2016年11月26日 (土)

プログラミング?

小学校の授業で、「プログラミング」が必修化するとのことなんですが…。

プログラミング? 小学生が何するの?…という、そこの貴方!!

いつもお世話になっている版元さん(三省堂)で、

小学生の授業で行われるプログラミングについての入門編となる書籍が発売されます。

それに合わせて、青山ブックセンターでイベントがあるそうです。

flair『小学校にプログラミングがやってきた! 超入門編』刊行記念flair
夏野剛 × 中釜由起子 × 上松恵理子トークイベント
http://www.aoyamabc.jp/event/programminginschool/

ご興味ある方はぜひご参加くださいnote

※プログラミングも重要かと思うのですが、子どもにはお金についての授業がとっても必要かと思っています。
例えば貯蓄や投資など、学校ではまったく教えられませんよね。
年金などへの関心の低さにも影響していると思います。
将来必要になることについては、フレキシブルな授業をやってほしいですねwink

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

あまり気にしてなかった発音ですが…

韓国語を真面目に(?)学習していたときからそうでしたが、私はネイティブと話す機会というのがほぼなく、自分の韓国語の発音について振り返るシーンは皆無でした。

それが、このたび前田真彦先生の「韓国語の発音変化完全マスター」の編集をお手伝いすることになって、編集作業をしながら、今までおざなりにしてきた「私は発音が下手」という事実を目の前に突きつけられた感じでしたcrying

一冊読むと、あらためて韓国語の発音変化のバリエーションの多さと難しさがわかると思うのですが、一方でその変化というのは非常に理にかなっていることも理解できる内容になっています。

難しい発音変化はともかく(>この「ともかく」というのが問題っていうのもわかっているのですがcoldsweats01)、基本的な激音と濃音の違いなどをあらためて意識するようになったのが、非常にプラスになったと思います。

といっても、私の場合はネイティブと話す機会がないので実践できないな…と思っていたのですが、この本を編集後に韓国ドラマを見ていると「あ、やっぱりそうなんだ!」と、発音の変化に気がつくことが多かったんですよね。なので、おそらくリスニング力も高められる一冊になっているんじゃないでしょうかconfident

発音練習は筋トレと同じく、声に出してやったらやっただけ身になるものなので、繰り返しの練習が必要ですね。学習中の方、ぜひチャレンジしてみてください!


| | コメント (4)

2016年7月22日 (金)

翻訳物に挑戦!?

大学生になってから読書の楽しみを知りました。

高校2年くらいまでは全く本に興味がなく、親が買ってくれた「世界文学全集」のようなものも、結局家の書架の飾りになっていたのを覚えています。本を読むのは、まあ夏休みの読書感想文用の本くらいだったかな…coldsweats01

3年生になってから、国語の先生がとても素敵な人で、なんていうか自分が見える世界を広げてくれたんですよね。それで、進学先も文学部にしたのですが、その先生の影響で図書館で本を借りるようになりました。自分が借りようと手に取って本の後ろの読書カードを見ると、その先生の名前があったりすると、なんとなく自分が賢く大人になったような気がしたものですwink

学生生活中、必要に迫られて読書をするようになり、仕事も活字の世界だったおかげか、どんどん活字中毒になっていきました。読むのは、ほとんど日本人作家の小説ばかり。一時期は一人の作家の本を網羅的に読んだり、それに飽きると、全く名前も知らない作家に手を出したりといった感じで、今日まで来ました。

ずっと海外の作家は避けてきました。なぜなら、語学ができないので翻訳で読むしかできないし、それでその小説が気にいらない場合、本当にその作家の作品が気に入らないのか、翻訳のせいなのかわからないので、それが嫌だったのです。

韓国語は原本を読めるようになったのでよかったのですが…。(といっても、読んで100%の理解は無理で、たぶん辞書がないと読み進めることはできない程度の実力しかありませんが…catface

それが、2か月ほど前から、翻訳本を読むようになったんですよ。きっかけは、ピエール・ルメートルの『悲しみのイレーヌ』の書評を偶然読んだからでした。書評を読んで、読んでみたいと興味が沸いたんですね。

