写真撮影禁止ですよ!」と即刻怒られ、意気消沈した私でした。(爆)

| | コメント (0)

2015年9月16日 (水)

今、思うこと

いきなりな話題ですが、明日にでも安保法案が採決されるかもということですね。

ここのところ、この法案をめぐっての国会審議や国会前のデモなどが、連日話題になっています。

私は、戦争だけはしたくない、まきこまれたくない、と思っています。

戦争をして、いったい誰が得をするのか、いったい誰が傷つくのか。

こういうことを言うと、「お前は国際社会がわかっていない」「日本のことを本当のところで考えていない」と、批判する人たちがいます。

そして、その人たちは「お前はわかっていないのだから黙ってろ」と言わんばかりに、いろいろな難しい論理で、何もわかっていない私を押しつぶそうとします。

では、何もわかっていない私は、何かを言う権利もないのでしょうか。


先日、小学生の子どもたちと、児童労働についての学習会をしました。

世界中に、強制的に大人並みに労働させられている子どもたちが大勢います。

学習会後、子どもたちの感想発表を聞きました。ひとりひとりがさまざまなことを感じていました。

その小さな子たちが感じたこと、思ったこと、それは確実に、そこにあります。

その子たちは何もわかっていないかもしれません。でも、確かに何かを感じているのです。

それを誰が「お前らは何もわかっていない、黙ってろ」という権利があるでしょうか。


ボランティアをしていると、「そんなことして何になる」「偽善だ」という人がいます。

でも、私は、何にならなくてもいい、偽善でもいい、何もやらないよりは、と思っています。

何かを感じる、そして、何かをするということ、それによって周囲が少しでも動いていくこと。それが大事なことだと思っているからです。

「動くことで間違った方向に動いていくかもしれない。だから動くな」という考えの人もいます。

でも、まったく動かなくなってしまった水たまりは腐ります。

間違った方向に動くかどうか。それはやってみないとわかりません。

私は自分が感じること、それはきっと間違っていないと思っています。

少なくとも、そう自分を信じることができます。

だから、自分が感じることに従って、意見を言い、自分にできることをしたいと思っています。


みなさんは、どうですか。

| | コメント (2)

2015年7月22日 (水)

本屋さんと喫茶店

リブロ池袋本店が閉店しましたweep

仕事柄、本屋に行くことが多く、新しい企画が立ち上がると、いつもこの書店に行ってごっそり参考書を買っていました。

誰しも好きな本屋さんというのがあるかと思うのですが、都内の大型書店では、私は一番ココが好きでした。

ラインナップとか、企画とか、そういうので好きだったのだと思います。交通の便もよかったし。

長年通い慣れた本屋さんが閉店というので、少し寂しい気がしますが、ここには新たに三省堂書店池袋本店がオープンするそうです。近々寄ってみたいと思います。

最寄り駅にある書店は、売り場面積が小さく、あまり使い勝手がよくありません。わざわざ買いにいっても、結局取り寄せ…になるので、最初からアマゾンで注文した方が早いし、楽というのが正直なところ。

でも、やっぱり街の本屋さんというのはとても大切です。なので、多少無理してでも本屋で本を買いたい気持ちが強いです。

私にとって、街に重要な要素としては、あとは喫茶店です。

でも、これもまた近所には良い喫茶店がありません。スタバやドトール、ターリーズなど、ほかファミレス、ファストフード、ありとあらゆる店が近所にわんさかあるのですが、どれも落ち着きません。

昔ながらの昭和な喫茶店、そういうのが好きです。

一つだけ、老夫婦がやっている喫茶店があるので、たまの休みに小説を持って行きます。この間行ったら、そこのおじさんに、「いい柄の洋服、着てるね! 素敵だ。すごく似合ってる」などと、お褒めの言葉をいただきましたhappy02 お店に入ったときと勘定をして出るときに、ちらっとそのお店のおじさん、おばさんとお話します。そういうのが楽しいというか、好きですね。

私の学生時代からの夢。というか、生活に対する唯一の希望。

それは、「買いたい本があったら、それがどんなに高くても買うことができ、好きなときにいつでも喫茶店で本を読めるだけの経済的、精神的余裕を持てること」。それだけconfident

これは今でも変わりません。

うちも別に高収入な家ではないので、浪費はできないのだけど、「今日は喫茶店で本でも読みたいな〜」と思ったときに、「いや、今日はちょっと我慢しよう」というのだけは嫌なんですよね。他のものを我慢するのは全然苦痛じゃないのだけど。

本を作っている人間だがらかな、本ってすごく安い、安すぎると思うんです。その本に詰め込まれた知識、情報を考えると、それが数百円とか数千円とかでは釣り合わないと思う。小説なら、それを読んでいる時間すべて幸福な時間なわけですから、それがこの金額!?って思うし。ときにはその人の人生を左右するようなことが書かれていることもあるわけで。

だから、そういう満たされた時間を本は与えてくれ、その本との出会いの場所が本屋さんなので、やはり本屋さんは大切にしたいですnote

| | コメント (6)

2015年6月24日 (水)

ママ友とランチ

久しぶりに近所のママ友とランチしました。
うちの下の子と同級生のママです。

気の置けない友だちなので、ずっと笑いっぱなしでしたwink

1)

友「知り合いに『たん○』という人がいてね…」
私「『たん○』ってどういう字書くの? 聞いたことない名字だね」
友「『丹下左膳』の『たん』に…」
私「ぎゃははhappy02 今どき『丹下左膳』って知ってる人いないよ。私はわかるけどねbleah
友「えー? 若い人はわからないか。じゃあね…『仁丹』の『丹』!」
私「ぎゃははhappy02 それもわかんないって!!」

2)

私「うち、断捨離しようかと思ってさ」
友「私も今、やってるよ」
私「それがさ〜、私の断捨離を邪魔する奴がいるんだよねannoy
友「誰?」
私「うちの市のゴミの分別!」
友「?」
私「捨てるかどうか決めてもさ、それが何ゴミにあたるのか考えるのが面倒で、途中で嫌になっちゃうんだweep
友「たしかに!!(笑)」

3)

私「昨日、子どもが私学の学費一覧のプリント持って帰ったでしょ」
友「え? 知らない。見てない」
私「今朝、見たんだけどさ。初年度100万くらいはかかるよね」
友「えー? やっぱり? どこもそうなの?」
私「ざっと見ただけだから。全部じゃないけど。80万以上は確実」
友「そっか、早速帰って○○(子どもの名)の部屋を漁ってみる!」
私「漁らなくてもいいじゃんcoldsweats01
友「いや、うちはプリント見せないこともあるからさあ。漁ってでも探す!punch

| | コメント (0)

2015年6月21日 (日)

にんじん好きのウサギに変身~!

6月に入ってすぐ、うちのミル男(本名ミルティ、ウサギ、3歳)の様子がおかしくて、すぐに病院に行きました。

ある病気だということがわかったのですが、数日のうちに食欲がまったくなくなってしまいました。

「ウサギというのは死ぬまで食べ続ける動物」らしく、かなり危ないと言われてしまいましたcrying

それから3週間近く、薬を飲ませたり、強制給餌したりした結果、なんとか元気になりました。

一時は諦めてしまいそうになりましたが、とにかく最後まで家族の手でなんとか看護はしてあげたいと思っていたのが通じたんだと思います。

うちのミル男は、とにかく抱っこが嫌いannoyなので、薬を飲ませるのも本当に大変です。強制給餌(流動食をシリンダー:針のない注射器であげる)も含めると日に4~5回は必要で、抱っこして無理やり押さえつける感じになるので、それが可哀想でした。

何回かやっているうちに、近づくともう抱っこされる(薬を飲ませられる)気配を察するようになったりして、大暴れです。先生の話では、人間みたいに水分をとらせるのに腕に点滴の針をさすわけにいかないし、どうしても血液検査などしないといけない場合に暴れて背骨を折っちゃう場合もないわけはない…とのこと。なので、毎回気が気じゃなかったです。

入院させてそういうのが上手な先生にお願いする手もあったのだと思うんですが、一回旅行で2泊ウサギホテルに泊まらせたときに、食事は食べない、背中に10円ハゲみたいなものを作って帰ってきたことがあったので、もし入院させてストレスで今より気力がなくなったら困ると思って、預けませんでした。

あと、生野菜もきらいで、もっと小さい頃何回もあげていたのですが、全く食べないのであげていませんでしたが、普通の食事ができないので、野菜をすりつぶしたりして、なんとか食べられるものを探したりしました。