『悲しみのイレーヌ』…最後が衝撃的でした。というのは、(ネタバレになるので少しにします)ストーリーが…というより、小説の構造が衝撃的だったんです。非常に実験的というか。それに気が付いたとき、思わず「えー!!!!?」って声が出ちゃいましたもん(笑) それで、引き続き同じ作家の『その女、アレックス』を読みました。これは、まあ面白かったという感じです。

ただ、読んでいて、「これはいかん!」と思ったことがあって。…それは、私はカタカナが苦手っていうことです(爆) 小説に出てくる登場人物の名前、地名、会社名等々、すべてカタカナですよね。しかも、ある登場人物の名前が、ファーストネームだったり、ラストネームだったり、あだ名だったり、職名だったり…こうなると、もう私には混乱しかありません。それで何度も冒頭の人物紹介のページに戻りながら読まないといけないわけですdown

今読んでいる小説も、名前が長ったらしいし、主人公とほかの登場人物の名前が似ている(カタカナにすると似ている)ので、すぐにわからなかったりして…。カタカナに弱いっていうのが、翻訳本を読むうえでネックになるなんて、今まで気が付きませんでした(苦笑) 数字とカタカナに弱いという、私の弱点がまた露呈しましたね。

しばらくは、頑張って翻訳ものにチャレンジするつもりなのですが。今読んでいる『ミレニアム』は、世界的にヒットした小説とのことで読み始めたのですが、文庫で8冊もある長編なので、どこまで読めるのか…心配です。

  

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

また困っています…

今、書籍の索引を作っていて。

また困っています。

何をか…。

「日本●●」というとき、これは「にほん」なのか「にっぽん」なのかっていうことcoldsweats01

結論から言うと、「どちらでも間違いではない」のですが。

同じ「日本●●」をどう読むかについての記事↓
http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/nihongo/labo/lab_013/body.html
アナウンサーでも困ってるってことです。

たとえば
日本語、日本銀行、二刀流(←大谷君ね!up)、ニノ(←二宮君ね!shine)という単語を
索引で並べるとすると……

日本銀行(にっぽんぎんこう)→二刀流(にとうりゅう)→ニノ(にの)→日本語(にほんご)となるか、

二刀流(にとうりゅう)→ニノ(にの)→日本銀行(にほんぎんこう)→日本語(にほんご)となるか、

並び順が変わるじゃないですか!

だから困っています。

いつも困っています。

外国人から見て、「日本」っていう国の名前(読み方)が、
「にっぽん」でもいいし、「にほん」でもいいっていうのって、どうなんでしょう???
「まあ、日本は八百万の神の国だから、そういうこともあるだろうさ!note」って思われてるのかなあ。
せめて国名だけでもどちらかに決めてほしいかなあ。>個人的には。

…仕事に戻りますdown

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

重版出来!終了〜。

火曜日、TBSの「重版出来!」が最終回でした。
出版界を描いたドラマだったし、マンガの方を少し読んだことがあったので、毎回見てました。
主人公を演じる黒木華が私のイメージとは違っていたので、ちょっと入り込めなかったのですが…(私のイメージは能年玲奈でしたconfident)。
でもドラマを見ながら、出版界あるある、出版社あるある、編集者あるある、が存分に楽しめました。

一口に出版界といっても、出版社から取次から書店からいろいろあるし、また編集者と一口にいっても、どんな本を作っているのかによって、仕事内容が全く異なります。私はほぼ書籍のみなので、その本に関わるスパンがすごく長いのですが、週刊誌なんて毎週毎週締切が続くわけですよね…。考えただけでも疲れますbearing。その代わり、担当が細分化されているのでいいなあと思うこと、あります。書籍はぜ〜んぶ一人でやらないといけないので。ま、それが醍醐味というのもありますが。

ドラマのタイトルになっていた「重版出来」は、やはり編集者の一番の活力源なんですよねup 担当した本の中には残念なことに重版がかからない本もあるのですが(必ずしもその本が内容的によくなかったというわけではなく)、出版社の担当者から「重版かかりました!」という連絡をいただくと、やっぱりすごく嬉しいものです。中には10回以上かかる本もありますし。本が出来た時点で、その本を作るうえでのさまざまな苦労はどこかへふっとんでしまいますが、重版がかかったとなると、あの苦労も報われたなあ〜としみじみするものですconfident 衰退産業のように言われる出版界ですが、それでも本はまだまだ読者の方々に益になるようなものを伝えられるコンテンツであることは間違いないので、これからも本作りに精を出したいと思います〜。

| | コメント (2)

2015年4月 8日 (水)

『書評大全』のご紹介

今日は雪が舞う、とっても寒い一日でした。
近所の小・中学校は入学式だったのに。大変でしたよね。

2月末に、終わったお仕事のこと、少しご紹介したいと思います。
(早く記事書きたかったのだけど、それもまたできなくて…。もう4月ですね…。)

三省堂さんから刊行されました『書評大全』です!happy01

Bkrvw

A5判、2560ページ!で、16,500円(税別)です。

共同通信の署名入りの書評を一冊にまとめました。
1998年3月~2014年3月末まで、16年間の書評で、掲載書名約5000点、評者約1600人です。

“書評から見る文化史大事典”とキャッチコピーにあるように、書評を読むと、その時代を彷彿させますね。

編集をしながら気がついたこと。それは…

「日本はアメリカばかり見てるんだな~」ということ。

アメリカに関する本の書評がものすごく多いんです。
もちろん、小説から何から、ジャンルを問わず、さまざまな書籍が評されているのですが、
とにかく国で言うと、取り上げられ率はアメリカがダントツです。
当然と言えば当然なのかもしれませんが、もっと他の国を見ようよ!!って思わず言いたくなるくらいでした。

書評を読んで、「ぜひこの本を読んでみたい!」と思うものもかなりあって、
編集作業をしながらピックアップしてましたwink

かなり高価な本になったので、個人での購入は難しいかもしれませんが、ご近所の図書館にリクエストしてぜひ手に取ってみていただきたいです。

本好きな人のTwitterのツイートには、「膨大な書評を1冊にしたことで、資料的価値がある」とか、「今のご時世でよくこんな高価な本出したな~!!」とか、そんな感想がたくさん上がっていますが、本当にそうだなと思います。なかなか簡単には出せない本です。さすが三省堂さんですshine


| | コメント (0)

2014年6月27日 (金)

『現代ジャーナリズム事典』刊行!

「舟を編む」の記事のところで、ちらっと触れていたのですが、昨年からず~っとかかりきりだった事典が刊行されましたhappy02

『現代ジャーナリズム事典』(三省堂)です!!up

ジャーナリズム全般、広範囲から見出し項目を拾っていますので、読み応えは十分にあります。事典ですが、普通に頭から「単行本」として読んでもらっても面白いと思います。各見出し項目について、その専門の執筆者(ジャーナリスト、新聞記者、研究者、法律家…)が書いているので、説明の視点もそれぞれに面白いと思います。

三省堂のサイト→http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/encyc/journalism/

刊行を記念しての、シンポジウムが行われます。ご興味ある方、是非ご参加ください。(入場無料)

…あ!! このシンポは今週土曜日…つまり「明日」です!!(告知が遅くてごめんなさい~)

●「ジャーナリズムの今 直面する危機をどう乗り越えるか」
専修大学で14時~16時30分です。(下記にチラシあります)

http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/dicts/predjrnlktn/pdf/predjrnlktn_evnt.pdf

| | コメント (0)

2013年6月13日 (木)

『見えない文字と見える文字』

 あまり韓国語に関する話題がないので(苦笑)、最近のお仕事についてチラッとご紹介したいと思います。昨年秋頃から3月頃までに、編集に携わった本が7冊ほど出ましたが、その中でオススメの一冊です。

 三省堂さんから出ました『見えない文字と見える文字』(佐藤栄作)。
 この本は、一言でいえば、文字(日本語)の字体研究なのですが、研究でありながらとても読みやすく、内容がとっても面白い本です。

 みなさん、もとは日本のお菓子や製品が逆輸入品となっている商品に載っている説明書き、見たことあります? 明らかにもとの商品に載っていた説明書きをそのまま使ってるみたいなんだけど、間違いだらけでまったく意味不明な日本語になってるもの、見たことありませんか?