そのうち、薬が効いたのか、症状も改善してきて(完全に快復は難しいみたいです)、元気が出てきて食欲も戻ったので、本当に良かったですhappy02

それで、今度もしまた食欲がなくなったりしたときのために、いろいろな食材を食べされる練習はしたほうがいいと思って、いろいろな野菜を少しずつ食べさせてみています。

これまでミル男はにんじんが嫌いでした。全く口に含まないし、嫌なものは手で押しのけたり、足で蹴ったり、ケージの床が穴があいてるんですがそこに落としたり、とにかく避けていましたsweat02

それが最近、近所のスーパーに、立派な葉つきにんじんがあったので買って、葉っぱをあげたら…食べる食べる! にんじんもあげたらバクバク食べます。

えーsign02 いままでのにんじん嫌いは何だったの~??って感じです。

それで、めでたくにんじん好きのウサギに変身しましたとさ…というお話でしたconfident

| | コメント (2)

2015年5月27日 (水)

私は無理。絶対、無理!

そういえば、連休の話なんですけど。

家族で水上温泉に1泊で遊びに行ったんです。義父も連れて。

旅行の前日、旅館に着くまでにどこに寄るかという話をしていたら、夫が「俺、バンジージャンプやるから」って言い出して。

は?? バ、バンジージャンプ???coldsweats02

バンジージャパンのページ↓
http://www.bungyjapan.com/ja/index.php/sites/sections/C9/

で、当日。

榛名湖に寄ってロープウェーに乗ったりしてから、旅館に向かいました。

バンジージャンプできるのが旅館にほど近い諏訪峡というところにあって、そこにかかる諏訪峡大橋から飛ぶのでした。

いや、マジでやるの?? 飛ぶのは若い人ばっかりで、オジさんはアンタしかいないけど?bleah

だんだん飛ぶ順番が近づいてきて、こっちが緊張するってば!って感じでしたが。

橋から川面までは42メートル。高所恐怖症の私は、橋の欄干にしがみついてないと立っていられません。

で、結局、飛びました〜!downdowndown

前日話を聞いて半信半疑だった娘たち。「お父さん、スゴイ!」って、ふだんはまったく感じない尊敬の念をいだいたようですhappy02

夫が飛んだ後、帰ってくるのを待っていたら、近くに、飛ぶ順番を待っている若者がいたのですが、その足(体全体)がもの凄く震えているのがわかりました。顔面蒼白で。

いやいや、そんなに怖いなら飛ばなくていいからね!!って思わず声をかけたくなるほど、震えが大きくてビックリしました。彼はその後、飛んだのかな…?

夫が飛んだのを見て、義父が一言。

「俺の息子ながら、何を考えてるかわからん…。」

同感ですhappy02


Suwakyo

諏訪大橋からの眺め。晴天で、見晴らしがよかったです。

| | コメント (2)

2015年5月19日 (火)

英語、少しだけ。

4月から英語のラジオ講座、聴いてますwink

今年は下の子が高校受験なので、英語の勉強に「基礎英語」でも聞いたら?と勧めたんです。で、テキストを買いにいったときに、他のテキストも見て、面白そうな講座を聴いてみることにしました。

私が聴いてるのは、「英会話タイムトライアル」と「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」の二つ。

「英会話…」は実践的な英会話を、短いセンテンスでもいいから、会話の速度を落とさないように自分の言葉で言ってみる練習になる講座です。

相手の会話の内容はわかるのですが、それに答えようとすると、韓国語が口をついて出てきますhappy02 韓国語頭になってしまってるんですね。

まあ、そのうち慣れるでしょう。(>って、もう始めてから、2カ月くらいなるけどねweep

もう1つの「エンジョイ…」は、単発の昔話だとか、連載のショートストーリーを耳で聴くだけです。たった5分なんだけど、内容がすごく面白いnote だいたい私の英語力で内容は理解できる程度の、簡単な単語が使われているので、ストレス無く聴けるので気に入っています。

だいたいこれまでラジオ講座を続けられたためしがないので、今回もひと月で挫折するだろうなあと思っていましたが、とりあえず2カ月は続いています。たぶん文法から入るようなお勉強スタイルではなく、趣味で楽しめる講座をチョイスしたのがよかったのかも。

そして、講座を聴いた日はお気に入りのシールを目次のところに貼るようにしています。

Eigo

リラックマとスイーツのシールですbleah

まあ気楽に、気長に聴いていきます〜。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