 たまたま今、私が着ている上着のタグに、made in Cambodiaと書いてあるんですけど、その横に日本語で「カソボヅア製」って書いてあるんですよeye …「ん? カソボヅア製…?? …カンボジア製でしょ!?」って思わずツッコミ入れましたが、要するに、こういう類の間違いです。

 なんで「カンボジア」が「カソボヅア」になっちゃってるのか?coldsweats01 笑いをとるには十分だけど、理由はさっぱりわからない。カタカナだから簡単だし、間違いようがない気がするんだけど…?? …その間違いの理由が、この本の中に書いてあります!

 このような事象以外にも、文字の字体に関わるいろんなことを分析していて、読みながら目からウロコ、「なるほどそういうことなんだ~!」っていうことが、たくさん盛り込まれています。個人的には、文字を習い始めたくらいの幼児が書く「鏡文字の秘密shine」…も面白かった。

 よろしければ、読んでみてくださいねsign03

| | コメント (4)

2013年3月 3日 (日)

間に合ったよ~ん!

今日は 『개를 산책시키는 남자』の第1回目の翻訳アップの(一応の)締切日。

1~2月が、どうにもならないくらい忙しかったので、
もしかしたらアップは断念するかも…と思っていた1週間前。

でも、なんとかできましたup

これから、この翻訳の会の参加者同士で、
感想やら疑問点やらをいろいろと話をするんですが、
いや~、擬態語、擬音語が多くて参りました。
あと、単語の語頭の文字が激音に表記されるもの。
辞書で調べてない(探せない?)ものも結構あったし。

でも、話は面白かった!!
読み始めは、話がちょっと変な路線(…説明しづらいcoldsweats01)なのかな~?と思ったけど、
徐々に面白くなってきました。

まあ、ともかくアップできてよかった、よかった。

| | コメント (7)

2013年2月19日 (火)

『韓国語日常会話集』出ました♪

お久しぶりです。
夏頃から取り掛かって進めていた『韓国語日常会話集』(新星出版社)が
このたび刊行の運びとなりました。

著者の房賢嬉先生とは、『10時間でかんたんハングルbook』でも
お世話になりましたし、もともとはプライベートレッスンの先生でもあるので、
原稿作成から編集まで、長い時間をご一緒させていただきました。

Kaiwashu

本書は、使用頻度の高い動詞・形容詞・名詞を、
あいうえお順に並べて辞書のように引けることが特徴で、
動詞・形容詞のページには、その活用形(疑問、過去、連体、否定)を
そのまま載せているので、変則活用が苦手…という方も、迷わず使えるようにしました。

また、名詞は、その名詞を使うフレーズを紹介し、
そのフレーズで使える関連名詞を数多く紹介しています。

フレーズの数は2000以上、単語の数は1700以上載っているので、
これを1冊丸ごと覚えれば、旅行に行っても、かなり通用すると思います。
覚えなくても、その場で引いて、すぐに話せるように工夫したつもりです。

ちょっとだけ裏話ですが、
先生のとの打ち合わせは、大学やファミレスを利用していましたが、
ファミレス滞在時間の最長は…10時間でした。
(>某ファミレスの方、すみませんcoldsweats01

書店で見かけましたら、手にとって見ていただけると嬉しいですup

・版元さんのサイト
http://www.shin-sei.co.jp/np/isbn/978-4-405-01131-1

・アマゾンさんの紹介ページ
なぜかカバーのない写真になっておりますが…。
カバーをはずすと、皮張り(合成樹脂)なので、雨にも強い!です。

| | コメント (10)

より以前の記事一覧